日本の学校ではほとんど教えてくれない「お金」のはなし。欧米では小学校のうちから投資や金融について学ぶ機会があるといいます。「日本の学校でもお金の教育を取り入れてくれたらいいのに……」。そう話すのは、2児の母であり、ファイナンシャル・プランナーの竹谷希美子さん。


なぜ、12歳までにお金の教育をするのがいいのか。その理由をファイナンシャル・プランナーの竹谷希美子さんにうかがった前回。今回は、竹谷さんが実際に家庭で取り組んだ「おこづかい制」について、おすすめの方法をお聞きします。

■前回のおさらい
・日本の学校はお金のことを教えてくれない
・キャッシュレス時代に子どもを送り出す前にお金の教育を
・親の言うことに素直に耳を傾けてくれる12歳までがおすすめ
・お駄賃制は「アルバイト生」、定額制は「正社員」というやり方
・子どものうちに使いすぎや借金も経験させる
・収入と支出のバランスを身に付ければ、お金に振り回されにくい大人になる
・「クレジットスコア」が子どもの人生に影響する時代に!?

「おこづかい制」を上手に取り入れるには

――前編では、子どもたちになぜお金の教育が必要なのかを説明していただきましたが、後編では竹谷さんがおすすめする「おこづかい制」の方法について聞かせてください。まず、アルバイト生から始めた方がいい理由は何でしょうか。

竹谷希美子さん(以下、竹谷さん):少し話は逸れますが、私はこれまでファイナンシャル・プランナーとしてたくさんのお客様のお宅にうかがいました。その経験から痛感していることは、家の整理整頓ができていないご家庭はお金の管理もだらしない傾向があるということです。

生活もお金も「習慣」です。お金のことだけを教えても、整理整頓ができなければお金の管理はできません。

――それが「正社員」からではなく、「アルバイト生」から始める理由ですか。

竹谷さん:そうなんです。アルバイトは店内やトイレの掃除をしたり、物をあるべき位置に配置したり、決まった時間に出社したり、お金の扱い方を知るといった基本を学びますよね。

アルバイトの仕事は子どもが自ら仕事を探して、親と契約をします。そして、アルバイトをとおして、お金をもらえるありがたみと一緒に、例えば洗濯物を畳んだら10円、トイレを掃除したり、自分の部屋を片付けたりしたら20円など、整理整頓の大切さも一緒に教えてあげてください。

――「正社員」へ移行するタイミングはどう判断すればいいでしょうか。

竹谷さん:我が家の娘は小学校2年生のときにアルバイト生になり、半年ほどお駄賃方式のおこづかいを続けました。そして自分の仕事を持ち、お金のありがたみを感じられるようになった3年生で正社員になりました。

一方で、息子はお金をもらったら散財してしまう子だったので、アルバイト生と正社員を繰り返しました。親の焦りは禁物です。急がず、その子に準備ができたタイミングを見計らってください。「あぁ、もう正社員になっても大丈夫だな」と思うタイミングは、子どもにアルバイトの仕事を任せられると思ったときです。

――おこづかい制を取り入れるのに適した年齢はありますか?

竹谷さん:一人ひとりに適したスタートがあると思いますが、分かりやすいのは「小学校1年生」だと思います。自分の足で歩いて学校へ行き、自分の足で帰ってくる「自立」する年齢ですよね? 小学校に慣れてきたら、「お金について一緒に勉強してみない?」と提案するのはいいと思います。

でも、3年生でも5年生でも中学校に入ってからでも大丈夫。おこづかいを通したお金の教育は、いつ始めても必ずその子にとってプラスになります。

――昔なら1年生は100円、2年生なら200円という暗黙の基準があった気がしますが、適した金額設定はありますか?

竹谷さん:環境にもよりますが、1~3年生の場合はまずアルバイト生として、お花に水をあげたら10円、お風呂を掃除したら10円を渡すくらいがちょうどいいと思います。1カ月で300円くらいになるように。

お駄賃でもらったお金の使い道は子どもの自由です。とはいっても、買う目標が達成できているか、つまり何に使っているか、は親が見守ってください。例えば、娘の毎月のミッションは月刊マンガ雑誌を買うこと。そのためには、毎日休まずにお風呂を洗わなければいけませんでした。

小学校の高学年になるとお金を使う場面は多くなりますよね。マンガを買ったり、友達とお菓子やジュースを買ったり。おすすめなのは、その子が1カ月にだいたい何にいくら使うのかを、まず洗い出すことです。

例えばマンガやお菓子、ジュースや学校で使うノート、塾へ行っている子どもなら交通費があるかもしれません。友達への誕生日プレゼントもあるでしょう。子どもにかかっているお金の一覧をまずは一緒に作って、「じゃあ、ここは◯◯ちゃん、自分で管理してみようか」「交通費はママが管理するね」など、子どもが管理できる範囲を決めて任せてみてください。

――竹谷さんのお子さんが正社員になった3年生のときは、いくらからスタートしたのですか?

竹谷さん:正社員になった長女への最初の支給額は月500円でした。その後、5年生からは月1,000円で、月刊誌の少女マンガや趣味で集めている文具、お友達へのプレゼント代などを娘はこの中でやりくりし、親は服代や友達と行く遊園地の入園料、昼食代などを負担しました。

最初のうちは子どもに任せる費目は少なめに設定することがポイントです。任せすぎると、管理するのが難しいですから。親と子どもがそれぞれ管理する範囲を一度決めたら、徹底するのも大切です。

おすすめツール「KANRI箱」とは

――その1,000円はどのような形で渡していましたか?

竹谷さん:私がおすすめするのが「KANRI箱」です。大人でも現金を用途別に袋分けする方がいますよね? それと同じです。100円ショップなどで仕切りの多い透明の箱を買ってきて、費目ごとにお金を分け、目標金額を書きます。

  • 竹谷さんのお子さんが実際に使用していたという「KANRI箱」(SAKU株式会社 提供)

子どもたちはこの方法が大好きですよ、楽しいので。それにひと目でいくらあるか分かるし、お金を使いすぎることもない。注意点は、原則、お金の移動をしないこと(寄付は例外)。設定した金額でおさめることが目標です。

もしお金が余る費目があれば翌月に繰り越してOKです。そして、前月買えず我慢したものがあれば、次の月に購入する。これで貯金することも学べます。

――費目は例えばどんなものがありますか?

竹谷さん:長女が決めたのはこのような感じでした。

「毎月使うお金」・・・月刊誌のマンガ代など(マンガ以外の本は親の支払い)
「自分のために自由に使うお金」・・・お菓子、ジュース、趣味で集めている文具、プール代、レンタルCD代など、自分の楽しみのために使うお金
「急な出費」・・・友達へのプレゼントや旅行のときのお土産代、おもちゃの修理代など
「貯金」・・・DSソフトを買いたいなら毎月200円ずつ貯金など、目的によって計画的に貯める
「寄付」・・・買い物のおつりを入れておくことが多い

「おこづかい帳」の活用方法

――おこづかい帳も必要ですか?

竹谷さん: KANRI箱でお金を管理するだけでもいいですし、おこづかい帳と併用してもかまいません。おこづかい帳をつけるのが苦手な子もいるので、無理はさせないように。おこづかいが嫌いになったら元も子もありませんから。

KANRI箱で金銭感覚が養われる中学生になったら、お財布だけでも計画的に物を買えるようになります。そうなったら、おこづかい帳だけにしてもOK。今はスマホアプリもありますが、私がおすすめするのは通帳と同じタイプのおこづかい帳です。

  • おこづかい帳の使い方にも性格が出るのがおもしろい(SAKU株式会社 提供)

繰り越しがないため、ずっと書き続けるだけです。1カ月に最低一度は親が見てあげるといいですね。やらせっぱなしが一番良くないです。「がんばったね」「すごいね!」など励ます言葉を添えたり、おこづかい帳を一緒に見て親子で会話したりするのもおすすめです。

――最後に、お金の教育をしてよかったと思うことを教えてください。

竹谷さん:まず、子どもが生活に困窮しない可能性が上がることですね。娘はもともと節約型でしたが、小さいころから「私は借金しない」と宣言していました。それは今も守っています。もう少しお金を使う楽しみを味わってもいいんじゃないかと思うこともありますが、社会人2年目でびっくりするほど貯金があります(笑)。

一方、あれだけ散財していた息子は、借金の痛みも味わい、今はアルバイト代の中から毎月2万円を貯金できるようになりました。散財派が貯金できるようになれば鬼に金棒です(笑)。貯金をして余裕が出れば、投資に回してお金を生み出すこともできます。長女は中2から投資を始めましたが、その話はぜひまたの機会に。

■「おこづかい制」ポイントまとめ
・おこづかいを始めるのは小学校1年がおすすめ
・アルバイト生から始めて生活習慣や整理整頓も学びましょう
・正社員へ移行するタイミングは、アルバイトの仕事を任せられると感じたとき
・ 1カ月にかかるお金を洗い出し、子どもが管理できる範囲を毎月の「おこづかい」に
・親の管理範囲と子どもの管理範囲をあやふやにするのはNG
・「KANRI箱」でお金の仕分けと金銭感覚を学ぼう
・「KANRI箱」内でのお金の移動は禁物
・おこづかい帳は「通帳型」がおすすめ。励ましの言葉を忘れずに

取材協力:竹谷 希美子(たけや きみこ)

人生とお金をデザインする会社 SAKU株式会社代表/お金教育専門家
SPITZを聴き続けるファイナンシャル・プランナー

女性のアイデアと発想力を活かして、マネー・金融専門の編集プロダクション業務を行う。小中高等学校や地方自治体、金融広報委員会(日銀)などでのパーソナル・ファイナンス教育の講演、大手企業向け社員研修を行う。
NHK情報番組あさイチ「子どものお金教育」に生出演、日本テレビnews everyに専門家として出演。
おもな著書『マンガでわかる!子どもにちゃんと伝わるお金の「しつけ」』(近代セールス社)、「一生お金に困らない子どもの育て方」(幻冬舎)、「PTAで大人気のお金教育メソッド 一生役立つお金のしつけ」(KADOKAWA)、「12歳までにかならず教えたいお金のこと」(かんき出版)、「夫婦で年収450万円でも子ども2人とマイホームを持つ方法」(大和書房)、「あと100万円ムダを減らす!お金見直しバイブル」(かんき出版)