google_title=インデックス・ファンドとは - アセットアロケーションの意味も紹介

投資の初心者にとって投資の判断の目安となるのは「リスクが少ないこと」「運用がわかりやすいこと」「コストがかからないこと」ではないでしょうか。その3つの条件を考慮したとき、選択肢のひとつとなってくるのがインデックス・ファンドという金融商品です。

インデックス・ファンドは運用を専門家に任せることができ、値動きもわかりやすい商品です。さらに、少額投資非課税制度の「つみたてNISA」を活用すれば、定額を積み立てながら投資することも可能です。

本記事ではわかりやすく、面倒な手続きもないインデックス・ファンドについて、基礎から解説します。

インデックス・ファンドとは?

インデックス・ファンドは投資信託の一種です。投資信託を簡単に説明すると、多くの人のお金を集めて株や債券、不動産、コモディティ(金や原油、穀物といった商品先物)を購入し、運用する仕組みです。

  • インデックス・ファンドとは?

    インデックス・ファンドの仕組みを理解しましょう

運用の仕方によって、投資信託にもさまざまな種類がありますが、インデックス・ファンドは日経平均株価や東証株価指数、NASDAQ総合指数のように株価の指数に連動するものや、NOMURA-BPIやシティグループ世界国債インデックスのように債券指数に連動するもの、東証REIT指数のようにREIT指数に連動するもの、CRB指数のように国際商品先物指数に連動するものがあります。

日本の代表的な企業の株225を選びだし、その株価を平均し、日本の株全体の値動きを指し示すのが日経平均株価指標です。そのほかにも東証一部に上場された全銘柄の時価総額をもとに出したTOPIXという指標もあります。

それ以外にもこのような株価全体の動きに連動しているのが、インデックス・ファンドです。NYダウやMSCIワールド・インデックスのように海外の指標に連動するインデックス・ファンドもあります。

インデックス・ファンドとETFの違い

インデックス・ファンドと同様に、指標に連動して運用されている金融商品として、ETFがあります。インデックス・ファンドとETFの違いをここでまとめてみました。

インデックス・ファンド ETF
上場/非上場 非上場 上場
販売会社 証券会社・銀行 証券会社
取引時間 申込期間中の
9時~15時
証券取引所の取引時間中
購入価格 基準価額
(1日1回算出)
リアルタイムで変動する
注文方法 基準価額がわからない状態で行う 成行・指値注文ができる
売買手数料 投資信託ごと、販売会社ごとに
異なる手数料がかかる
証券会社ごとに異なる手数料
がかかる
信託報酬 信託報酬がかかるが
無料のものもある
信託報酬がかかるが一般的な
投資信託と比較して安い
最低投資金額 1万円程度から可能 1万円程度から可能
積立方式 積み立てが可能 積立方式がない

大きな違いは3点です。

  1. ETFはリアルタイムで決まる市場価格で取引することができるのに対し、インデックス・ファンドは1日1回算出される基準価額で取引されること
  2. 信託報酬がETFの方が安いこと
  3. インデックス・ファンドは毎月定額で投資し、運用を任せられることが可能であるのに対し、ETFは積み立て運用ができる種類がほとんどないこと

投資しながら相場について勉強し、売買のタイミングを見極めながら、少しでも利回り面で有利なものを運用したい方はETFが向いており、運用はプロに任せ毎月積み立てながらコツコツと投資がしたい方は、インデックス・ファンドが向いていると言えます。

インデックス・ファンドのメリット・デメリット

投資初心者にとってのインデックス・ファンドのメリット・デメリットを押さえておきましょう。

  • インデックス・ファンドのメリット・デメリット

    インデックス・ファンドのメリット・デメリットを押さえておきましょう

インデックス・ファンドのメリット

インデックス・ファンドには大きく分けて、以下の3点のメリットがあります。

1.値動きがわかりやすい
日経株価平均やTOPIXと連動しているため、値動きがわかりやすくなっています。株価は個別銘柄で購入するため、ある企業の株価が上がるか下がるかというのは不確定要素が多く、投資初心者にとってはリスクが高くなっています。

それに対してインデックス・ファンドは、何を買ったらいいのかわからない初心者であっても、購入した投資信託がどういう状況にあるのか、ニュースを見ているだけでおおよそ把握することができます。

2.投資信託を介して外国株にも投資できる
インデックス・ファンドにはダウ平均株価やNASDAQ総合指数、MSCIコクサイ・インデックスのように、海外の指数に連動した投資信託もあります。外国のインデックスに連動した投資信託を介することで、外国株に投資でき、日本国内株のみの場合よりも、リスクを分散することができます。

3.運用コストが低い
投資信託は売買手数料のほかに、保有しているだけでお金がかかる「信託報酬」というものがあります。対して、インデックス・ファンドには「ノーロード」といって運用手数料が無料のものがあります。

インデックス・ファンドのデメリット

1.元金が保証されていない

インデックス・ファンドは預金とは異なり元金が保証されていないため、元金割れのリスクがあります。また、期待できる年間リターンは数%~15%程度で、株のように大きく利益をあげられません。

しかし「儲かる商品を予想して利益をあげる」のではなく、「持っている資産を成長させる」という考え方は、投資初心者にとって、最適な投資方法と言えます。

初心者に最適! つみたてNISAを活用したインデックス・ファンド

少額投資非課税制度を活用しながら、インデックス・ファンドをもっと有利に進める方法について説明します。

  • 初心者に最適 つみたてNISAを活用したインデックス・ファンド

    つみたてNISAを活用して、インデックス・ファンドを有利に進めましょう

長期の積み立て・分散投資に適したつみたてNISA

NISAとは2014年にスタートした少額投資非課税制度のことです。年間投資120万円までなら、投資した年から最長5年間、投資によって得られる利益には課税されないというものです。

通常、投資によって得られた利益に対して約20%の税金(所得税15%、住民全5%、復興特別所得税0.315%)がかかります。NISAは一定の条件さえ満たせば、この税金が非課税になるという制度です。

さらに2018年から「つみたてNISA」が誕生しました。つみたてNISAは年間投資上限額が40万円までで、最長20年間、コツコツと積み立て続けられるというものです。

インデックス・ファンドはNISAにぴったりの商品

つみたてNISAで運用できるのは投資信託のみで、インデックス・ファンドが対象になっている商品も数多くあります。つみたてNISAが利用できるインデックス・ファンドは、購入手数料が0円、最低積立額も100円からというハードルの低い商品があります。

インデックス・ファンドのアセットアロケーション

長期投資では、リスクを回避するために分散投資がポイントとなります。分散投資をするにあたり、資産をどのように配分するかが大切ということです。インデックス・ファンドで最も重要なのが、アセットアロケーションとも言われています。

  • インデックス・ファンドのアセットアロケーション

    インデックス・ファンドのアセットアロケーションの概念を紹介します

アセットアロケーションとは?

アセットアロケーションとは、資産(asset)をどのように割り当てるか(allocation)という意味です。投資対象がかたよってしまうと、長期投資の場合、リスクが過剰に高まってしまいます。そのため投資を行う場合は、異なる資産で運用する投資信託と組み合わせて積み立てる必要があります。

アセットアロケーションの構成要素

インデックス・ファンドは株価指数に連動するものや債券指数に連動するもの、REIT指数に連動するもの、コモディティ指数に連動するものがありますが、その中で何に投資するかによって、利回りやリスクが異なってきます。また、日本の株価や債券に連動するものか、日本以外の先進国の株価や債券に連動するものか、新興国の株価や債券に連動するものかによる違いも大きくなっています。ここではそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

メリット デメリット
株式 国内株式 値動きがわかりやすい リスクが高い
外国株式 国内株式よりも高い成長が期待できる 国内株式よりもリスクが高い。
為替相場の影響も受けやすい
新興国株式 潜在的な成長力が高い 先進国以上にリスクが高い
債券 国内債券 安定的な運用が期待できる 大きな利益は期待できない
外国債券 国内債券よりも高いリターンが期待できる 為替相場の影響を受ける分だけリスクが高くなる
新興国債券 外国債券よりも高いリターンが期待できる 政府等の破綻によって大きな損失を被るリスクがある
REIT J-REIT 国内の株式と似た値動き
より高いリターンが期待できる
国内株式よりもややリスクが高い

これらの特徴を念頭に置いて、アセットアロケーションを考えていきます。 たとえば国内株式を35%、外国株式を20%、新興国株式を10%、国内債券を20%、外国債券を15%購入すると決めたとします。

  • アセットアロケーションの構成要素

この組み合わせを元に投資できるインデックス・ファンドを選んでいきます。

バランスファンドという方法

つみたてNISAの中には、アセットアロケーションの決定をファンド側でしてくれるバランスファンドという商品もあります。

バランスファンドの中にも、国内資産のみによるバランス型や、新興国を含む国内外の株式、債券、REITの8指数をまとめたバランス型のようにさまざまなものがあります。

インデックス・ファンドをつみたてNISAで始める

つみたてNISAでインデックス・ファンドを始める方法を紹介します。

  • インデックス・ファンドをつみたてNISAで始める

    インデックス・ファンドをつみたてNISAで始めてみましょう!

つみたてNISAの口座を開設する金融機関を選ぶ

つみたてNISAの口座は、銀行でも証券会社でも開設できますが、どこの金融機関で口座を開くかは重要です。なぜなら金融機関によって取り扱うインデックス・ファンドも異なってくるためです。自分が積み立てようと考えている商品を取り扱っている金融機関でないと、その投資信託を購入することはできません。

自分で商品を選びたい方は、その商品を取り扱っている金融機関を選びます。自分で商品を選ぶのが難しい方は、金融機関を選ぶところから始めましょう。

ここでは各金融機関のメリット、デメリットについて簡単にまとめました。

金融機関 メリット デメリット
銀行 ・日常的に利用している口座を投資信託の口座として利用できる
・口座開設から売買の手続きまで、担当者に相談しながら任せることができる
・選択できる金融商品が限られている
・販売手数料、運用管理手数料が他の金融機関に比べて高い
証券会社 ・金融商品の種類・情報量が豊富
・投資の専門家が相談に乗ってくれる
・販売手数料、信託報酬がかかる
オンライン証券 ・口座開設までの期間が早い
・自分の都合の良いタイミングで売買できる
・Webサイトの情報量が豊富
・購入手数料が無料のものも多く、低コストで運用できる
・自分で調べ、自分で決めなければならない

オンライン証券の中には、オンライン銀行と連動させることで、手数料や金利の面で優遇措置を受けることができたり、資産管理が簡単になったりする場合もあります。銀行のオンライン口座を持っている場合は、その口座とリンクできる証券会社がないかを確認してください。

口座を開設する

金融機関を選んだら、つみたてNISAの非課税口座を開きます。口座開設にはマイナンバーカードと本人確認書類が必要になるので用意しておきましょう。

  • 口座を開設する

    口座開設にはマイナンバーカードと本人確認書類が必要になります

証券会社からNISAのページへ行き、申し込みを行います。 フォームに入力し、マイナンバーカードと本人確認書類をアップロードすれば、あとは税務署の審査を受けて、つみたてNISAの口座を開設することができます。

人気のある銘柄

代表的な銘柄をいくつか紹介します。どのようなものがあるか参考にしてください。

ニッセイ日経225ファンド
特徴 日経平均株価(225種・東証)に連動する
販売会社 証券会社:SBI証券 楽天証券 SMBC日興証券株式会社
auカブコム証券 松井証券 マネックス証券 岡三オンライン証券
GMOクリック証券 他
銀行:京都銀行、広島銀行、西日本シティ銀行 他
SBI・全世界株式インデックス・ファンド
特徴 全世界の株式市場の動きに連動する
販売会社 証券会社:SBI証券 楽天証券 SMBC日興証券 auカブコム証券
松井証券 マネックス証券 岡三オンライン証券 GMOクリック証
銀行:筑邦銀行
楽天・全世界株式 インデックス・ファンド
特徴 全世界の株式市場の動きに連動する
販売会社 証券会社:SBI証券 楽天証券 SMBC日興証券 auカブコム証券
松井証券 マネックス証券 岡三オンライン証券 GMOクリック証 他
銀行:ジャパンネット銀行 静岡銀行 栃木銀行 ソニー銀行

投資初心者にもおすすめのインデックス・ファンド

株価や債券の動きと連動した値動きをするインデックス・ファンドは、シンプルで、初心者にとっても始めやすい投資です。さらに、「つみたてNISA」を活用することで、毎月少額でコツコツと積み立てて続けることができます。

インデックス・ファンドの最大のメリットは、運用をまるごと専門家に任せられることです。定期預金とは異なり、元本割れのリスクこそありますが、長期分散投資によって、リスク回避も可能です。

まずは、アセットアロケーションによって、自己資産をどれだけ投資に回せるかを考えてみましょう。そして「節約」「貯金」から発想を転換し、将来のために投資への一歩を踏み出してみませんか?