google_title=平均年収は年齢や都道府県でどう変わる? - 推移を含めて紹介

ビジネスパーソンが働くうえで重要視している要素の一つに年収があります。大半の人が「少しでも多くの年収をもらえるようになりたい」と考えているでしょう。年収を高めるためには、社内での昇進や転職をするなど、さまざまな方法があります。

今回は年齢別・都道府県別・職種別で年収の比較をしながら、年収とライフプランについて考えていきましょう。

  • さまざまな視点から平均年収を比較

    さまざまな視点から平均年収をみていきましょう

平均年収の見方や推移

自分の年収が周囲に比べ、適切な額かどうかを比べたことはありますか? 年収を比べることはマイナスなイメージがありますが、現状の働き方を再確認する機会になりますし、年収はライフプランを検討する参考にもなります。 

年齢別平均年収

20代の男女の平均年収

男女ともに20歳での平均年収は200万円台の258万円となりました。男性の場合は274万円、女性は234万円です。20代はまだキャリアが十分に形成されていないため、年齢ではなく業種によって左右されます。

20代後半では少しずつキャリア形成を考えていき、自分の働き方を顧みて転職を考える機会も増えるでしょう。25~29歳にかけての平均年収は330万~396万円。男性は336万~406万円と、20代のうちに100万円以上の年収アップが望めます。

  • 年齢別平均年収

    年齢別平均年収

30代の男女の平均年収

30代になると平均年収が400万円台に上がります。30代前半の男性の場合は436万~484万円にまで上昇します。

女性の場合、30代前半は特に平均年収が400万円台から300万円台に戻るなど、20代と比べてばらつきが見られます。女性は結婚や出産などのライフイベントに応じて、勤務形態を変えて仕事をしているためと考えられます。

30代後半では男性は着実に年収を上げ、35~39歳の間に475万~542万円となります。役職を持つ方も増えるため、年齢とともに着実に年収が上がっていると考えられます。

女性の場合は、社会の変化にともない家庭を持ちつつ仕事を続ける人が増えたことや、企業の女性のキャリア育成制度が増えてきたため、30代後半の女性で340万円から472万円となります。

40代の男女の平均年収

役職や業種によっては40代の10年間で、年収を600万円台から700万円台に上げられる可能性も少なくありません。

都道府県別の平均年収ランキング

トップ3と中央値を比較

都道府県によっても年収に大きな差があります。特に年収の多いトップ3の平均年収と、平均値をそれぞれ紹介していきます。

  • 都道府県別の平均年収ランキング

    都道府県別の平均年収ランキング

1位 東京都

平均年収は612万円です。東京都は平均年収が高い分、物価も高く、地方よりも生活費が多くかかる傾向にあります。そのため、年齢に応じて年収を上げられる企業で働きましょう。

2位 神奈川県

平均年収は536万円となりました。神奈川県は東京に隣接していることから、神奈川県に住みながら、東京都にある企業で仕事をしている人が多くいます。神奈川県も物価や生活費にかかる割合は東京都と大きな差はないので、年収に応じて居住地域を考える必要があります。

3位 大阪府

平均年収は523万円、年収の平均値は480万円となりました。大阪府は地方に比べ収入が高く、その上物価や生活費の面で比べれば東京に比べ安い傾向があります。

職種別平均年収ランキング

年収を上げるためには、ただ長く勤めていればいいというわけではありません。 年収の増加が見込める業種に合わせてスキルを磨くほか、年収の高い職種の企業で働くことが大切です。数ある職種の中でもどのような職種の年収が高いのか、紹介します。

  • 業種別平均年収ランキング

    平均年収が高い業種をみていきましょう

1位「外資系金融」

外資系金融業が平均で1,515万円とトップになりました。金融系は収入が高いイメージがありますが、その中でも外資の金融系はより高収入のようです。

2位「専門コンサルタント」

専門コンサルタントが2位で775万円となりました。コンサルティング業務は優れた実績を残せるようになると、1回のコンサルティング費用を高く設定することもできます。初めから高収入を見込める職種ではありませんが、地道に仕事を続けていくことで年収を上げられる職業です。

3位「不動産」

3位は不動産業となり、平均年収は764万円でした。不動産業は安定していることから常に上位に入る業種です。不動産業は全国に需要があり、また高収入が見込めます。

女性の年収の捉え方

女性の場合であれば、ライフワークバランスを重視しながら、一時的に収入を下げてでも長期でしっかりと働ける企業を選ぶことが、長期的な視点では高収入が見込めると考えられます。

より高収入を目指すためには、定期的にさまざまな視点で現状の仕事を見直しましょう。