国民一人当たりに10万円が支給される特別定額給付金。決定までには紆余曲折があり、やっと開始された支給にあたっても、ネット申請の煩雑さや窓口の混雑など、さまざまな問題点が指摘されている。実際の入金にかなり時間がかかる自治体も多いようだ。

ただ、そうは言っても社会全体に自粛ムードが広がり、経済活動が停滞している現状にあって、この10万円給付はとてもありがたいこともまた事実だろう。そこで今回はマイナビニュース会員806人にアンケートを実施し、「特別定額給付金の使い道」について聞いてみた。

  • 特別定額給付金、あなたは何に使う?

Q.あなたは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う特別定額給付金10万円を申請しましたか、もしくは申請する予定ですか?

「はい」(92.6%)
「いいえ」(7.4%)

Q.特別定額給付金の使い道について、当てはまるものをすべて選択してください(複数選択可)

1位「食費」(45.7%)
2位「貯金」(36.2%)
3位「日用雑貨の購入費用」(18.6%)
4位「税金の支払い」(18.0%)
5位「公共料金の支払い」(17.6%)
6位「家賃・住宅ローンなどの支払い」(13.4%)
7位「通信費」(9.5%)
8位「子どもの教育費」(8.6%)
9位「娯楽費」(7.9%)
10位「医療費」(7.6%)

Q.どのように使いますか? 具体的に教えてください(自由回答)

■「食費」

・「とりあえず美味しいものを買って食べたい」(45歳女性/その他/事務・企画・経営関連)
・「美味しいものを取り寄せる」(38歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「今までに増えた食費への補填」(45歳女性/フィットネスクラブ/専門サービス関連)
・「給料が減給になった分、ある程度食費にまわそうかと思っています」(42歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「自粛中外食ができなかったので、飲食店が再開したらおいしいものを贅沢に食べに行きたい。あとは子どもが休み中にかかった食費など、増加分の補填」(47歳男性/流通・チェーンストア/営業関連)
・「家族と相談し、ちょっと良い食材を買うなどして地域に還元できる方法を考えたいと思う」(32歳女性/金融総合グループ/事務・企画・経営関連)

■「貯金」

・「今後の状況変化に対応するために、とりあえず貯金」(46歳男性/ホームセンター/販売・サービス関連)
・「まだ何が起こるかわからないので、必要最小限の出費に留めて貯蓄しておきたい」(47歳男性/総合商社/事務・企画・経営関連)
・「どうせこのお金のせいで税金を上げられるから、貯金しておく」(31歳女性/繊維・アパレル/事務・企画・経営関連)
・「貯蓄し、ゆくゆくは資産運用に回す」(36歳女性/不動産/事務・企画・経営関連)

■「日用雑貨の購入費用」

・「生活費や日用品購入で消えると思います」(46歳女性/サービス/事務・企画・経営関連)
・「値段が上がっているマスクを買いたいです」(36歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「現在パートで働いてるが、コロナの影響もあり就業時間が減った。給料が下がるので日々の生活費として使い、残りは貯金する」(43歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「6年間買い換えを我慢していたコンタクトレンズを買う」(47歳男性/銀行/営業関連)
・「毎日の生活に必要なものを買うために使う。とくに衛生用品は手に入りにくくて、見つけたら買うことを繰り返している。いつもは安い時に狙って買っていたときより価格が高いときに買ってしまっていて、出費につながっている。ハンドソープや消毒液、マスクの出費もかさんでいるので、その補填に使いたい」(46歳女性/コンピューター機器/IT関連技術職)

■「税金の支払い」

・「税金を納める時期なので、その支払いに使います」(49歳女性/建設・土木/専門サービス関連)
・「今年から自動車税が増えているので、その補填に充てたい」(39歳女性/専門コンサルタント/クリエイティブ関連)
・「固定資産税を払ったらて終わりです。反対に足りません」(48歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「固定資産税、自動車税、所得税、賃貸契約の更新費用」(47歳女性/精密機器/技能工・運輸・設備関連)
・「タイミングがよすぎて、自動車税で徴収される。10万円では足りない!」(47歳男性/精密機器/メカトロ関連技術職)

■「公共料金の支払い」

・「各種支払いに充てます」(48歳男性/サービス/事務・企画・経営関連)
・「公共料金など、生活に必要な支払いに使う」(39歳女性/サービス/事務・企画・経営関連)
・「食費や公共料金などの支払いに充てて、計画的に利用する予定」(47歳男性/専門店/販売・サービス関連)
・「収入が減った分、公共料金の支払いが厳しいので利用します。余裕があれば、医療従事者への慰労として寄付したいですね」(49歳女性/設計/建築・土木関連技術職)

■「家賃・住宅ローンなどの支払い」

・「口座から引出さず、そのまま家賃引き落としにあてる」(44歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「仕事場の家賃の支払いをする」(39歳男性/フードビジネス/販売・サービス関連)
・「家賃・生活費で消える。東京で10万で足りる訳がない」(36歳男性/その他/その他・専業主婦等)

■「通信費」

・「支出の多い通信費に使う」(43歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「通信機器を購入」(47歳男性/不動産/専門職関連)
・「子ども用リモートPCを買う」(45歳男性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

■「子どもの教育費」

・「学校に通うことが出来なかった子どもの教育に使用したいと思う」(48歳男性/流通・チェーンストア/IT関連技術職)
・「学校がオンライン授業をするため、子どもが格安スマホの場合、ネット環境を整えたり、キャリアではないのでデータ量の提供もないので費用がかさむ。また、学校には行っていないので、自宅での食費などもかさんでいる。そういったことの損失補填に使う予定」(45歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「オンラインで始めた子どもの習い事と、高騰している食料品の購入費用の足しに」(40歳女性/食品/技能工・運輸・設備関連)
・「子どもに支給される額のうち学費が大半で、いくらかは小遣いを渡します。親に支給される額は、自動車税の支払いと日用品の買い物に使います。それとコロナが落ち着けば家族で外食にでも行きたいと思っています」(48歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「東京にいる子どもの寮費に使う」(45歳男性/食品/技能工・運輸・設備関連)

■「娯楽費」

・「主にレジャー費に使いたいと思います」(46歳男性/食品/その他技術職)
・「家族全員が有意義に使えるように、娯楽費に充てる」(46歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/営業関連)
・「子どもが田舎に帰省出来ないので、お小遣いやお盆玉がもらえなかったのでゲーム等を買ってあげる」(47歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■「医療費」

・「通院している病院の治療費に充てる」(36歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)
・「歯医者で虫歯治療のために使う」(29歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「自粛明けは中断している治療を再開するので、医療費に使う」(38歳女性/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連)

Q.生活費について「気にする必要がない」「さらなる貯蓄も必要ない」という状況だったとしたら、給付金を何に使いたいですか?

■「旅行やレジャーに行く」

・「余裕があるのなら国内旅行に行きたいですね。おそらく今年か来年中には、旅行の補助とかもあると思うので」(48歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「コロナがなくなってから、旅行に行く旅費に使いたい」(48歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「旅行に行きたいです。コロナでキャンセルをしてしまったので。旅行代金は返却がなかったから」(37歳女性/その他/事務・企画・経営関連)
・「本当に余裕があるのなら、家族で温泉旅行に行きたいです」(48歳男性/ホテル・旅館/事務・企画・経営関連)
・「ステイホームから脱却し、家族で旅行に出掛けたい」(47歳男性/総合商社/事務・企画・経営関連)

■「飲食代に使う」

・「カフェ巡り」(28歳女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「金額を比較せずに、食費に費やしたい」(42歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「食べたいものをテイクアウトで買う」(47歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「営業自粛に悩まされている、個人経営の飲食店などで消費する」(42歳男性/専門コンサルタント/その他・専業主婦等)
・「交遊費(飲み会、外食)等の付き合い費用」(47歳女性/精密機器/技能工・運輸・設備関連)
・「自分が住んでいる地域にある飲食店で使ってあげたいです」(45歳女性/ソフトウェア・情報処理/IT関連技術職)

■「趣味に使う」

・「ライブやイベント、スポーツ観戦などに使いたい」(44歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「マーベル・シネマティック・ユニバースのブルーレイを買い揃えたい」(43歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「スポーツ全般費用、体を動かしたい」(47歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門職関連)
・「Amazonプライムミュージックやビデオ、ネットフリックスなどの映画中心の資金に。自粛はしばらく続くと思うので、家の中でどう時間を使うかにお金を充てたい」(38歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「好きな音楽野外フェスに行きまくる」(35歳男性/官公庁/公共サービス関連)

■「衣類や化粧品、美容関連に使う」

・「気晴らしに、好きなジュエリーでも購入したいですね」(46歳女性/サービス/事務・企画・経営関連)
・「お気に入りの靴のブランドで、靴を買いまくる」(41歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職)
・「スキンケア関連グッズとエステ代」(40歳女性/食品/技能工・運輸・設備関連)
・「美容院や、服と雑貨を買い込み、自分磨きに当てたい」(41歳女性/百貨店/事務・企画・経営関連)

■「家電やPC、家具などを購入する」

・「冷蔵庫などの家電買い替え」(47歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「クーラーを買い換えたい」(39歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「電動アシスト自転車を買う」(46歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「パソコンをもう少しよくする。また在宅ワークになるかもしれないので」(47歳男性/専門店/販売・サービス関連)

■「投資する」

・「投資をして、少しでも増やしたい」(46歳女性/コンピューター機器/IT関連技術職)
・「さらなる貯蓄が必要ない状況などないが、投資」(29歳男性/輸送用機器/営業関連)
・「投資でもいいのではないでしょうか。企業にも頑張ってもらいたいし」(35歳男性/建設コンサルタント/メカトロ関連技術職)

■「その他」

・「子どものおもちゃを買いたいと思う」(48歳男性/流通・チェーンストア/IT関連技術職)
・「食費に使います。長持ちする食料を多く買って、食料難に備えます」(38歳男性/サービス/その他・専業主婦等)
・「病気なので、通院費が莫大にかかっている」(49歳男性/サービス/事務・企画・経営関連)
・「公共交通を使わない移動手段として、自転車の購入」(47歳男性/セキュリティ/その他・専業主婦等)
・「自分の車(軽四)の修理代金。CDが鳴らないようになっているし、どこかから大きめのヘンな音がするし、自動点灯のヘッドライトも壊れているので」(45歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「宝くじ(ロト)を購入して資金を増やす」(48歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「医療従事者への寄付」(48歳女性/その他/その他・専業主婦等)

■総評

調査の結果、新型コロナウイルス感染拡大に伴う特別定額給付金10万円を申請、もしくは申請する予定がある人は92.6%と、大半の人が給付を受ける意向であることがわかった。

特別定額給付金の使い道については(複数選択可)、1位は45.7%と半数近くが支持した「食費」となった。以下、2位「貯金」(36.2%)、3位「日用雑貨の購入費用」(18.6%)、4位「税金の支払い」(18.0%)、5位「公共料金の支払い」(17.6%)までがトップ5に。続いて、6位「家賃・住宅ローンなどの支払い」(13.4%)、7位「通信費」(9.5%)、8位「子どもの教育費」(8.6%)、9位「娯楽費」(7.9%)、10位「医療費」(7.6%)という順位となっている。

具体的に特別定額給付金をどのように使うかを聞いたところ、大多数が緊急事態宣言や外出自粛などで困難になった日常生活を補う、あるいは収入の減少を補填するために使うというものだった。特に、1位「食費」に関しては、学校の休校などで子どもが家庭にいる時間が増えたことで食費がかさんでいる、という声が目立つ。また、「ちょっと良い食材を買うなどして地域に還元できる方法を考えたい」など、食を通して地域経済への還元を考えている人もいた。

2位「貯金」についても、余裕があるから貯金するということではなく、これから襲ってくるであろうさらなる困難に備えて、とりあえず使わずにとっておく、という人が多い。先に記した10位までの項目はおおよそ"生活費"に分類でき、喫緊の支出ではないものは9位「娯楽費」くらいだったことが象徴的だ。つまり、ここでのキーワードは、"生活防衛"といえるだろうか。

次に、生活費について「気にする必要がない」「さらなる貯蓄も必要ない」という状況だったとしたら、給付金を何に使いたいかを聞いた。主な回答として、「旅行」「レジャー」「飲食」「趣味」「衣類・ファッション」化粧品・美容」「家電やPC」「家具」「投資」などのワードが挙がった。いずれも、かなり不自由な生活を強いられている現実から離れて、「少しは贅沢をしたい、弾けてみたい」という欲求が感じられる。

「飲食代に使う」も前問の「食費」とは違って、「カフェ巡り」や「金額を比較せずに、食費に費やしたい」など、ちょっと豪華な食事を指向しているようだ。またここでも、「自分が住んでいる地域にある飲食店で使ってあげたいです」といった地域への還元を考えている声もあり、とても嬉しく感じる。

ただ、生活費について「気にする必要がない」「さらなる貯蓄も必要ない」という前提で尋ねているのにもかかわらず、それでも「生活費に回す」「貯蓄する」などと回答する人も多くいる。コロナ禍の中にあって、やはり日々の暮らしは相当に厳しくなっている現状がしのばれる結果となった。

一時の、爆発的な感染や医療崩壊が危惧される状況は脱したものの、まだまだ予断を許さない新型コロナウイルス事態。今回の特別定額給付金に関しても決して十分な額ではなく、二の矢三の矢を求める声も多い。今回のアンケートも、この10万円をできるだけ有効に活用し、この緊急事態をなんとか凌いでいこうという強い意志が感じられるものとなった。

調査時期: 2020年5月13日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 806人
調査方法: インターネットログイン式アンケート

※写真と本文は関係ありません