ソーシャルレンディングおすすめ11選比較|【2022年9月更新】人気のサービスの口コミや選び方など徹底解説◆専門家監修◆

サービス紹介

ソーシャルレンディングとは、事業者が複数の個人投資家から出資を得て事業やプロジェクトに貸付し、利息分を利益として個人投資家へ分配する仕組みです。出資者は、一般的な不動産投資よりも少額から投資ができるため、初心者でも気軽に始められるとして人気のサービスです。

同じようなサービスとして不動産クラウドファンディングがありますが、ソーシャルレンディングもクラウドファンディングの一種で、「貸付(融資)型クラウドファンディング」とも呼ばれます。

本記事では、ソーシャルレンディングの仕組みからメリット・デメリットなど詳しく解説します。また、実際にサービスを利用した302人のユーザーに実施したアンケートや、専門家の意見をふまえ、おすすめのサービス11選とその評判を紹介します。

今まで「ソーシャルレンディング」という言葉に聞き馴染みがなかったという人でも、自分に合うサービスで実際に投資をスタートしてもらえるようにわかりやすく解説するので、ぜひ参考にしてください。

ーこの記事でわかることー
・ソーシャルレンディングの基礎知識
おすすめのソーシャルレンディングサービス6選
おすすめの不動産投資型クラウドファンディングサービス5選
・おすすめサービスの利用者による口コミや募集中のファンド情報
・自分に合うサービスの選び方
・ソーシャルレンディングのメリット/デメリット
・ソーシャルレンディングで上手に投資するため知っておきたいこと

なお、この記事を読まずに今すぐおすすめのサービスを知りたい人には、特にユーザーの評価が高かった以下のサービスを検討してみてください。融資・貸付型(ソーシャルレンディング)と投資型のクラウドファンディングサービスで人気の高い3サービスです。

【ユーザー高評価】ソーシャルレンディングサービスTOP3

※日本トレンドリサーチによるインターネット調査(2021年9月サイトのイメージ調査)
本記事の監修者
中島 翔/証券アナリスト・ファイナンシャルプランナー
学生時代にFX、先物、オプションを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行でMBS投資業務に従事。三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーを経験してから、NYブロックチェーン関連のVCに所属。その後、独立してCWC株式会社を設立。現在は、不動産開発事業に携わっている。

ソーシャルレンディングの基礎知識

まずはソーシャルレンディングの基礎知識を解説します。既にソーシャルレンディングの仕組みをよく知っていて、先にサービスを選びたいという人は、次の「おすすめソーシャルレンディングサービス6選」からご覧ください。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングとは、少額から投資をしたい人に適したサービスのことで、2005年にイギリスで始まり、日本では2010年前後で登場しました。

基本的な仕組みは、ソーシャルレンディングを扱う事業者が、個人投資家から集めた出資を企業やプロジェクトなどへ貸し付け、返済利息を利益として個人投資家へ分配するシステムです。

事業者は自社のホームページで出資者を勧誘したり、分配をおこなったりするため「金融商品取引業」という営業資格を取得しています。出資者は、このようなソーシャルレンディング事業者と「匿名組合契約」を交わし、「匿名組合員」となります。

多くの事業者は「第二種」金融商品取引業資格を有していますが、なかには運営会社が資本・株主要件などにさらに厳しい「第一種」金融商品取引業として登録し、事業を展開している場合もあります。

また、ソーシャルレンディングでは出資者が直接企業などへ融資をおこなうわけではなく、出資者から資金を募った事業者が貸し付けをおこなう仕組みです。そのため、事業者は債権者(貸し手)、融資を受ける企業は債務者(借り手)となり、「金銭消費貸借契約」を締結します。このとき、債権者となる事業者は貸金業者の立場となるため、「貸金業」の営業資格も保有している必要があります。

ソーシャルレンディング事業者は、「金融商品取引業者」と「貸金業者」の2つを併せもって事業をおこなっているのです。

なぜこのようなややこしい仕組みができたのかというと、債務者となる企業側にとっての次のようなメリットも大きく関係します。

  • 金融機関よりも審査が通りやすく資金調達がスムーズ。
  • 金融機関よりも担保掛け目(代用有価証券に対する評価率)が1〜2割高い傾向がある。
  • 資金募集と並行して出資者へファンドの魅力をアピールし知名度向上を目指せる。
  • 元本の分割返済は必要なく、満期一括返済が可能。

短期プロジェクトや企業の実績が少ない場合、金融機関の審査を通れず融資を受けられないケースや、審査に時間がかかり運用開始が遅くなる可能性があります。また一般的に金融機関の場合、不動産に対する担保掛け目は7割前後が妥当とされているのに対し、ソーシャルレンディング事業者であれば8〜9割前後としている場合があります。

金融機関から融資を受けにくい企業にとって、ソーシャルレンディングはスムーズに資金調達を得ながら同時に投資家へのブランディングもできるという相乗効果が期待できるのです。

他の投資方法との違い

似たような投資方法で投資型クラウドファンディングがありますが、ソーシャルレンディングとどのように違うのか悩む人も多いでしょう。ここからは、類似性の高いクラウドファンディングや株取引などと比較してみましょう。

種類 投資額・単位 出資先・タイプ 利益
ソーシャルレンディング
(融資型クラウドファンディング)
1万円程~ 企業への貸付 ・返済利息の分配
エクイティ型クラウドファンディング ―(案件ごとに異なる) 不動産等の価値への投資 ・不動産信託受益権
・出資持分
・運用益/売却益
購入型・寄付型クラウドファンディング 100円~ 個人または企業への寄付 ・商品やサービスの購入権
・ノベルティ
投資型クラウドファンディング 1万円程~ 不動産等の運用への投資 ・家賃収入や不動産の売却により発生した利益の分配
株式投資(日本国内) 100株単位
※2,000円/株なら20万円
企業への投資 ・譲渡益(売却時の利益)
・配当金
・株主優待

基本的に、複数の投資家がネット上で企業や案件に出資できるサービスとして、ソーシャルレンディングはクラウドファンディングという大きなくくりに含まれます。簡単にいえば、他の投資方法とは「貸付(融資)型」という点がわかりやすい違いです。

融資先の企業が倒産・破産等しない限り、一定期間を経ると投資額(元本)は全額返済されます。ただし、元本保証があるわけではないため、株式投資同様にリスクがある点には注意が必要です。

株式投資との大きな違いとしてもう1点、少額から始められる点が挙げられます。事業者にもよりますが、1万円からの出資も可能です。大きな利益は見込めませんが、銀行に預けるより高い利率を期待できます。

また、ソーシャルレンディング事業者のなかには、自社で物件に投資し、運用益や売却益を投資者へ配当するエクイティ型のクラウドファンディングを取り扱っているところもあります。

不動産投資型クラウドファンディングも併用しよう

不動産投資型クラウドファンディングとソーシャルレンディングは、投資家へのリターン内容が異なりますが、1万円程度の少額から投資ができたり、運用の手間が少ないなど似ている点が多いため、ソーシャルレンディングサービスと併せて利用するユーザーは多いです。

手軽な金額で投資をしたい人や、不動産投資が初めてという人には、COZUCHI(コヅチ)property+(プロパティプラス)などの、リスク配慮やサポート体制が充実している不動産投資型クラウドファンディングサービスも併せて検討してみてください。

ソーシャルレンディングでは元本割れのリスクがあるため、優先劣後方式を採用しているクラウドファンディングサービスと併用することで、もしものときのダメージを軽減することにもつながります。

不動産投資型クラウドファンディングのおすすめサービスを先にチェックしたい人はこちら

利益の額によって確定申告が必要になる

会社員の場合はこれまで確定申告をしたことがない人が多いかもしれませんが、ソーシャルレンディングで20万円以上の利益が出たときは、確定申告が必要です。例年2月16日~3月15日に、前年の給与所得とソーシャルレンディングで得た所得の合算を税務署に申告します。

マイナンバーカードがあれば、自宅からスマホで申請することも可能です。マイナンバーカードがなくても、オンラインで書類を作成し、郵送で手続きできます。

なお、ソーシャルレンディングで得た利益が事業者から送金されるときは、あらかじめ税率20.42%の分が源泉徴収として差し引かれています。そのため、給与所得等の金額によっては、確定申告することで源泉徴収された金額の一部が還付されるかもしれません。

ソーシャルレンディングの始め方

事業者によって詳細は異なりますが、大まかな手続きは次の通りです。

  1. 1.事業者のサイトで会員登録、口座開設申し込み
  2. 2.審査
  3. 3.ウェルカムレターが届く
  4. 4.口座開設完了
  5. 5.口座へ入金
  6. 6.投資申し込み

口座開設申し込みからウェルカムレターの発送までは、2~3営業日ほど時間がかかります。審査でさらに時間を要することもあるので、投資したい案件があるときは早めに手続きを済ませましょう

おすすめソーシャルレンディングサービス6選

マイナビ編集部では、実際にソーシャルレンディングサービスを利用したことのある302人のユーザーにアンケートを取り、以下の5項目についての満足度を調査しました。

この章では、アンケート結果をもとにした【利用者人気サービス6選】を満足度評価が高い順に紹介します。各サービスの特徴や利用者のリアルな評判、また現在募集中の案件情報などを詳しく解説するので、自分の条件と照らし合わせながら比較してみてください。

【利用者アンケート調査項目】
サイトの使いやすさに対する満足度
利回りへの期待度に対する満足度
ファンド・投資先の数に対する満足度
運用の手軽さに対する満足度
運営会社のヘルプ時の対応に対する満足度
※ 口コミの【GOOD】【BAD】は、マイナビ会員アンケートを使った調査
マイナビ会員アンケート:2022/3/2~2022/3/10、回答者数302人

サービス
funds(ファンズ) CAMPFIRE Owners
(キャンプファイヤー 
オーナーズ)
Bankers(バンカーズ) LENDEX(レンデックス) CROWD CREDIT(クラウドクレジット) Owners Book(オーナーズブック)
満足度 3.38点
3.25点
3.24点
3.00点
2.99点
2.48点
キャンペーン
登録手数料 0円 0円 0円 0円 0円 0円
利回り目安 1~3% 3% 4% 7% 8% 4%
募集方法 先着 先着 先着 先着 要問い合わせ 要問い合わせ
設立(サービス歴) 2016年 2015年 2020年 2000年 2013年 2012年
リンク

ここからは各サービスの特徴を詳しく解説します。各紹介欄では、利用者の口コミ・評判現在募集中の案件も随時更新しているので、気になるサービスがあればぜひ併せて参考にしてください。

1円から投資可能!「Funds」(ファンズ )

※出典元:「Funds」公式サイト

利用者満足度:3.38点
・会社名:ファンズ株式会社
・サービス開始:2019年1月
・本社所在地:東京都港区西麻布3-2-1 北辰ビル7階
・資本金:483,000,000円
・URL:https://funds.jp/

Fundsは1円から投資できるため、まずは少額で始めたいという人に適したサービスです。また、平均運用期間14カ月と短めなので、早く結果を確認したい人にも適しています。なお、2021年11月時点で運用終了したのは44ファンドで融資元本回収率は100%です。

取り扱っているファンドの業種も幅広く、不動産・飲食・広告・エンタメ施設などがあります。自分が興味を持てる業種に投資できるのが魅力です。先着方式だけでなく抽選方式もあるので、日々投資先を追いかけられない人でもチャンスを掴めます。

さらに、一部のファンドには「Funds優待」という株主優待のような独自制度が設けられています具体例として、2021年7月に公開されたファンドでは、投資額に対して3%の優待ポイントが付与され、商品と交換できる特典が展開されました。配当以外の利益も得られるため選び甲斐があるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

Funds(ファンズ )の口コミ

・『最低投資額が定められていないので、リスクを抑えて投資が行えるのはとても良かったです。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『大抵の場合、10万円などまとまった額で出資が成立するものが多いが、fundsは1円単位で出資ができるところ。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『システムや案件信頼度などは他の事業者と比べて圧倒的に高い。案件も面白い。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

・『一度投資してしまうと途中で解約することができず、好きなタイミングで資金を引き出すことができないのがしんどい』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『人気のある案件に対しては思うように投資ができない状況があり、案件がリリースされても数秒のうちに売り切れになってしまうところ。』(50代/年収:400万円~600万円未満)

・『投資手数料や管理費用など追加のコストが多く発生して不満に感じました。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

Funds(ファンズ )はこんな人におすすめ!

  • 少額かつ短期間で運用したい人
  • 幅広い業種のファンドから選びたい人
  • 株主優待のような特典を利用したい人

Funds(ファンズ )の最新ファンド募集状況!

・募集方法:先着募集中
・ファンド名:ウェルス・ラグジュアリー・ホテル・ファンド#10
・募集期間:9/14 19:00 〜 2022/9/26 15:00
・想定利回り:2.20%
・運用期間:約16ヶ月
・募集総額:150,000,000円
・募集方法:先着
・ファンド名:マネーフォワードMEファンド#1
・募集期間:9/28 19:00 〜 2022/10/11 15:00
・想定利回り:1.20%
・運用期間:約36ヶ月
・募集総額:1,000,000,000円
・募集方法:先着
・ファンド名:ムゲンReal Estateファンド#2
・募集期間:9/21 19:00 〜 2022/10/3 15:00
・想定利回り:1.70%
・運用期間:約12ヶ月
・募集総額:50,000,000円
・募集方法:先着
・ファンド名:ADワークスグループ不動産事業ファンド#14
・募集期間:9/21 19:00 〜 2022/10/3 15:00
・想定利回り:2.00%
・運用期間:約12ヶ月
・募集総額:150,000,000円

定期的に利益を獲得!「CAMPFIRE Owners」(キャンプファイア オーナーズ)

※出典元:「CAMPFIRE Owners」公式サイト

利用者満足度:3.25点
・会社名:株式会社CAMPFIRE SOCIAL CAPITAL
・サービス開始:2019年9月11日(投資家登録受付開始)
・本社所在地:東京都渋谷区渋谷2丁目22番3号 渋谷東口ビル5階
・資本金:1億円
・URL:https://owners.camp-fire.jp/

CAMPFIRE Ownersは1万円からの少額で投資に挑戦できます。運用期間は半年~1年が主要なので、短期間案件が多い事業者と比べると長いと感じられるかもしれません。ただしマメに確認する手間がかからないという点では魅力です。また、出金手数料が月1回まで無料というお得なメリットもあります。

これから資産運用を始めたい人や、その他の投資の利益を次の運用に活用したい人など、幅広い人に適したサービスです。また案件の業種や利回りだけでなく、保証会社や投資家優待の有無など、検討材料が多く用意されているため選びがいがあります。

公式サイトで詳細を見る

CAMPFIRE Ownersはこんな人におすすめ

  • 幅広い業種の投資先に興味がある人
  • 定期的に利益を獲得したい人
  • 教育・先進国への投資など社会貢献に参画したい人

老舗の安定感!「Bankers」(バンカーズ)

※出典元:Bankers(バンカーズ)」公式サイト

利用者満足度:3.24点
・会社名:株式会社バンカーズ
・サービス開始:2020年12月
・本社所在地:東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門8F
・資本金: 133,000,000円
・URL:https://www.bankers.co.jp/

運営会社の株式会社バンカーズは1969年創業、1974年設立の老舗企業です。商業・商工・不動産の融資のほか、取引先の信用調査や経営コンサルティングを手掛けており、2020年12月にソーシャルレンディングサービスをスタートしました。

自社で融資や商業手形を取り扱ってきたノウハウから、投資先に自社も出資して投資家と同様にリスクを負うセイムボード出資、リスク分散のための商業手形割引などを取り入れているのが大きな特徴です。また、投資先のリスク評価や出資後のレポートなど、情報の透明性にも注力しています。

なお、募集中のファンドの中には、投資額に応じてAmazonギフト券がもらえるものがあるため要チェックです。このプレゼントは予定利回りには含まれません。

公式サイトで詳細を見る

Bankers(バンカーズ)の口コミ

・『出資金額が1万円から気軽にお試し的な投資が始められ、運用期間の幅も広いので様々な投資スタンスに対応している。』(50代/年収:400万円~600万円未満)

・『融資先の情報が豊富だった点。Amazonギフト券をもらえるキャンペーンがあった点。』(20代/年収:400万円~600万円未満)

・『半年など比較的短期のファンドが多く、また募集頻度も多めなので、出資チャンスが多いのが良いです。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『基本的に抽選方式なので、チャンスが平等な点は良いと思うものの、出資が確定するまでの期間はヤキモキします。先着方式がたまにあってもいいかもしれません。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『契約してから運用開始後、途中解約ができないという点です。企業の状況が変わっても運用が続けないといけないので見極めないといけない点です。』(20代/年収:200万円~400万円未満)

・『期待利回りが低いので、(バンカーズが)メインの事業者にはなっていないので改善を期待する。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

Bankers(バンカーズ)はこんな人におすすめ

  • 投資後のモニタリングにも興味がある人
  • 投資先のリスクを重視する人
  • Amazonをよく利用する人

Bankersのキャンペーン情報

2022年8月31日以前にBankersでの投資実績がなく、2022年9月1日~2022年10月31日までの間に募集するファンドに対し、新規会員登録後、初めての投資でもれなくAmazonギフト券最大200円分プレゼント!

※キャンペーン概要はこちら

飲食やイベントにも投資できる!「LENDEX」(レンデックス)

※画像出典元:「LENDEX」公式サイト

利用者満足度:3.00点
・会社名: 株式会社LENDEX
・サービス開始:2000年8月1日
・本社所在地:東京都渋谷区渋谷二丁目1番11号郁文堂青山通りビル5階
・URL:https://lendex.jp

LENDEXは、2000年設立の比較的新しいソーシャルレンディング企業です。主に不動産投資を取り扱っていますが、RIZINイベントや飲食店など、さまざまな業種を応援するファンドも提供しています。

利回りが高く、ユーザーが安全に利用できる体制が整っているため、初めてのクラウドファンディングでも安心です。なかでも毎月利息の配当がある点は、投資を続けやすいため大きなメリットといえるでしょう。

低リスクで安全にソーシャルレンディング を始めたい人や、不動産以外のジャンルにも投資をしたい人におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

LENDEXの口コミ

・『比較的短い期間のファンドも多いところ。期間は短くても、利回りが良いので、満足感があるところ。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『少額の投資でも利回りがよく、短期間にて一定の成果を上げることができるところ』(30代/年収:200万円~400万円未満)

・『投資初心者だったので最初は色々とわからない点が多かったですが丁寧にフォロー頂け助かりました。』(30代/年収:800万円~1000万円未満)

・『競争倍率が高いようで、なかなか投資ができないところ。抽選方式を取り入れた案件があっても面白いかな、と思う。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

・『ファンドの締め切る時間が早く、人気があるところがすぐに定員終了になってしまうこと』(30代/年収:200万円~400万円未満)

・『1年以内の短期投資が多いので、私はじっくりと長期投資したかったので、少し不満でした。』(30代/年収:800万円~1000万円未満)

LENDEXはこんな人におすすめ

  • 低リスクで不動産クラウドファンディングを始めたい人
  • 毎月利息の分配が欲しい人
  • 不動産以外にもイベントや飲食店にも投資したい人

LENDEXの最新ファンド募集状況!

・募集方法:先着
・ファンド名:ローンファンド 684号
・募集期間:9/21 19:00 〜 2022/9/22 10:00
・想定利回り:10%
・運用期間:8ヶ月
・募集総額:14,010,000円
・募集方法:先着
・ファンド名:ローンファンド 685号
・募集期間:9/21 19:00 〜 2022/9/23 10:00
・想定利回り:7%
・運用期間:8ヶ月
・募集総額:26,010,000円
・募集方法:先着
・ファンド名:ローンファンド 686号
・募集期間:9/21 19:00 〜 2022/9/23 10:00
・想定利回り:7%
・運用期間:8ヶ月
・募集総額:9,010,000円

社会貢献もできる「CROWD CREDIT」(クラウドクレジット)

※画像出典元:「クラウドクレジット」公式サイト

利用者満足度:3.00点
・会社名: クラウドクレジット株式会社
・サービス開始:2014年6月
・本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町1-8-1 茅場町一丁目平和ビル802
・URL:https://crowdcredit.jp/

クラウドクレジットは、海外の発展国で事業展開する企業に特化したファンドを取り扱っており、円建て・ドル建て・ユーロ建てファンドへの分散投資に適した国際的な取引を得意としています。発展途上国の金融業者や起業家を支援するファンドなどもあり、社会貢献や問題解決に協力したい人に適しています。

税引き前の表面利回りではありますが、利回りが5.1~12.1%と高めなのも特徴です。ただし、2021年10月26日時点の運用状況マップでは、債権回収の成績が悪化し遅延予想になっているファンドや、全額に近い損失りリスクが生じているファンドもあります。

資金に余裕があり社会貢献を重視する人には向いていますが、投資目的の人にとってはハイリスクハイリターンといえるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

クラウドクレジットはこんな人におすすめ

  • 国際的なファンド取引に興味がある人
  • 社会貢献したい人
  • リスクよりリターンを重視する人

クラウドクレジットの最新ファンド募集状況!

・ファンド状況:募集中
・ファンド名:【メキシコペソ建て】中部メキシコ中小企業向けローンファンド1号
・募集期間:2022年8月25日~ 2022年9月22日まで
・表面利回り:11.4%
・運用期間:約13ヶ月
・最低申込金額:1万円〜
・ファンド状況:募集中
・ファンド名:【円建て】東欧金融事業者支援ファンド114号
・募集期間:2022年8月25日~ 2022年9月22日まで
・表面利回り:7.3%
・運用期間:約13ヶ月
・最低申込金額:1万円〜
・ファンド状況:募集中
・ファンド名:【円建て】バルカン地域オンライン金融事業者ファンド39号
・募集期間:2022年8月25日~ 2022年9月22日まで
・表面利回り:6.2%
・運用期間:約19ヶ月
・最低申込金額:1万円〜

低リスク長期運営が可能!「OwnersBook」(オーナーズブック)

※出典元:「OwnersBook」公式サイト

利用者満足度:3.00点
・会社名:ロードスターインベストメンツ株式会社
・サービス開始:2014年
・本社所在地:東京都中央区銀座1丁目10番6号 銀座ファーストビル2F
・資本金:50,000,000円(親会社2,794,000,000円)
・URL:https://www.ownersbook.jp/

OwnersBookでは、ソーシャルレンディングとエクイティ型のクラウドファンディングの両方を扱っています。ソーシャルレンディングは10,000円から、エクイティ型は案件ごとに設定された金額で出資可能です。

比較的長期の案件が多く、運用期間が5年を超えるものもあります。このような長期案件では、年2回の配当などが設定されているため、一度の投資で安定的に収入を得たい人におすすめです。ただし、期間が長いほど市場変動のリスクは伴います。

なお、ソーシャルレンディングでは、全案件で不動産担保を設定しているほか、担保不動産の売却時の価格下落リスクを見込んだ80%までの金額を基準として融資しています。そのため、元本毀損リスクは低いと言えるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

OwnersBook(オーナーズブック)の特徴はこんな人におすすめ

  • 比較的長期で運用したい人
  • できる限りリスクを軽減したい人
  • エクイティ型のクラウドファンディングにも興味がある人

OwnersBook(オーナーズブック)最新ファンド募集状況!

・ファンド状況:募集中
・ファンド名:練馬区マンション第3号第1回
・募集期間:(株主優待募集)9/21 12:00~17:59 (一般募集)9/21 18:00〜9/28 23:59
・予定利回り:4.1%
・運用期間:31ヶ月

おすすめソーシャルレンディング6選のトップへ戻る

不動産クラウドファンディングでおすすめサービス5選

ここまでソーシャルレンディングの仕組みやおすすめサービスを紹介してきましたが、不動産投資型クラウドファンディングにも興味があるという人に、マイナビ編集部がおすすめする次の5サービスも取り上げて紹介します。

前章で紹介したソーシャルレンディングサービスと併用すれば、より幅広い事業などに投資できる可能性が高まります。ぜひ併せてチェックしてみてください。


サービス
COZUCHI(コヅチ) property +
(プロパティプラス)
イークラウド funds(ファンズ) ASSECL(アセクリ)
「assecli」ロゴ
キャンペーン
登録手数料 0円 0円 0円 0円 0円
利回り 3〜12% 4〜8%
募集方法 抽選 先着 先着 先着 先着
運用期間の目安 2〜84ヶ月 3〜14ヶ月 要問い合わせ 14ヶ月 7〜12ヶ月
設立(サービス歴) 1999年 1990年 2020年 2016年 2019年
リンク

各サービスごとに利用者の口コミやサービスの特徴を詳しく見ていきましょう。

投資先が厳選された「COZUCHI」(コヅチ・旧WARASHIBE)

※出典元:「COZUCHI」公式サイト

利用者満足度:3.59点
・会社名:LAETOLI株式会社
・サービス開始:2021年(前身のサービスは2019年)
・本社所在地:東京都港区南青山2-26-1 D-LIFEPLACE南青山2階
・資本金:100,000,000円
・URL:https://cozuchi.com/ja/

COZUCHI(コヅチ)はまちづくり・地域活性化に関わる案件に特化した不動産クラウドファンディングサービスです。大がかりな再開発だけでなく、廃業予定のホテルの解体・整地、空き室の多い物件を満室にする取り組みなど内容は多岐に渡ります。そのため、運用期間も3年に及ぶものから半年で完了するものまで選択肢は豊富です。

利回りが高い案件が多いことも特徴で、中には想定利回りが20%を超えるプロジェクトもあります。さらに、配当利回りに上限がないので、高いリターンを求める人に適したサービスです

また、投資期間中に換金できるというのもCOZUCHIのメリットです。買取保証ではありませんが、換金申請をすれば公正な価格で換金されます。いつ現金が必要になるかわからないという人でも、長期プロジェクトに挑戦しやすくなるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

COZUCHI(コヅチ)の口コミ

・『様々な種類の不動産を取り扱っているので、自分の投資したい不動産をたくさんの選択肢の中から選べるのが良かったです。』(30代/年収:800万円~1000万円未満)

・『少額から投資が可能で、リスクを低減するためのあらゆるシステムがあるので、運用を気軽に続けやすいです。』(20代/年収:400万円~600万円未満)

・『期間も短い中で、リターンの高さが他の追随を許さない。圧倒的な投資効果。』(30代/年収:1000万円~1200万円未満)

・『注目されているるので仕方がないことなのかもしれませんが、競争率がかなり高くなり当たらないことが多々あるので、そこを改善してもらえればと思います。』(20代/年収:400万円~600万円未満)

・『案件が少ないので、人気のある案件は集中してしまいなかなか当たらないので不便でした。』(30代/年収:400万円~600万円未満)

COZUCHI(コヅチ)はこんな人におすすめ

  • まちづくり・地域活性化に興味がある人
  • 高い利回りを期待したい人
  • 投資期間中に現金化する可能性がある人

COZUCHIの最新ファンド募集状況!

・ファンド状況:募集中
・ファンド名:神宮前開発プロジェクト フェーズ1
・募集期間:(特別優先)9/19 19:00〜9/20 13:00 (一般募集)9/21 19:00〜9/26 13:00
・想定利回り:5%
・運用期間:12ヶ月
・募集総額:150,000,000円

プライム市場上場企業が運営する「property+」(プロパティプラス)

※画像出典:「property+」公式サイト

・会社名:株式会社リビングコーポレーション
・本社所在地:東京都渋谷区渋谷4-2-12 EDGE南青山2F
・資本金: 1億円
・URL:https://propertyplus.jp/

プロパティプラスは、プライム市場上場の飯田グループホールディングスのグループ会社が運営しています。飯田グループは、年間で約46,000戸を提供しており分譲戸建住宅シェア日本一という実績があり、そのため、プロパティプラスは2021年5月に開始された新しいサービスですが、信頼性の高さに定評があります。

また、自社開発の物件を全国規模で取り扱っていて、デザイン性の高さと立地の良さなどから人気を集め、290棟超えの供給実績があります。さらに特許も所得した独自の技術によって高度な設計効率を実現しており、収益性が高いのも大きな特徴です。

公式サイトで詳細を見る

property+(プロパティプラス)はこんな人におすすめ

  • 信頼できる企業が運営しているサービスを利用したい人
  • マンションやアパート開発の実績を重視する人
  • 収益性が高くリスクが低い投資をしたい人

property+の最新ファンド募集状況!

・ファンド状況:募集中
・ファンド名:Branche桜山Ⅲファンド11
・募集期間:9/21 10:00 ~ 10/21 23:59
・想定利回り:3.4%
・運用期間:15ヶ月
・申込金額:84,100,000円

非上場のベンチャー企業を応援できる!「イークラウド」

※出典元:「イークラウド」公式サイト

・会社名:イークラウド株式会社
・サービス開始:2020年6月
・本社所在地:東京都中央区八重洲1-5-20東京建物八重洲さくら通りビル3F
・資本金:7億4200万円(資本準備金を含む)
・URL:https://ecrowd.co.jp/

イークラウドでは、発展が見込まれるベンチャー企業への投資ができます。株式投資型クラウドファンディングは高い利益も期待できる夢のある投資会社です。また、投資先のジャンルは非常に多様で、楽しく投資先選びができることも魅力でしょう。

社会的意義の大きい事業に投資できることや株主優待が受けられるなど、イークラウドの投資でしか得られないメリットも多いです。

ただし、開始したばかりのサービスでイグジットした案件がないことや、投資リスクが若干高いといったデメリットもあるため、株式型の投資で大きな利益を期待したい人や非上場のベンチャー企業を応援したい人におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

イークラウドの特徴はこんな人におすすめ

  • 株式型の投資で大きな利益に期待したい人
  • 投資を通じて非上場のベンチャー企業を応援したい人
  • 安心感の高いサービスを利用したい人

幅広いベンチャー事業に投資!「FUNDINNO」(ファンディーノ )

※出典元:「FUNDINNO」公式サイト

・会社名:株式会社日本クラウドキャピタル
・サービス開始:2016年11月
・本社所在地:東京都品川区東五反田5丁目25番18号
・資本金:35億9247万9340円 (2021年6月15日時点)
・URL:https://fundinno.com/

ベンチャー企業向けの融資に特化した株式投資型クラウドファンディングです。取り扱う案件は医療・ゲーム・畜産・スポーツ・コワーキングスペースなど業種からして多種多様で、リスクも大きい分、高いリターンを期待できます。

ただし、ソーシャルレンディングではなく株式投資型なので、想定利回りなどは存在しません。投資額は1口10万円程度から、投資後は新株予約権などを取得します。投資先の企業が新規株式公開(IPO)やM&Aなどで第三者へ売却した場合などに利益が発生する仕組みです。

なお、支援を目的とした非営利のプロジェクトもあります。ハイリスクハイリターンに挑戦したい人や、支援したい分野・プロジェクトがある人におすすめです。

公式サイトで詳細を見る

FUNDINNO(ファンディーノ )はこんな人におすすめ

  • リスクよりもリターンを重視する人
  • ベンチャー企業を応援したい人
  • 社会貢献や社旗問題の解決に興味がある

<募集開始前>FUNDINNO(ファンディーノ )の最新ファンド募集状況!

・ファンド状況:募集開始前
・ファンド名:【海外で9社が採用済】 がん、生活習慣病への切り札“クルクミン”の高吸収率を実現する京都大学発バイオベンチャー。
・募集期間:9/23 10:00〜
・目標募集額:10,080,000円

・ファンド状況:募集開始前
・ファンド名:【マイナビ・ホリプロ・上場企業など複数社が株主】若者の潜在的な想いをプロファイリングしデータベース化!採用・求職市場に変革をもたらす新サービス「shabell – シャベル」
・募集期間:9/26 19:30〜
・目標募集額:15,072,000円

取引実績1,000件以上を誇る企業が運営!「ASSECLI 」(アセクリ)

※画像出典元:「ASSECLI 」公式サイト

・会社名:株式会社エボルゾーン
・サービス開始:2019年
・本社所在地:東京都港区北青山3-2-5 NH青山ビル4階
・資本金:1億円 
・URL:https://assecli.com/

ASSECLI(アセクリ)は、優先劣後方式を採用した1万円から投資ができる不動産クラウドファンディングサービスです。年利回りは概ね4〜8%と高い還元率を提示しており、プロが厳選した上質なファンドのみを運用しています。

ASSECLIを運営する株式会社エボルゾーンは、マンション・アパート・商業ビルなどの収益物件を中心に、創業以来1,000件以上もの取引実績をもっています。他にも商品企画・開発、リノベーション、リーシング、物件管理など、不動産投資における総合的な事業を展開し、さまざまなノウハウを蓄積している信頼できる事業者です。

ASSECLIでの投資で万一損失が発生した場合には、劣後出資者となるエボルゾーンの出資分から補填されるため、リスクを最低限に抑えて投資を楽しむことができるでしょう。

公式サイトで詳細を見る

ASSECLI(アセクリ)はこんな人におすすめ

  • 不動産投資の実績が豊富な事業者を選びたい人
  • プロ厳選の質の高いファンドに投資したい人
  • 運用期間が1年未満で高い利回りを期待する人

ASSECLI(アセクリ)の最新ファンド募集状況!

・ファンド状況:募集前
・ファンド名:神奈川見川崎市#29ファンド
・募集期間:9/22 18:00〜9/25 23:59(先着順)
・想定利回り:
6%
・運用期間:3ヶ月
・目標募集額:1,995万円

公式サイトで詳細を見る

おすすめソーシャルレンディング6選へ戻る

ソーシャルレンディングサービスの選び方

さまざまなサービスがあるなかで、何を基準に選べばよいかを解説します。ポイントは次の4点です。

  • 取り扱う案件の利回りと期間
  • 取り扱う案件の種類
  • 投資のリスクの低さ
  • 融資先企業の求人情報

取り扱う案件の利回りと期間

ソーシャルレンディングでは「利回り」と「運用期間」が設定されています。記載されている利回りは想定利回りあるいは表面利回りがほとんどなので、実際は経費や税金が差し引かれます。たとえば、想定利回りが10%だとしても、実際の利回りは8%に下がるといったことです。

それを踏まえたうえで、次は運用期間を確認します。短期案件(2年以下)と長期案件(2年超え)のメリットとデメリットは次の通りです。

案件 メリット デメリット
短期
  • 短期間でまとまった利益を得られる
  • 短期間で元本が返済される(毀損リスクはある)
  • 市場変化の影響を受けにくい
  • 完了後、次の投資先が見つかるまで資金が遊んでしまう
  • 配当をもらえる回数が少ない
長期
  • 配当をもらえる回数が多い
  • 繰り返し投資する手間がかからない
  • 市場変化によるリスクが高い
  • 長期間現金化できない(換金制度がない場合)

老後までに資産を形成するという目的の場合、その年数のなかで目標額に達するまでのスパンを確保できるかを考慮して案件を選びましょう。利回りを見ながら、長期案件と短期案件を組み合わせて分散投資するというのも方法の1つです。

取り扱う案件の種類

サービス事業者が取り扱っている案件の種類、投資先の企業の特徴も重要なポイントです。紹介したサービス事業者のなかだけでも、次のように案件は多様に存在します。

  • 不動産
  • 再生可能エネルギー事業(太陽光発電など)
  • 海外ファンド
  • 非営利案件

どの業種が安心とは一概に言えません。上場企業、中小企業、ベンチャー企業など投資先の経営状況によっても案件のリスクは左右されます。自分が詳しい分野、あるいは興味のある分野を中心に、情報収集に努めながら案件を選びましょう

当然のことながら、投資家が事業者や融資先の企業へ運用方針について口出しすることはできません。たとえプロジェクトの運用方針で納得がいかずとも途中解約することはできないため、事前にしっかりとリスク管理や下調べをおこなっておくことが重要です。

投資のリスクの低さ

投資リスクを見るときには、次のようなポイントを重視しましょう。

  • サービス提供事業者自体の財務状況が好調
  • 案件・投資先の分析が正確
  • 投資後のモニタリングをしっかり行う体制がある
  • 事業者も案件に出資している(セイムボート出資)
  • 不動産など担保付きの案件
  • 運用事業者による保証制度
  • リスク分散のための工夫(商業手形など)
  • 劣後出資割合(毀損が生じた場合に事業者から負担する割合)
  • 融資元本回収率
  • 投資先の情報の透明性・リスク度合いの明示

利回りだけを見てしまうと、元本割れするリスクを抱える恐れがあります。リスク低減の工夫、投資先の返済遅滞や元本毀損が生じた場合の対策まで講じられているかを確認することが大切です。

融資先企業の求人状況をチェック

融資先企業の求人状況などをチェックして、企業が継続的に投資家を募るような広告を出している場合は、投資家が集まっていないため少し懸念点を持ってもいいでしょう。一方で求人広告が社内の紹介をおこなっており雰囲気がわかるような募集がある場合は、社内を紹介してもいい雰囲気を持っている企業であり、信頼性は高まるといえます。

これは見方の問題になりますが、表面上の紹介サイトだけ見て選択するのではなく、企業サイドからのメッセージをチェックすることは企業の安全性を考える上で有用でしょう。

中島さん
中島さん

業者の選び方は視点を変えて業者の求人票や、提携先株主構成の変化、上場していれば株価の動き等も判断材料とするといいでしょう。

ソーシャルレンディングの7つのメリット

そもそもソーシャルレンディングにはどのようなメリットがあるのか、他の投資方法に勝る点など気になる人も多いでしょう。ここからは、ソーシャルレンディングにおける7つのメリットについて考えていきましょう。

  • 1万円程度の少額から投資を始められる
  • ネット上で手軽に出資できる
  • 高い利回りの案件が多い
  • 運用中の手間や心労はゼロ
  • 投資額以上の損失は発生しない
  • リターンが投資経験に左右されない
  • 出資方法にバリエーションがある

1万円程度の少額から投資を始められる

まずソーシャルレンディングの大きなメリットの1つとして、少額投資が可能な点が挙げられます。案件にもよりますが、概ね1万円程度から投資できるものが多く、余剰資金10万円をいくつかの案件に分散投資したり、手持ち資金があまりないときはとりあえず1万円だけ投資して様子を見たりなど、それぞれの目的に応じた投資スタイルが可能になります。

賃貸経営などの不動産投資であれば、初期費用が数百万〜数千万円に及ぶ場合もあります。必要経費を抑えることで、万一失敗したときのリスクも軽減することにつながります。

投資経験が浅い人や、まとまった元手の用意が難しい人でも気軽に投資を始められるのがソーシャルレンディングの特徴です。

ネット上で手軽に出資できる

ソーシャルレンディングの特性として、原則手続きはインターネット上で完結するという点があります。条件さえ合えば、仕事の合間でもパソコンやスマートフォンで簡単に投資家登録や出資手続きがおこなえます。

そのため、出資していた案件が運用期間を終えて償還された資金を、そのまま別の案件への出資へ充当することも可能になります。資金の活用サイクルを効率化することで、先着を競う人気の高い案件にもいち早く投資できるチャンスが増えます。

高い利回りの案件が多い

ソーシャルレンディングでは比較的、銀行への定期預金や株式投資などに比べて高利回り案件が多いことも魅力の一つです。当然、案件によって差はありますが、一般的に6〜7%程度の水準を期待できます。

株式投資であれば2〜3%となるものが多いことや、マイナス金利時代の現代においてこの水準は非常に高いことがわかります。上場企業の案件であれば年利2%前後のものありますが、未上場企業の案件で不動産担保の有無によっては6〜10%の期待利回りとなる場合もあります。利回り重視のユーザーでも満足できる案件に出会うことが可能となるでしょう。

運用中の手間や心労はゼロ

仕事や家事で忙しい人でも、不労所得として収益を望めるのもメリットです。あくまでの貸付金の利息の分配なのでそこまで大きな利益ではありませんが、賃貸経営などのような運用管理もなく、企業への融資・資金の回収などすべて事業者に任せっきりにできるため、まさに「ほったらかし投資」を実現できます。

また、株式投資やFX、REITのような「値動き」を気にする必要もないため、運用期間中は自身の本業に集中することができます。

投資家は、事業者のホームページで投資家登録をして案件申し込みと入金をするだけです。その後、運用期間が満了して返済額(収益)が振り込まれるのを待ちましょう。

「企業に融資するなんて難しそう…」と悩む必要はありません。

投資額以上の損失は発生しない

ソーシャルレンディング事業者と結ぶ「匿名組合契約」には、投資家の責任を「有限責任」とする決まりがあります。

通常、個人事業主として不動産投資をおこなう場合、投資家の責任は「無限責任」として扱われます。投資物件になんらかの不具合やクライアントとのトラブルなどが発生すると、投資金額全額を失う可能性に加え、賠償請求や将来の営業停止といった事態に陥る恐れもあります。

投資家の責任が有限であるということは、万一投資案件や企業側に問題があった場合でも、投資額以上の損失は発生しないことを意味します。匿名組合契約は、投資家のリスクを最小限に抑えるための働きもしています。

リターンが投資経験に左右されない

投資家としての経験が浅い人でも、ある程度の案件の見極めができ、経験者と同等のリターンを期待できる点もメリットです。

ほとんどの事業者ホームページでは、各案件の詳細に加え、現時点の出資状況や倍率が確認できます。倍率が高く人気の案件であれば、その企業の可能性を多くの人が感じているということがわかり、投資を成功に導くヒントにできます。

さらにファンドの運営や営業を実施するのは投資家ではなくソーシャルレンディング事業者です。投資家の実績やノウハウが原因で期待できるリターンに差が生じるということはありません。

出資方法にバリエーションがある

運用期間の長さや募集方法に自由度があるのもソーシャルレンディングの利用しやすいところです。

ソーシャルレンディングの案件では、運用期間は概ね3ヶ月〜年単位と幅があり、短期間から収益化を期待できるケースがあります。これにより出資先の運用がうまくいかないまま終了してしまった場合でも、すぐに切り替えて新しい案件にチャレンジすることもできます。

また事業者のルールにもよりますが、募集方法が「先着」「抽選」と選べる場合があります。そのため、先着で応募に間に合わなかった場合でも再度募集に乗れる可能性も出てきます。逆に、抽選では当たりにくい人気の高い案件であっても、先着募集期間で早期の申し込みを狙えば希望はあります。

ソーシャルレンディングは、このように豊富な出資方法をもつことを特徴にしており、より多くのニーズに対応しています。

ソーシャルレンディングの6つのデメリット

ソーシャルレンディングにはたくさんのメリットがある反面、不動産投資にはリスクはつきものです。ソーシャルレンディングのデメリットも詳しく把握したうえでサービスの利用を検討しましょう。

  • 元本割れ・貸倒れの恐れがある
  • 入金が延滞される可能性がある
  • 倍率が高い案件はクリック合戦
  • 運用期間中は中途解約できない
  • 投資にレバレッジをかけられない
  • 早期償還で想定利益が減る

元本割れ・貸倒れの恐れがある

「元本割れ」とは、出資した元金の一部しか返還されないことをいいます。融資先の法人企業の業績が悪化したり、プロジェクトの進行が想定通りにいかず返済能力が低下したりして、事業者が元金全額を回収できない場合に起こります。一般的にソーシャルレンディングでは、元本割れは発生する可能性のあるものという条件付きで出資を募るため、事業者は投資家に対して元本保証はしていません。

また、「貸倒れ」とは融資先の企業が倒産などで債務不履行となり、利益どころか出資金が戻ってこない事態をいいます。この場合は事業者が対応してくれるケースもあるようですが、まずはそれも事業者にその余力があればの話です。ソーシャルレンディング業者の実績・担保や保証内容も事前にしっかりとチェックしておきましょう。

入金が延滞される可能性がある

案件によっては運用終了期間が満了したにもかかわらず、入金までに時間を要する場合があります。

たとえば不動産の場合、ビルを建てるための融資をおこない、建設が完了した後になって買い手がなかなか見つからないというケースが考えられます。こうなると、ビルが売れるまで融資した金額を回収できないので、売れるまで入金が遅延するかもしれません。

融資段階で既に買い手のいる案件であればこのような事態は起こりにくいものですが、買い手予定だった企業が倒産することもあり得ます。延滞したあげくそのまま貸倒れとなる恐れもあるので注意が必要です。

買い手候補が不在になった場合でも新たな買い手が見つかりやすいエリアの案件を選ぶなど、リスク低減を考慮しましょう。

倍率が高い案件はクリック合戦

人気のファンドが募集を開始すると、投資家からのアクセスが殺到するクリック合戦となる場合があります。そのため、公平性を保つための対策として、案件によって「先着」「抽選」の両方を募集方法として設定している事業者もあります。

しかし需要の高い案件の抽選では倍率が高くなり、なかなか当選できないケースも増えています。せっかく投資家登録をしても、実際には案件への申し込みができず、資金の活用ができないという場合もあります。

運用期間中は中途解約できない

中途解約できない点もソーシャルレンディングの「手軽に利用できる」という性質に相反するデメリットです。運用期間が満期となるまで出資したお金はロックされ、投資家の都合で自由に解約できない仕組みとなっています。

急に資金が必要になった際に困らぬよう、ソーシャルレンディングでの出資は余剰資金のみで運用することが大切です。またなるべく短期間のプロジェクトなどに複数小口投資をして、返済時期をずらしておくのも良い方法でしょう。

投資にレバレッジをかけられない

国内FXなら最大25倍、株も信用取引なら3倍のレバレッジをかけられますが、ソーシャルレンディングにはレバレッジがありません。自分が出資できる金額以上の取引はできないので、投資額が小さければそれだけ利益額も小さくなります

少ない出資で大きなリターンを得たい人には不向きです。とはいえ、レバレッジによる負債リスクも低いので、堅実に利益を得たい人に向いています

レバレッジ効果の概念とは

レバレッジ効果は小さな力で大きな物を持ち上げる「てこの原理」に例えられます。自分が投資できる金額以上の取引をすることで、大きな利益が期待できる仕組みです。国内FXの場合、最大25倍のレバレッジをかけられるため、元手が10万円でも250万円分の取引が可能です。

ただし、5%の損失が生じたときには同額の損失が生じます。つまり、10万円を元手に25倍の取引をして5%の損失が生じた場合、投資額以上の損失を被るということです。

早期償還で想定利益が減る

「早期償還」とは、融資先の企業に認められる「繰上げ返済」のことです。企業がプロジェクトの運用を継続するよりも終了したほうがよいと判断した場合、ソーシャルレンディング事業者に対して借入金を一括返済し、運用期間を早めてプロジェクトを終了することができます。

この場合、企業は予定していた運用成果を上げることができないため、投資家は出資時に期待できた利益は得ることができなくなります。

ソーシャルレンディングでは、大きな損失は発生しにくいものの少なからずデメリットはあります。予想外のトラブルも起こりやすいため、次に解説する事業者・案件の選び方もチェックして、適切な資金運用に役立ててください。

ソーシャルレンディングのリスク回避方法とは?危険を減らす選び方
ソーシャルレンディングは、融資型クラウドファンディングとも呼ばれる比較的新しい投資方法です。この記事では、ソーシャルレンディングについて基礎知識を解説したうえで、どのようなリスクがあるのか解説します。リスクを回避する方法も紹介します。

ソーシャルレンディングで儲ける3つのコツ

「儲けるコツ」を考える上で、基本となる考え方は次の通りです。

  • 事業者・案件の分散投資
  • 得た収益は複利で運用
  • 最新情報をチェックして美味しい案件を逃さない

では、具体的な方法を見ていきます。

事業者・案件の分散投資

案件ごとのリスクは高低差こそあれ、必ず存在します。低リスクな案件だけに厳選しても、プロですら予見できなかった事態が生じたり、事業者自体が倒産するなどして元本毀損・全損に及ぶ可能性を否定できません。そこで、運用できる資産をいくつかの業者と案件に分散することをおすすめします。

たとえば、100万円の資産を運用できる状況にあるとします。事業者Aの1案件のみに全額を投資してしまうと、その案件に問題が発生すれば100万円を失うかもしれません。事業者Aで50万円ずつの2案件に分散したとしても、事業者自体が倒産に至った場合は全損のリスクがあります

そこで、事業者もAとBに分け、それぞれの事業者で2案件、25万円ずつ投資したとしましょう。1案件で全損が起きたとしても75万円は守ることができ、事業者Aが倒産した場合でも50万円は守れます。このように、最悪の事態を想定してリスク分散をすることは、大切な資産を守るための重要なポイントです。

分散投資を検討するなら、利用者の満足度が高い以下のサービスを検討してみてください。融資・貸付型(ソーシャルレンディング)と投資型のクラウドファンディングサービスで人気の高い3サービスです。

【ユーザー高評価】ソーシャルレンディングサービスTOP3

※日本トレンドリサーチによるインターネット調査(2021年9月サイトのイメージ調査)

投資の利益は複利で運用

複利とは投資して得た利益を上乗せして次の投資額とし、利益を拡大していくことを指します。一方、利益を上乗せせずに当初の元手だけを再投資することを単利と呼びます。

100万円を元手として年利3%で運用するとしましょう。単利の場合、1年後に103万円になったとしても、次の年も100万円を投資するので2年目の利益も3万円です。これを10年運用した場合の利益の合計額は30万円です。

一方、複利の場合は2年目で103万円を投資するので、利益は30,900円になります。このように利益を上乗せする投資を10年繰り返した場合の利益の合計額は318,000円です。

単利との金額差が18,000円なので、これだけを見ると少額に思えるかもしれませんが、投資額が大きければこの差はもっと開きます。利益分を消費する必要がないなら、複利で収益を大きくしましょう

中島さん
中島さん

複利の考え方も重要ですが、利益が出た部分を同じソーシャルレンディングで追加投資する必要はなく、他の投資先に分散するという方法もいいでしょう。

最新情報をチェックして美味しい案件を逃さない

ソーシャルレンディングはいつでも案件が豊富に用意されているわけではありません。ご紹介したサービスの中には、2021年11月22日時点で一時的に募集案件がないところもあります。また、低リスクかつ利回りの高い案件は人気なので、募集開始からわずか数日で応募が締め切られるケースが見られます。

多くの投資家にチャンスのある抽選方式なら出遅れても投資できる可能性がありますが、多くは先着方式なので、誰よりも早く情報をゲットし迅速に応募することが重要です。

サービス事業者からの案内メール、サイトの募集一覧をこまめにチェックしてチャンスを逃さないよう心がけましょう。

おすすめソーシャルレンディング6選へ戻る

ソーシャルレンディングの注意点

最後に、ソーシャルレンディングを始める前に知っておきたい注意点を2つ紹介します。想定外のトラブルを防ぐことにつながるので、ぜひ参考にしてください。

  • 匿名性=情報の不透明性
  • 余剰資金以上の投資をしない

匿名性=情報の不透明性

ソーシャルレンディングはもともと、融資先の企業の情報を投資家に開示しない仕組みをとってきました。借り手である企業への配慮から匿名性を通例としていたからです。

しかしこのルールをいいことに一部の悪質な業者が、投資家から募った資金を悪用するケースが相次ぎ、2019年3月、匿名化解除の方針を金融庁が発表しました。

このことで、コンプライアンスを重視するようになった2022年現在、より適切な投資活動がおこなわれるよう、具体的な企業情報の開示をおこなう事業者は増えましが、いまだ匿名性を貫いている事業者もあります。

企業を守るための匿名性はときとして、ソーシャルレンディング業界における情報の不透明性にもつながることを覚えておきましょう。

余剰資金以上の投資をしない

融資期間中の換金制度を設けているソーシャルレンディングサービスもありますが、多くの場合、一度投資した金額は融資期間満了まで戻ってきません。急に現金が必要になっても、動かせないお金ができるということです。

今後のライフプランを検討した上で、融資期間中はほぼ確実に使うことのないお金(余剰資金)に限定して投資しましょう。投資をしたがために生活苦に陥るようでは、本末転倒です。

中島さん
中島さん

ソーシャルレンディングは利回りが高ければいいものではなく、リスク(期間リスク含めて)とリターンがライフプランと合致するかまでチェックするようにしましょう。

おすすめソーシャルレンディング6選へ戻る

まとめ

ソーシャルレンディングは少額で始めることができ、比較的低リスクな案件の多い投資方法です。とはいえ、リスクがないわけではありません。

大切なのは、サービス事業者と投資する案件を吟味することです。今回紹介したおすすめサービスのなかでもリスクとリターンのバランスはさまざまで、融資元本回収率100%・想定利回り通りの利益を上げる堅実なタイプもあれば、融資先の応援・社会貢献の意味合いが強いものまで選択肢は豊富にあります。リスクをより軽減して安定的に収益を上げるため、複数のサービスやファンドへ分散投資するのも良い方法です。

本記事で取り上げたおすすめの10サービスの特徴や選び方のポイントなど参考にしながら、目的に応じた最適なサービス・案件を探してみてください。

本記事の監修者
中島 翔/証券アナリスト・ファイナンシャルプランナー
学生時代にFX、先物、オプションを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。あおぞら銀行でMBS投資業務に従事。三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワード、オプショントレーダー、Coincheckでの仮想通貨トレーディングとトレーダーを経験してから、NYブロックチェーン関連のVCに所属。その後、独立してCWC株式会社を設立。現在は、不動産開発事業に携わっている。

【ユーザー高評価】ソーシャルレンディングサービスTOP3

タイトルとURLをコピーしました