エリートサラリーマンからミュージシャンへと転身を果たし、大阪を拠点にライブ活動を続けてきたスギムの音楽ユニット「クリトリック・リス」。近年はアンダーグラウンドシーンを飛び出して全国にその名を広め、2019年4月20日には50歳を目前にして初めて日比谷野音でワンマン・ライブを敢行し、大観衆を前に予想をはるかに超える熱演を見せた。会場中が感動に包まれたエンディングの光景は今も瞼に焼き付いている。

  • 音楽ユニット「クリトリック・リス」として活動するスギムさん。元エリートサラリーマンのスギムさんに、ピンチに陥ったときの心の持ち方を聞いた

マイナビニュースでは、昨年3月に野音ライブを前にしたスギムのインタビュー記事を2回にわたって掲載し、大きな反響を得た。そんな1年前からはまったく想像もできなかったコロナ禍の中で、彼は今どんな思いで日々を過ごしているのだろうか。元会社員、現役ミュージシャンという両面から、ピンチに陥ったときの心の持ち方、考え方についてメールインタビューにお応えいただいた。

人生経験豊富なスギムの含蓄のある言葉から少しでも勇気を受け取ってもらえたら幸いだ。そして、2020年11月1日、大阪城音楽堂にて開催される初の主催フェス「栗フェス2020」を楽しみに頑張ろうではないか。

コロナ禍、スギムさんはどんな毎日を過ごしているのか

――現在、スギムさんはご自宅でどんな生活を送っていますか。ある一日を例に挙げて教えてください。

コロナ以前と比べると、確実に睡眠時間が増えました。ライブが無いので昼ぐらいまで寝てます。その後は音楽を聴いたりエロ動画を観たりダラダラして、夕食を食べて、人通りが少なくなる夜に1時間ぐらい散歩します。人とほとんど会ってませんが、近所の猫たちとは仲良くなれました。こういう時こそ創作活動をしないといけないんでしょうけど、気持ちが乗らないので、はかどってませんね。

  • 「スーパー玉出」のパーカーが眩しい大阪在住のスギムさん

――ずっと自宅にいてストレスを感じている人は多いと思います。スギムさんにとってのストレスとは? また、それをどのように解消していますか。メンタルを保つ上での考え方などはありますか。

ここ数年は年間200本近いペースでライブをしてました。ライブハウスから色々な刺激をもらって活動の糧にしてきたので、今は退屈でしょうがないです。Twitterをやってるんですが毎日同じ事の繰り返しなので、ツイートする事が何も無いんですよ。「ツイートすることがない」とツイートするぐらいなのでよっぽどです。そんな中、いろんな人がオンライン飲み会に誘ってくれるので、それがストレス解消に繋がってます。ツイキャスで飲みながらのトーク生配信を始めたこともあって、お酒を飲む量は確実に増えましたね。ほぼ毎日飲んでます。酔い潰れてもそのまま横になって寝られるので、ついつい飲みすぎてしまいます。体重も増えました。

  • 「オンライン酒相撲」(スギム流オンライン飲み会)を頻繁に開催中

人任せにはせず、責任と自覚を持ってこのピンチを乗り超えたい

――会社員、ミュージシャン、様々なフリーランスに限らず多くの人がピンチに陥っています。今の状況に置き換えることはできないとは思いますが、スギムさんがこれまでの人生でピンチに陥ったとき、どうやって突破してきたのかを、サラリーマン時代、ミュージシャンになってからそれぞれのエピソードと共に教えてください。

会社員時代は上司から「ピンチの時こそチャンスだ」とよく言われました。トラブルを起こしてしまった時や、プレゼンに負けた時こそが大事で、ダメな部分を見直し、クライアントに改善・成長した姿をアピールするチャンスなのだと。その言葉を信じ、特にトラブルが起こった際は、何よりスピードを重視しました。クライアントへの状況報告を怠らず、自社の損失なんて考えず最短での対応策を選んで提案していました。日々の業務でトラブルは付き物なので「何かあっても安心」と思ってもらえたら今後の取引の強みになります。その時に発生した損失も、付き合いが続けば回収できますからね。

ミュージシャンになってからのピンチはというとやっぱり今です。先が見えず閉店するライブハウスも出てきています。終息した時に我々の出演するライブハウスが無ければミュージシャンはやっていけないので、自分の生活を心配しながら、常にライブハウス存続についても考えてます。

音楽業界ってサラリーマンと違い、優等生よりちょっとダメな方がうまくやっていけるんですよ。周りは個性の強い人ばかりだから、真面目なだけでは埋もれてしまう。一般の会社のようにガチガチの組織に囚われて無いので、個人の意見も通りやすい。政治家からは出ない斬新なアイデアが出てくる可能性が十分ある。「音楽で世界が変わる」なんて一度も思ったことがない。ただ音楽に関わってる人の思想やアイデアは独創的なものが多いので期待してます。僕も人任せにはせず、責任と自覚を持ってこのピンチを乗り超えたい。この世界を変えたい。

ビジネスマンはステイホームをどう過ごすべき?

――昨年の取材で、「休みの日に家にいても何をしていいかわからない」という方の相談に、「アイドルのライブに行ってみては」という回答をいただきました。今はそれもかなわない状況ですが、「仕事以外に生き甲斐がない」という方は、おうち時間をどう過ごせばよいでしょうか(人それぞれだとは思いますが…)。

僕の知り合いの50歳の男性は、緊急事態宣言以降、時間ができたので、音楽ソフトを買って音楽を始めました。全くの素人なんですが1週間足らずで2曲作ったそうです。今は素人でも扱える安いソフトがいっぱいあって、作品を誰でも簡単に世界に向けて発信できるのでいいと思います。音楽でなくとも、絵や詩とかでも誰かの目に触れて一人でも良いと言ってくれる人が現れたら続けていくモチベーションに繋がります。僕も15年間、売れて無いけどこうして続けているのは、良いと評価してくれる人が少しでもいるからです。

  • おうち時間のスギムさん。部屋にはCDがズラリ!

クリエイティブな事に興味が無いという方は、「オンラインキャバクラ」というのが密かに流行ってるらしいので体験してみてはどうですか? 携帯やパソコンの画面越しに女の子と会話して飲めるみたいです。一人で気軽に利用できるし、キャバクラ未体験の人もいいと思いますよ。

僕は何をしているかと言うと、こんな時じゃないと無理と思って髭を伸ばしてます。ある程度まで伸びたら、顔の右半分だけ剃ったり、変わった形に整えたり、自分の顔で遊んでます(笑)。

  • おうち時間はクリエイティブなことに時間を使ってみては? と提案するスギムさん。それか「オンラインキャバクラ」もおすすめとのこと

コロナ騒動中に開催した"クチパクライブ"に込めた思い

――2020年3月11日(水)大阪・堺FANDANGOにて行われた〈クリトリック・リス クチパクライブ〉はどのような思いで開催したのでしょうか。また、実際にやってみていかがでしたか。

ライブハウスでのイベントがどんどんキャンセルになっていく中、何とかしないとと考えて思いつきました。密にならないように入場者数も制限し、ステージから1メートル以上下がって、換気や消毒を徹底し、口パクライブを行いました。発表済みのCD音源ではなく、前日にスタジオに入って、MCも演奏も新たに録音した物を流したので、口パクなのにライブ感が損なわれる事なく盛りあがりました。このようなイレギュラーなライブをずっと続ける訳にはいかないけど、アイデアを出して模索していけば、コロナ騒動の中でもライブができるんじゃないかということを提示したかったんです。残念ながらその後、オリンピックの延期が発表され、感染者も増加し、志村けんさんが亡くなるなど、ネガティブなニュースが続いて、どんな形であれ、ライブをしてはいけないというような風潮になってしまいました。

大興奮で幕を閉じた、2019年「野音ライブ」の振り返り

――2019年4月20日 日比谷野外音楽堂「クリトリック・リス生誕50thイベント」は、自分もマイナビニュース編集部員も観に行き、とても感動しました。開催前は野音側との演出面での交渉等、準備期間も含めて大変なこともあったのではないかと想像します。それから約1年経ちましたが、振り返ってどんなことを思っていますか。

観に来ていただいてありがとうございます。こんなことを言うと「不謹慎」と言われるのでしょうけど、本当に去年でよかったです。僕個人が自腹で行った公演だったので、今年なら確実に中止で大赤字になっていたはずです。今まで何でも自分一人でやってきたんですが、野音ワンマンに関しては、相談に乗ってくれたり手伝ってくれる人がそばに居たので、大変なことはなかったです。楽しかったという記憶が全て塗り替えてしまってるのかもしれません。天候にも恵まれて当日券が凄く売れたのも良かったです。半分ぐらい埋まればいいと思ってたけど、結果いっぱいになりましたからね。

――当日はサラリーマン時代の同僚、部下の方も観に来ていましたか?

誘わなかったし誰も観に来てないと思います。僕が勤めていた会社では、ライブハウスに通ったり音楽フェスに行くような人は一人もいませんでした。パンイチで下ネタ混じりの曲を歌っていたこともあって、プライベートの音楽活動は隠しながら働いていました。

――すべて歌い終えて袖に下がった後に、エンディングSEのOasis 「Don't Look Back In Anger」が流れて観客の大合唱が起こる中、スギムさんが最後までステージに現れなかったのがとても印象的でした。バックステージでどんな気持ちで聴いていたのでしょうか。

いやぁ。ほとんど聴いてないというか、耳に入ってこなかったですね。ライブの後半、全席指定だったのに前方にみんなが押し寄せてきてたので、怪我人が出ないか心配でした。怪我人が出ず、トラブルも一切起こらずに終われたという安堵感。いいライブができたという達成感に酔ってました。

今は大変だけど未来は明るいので、楽しい事をとにかく提案したい

――その後、昨年10月に50歳を迎えられたわけですが、何か思いを新たにしたことはありますか? 体力面や精神面で、20代30代の頃と最も違いを感じることはどんなことでしょう。

会社員時代に見てきた50歳、音楽業界で出会った50歳。そんな人たちと今の自分を比べてみると「威厳がないなぁ」と情けなくなります。若いバンドマンからはタメ口を使われるし、お客さんからは野次られるし。けどそれでいいと思うようになりました。今のお客さんがこの先も通い続けてくれる保証はないので、新しいファンを常に獲得していかなくてはいけない。だけど年齢やキャリアがそれを邪魔するんです。新しいお客さんが入り込みやすいフラットな雰囲気を作るためにも、これからも驕れることなく謙虚でいようと思います。

――2020年11月1日、大阪城音楽堂にて初の主催フェス「栗フェス2020」の開催が発表されて話題になっています。フェス開催に向けてのお気持ちを聞かせてください。

毎日ネガティブなニュースばかりが流れてきてうんざり。タイムラインからはイベント中止のアナウンスばかりで、新たな告知は皆無。今はみんな大事な人を守らないといけないくて、我慢ばかりしている。それでは心が病んでしまいます。事が終息した後は、我慢してきた分、自分のために思いっきり楽しもう。先に楽しいことがあれば頑張れると思うんです。今は大変だけど、未来は明るいので、楽しい事をとにかく提案したくて、栗フェスを企画し、あえてこの時期に発表しました。

  • 2020年11月1日、大阪城音楽堂にて初の主催フェス「栗フェス2020」の開催が決定している

――最後に、サラリーマンの方々、特に新社会人の方々へ向けてメッセージをお願いします。

今年の流行語大賞にもなりそうな「三密」にライブハウスはガッツリと当てはまり、早い段階から批判をうける対象となってきました。今回の件で、ライブハウスのイメージは更に悪くなったと思います。営業が再開したとしても厳しい状況が続くでしょう。世の中のほとんどの人はライブハウスに行ったことがないんじゃないでしょうか? 確かに暗くてうるさい場所です。ライブハウスも出演者も今回の件をきっかけに変わっていかないといけないと思ってます。明るく健全なイメージになるように努力していきますので、仕事終わりにでもブラッと遊びに来てください。メジャーのエンターテイメントとは違った面白さや味がありますよ。僕は自分の出番以外はだいたいフロアをうろうろしてるので「マイナビのインタビュー記事を見ました」って気軽に声をかけてください。何かあげます。

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」