不動産一括査定サイトランキングおすすめ21選!選び方や利用者の声も紹介!

不動産売却

「不動産の一括査定って何?」「数ある一括査定サイトからどんなサイトを選んだら良いかわからない」とお悩みではありませんか?不動産を売却するなら、まずは相場を知るための最初のツールとして不動産一括査定サイトを利用すると大変便利です。

本記事では、不動産一括査定サービス利用者や編集部内での意見でまとめた、おすすめの一括査定サイト21社をランキング形式でご紹介!不動産一括査定サービスの選び方から、各社の特徴やどのような人に適しているのかも解説していきます。また、どのサービスを選べばよいかわからない人向けに、自身に合うサイトを診断できるチャートも用意しています。

記事の後半では、一括査定サイトでできることから注意点、不動産会社にはどのような種類があるのか、利用者の声なども取り上げます。

ぜひ本記事を参考に、あなたにぴったりの不動産一括査定サービスを見つけましょう。

紹介するランキングは380人のアンケート調査を元に編集部にて作成。クラウドワークス、クロスマーケティング調べ(2021/4/9~2021/4/13実施 回答数380人)

不動産一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

不動産一括査定サービス利用者に聞いた!カテゴリ別TOP3

≪サイトの「使いやすさ」TOP3≫

≪査定結果の満足度TOP3≫

≪親族・友達におすすめしたいTOP3≫

不動産一括査定サイトのおすすめの選び方3つ

不動産一括査定サイトは、下記3つのポイントを参考に選んでいきましょう。

  • 得意にしている物件の種類で選ぶ
  • サイト情報の充実度で選ぶ
  • 同時に依頼できる業者の数で選ぶ

得意にしている物件の種類で選ぶ

一括査定サイトによって得意としている物件の種類は異なります。売りたい物件がその一括査定サイトの得意分野に当てはまっていれば、より有益な査定が期待できるでしょう。

例えばマンションに限って査定をおこなうところや、土地や投資用物件に強い不動産会社と多く提携しているところ、また都心部の不動産会社に特化しているところ、というようにそれぞれ特色が見られます。

不動産査定サイトによっては、マンション売却に強い不動産会社に絞って査定を依頼できるなど、不動産の種類別に査定が依頼できるようなサービスを提供しているところもあります。

サイト情報の充実度で選ぶ

一括査定サイトは、不動産についての知識があまりない人でも利用しやすいよう、不動産に関するコラムや利用者の声などを掲載していることも多いです。サービス内容の充実や高額査定をうたっているサイトを利用しがちですが、コラムの内容で選ぶのも実は有効な手段のひとつです。

→なぜなら、充実した記事作成には不動産の知識が必要ですし、多くを掲載するには時間も費用もかかります。それにもかかわらず、ユーザー目線の項目をしっかり掲載しているということは、目先の利益だけではなく利用者の利益を重要視している一括査定サイトであると言えるからです。

具体的には、不動産売買初心者にもわかりやすく充実した記事内容になっているサイトは信頼できることが多いと言えます。反対に内容が薄く、そのサイトでの一括査定を促す内容が記事の多くを占めているようなサイトの利用は避けたほうが無難でしょう。

同時に依頼できる業者の数で選ぶ

一口に一括査定といっても、サイトによって同時に依頼できる不動産会社の数は異なります。3社が最大のところから10社まで一括でおこなえるところまでさまざまです。一度の入力で何社の不動産会社に査定が依頼できるのか、事前に把握しておきましょう。

一括査定サイトによって得意不得意があるように、不動産会社にも得意な種類やエリアが存在しています。売りたい物件を得意とする不動産会社に出会うためにも、できるだけ多く、いろいろな種類の不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。

不動産一括査定サイトおすすめランキングTOP21

ここからは、それぞれのサービスの特徴や、どのようなニーズに対応しているのかなどを解説していきますので、気になるサイトを比較して自分の理想に合った査定サイトを見つけましょう。

サービス名 利用者数 提携会社数 同時依頼数
イエウール 1,000万人 1,600社以上 6社
すまいステップ 非公開 非公開 4社
すまいValue 100万人(推定) 大手6社 6社
500万人(想定)
複数社 制限なし
非公開
2,000社
10社
イエカレ 100万人以上 400社 6社
HOME4U 年間1,400万人 1,800社 6社
リビンマッチ 440万人 2,600店舗以上 6社
イエイ
400万人
1,700社以上
6社
マンションナビ 500万人 900社以上 9社(売買6社+賃貸3社)
スマイティ 非公開 1,300社以上 6社
100万人(推定)
300社以上
地域による
非公開
700社以上
複数社
736万人
3,150社
10社
オウチーノ
4万人以上
1,200社以上 制限なし
非公開
数十社 複数社
RE-Guide 100万人(推定) 800社以上 10社
HowMa 非公開 10社 6社
Smoola 360万人 900社以上 9社(売買6社+賃貸3社)
150万人
4社
マイスミEX 非公開 34社 6社

※比較表の内容は、2020年12月2日時点の各サービス公式URLの内容をもとに記載(URLは以下のサービス紹介で記載)

それでは、以下で各サイトの特徴など具体的に見ていきましょう。

1位:イエウール

イエウールはこんな人におすすめ

  • 業界No.1*の提携業者数を誇るサイトで一括査定したい人
  • 地方の不動産会社が一番見つかりやすいサイトを探している人
  • 査定を依頼するだけでなく、不動産会社の評判や売却の内容も知りたい人

*2020年7月時点  出典:東京商工リサーチ不動産の一括査定サイトに関するランキング調査

イエウールの特徴

イエウールの魅力といえば、なんといっても利用者数の多さです。全国最大級の1,000万人の利用者を獲得しています。大手企業だけでなく全国の地域密着型の中小企業にも範囲を広げ、さまざまな企業と連携することで、得意とする不動産の種類を網羅することを実現しています。

また、売りたい物件の種別を選んで査定できるため、土地の売却なら土地の売却を得意としている業者、マンションならマンションの売却を得意としている業者、というように、より適した不動産会社に査定を依頼できます。

手当たり次第に提携していくのではなく、クレームが寄せられるなどの悪徳業者を排除するシステムを導入し、安心して利用できるサイト運用に努めています。気になる不動産会社をピンポイントで検索してアピールポイントを確認したり、関連サイトおうちの語り部で評判や取引事例を確認したりすることも可能です。

  • 利用者数:1,000万人以上
  • 提携会社数:1,600社以上(2018年7月時点)
  • 同時依頼数:6社
  • 対象エリア:全国47都道府県1,805市区町村(2018年7月時点)
  • 対応不動産の種類:戸建て、マンション、土地、投資物件、店舗・工場・倉庫、農地
  • コラム記事:有(「はじめての不動産売却お役立ちメディア『イエウール』」)
  • 匿名査定:利用不可
  • URL:https://ieul.jp/

より詳しくイエウールについて知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

イエウールの評判を徹底調査!口コミ・特徴から最新のメリデメを解説
一括査定サイトのなかでも人気の高いイエウールですが、実際の評判や使い心地は良いのでしょうか?本記事では、他社サイトよりもイエウールがどのように優れているのか、またデメリットはないかなど、実際の口コミを参考にしながら解説していきます。

2位:すまいステップ

すまいステップはこんな人におすすめ

  • 厳選された優良不動産会社を探したい人
  • エース級のエージェントに出会いたい人
  • 質の高いコンテンツで不動産知識を高めたい人

すまいステップの特徴

すまいステップは、2020年4月にサービスが開始された比較的新しい一括査定サイトです。新しいサービスでありながら、イエウールを運営する株式会社Speeeの優れたノウハウが備わった一括査定サイトとして人気と信頼を集めています。

その特徴は、提携不動産会社の数ではなく、質で勝負をしている点。一括不動産査定サイトを長年運営している株式会社Speeeが厳選した優良不動産会社に限っての査定依頼となります。提携する不動産会社の数を限定することで徹底的に悪徳業者を排除し、より安心して利用できるサービスを目指しています。

また、すまいステップを利用して査定依頼をすると、各不動産仲介会社の「宅地建物取引士の資格保有者」「売買仲介営業経験が5年以上」「累計100件以上の売買仲介実績」に該当するエース級担当者に出会えるため、不動産売却の初心者であっても安心です。

  • 同時依頼数:最大4社
  • 対象エリア:全国
  • 対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地、ビル、店舗、事務所、倉庫、一棟物件
  • コラム記事:有(「すまいステップ」)
  • 匿名査定:利用不可
  • URL:https://sumai-step.com/

すまいステップで無料一括査定する

すまいステップについてはこちらの記事でより具体的に解説していますので、併せてご参照ください。

すまいステップの評判は?リアルな口コミと特徴・注意点を徹底解説
不動産一括査定サイト「すまいステップ」の評判が気になっている方必見!本記事では、すまいステップの特徴からどのような人におすすめなのか、またそのメリット・デメリットについて解説します。ぜひ参考にして、すまいステップを上手に活用しましょう!

3位:すまいValue

すまいValueはこんな人におすすめ

  • 不動産業界トップクラスの大手企業に査定を依頼したい人
  • プランが充実している会社で売却したい人
  • トラブルや悩み相談の対応に不安がある人

すまいValueの特徴

大手企業から中小企業まで網羅した一括査定が一般的ですが、すまいValueは不動産業界でも最大手ともいえる6社に限定したサービスを提供しています。大手不動産会社に売却を依頼するつもりの人や、大手の査定額を比較したい人におすすめです。提携している不動産会社は次の通りです。

  • 野村の仲介+
  • 三菱地所ハウスネット
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 三井のリハウス
  • 小田急不動産

魅力としては、大きな会社だからこそ通常売却以外にも豊富な売却プランの用意があること、独自のサービスやトラブル対応・無料相談などのサポート体制が充実していることなどが挙げられます。

さらに、エリアごとに売出中の物件の価格や、直近10年の価格推移もチェックすることができ、売却するか検討段階の人にも大変有用です。

・利用者数:100万人(推定)
・提携会社数:大手6社
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:有(「すまいValueマガジン」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://sumai-value.jp/

すまいValueで無料一括査定する

おうちダイレクト

おうちダイレクトはこんな人におすすめ

  • 一都三県に売却物件がある人
  • 個人間での売買も視野に入れて仲介手数料を節約したい人
  • 価格推移を定期的にチェックしてじっくり計画して売却したい人

おうちダイレクトの特徴

おうちダイレクトは、ヤフーとソニーグループの大手2社がタッグを組んで運営する不動産サービスサイトです。そのネットワークの広さを生かし、売却契約締結後も不動産会社とは別で売却活動やサポートをしてくれる点は大きな強みでしょう。

また、おうちダイレクトでは不動産会社を介さない個人間の売買を推進しています。独自の売買システムで個人が売り出すことを容易にし、仲介手数料無料を実現しました。個人売買が不安という人でも、契約や交渉といった業務はコーディネーターが担うため安心です。さらに、個人間の売買だけでなく、一棟マンションや一棟ビル、アパートといった、一括査定サイトでは珍しい一棟建物の売却も取り扱っています。

不動産の推定価格を常に把握できるAI診断もあり、タイミングを見てじっくり売却計画を立てたい人にも好評です。

・利用者数:500万人(想定)
・提携会社数:複数社
・同時依頼数:上限なし
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地、一棟マンション・アパート、その他建物
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://realestate.yahoo.co.jp/direct/assessment

おうちダイレクトで無料一括査定する

おうちダイレクトについては下記の記事で具体的に取り上げていますので、ぜひご覧ください。

おうちダイレクトの評判は?リアルな口コミから特徴、メリデメを解説
おうちダイレクトは仲介手数料が無料で、複数の不動産会社の査定額を比較できるサービスです。この記事では、おうちダイレクトのサービス内容だけでなく、口コミからわかるメリット・デメリットや利用方法、不動産売却を成功させるコツなどを紹介します。

SUUMO売却査定

SUUMO売却査定はこんな人におすすめ

  • 不動産ポータルサイトとして名の知れたサイトを利用したい人
  • できるだけ多くの会社への査定を考えている人
  • コラム記事で不動産売却での知識を得たい人

SUUMO売却査定の特徴

SUUMOは、言わずと知れた有名不動産ポータルサイトを運営しています。SUUMO売却査定は、「名前も知らないサイトを利用したくない」「不動産業に関するノウハウが備わったサイトを利用したい」という人におすすめです。その知名度の高さだけでなく、提携会社が2,000店舗を超えているという点からも十分に有益性が感じられると言えるでしょう。

提携会社はSUUMO独自の基準を満たしたものに限定されており、利用者はそこから最大10社まで不動産会社を自由に選んで査定を依頼できます。

また、コラムなどの不動産情報ツールも充実しており、不動産売却のコツや利用者の経験談など知りたい人にもおすすめです。売却の段取りから業者の選び方、気になる税金の情報など、不動産売却に関するさまざまな情報を幅広く得ることができます。

・提携会社数:2,000店舗
・同時依頼数:10社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:有(「SUUMO住活マニュアル」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://suumo.jp/baikyaku/

SUUMO売却査定で無料一括査定する

イエカレ

イエカレはこんな人におすすめ

  • 売却査定だけでなく買取査定や土地活用も検討したい人
  • 不動産に関する知識を身に付けたい人
  • 電話やメールでの無料サポートを受けたい人

イエカレの特徴

イエカレで注目するべき点は、売却方法別に査定を依頼できることです。通常の仲介売却のみでなく、不動産会社による買取額がいくらになるかの買取査定も最大6社で比較してみることができます。買取による売却であっても、複数社で価格を比較することは大変重要です。買取を検討しているなら、ぜひイエカレを利用しましょう。

また、イエカレはコラムの充実度も魅力のひとつです。査定の利用でなくても、不動産についての知識を身に付ける目的でも十分価値があるといえます。

イエカレは売却だけでなく、土地活用や賃貸経営にも注力しています。売却だけでなく、運用も視野にサイトを利用することができます。賃貸経営に関しても、都道府県と土地の有無を選択するだけで簡単に査定を受けることが可能です。

・利用者数:100万人以上
・提携会社数:400社
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:有(「イエカレ不動産売却コラム」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://plus-search.com/fudousanbaikyaku/

イエカレで無料一括査定する

イエカレの特徴やメリット・デメリットについては下記の記事で詳しく取り上げています。

イエカレの評判は?口コミから見たメリットやデメリットを徹底解説!
イエカレは土地活用、不動産売却、不動産賃貸、不動産管理の4分野の一括査定ができる不動産総合情報サイトです。本記事ではイエカレのメリット・デメリット、利用方法について紹介します。イエカレが気になっている方は、ぜひ本記事をお役立てください。

HOME4U

HOME4Uはこんな人におすすめ

  • 他サイトで出た査定額に満足していない人
  • 個人情報の入力に不安がある人
  • 土地活用・不動産投資にも興味がある人

HOME4Uの特徴

HOME4Uは日本初の不動産一括査定サイトです。2001年のサービス開始以来、提携不動産会社とともに確かな実績を積んできました。成約実績は累計20万件以上にも及びます。

1,800社の厳選された優良不動産会社の中から、査定する物件に適した不動産会社をピックアップして紹介してくれるため、条件に合う業者をスムーズに見つけられる仕組みとなっています。「他サイトを利用して不動産査定を受けたが、結果に納得できない」という人でも、きっと満足のいく不動産会社に出会うことができるでしょう。

大手NTTデータグループが運営する高度なセキュリティシステムを導入しており、徹底した個人情報保護に努めています。また、オンラインだけではなく電話サポートや不動産投資などに関するコラムも充実しており、初心者でも安心して利用できるのに加え、不動産情報を取り入れるには申し分ない不動産総合情報サイトです。

また、土地活用や不動産投資についてのサービスも取り扱いがあるため、所有する不動産を売却せずに活用していくことを視野に入れている人にもおすすめです。

・利用者数:年間1,400万人以上
・提携会社数:1,800社
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:戸建て、マンション(室・棟)、土地、ビル(室・棟)、店舗、事務所、倉庫
・コラム記事:有(「お家のいろは」「HOME4Uオーナーズ」など)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://www.home4u.jp/sell/

HOME4Uで無料一括査定する

さらにHOME4Uについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

HOME4Uの評判は?口コミから見たメリットやデメリットを解説!
HOME4Uは日本で初めて一括査定サービスを開始した人気サイトです。本記事ではHOME4Uのメリットだけでなくデメリットについてもご説明します。HOME4Uってどんなサービス?本当に信用できる?とお悩みの方はぜひ本記事をお役立てください!

リビンマッチ

リビンマッチはこんな人におすすめ

  • 提携社が多く、選択肢が豊富なサイトを探している人
  • 不動産分野に精通した信頼できるサービスを求める人
  • 買取や任意売却、リースバックといった特殊な売却を視野に入れている人

リビンマッチの特徴

リビンマッチは、2020年9~10月調査の「不動産売却査定サイト認知度」や「利用してみたい不動産売却査定サイト」のランキングでNo.1を獲得しています。売却査定の実績やエリア別の件数など、詳しいデータをホームページ上で公開しているのも信頼できる点です。他にも、個人情報保護に注力しているサイトの証拠としてプライバシーマークを取得しているなど、ユーザーの信頼度が高いサイトであると言えるでしょう。

東京・大阪・福岡に拠点を持ち、全国各地から2,600事務所の不動産会社と提携しています。現在対応していないエリアの物件でも、査定時に対応できる不動産会社を探して査定を依頼してくれるため、他のサイトで査定ができなかったという人にもおすすめです。

また、不動産会社による買取や、任意売却、リースバックなど、特殊な売却にも柔軟に対応しています。売却に限らず、土地活用や投資、リノベーションの業者との提携もおこなっているため、不動産に関するさまざまなサービスを受けられるのも大きなメリットでしょう。

*出典:PR TIMES不動産関連の比較査定サイト『リビンマッチ』が全国認知度・今後利用してみたい不動産売却査定サイトNo.1に輝きました!

・利用者数:440万人以上
・提携会社数:2,600店舗以上
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:戸建て、マンション、店舗・倉庫、土地等
・コラム記事:有(「リビンマッチコラム」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://www.lvnmatch.jp/

リビンマッチで無料一括査定する

さらにリビンマッチについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

不動産一括査定サイトのリビンマッチとは?口コミから評判を徹底解説
大手不動産一括査定サービスのリビンマッチをご存じですか?数多くの提携社数を有する豊富な情報提供力はもちろん、品質が高いサポートも特徴です。本記事では、そんなリビンマッチの不動産一括査定始めとしたサービスを、口コミを交えてご紹介します。

イエイ

イエイ不動産売却査定はこんな人におすすめ

  • 査定する不動産会社選びも任せたい人
  • トラブルや悩みを相談できる環境がほしい人
  • しつこい営業を断るのが苦手な人
  • オンラインだけでなく対面でも相談をおこないたい人

イエイの特徴

イエイは厳選された1,700社と提携し、そこから査定物件の種類やエリアといった特徴から適した不動産会社を6つ選ぶところまで代行してくれます。自分で業者を選ぶのは難しそうだと感じる人や、不動産売却が初めての人にも安心です。

また、メールや対面でできる不動産売却に関する無料悩み相談は、査定を依頼していなくても利用が可能で便利です。査定価格が出そろった時期にアドバイスの電話をくれるため、「査定結果の見方がわからない」「どの会社を選べば良いか迷う」といった悩みも解決できることでしょう。こういったサポート体制の充実もユーザーの支持を集めています。

加えて、査定依頼した不動産会社に熱心に営業をされて断りづらいときには、断りの代行をおこなってくれます。電話が苦手な人や、断るのはなんだか気が引けるといった人にも心強いサービスを提供しています。

・利用者数:400万人
・提携会社数:1,700社以上
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://sell.yeay.jp/

イエイで無料一括査定する

イエイの特徴やメリット・デメリットについては下記の記事で詳しく取り上げていますので、併せてチェックしてみてください。

イエイの評判って実際どうなの?口コミで見るメリデメと利用方法紹介
一括査定サイトとして歴史の長い査定サイトであるイエイが不動産売却に役立つのか知りたいと思いませんか?本記事では、イエイのサービスを深堀り、メリット・デメリットや査定の方法について詳しく紹介します。査定サイト利用の方は必見です。

マンションナビ

マンションナビはこんな人におすすめ

  • マンションの売却に特化したサイトを利用したい人
  • 個人情報を入力せず、気軽に査定額が知りたい人
  • 賃貸物件として資産運用も考えている人
  • 価格の推移といった過去の取引データまで幅広く情報を得たい人

マンションナビの特徴

マンションナビは、以下の2つのサービスを持っています。

  • マンション特化の『無料一括査定』
  • 今の相場価格から過去データまで見れる『AI査定』

2つについて、その特徴と違いについて理解していきましょう。

マンション特化の無料一括査定

マンションナビは、その名からもわかるようにマンションの売買に特化した一括査定サイトです。マンションの売却に強い2,500店舗の不動産会社に限定して提携しているため、所有するマンションをより高額で売却できる不動産会社に出会うことができるでしょう。

売買の業者6社による査定に加えて、マンション賃貸を得意とする不動産会社3社を選んで賃料査定を受けることもできるため、マンションの賃貸経営を考えている人にもおすすめです。

今の相場価格から過去データまで見れるAI査定

マンション名を入力するだけで相場価格や過去の売買実績が確認できるAI査定も無料で受けることができ、売却前の基準として利用するのも手です。

AI査定の査定基準にもなっている価格の推移や過去の取引データはを無料で閲覧することができるので、ぜひ活用しましょう。

・利用者数:500万人
・提携会社数:2500店舗以上
・同時依頼数:9社(売買6社+賃貸3社)
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション
・コラム記事:有(「マンションナビマガジン」)
・匿名査定:一部エリアのみ可(匿名査定はこちら
・URL:https://t23m-navi.jp/

マンションナビで無料一括査定する

マンションナビのAI査定に興味がある方はこちら!

スマイティ

スマイティはこんな人におすすめ

  • 大手企業が運営する安心感の高いサービスを利用したい人
  • 売却だけでなく引っ越しや住宅ローンなども検討したい人
  • 物件情報やコラムが充実したサイトを利用したい人

スマイティの特徴

スマイティは、大手不動産サイトの情報をまとめて見ることができる不動産ポータルサイトとしても有名ですが、売却査定もおこなっています。査定自体は、日本初の一括査定サイトであるHOME4Uに委託しておこなっているため、精度や安全性が高いと考えられます。

通常の仲介売却だけでなく、不動産会社による買取額の査定もおこなっており、幅広いニーズに応えています。

また、スマイティは不動産に関するコラム、成功事例などの情報が充実していることも魅力的です。不動産売却には、ある程度の知識があったほうが有利に進められます。不動産売却のステップが進むごとにスマイティで情報を得ていくことで、初めての不動産売却でも安心してのぞむことができるでしょう。

・提携会社数:1,300社以上
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:分譲マンション、一戸建て、土地、店舗・事務所・倉庫、一棟アパート、一棟マンション、区分マンション、一棟ビル、区分所有ビル
・コラム記事:有(「不動産売却に関する記事一覧」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://sumaity.com/sell/

公式HPはこちら

スマイティのサービスをより詳しく見てみたい人は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

スマイティの評判は?口コミから見たメリットやデメリットを解説!
一括査定サイトなら複数の不動産会社にまとめて査定依頼ができ、時間がない方や手間を省きたい方に便利です。本記事では、スマイティの一括査定サービスについて解説します。基本的な情報や口コミから見たメリット・デメリットなど詳しく説明しています。

タウンライフ不動産売買

タウンライフ不動産売買はこんな人におすすめ

  • 国家基準を満たした優良な不動産会社で売却したい人
  • 書面で査定額を受け取ってじっくり検討したい人
  • 売却スケジュールに不安がある人

タウンライフ不動産売買の特徴

タウンライフでは、厳しい国家基準を満たした300社以上の不動産会社と提携しています。物件情報を入力するとそのエリアの不動産会社が表示され、そこからさらに自分に合う企業を選んで査定依頼ができます。つまり、エリアによっては多くの不動産会社に査定が依頼できるのです。

加えて、査定結果をメール以外にFAXや郵送で請求することができます。書面で受け取ることでじっくりと検討することができ、保管や見直しが簡単であるという点も優れています。

また、査定依頼をすると不動産売却計画書が作成されます。初めての不動産売却で、「どのように進めていけば良いのか不安」「いつまでに資金を用意する必要があるのかわからない」といった疑問も、不動産売却計画書があれば安心です。また、解決しない疑問があれば、メールによる相談受付も利用することができます。

・利用者数:100万人(推定)
・提携会社数:300社以上
・同時依頼数:地域による
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://www.town-life.jp/fudousan/sell.html

公式HPはこちら

不動産売却の窓口

不動産売却の窓口はこんな人におすすめ

  • 不動産会社を徹底的に比較したい人
  • 一括査定に特化したサイトを利用したい人
  • お得なキャンペーンを利用して契約したい人

不動産売却の窓口の特徴

不動産売却の窓口を利用すると、一度の査定申し込みで複数の不動産会社から査定額や売却プランの提案を受けることができます。その査定額やプランを見て、売主がじっくり比べて選択できるため、他サイトよりも徹底的に不動産会社を比較することができるでしょう。

運営会社は、リビンマッチも運営しているリビン・テクノロジーズ株式会社です。リビンマッチは、土地活用や賃貸経営情報提供も取り扱う総合的な不動産サービスですが、不動産売却の窓口は売却査定に特化したサイトとして独立しており、よりサポート体制が強化されています。

また、不動産売却の窓口を通して媒介契約を結ぶと、3,000円相当の商品券がもらえるお得なキャンペーンにも注目です。少しでもお得に売却を進めていきたいという人は、不動産売却の窓口の利用もぜひ検討しましょう。

・提携会社数:700社以上
・同時依頼数:複数社
・対象エリア:全国(戸建て・土地は東京都のみ)
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://madoguti.jp/

公式HPはこちら

LIFULL HOME’S

LIFULL HOME’Sはこんな人におすすめ

  • 提携会社の多いサイトを利用したい人
  • 売却理由や会社の雰囲気など多様な角度から業者を比較したい人
  • 匿名で査定を依頼したい人

LIFULL HOME’Sの特徴

全国2,000社以上もの会社との提携がある中、LIFULL HOME’Sは情報の不備があった業者に対してペナルティを課すなど、創業20年以上のノウハウを活かした統制の取れた管理をおこなっています。

一般的な査定依頼はもちろんのこと、買取査定や相続物件の売却、事情のある売却といった売却理由から会社を探すことができるため、特殊な物件の売却であっても、実績豊富な信頼できる業者を見つけられる仕組みがあります。業者の情報欄には、代表者の顔写真やコメント・アピールポイントなどを掲載することで、依頼する会社を選びやすくする工夫がなされています。

また、匿名査定ができる点はLIFULL HOME’Sの大きな特徴です。よくあるAIを利用したデータベースでおこなう簡易的な匿名査定ではなく、個人情報を伏せたまま不動産会社に査定を依頼することができるため、匿名でもより精度の高い査定結果が期待できます。

・利用者数:736万人
・提携会社数:3,150社
・同時依頼数:10社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:有(「住まいのお役立ち情報」)
・匿名査定:利用可能
・URL:https://www.homes.co.jp/satei/

LIFULL HOME’Sで無料一括査定する

さらにLIFULL HOME’Sについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください。

LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)の口コミや評判は?他サイトとの違いも解説
LIFULL HOME’Sは、不動産売却の一括査定から住まい探しまで、不動産に関するあらゆる情報が閲覧できる不動産総合情報サイトです。本記事では、LIFULL HOME’Sの口コミから分析したリアルなメリット・デメリットを紹介します。

オウチーノ

オウチーノはこんな人におすすめ

  • できるだけ多くの会社に査定を依頼したい人
  • 提携している不動産会社を確認してから査定したい人
  • 特殊な不動産の売却を考えている人

オウチーノの特徴

オウチーノの最大の特徴は、同時査定依頼数に制限がないという点です。ここまで見てきてもわかるように、一括査定サイトは、まとめて依頼できる会社の数を6~10社に制限していることが一般的です。しかし、オウチーノなら、候補として表示された不動産会社の中から好きなだけ選んで査定を依頼することができます。できる限り多くの会社に査定を出して、自分の目で厳選したいと考えている人におすすめです。

また、提携している1,200社以上の不動産会社の情報を査定前に確認することができることもメリットでしょう。「物件所在地から不動産会社を探す」から売りたい不動産の市区町村を検索すると、対応している不動産の種類や詳細な情報、担当者からのコメントを確認してから依頼を出すことができます。

さらに、対応する不動産の種類の豊富さも魅力的です。マンションや戸建て、土地だけでなく、一棟建物や倉庫・工場・店舗・事務所など、他の一括査定サイトでは取り扱いが珍しいものも対象であるため、特殊な不動産の売却を考えている人にも利用できます。

・利用者数:4万件以上
・提携会社数:1,200社以上
・同時依頼数:制限なし
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地、一棟マンション・アパート、区分マンション、倉庫・工場・店舗・事務所、一棟ビル、ビル一室
・コラム記事:有(「オウチーノニュース」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://o-uccino.com/front/sell/

公式HPはこちら

マンションマーケット

マンションマーケットはこんな人におすすめ

  • 査定から売却書類提出までオンラインで済ませたい人
  • 仲介手数料を節約したい人
  • 経験豊富な専属エージェントにしっかりサポートしてほしい人
  • よりスムーズにマンションを売却したい人

マンションマーケットの特徴

マンションマーケットは、プロの査定員が物件を査定して販売価格を決定したら、大手不動産ポータルサイトに物件情報を掲載して売却を目指すスマート売却というサービスを展開しています。

オンラインで売却活動ができるため、コロナ禍で対面の営業がはばかられる人や、不動産会社に出向く時間が取れないという人にもおすすめです。

また、スマート売却では、仲介手数料が一律で66万円と安く設定されているなど、売主に嬉しい特徴が揃っているため、諸費用を抑えたい人にもおすすめのサービスです。

・提携会社数:数十社
・同時依頼数:複数社
・対象エリア:東京23区、神奈川の一部エリア、大阪
・対応不動産の種類:マンション
・コラム記事:有(「初めてのマンション売却」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://mansion-market.com/satei

公式HPはこちら

マンションマーケットについては下記の記事でも具体的に解説していますのでご参照ください。

マンションマーケットの評判は?口コミからメリット・デメリットを検証
マンションマーケットの評判から、自分のマンション売却に役立つのか知りたいと感じている方は必見です!本記事は、良い口コミから悪い口コミまでを徹底検証し、サービスのメリット・デメリットを深堀しています。さらに利用手順や注意点も解説しています。

RE-Guide

RE-Guideはこんな人におすすめ

  • 審査を受けて厳選された不動産会社に査定を依頼したい人
  • できるだけ多くの会社に査定依頼をしたい人
  • Yahoo!アカウントを所持している人

RE-Guideの特徴

RE-Guideが提携する不動産会社は800社以上となりますが、そのすべてがRE-Guide独自の審査基準を満たした優良企業であるため、安心して査定を依頼することができます。審査に通った後も、日々プロスタッフによってサービスの安全性が見守られています。

また、同時に依頼できる業者数は業界最大級の最大10社まで選択可能で、できるだけ多くの会社に査定依頼をしたいという人には特におすすめです。

情報入力が一度で済むことは他サイトとも変わりませんが、Yahoo!と提携したサービスを提供しており、Yahoo!アカウントを持っていればその登録情報を引き継ぐことができるため、入力の手間をさらに省くことができます。

・利用者数:100万人(推定)
・提携会社数:800社以上
・同時依頼数:10社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地、アパート一棟、マンション一棟、事務所・店舗ビル
・コラム記事:有(「リガイド不動産コラム」)
・匿名査定:利用不可
・URL:https://www.re-guide.jp/assess/

RE-Guideで無料一括査定する

RE-Guideについてより詳しく知りたい人は、ぜひこちらの記事もチェックしてみてください。

RE-Guideの評判を解析!口コミからメリットデメリットも紹介
RE-Guideは一括査定サイトの中でも歴史が長く、2006年から運営されています。実績の高さから評判も良く最大10社の一括査定が受けられる老舗のサイトです。本記事では評判を徹底的に分析し、RE-Guideのメリットデメリットを解説します。

HowMa

HowMaはこんな人におすすめ

  • AIによる匿名査定を受けたい人
  • 訪問査定や対面営業に苦手意識がある人
  • 不動産会社の営業を受けたくない人

HowMaの特徴

HowMaのサービスはAI査定とオンライン売却の2種類です。2つの特徴をそれぞれ見ていきましょう。

AI査定

AI査定はHowMaのトップページから物件情報を入力することですばやく最新の価格を算出できます。3,900万件以上の査定実績データを参考に、全国の戸建て・マンションの相場をリアルタイムで算出することができます。時間をかけずに相場を知りたい人や、売却するかどうか検討段階の人におすすめの査定方法です。

オンライン売却

オンライン売却は、HowMaのスタッフが物件を確認し、提携している不動産会社の中から最大6社に査定額を提示してもらい、そのまま複数の会社と一般媒介契約(※1)を結び、売却にのぞみます。申込だけでなく、物件の確認や不動産会社との契約もオンラインでおこなわれるため、対面営業に不安がある人、訪問査定の時間が取れない人などにおすすめです。

また、通常では必須の個人情報の入力が不要で、HowMaのサイト経由で査定結果が届くため、不動産会社からしつこく営業を受ける心配もありません。

※1)不動産会社に売却の仲介業務を依頼する契約(媒介契約)のうち、複数の不動産会社と並行して契約することができるもの

・提携会社数:30社
・同時依頼数:6社
・対象エリア:東京23区
・対応不動産の種類:マンション、戸建て
・コラム記事:有(「HowMaマガジン」)
・匿名査定:利用可能
・URL:https://www.how-ma.com/

HowMaで無料一括査定する

Smoola

Smoolaはこんな人におすすめ

  • マンションの売却を検討している人
  • 実績・ノウハウともに信頼できるサイトを利用したい人
  • 売却するべきか賃貸にするべきか検討中の人

Smoolaの特徴

Smoolaは、先ほどご紹介したマンションナビと同じ会社の運営によるもので、提携不動産会社や同時査定可能数なども同様になっています。マンションナビがマンションに特化していたものであったのに対し、Smoolaは土地・戸建物件も取り扱うなど、より幅広い不動産種類を視野に入れたサービスになっています。

ホームページには査定依頼の仕方をわかりやすく解説したマンガや、実際にSmoolaを利用した人の声が掲載されており、ユーザーの気持ちに寄り添ったサイト構築がなされています。査定依頼も45秒で完了するため、忙しい人にもおすすめです。

また、マンションナビと同様に、賃貸に強い3社から査定額を受け取ることができるため、土地や戸建住宅の賃貸経営も視野に入れているという人にはぜひ利用していただきたいサービスです。また、Smoolaは新築・中古戸建て、中古マンション、土地、投資物件の販売情報も提供しているため、広告事業にも優れていると考えられます。

・利用者数:360万人
・提携会社数:900社以上
・同時依頼数:9社(売買6社+賃貸3社)
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://lp.smoola.jp/manga/fudosan/

公式HPはこちら

Smoolaの特徴やメリット・デメリットなどこちらの記事で詳しく取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。

不動産査定サービスSmoolaの評判は?メリットデメリットも紹介
Smoolaは利用者が多いことでも知られる一括査定サイトです。どのようなサービスを提供しているのか、基本データと利用する流れを紹介します。そのうえで利用者の口コミから見えてきたメリットやデメリット、利用する流れなども詳しく解説していきます。

IESHIL(イエシル)

IESHIL(イエシル)はこんな人におすすめ

  • 即時に最新の売却相場が知りたい人
  • 売却の参考になる確実なデータが欲しい人
  • 中立な立場からのアドバイスが欲しい人

IESHIL(イエシル)の特徴

IESHILは、保有する約9,000万件の物件データに基づき、所有するマンションの売却相場価格を瞬時に提示してくれるのが特徴です。匿名査定では、マンション名でおおよその価格を算出することも多いですが、IESHILでは部屋ごとの売却参考価格を提示してくれます。

提示された相場価格を確認し、本格的に売却を検討した方は、不動産の専門家に売却を相談できます。不動産仲介経験10年以上のベテランアドバイザーが、どこの不動産会社が物件に適しているか中立な立場からアドバイスをしてくれ、厳選されたおすすめの業者を最大4社まで紹介してもらえます。

・利用者数:150万人
・同時依頼数:4社
・対象エリア:一都三県
・対応不動産の種類:マンション
・コラム記事:有(「IESHILコラム」)
・匿名査定:利用可能
・URL:https://www.ieshil.com/

IESHILで無料一括査定する

IESHILの特徴やメリット・デメリットについてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

IESHIL(イエシル)の評判は?メリット・デメリットを徹底解説
IESHIL不動産会社紹介サービスはリアルタイム査定ができ、メディア掲載実績があるなど、利用者から評価されています。本記事では、IESHIL不動産会社紹介サービスの特長や、口コミからわかるメリット・デメリット、利用する流れなどを紹介します。

マイスミEX

マイスミEXはこんな人におすすめ

  • 賃貸やリフォーム会社などを経営する経験豊富な会社が運営するサイトを選びたい人
  • リノベーション・投資など特殊な物件を売却したい人
  • 土地活用や賃貸経営なども視野に入れている人

マイスミEXの特徴

マイスミEXを運営する株式会社じげんは、賃貸ポータルサイトやリノベーション中古マンションの購入販売事業など、不動産に関するさまざまな会社を経営している経験豊富な会社です。豊富な経験や知識に基づいた売却査定で、満足のいくサービスやサポートが期待できます。

そのネットワークの広さからくる、提携している不動産会社の多様さも魅力的です。リノベーション物件や投資物件といった特殊な物件の売却にも柔軟に対応しています。特殊な物件であっても、その売却仲介の経験がある不動産会社であれば安心して任せることができます。マイスミEXで査定依頼をおこなえば、自分の不動産により適した不動産会社に出会うことができるでしょう。

また、マイスミEXは売却査定の他にも土地活用・賃貸管理会社と利用者をマッチングさせるサービスも提供しているため、売却だけでなく運用を考えている人にもおすすめです。

・提携会社数:34社
・同時依頼数:6社
・対象エリア:全国
・対応不動産の種類:マンション、戸建て、土地
・コラム記事:無
・匿名査定:利用不可
・URL:https://www.mysumi.jp/realestate_sell

マイスミEXで無料一括査定する

1分で診断!あなたに合う不動産一括査定サイトはどれ?

ここまで、各不動産一括査定サイトの特徴や強みについて紹介してきました。しかし、サイトの種類が多いため、中にはどれを選べばよいか迷ってしまう人もいるかもしれません。

そこで本章では、査定したい不動産の種類や売却の切迫度など、いくつかの質問に答えるだけでご自身に合うサイトを診断できるチャート図を紹介します。診断するサービスはこれまで紹介したサイトの中でも、特に編集部がおすすめしたい優良サイトばかりです。ぜひご活用ください。

不動産一括査定サイト診断

>>診断された各サービスで査定依頼したい方はこちらから

不動産売却なら不動産一括査定サイトを活用しよう

ここからは、不動産一括査定サイトの特徴やメリット、注意点をご紹介します。正しく活用して後悔のない不動産売却を目指しましょう。

一括査定サイトの特徴とメリット

不動産売却の成功は、信頼できる良い不動産会社を選ぶことがカギです。そして、そのような不動産会社を選ぶには、一括査定サイトを利用して複数の不動産会社を比較して、しっかりと検討することをおすすめします。

POINT! 複数の不動産会社の査定結果を比較することで相場が見える!

一括査定サイトなら、一度の入力で複数の不動産会社に査定を依頼することが可能です。あちこちの会社に足を運んだり、電話して1社ずつ査定を依頼したりする手間や時間を省くことができます。また、一括査定サイトは基本的にどのサイトでも無料で査定依頼をすることができるので安心です。

ただし、各サイトによって登録されている不動産会社の数や種類、対応エリアが異なり、一度に依頼できる会社数も違うので、自分の売却したい不動産に適したサービスを選択することが重要になります。

さらに、一括査定サイトの利用は不動産会社とのトラブルを未然に防ぐことにもつながります。なぜなら、一括査定サイトは独自の基準を設けているため、提携する不動産会社を厳選しているものが多く、悪徳業者に騙されるリスクを軽減できる可能性も高くなるからです。

不動産売却成功のカギとなる不動産会社選びのコツは、こちらの記事で詳しく解説していますので併せてチェックしてみてください。

不動産売却業者選びの秘訣!仲介業者を探す時におすすめの方法3選
不動産を売る際に何より重要なのは、不動産売却業者選びです。しかし、数ある不動産会社からどのように1社を絞ればいいのか迷う方も多いでしょう。この記事では仲介業者のおすすめの選び方や注意点、信頼できる業者の見極め方、査定の流れなどを解説します。

一括査定で依頼できるのは机上査定が基本

不動産査定には机上査定と訪問査定の2種類があります。

特徴 机上査定 訪問査定
内容 査定サイトで入力した物件情報をもとに、概算的な価格を求める方法 不動産会社の担当者が物件を訪れ、実際の状態や周辺環境など総合的に判断して価格を求める方法
メリット
  • 査定結果が届くのが早い
  • 業者を招かずに気軽に査定依頼できる
  • より正確な価格がわかる
  • 周辺環境の良さや修繕履歴などもアピールできる
デメリット
  • あくまで概算的な価格しかわからない
  • 物件のアピールが難しい
  • 時間を作って業者を招かなければならない
  • 査定結果が届くまでに1~2週間かかる

一括査定サイトで利用できるのは基本的に机上査定となります。まずは複数社に机上査定を依頼し、その結果を受けて2~3社に絞り、改めて訪問査定を依頼するという流れが一般的です。

一括査定サイトの注意点

便利な一括査定サイトですが、利用するにあたっては次の3点を注意しましょう。

  • 営業電話がかかってくる場合がある
  • 査定額=売却額ではない
  • 対応エリアや企業が限られる

無料で便利だからといってむやみに利用すると、査定結果を知らせる電話や営業電話の対応が困難になる場合もあります。査定依頼をした会社からは営業電話がかかってくるものと理解したうえでの利用をおすすめします。

また、査定額を真に受けて、その価格で売却できると過信しないようにしましょう。査定額のまま売り出したとしても、買主が現れなければ価格を下げることも考えられます。査定額はあくまで目安と捉えて査定を受けましょう。

売却したい不動産のエリアや種類によって、一部の一括査定サイトでは対応外になっている可能性もあります。連携している不動産会社に偏りがあったり、特殊な不動産の売却には対応していなかったりすることも考えられるため、さまざまなサイトを比較することもおすすめです。

あまりにしつこい営業電話の撃退法

査定依頼後、営業電話がかかってくることは珍しいことではありません。しかし、中には過度な営業電話をしてくる業者も存在します。

あまりにしつこい営業を受けて困った場合には、利用した査定サイトに相談することも一つの方法です。サイトによっては、不動産会社とトラブルになった場合の専用窓口を用意していたり、勧誘を断りづらい方のために断り連絡の代行をしてくれたりするところもあります。

また、しつこい営業をする業者に直接、電話口で「宅建法に違反している」と伝えることも手です。過度な営業は、宅地建物取引業法で厳しく制限されているため、違法行為であることを把握しているとアピールするだけでもじゅうぶんな効果が得られます。

査定サイトに登録されている各不動産会社の傾向

不動産会社は、それぞれ得意としている分野やエリアが異なります。不動産売却を成功させるためには、自分の不動産の扱いを得意としている不動産会社を選ぶことが大切です。

そこで、一括査定サイトに登録されている不動産会社を大手の不動産会社、地域密着型の不動産屋、特定の不動産の扱いが得意な不動産会社の3つに分けて、その特徴や傾向を解説します。不動産会社選びの参考にしてみてください。

大手の不動産会社

大手不動産会社に仲介を依頼するメリットは次の通りです。

  • 店舗数が多く、アクセス・利便性が良い
  • 幅広い実績がある
  • サービスやサポートが充実している
  • ネットワークが広く、取引相手が見つかりやすい

店舗数が多く全国に拠点があり、対象となる不動産や駅の近くにあってアクセスが良かったり、遠方の売却であっても店舗間でやり取りできたりといった利便性の高さが魅力です。

幅広い実績やネームバリューはもちろん、買取保証やハウスクリーニングサービスなど、大手企業ならではのサービスやサポート体制が整っていることを好んで選ぶ人も多いです。また、大手不動産会社は顧客を多く抱えているため、売却するときに買主が見つかりやすいというメリットもあります。

一方で、地方の物件などエリアによっては実績が弱かったり、担当者の転勤が頻繁にあることでアフターケアが十分におこなわれなかったりといったデメリットも考えられます。顧客を多く抱えていることはメリットですが、融通が利きづらく柔軟な対応が期待できないという側面もあるので気を付けましょう。

大手不動産会社が登録されている一括査定サイトなら、すまいValueHOME4Uがおすすめです。

地域密着型の不動産会社

地域密着型の中小不動産会社を利用するメリットは以下の通りです。

  • 地域に根差して独自の情報を持っている
  • 売却が困難な物件でも親身に対応してくれる
  • 柔軟な対応が期待できる

地域密着型の不動産会社は、地域に根差した企業づくりで、そのエリアの独自の情報を持っていることが多いです。大手不動産会社では見つけられない需要を見出したり、その不動産を欲しがりそうな顧客を見つけたりすることもあります。

また、取り扱う物件の件数が比較的少ないため、狭小地やいびつな形の土地、間取りが独特な家など、売却が困難な物件であっても親身になって対応してくれるでしょう。さらに、小規模の会社は担当者からトップまでの距離が近いため、利用者の声に柔軟かつスピーディに対応できることも魅力的です。

一方で、対応エリアが限定されていたり、営業対応時間が他社よりも短かったりと社内の統制が取れず、店舗によって対応に違いがあるなどのデメリットもあります。

地域密着型の不動産屋を見つけたい場合は、査定依頼に対応できる市区町村数1位のイエウールがおすすめです。

査定依頼できる市区町村数

上記でご紹介した21サイトから、特に査定依頼に対応できる市区町村数が多いものを10サイトまとめました。次の10サイトであれば、地方エリアでも不動産会社が見つかりやすい可能性があります。

順位 一括査定サイト 市区町村数(2018年7月時点)
1位 イエウール 1,805
2位 リビンマッチ(※旧スマイスター) 1,720
3位 イエイ不動産売却査定 1,718
4位 マンションナビ 1,716
5位 オウチーノ 1,710
6位 すまいValue 1,705
7位 HOME4U 1,698
8位 Smoola 1,692
9位 ソクうーる(※現在はサービス終了) 1,688
10位 IESHIL不動産会社紹介サービス 250

“調査:東京商工リサーチ”

この表で1位となっているイエウールは、大手不動産会社だけでなく地方の不動産会社も多く提携しているということが、他社と比較される大きな魅力として挙げられています。ニーズの低いエリアの不動産売却を考えるのであれば、ぜひイエウールを利用してみましょう。

特定の不動産の扱いが得意な不動産会社

不動産を売却したいなら、その不動産の取り扱い経験が豊富な不動産会社を選ぶ必要があります。不動産会社には得意とする分野が存在します。マンションを売却するならマンション売却に長けた不動産会社を選びましょう。そのような不動産会社を選ぶためには、対応する不動産の種類を絞って特定の不動産に特化した一括査定サイトを利用することもおすすめです。

また、一般的なマンションや戸建て物件、土地であれば、多くの不動産会社が取り扱っていますが、農地や山林、店舗や工場、一棟建物など、特殊な不動産の取り扱いをおこなっていないことも珍しくありません。特殊な不動産の売却を考える場合は、不動産の種類を幅広く対象にしている一括査定サイトを選びましょう。

例として、マンションに特化したマンションナビマンションマーケット、リノベーション・投資物件を取り扱っているマイスミEXなどがあります。

ユーザーの声を大調査!一括査定サイトに関するアンケート結果

不動産一括査定サイトを利用したことがある人を対象にアンケートを行いました。どのような年代で、どの種類の不動産を査定する人が多いのか、一括査定サイトを利用した目的、複数サイトを利用した人の割合は全体のどれほどなのか、一括査定サイトを利用した理由、といった内容をまとめています。一括査定サイトを利用しようか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

一括査定サイトを利用するユーザーの年齢層は?

一括査定サイトを利用するユーザーの年齢層は30代が38%と割合としては一番多く、次いで40代(31%)、50代(9%)となっています。20代以下の利用ユーザーも一定数おり、「祖父母の家を売るため」や「実家を売るため」と、親が不動産を相続し、その親の代わりに一括査定サイトを使って売却手続きをしているといったケースが割合としては多くありました。

査定対象の不動産の種類は?

一括査定サイトで査定を依頼されている不動産の種類は一戸建てが58%と半分以上の割合を占め、次いでマンション(30%)、更地(7%)となっています。一戸建ての査定依頼を出しているユーザーには40代以上の年齢層が多く、相続した家を売りたいという目的の人が比較的多く見受けられました。

一括査定サイトを利用した理由は?

利用目的 割合
持ち物件の査定価格を知りたい 48%
売却をする為 38%
一括で見積もりをして査定額を比較したい 8%
物件の相場を知りたい 6%
一括査定サイトを利用した人の半分以上が、まだ物件の売却を決めいてない段階での利用という結果でした(「持ち物件の査定価格を知りたい」+「物件の相場を知りたい」=54%)。一括査定サイトを利用することによって、査定を依頼した物件を売らなければならないかと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。まずは持っている物件の資産価値を知るためだけにでも、気軽に査定依頼をしてみましょう。

複数の査定サイトを利用しましたか?

「価格の比較を見て、どこのサイトが高く売れるか調べたかったから」「正確な価格を見極めるため」といった理由で、22%のユーザーが複数の査定サイトを利用しているという結果でした。

査定サイトによって提携している不動産会社は違うことがあるため、査定価格に差は生じる可能性はあります。また、売ろうとしている物件が本当に得意な不動産会社を紹介してくれているのか、相場から外れた高い査定額を提示してきていないかといった点を確かめるためにも、複数の査定サイトを利用するのはおすすめです。

一括査定サイトの活用法について解説したこちらの記事も併せてチェックしておきましょう。

不動産一括査定を使い損にしない!メリット・デメリットや活用法を徹底解説
不動産一括査定サイトがおすすめと聞いたけれど、本当にメリットがあるのか気になる方のために、使うメリット・デメリットを解説します。使い損をしないためにも、不動産一括査定サイトの正しい選び方と、メリットを活かす使い方を知っておきましょう。

 

※アンケートは編集部により2020年11月に実施(87人回答)

一括査定サイトのQ&A

最後に、一括査定サイトを利用するうえでよくある疑問とその答えをまとめました。疑問を解消することで、より安心してサービスを利用することができます。ぜひチェックしておきましょう。

今すぐの売却じゃなくても査定依頼して良いの?

査定を依頼したら、すぐに売却しなければならないというわけではありません。査定結果を見て売却しない選択肢を取ることも可能です。所有する物件が、現在どれほどの価値を持っているのか知りたいという理由で不動産査定を利用することもできます。

また、査定依頼中もキャンセルが可能です。早い段階であれば一括査定サイトにキャンセルの連絡を入れればキャンセルが完了します。しかし、物件や個人の情報を選んだ不動産会社に渡した後の場合は、各不動産会社に直接キャンセル連絡をしなければならないので、どの会社に依頼をしたのか自分でも把握しておきましょう。

匿名査定って何ですか?

不動産査定を依頼する際には、物件の情報と併せて個人情報も入力することが一般的です。その中で匿名査定は、物件情報とメールアドレスを入力すれば、個人情報を渡すことなく査定ができる新たなサービスです。

匿名査定は不動産会社を介さないAIによる査定も多く、個人情報を渡したくない、営業の電話をしてほしくない、といった悩みを解決してくれるシステムと言えます。

査定価格は即時~48時間程度で算出されるため大変便利です。しかし、匿名査定はあくまで概算的な査定であり、訪問査定の金額とは大きく異なる可能性もあります。価格の目安として利用すると良いでしょう。

査定結果が届いたけどどう見ればいいの?

複数の不動産会社から一気に査定結果が届くと、何を基準に選んだら良いかわからず、混乱してしまうという人も多いでしょう。優良な不動産会社であれば、査定書もわかりやすく作られているはずですので、その点も仲介業者選びの指標になるでしょう。

不動産会社によって異なりますが、査定書には次のような項目があります。

  • 物件情報
  • 査定額と根拠
  • 類似物件の過去の取引情報
  • 査定をした不動産会社の紹介

査定額の高い低いだけで比べがちですが、査定額の根拠がわかりやすく記載されているか、資料や説明に具体性があるかなど、査定書のわかりやすさも大切な判断要素です。

不動産査定書についてより詳しく解説したこちらの記事もご覧ください。

まとめ

不動産を売却するなら、不動産一括査定サイトを利用がおすすめです。一括査定サイトなら、面倒な入力の手間を省き、簡単に複数の不動産会社に査定を依頼することができます。複数社の査定結果を比較することで、自分の不動産の価値を正しく評価してくれる不動産会社や営業担当者に出会うことが可能になるでしょう。

一括査定サイトは、それぞれサイトによって異なる特徴を持っています。売りたい不動産の種類やエリア、特色に適したサイトを選び、より良い不動産売却を目指しましょう。

不動産一括査定サービス利用者が選んだおすすめサービスTOP3

タイトルとURLをコピーしました