17作がそろった2018年の秋ドラマ。今回もドラマ解説者の木村隆志が、全作品の初回放送をウォッチ。俳優名や視聴率など「業界のしがらみを無視!」したガチンコでオススメ作品を探っていく。

別記事(「2018年秋ドラマの傾向分析! 「けもなれ」「大恋愛」“新旧対決”の行方」)において、2018年秋ドラマの主な傾向を[1]刑事ドラマ、仕事ドラマ、恋愛ドラマの三つ巴 [2]女性脚本家の対照的な挑戦の2つと分析。

おすすめドラマとして、『結婚相手は抽選で』(フジ系 土曜23時40分)、『昭和元禄落語心中』(NHK 金曜22時)、『忘却のサチコ』(テレビ東京系 金曜24時12分)、『僕らは奇跡でできている』(フジ系 火曜21時)、『ブラックスキャンダル』(日テレ系読売テレビ 木曜23時59分)の5本を選んだ。

本記事では、それらを含む全作品のショートレビューと、目安の採点(3点満点)を挙げていく。

『SUIT/スーツ』 月曜21時~ フジ系

織田裕二

織田裕二

出演者:織田裕二、中島裕翔、鈴木保奈美ほか
寸評:人気漫画と比べれば数の少ない原作ドラマを気にする必要はなく、存分にローカライズすればいいのだが、セリフや演出にアメリカ臭が漂うのが気になる。ただ物語には意外性があり、他の弁護士ドラマには負けていない。織田、鈴木、小手伸也の絡みは大人の笑いと色気十分。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『ハラスメントゲーム』 月曜22時~ テレ東系

唐沢寿明

唐沢寿明

出演者:唐沢寿明、広瀬アリス、高嶋政宏ほか
寸評:ハラスメントという時流に沿うテーマに挑む姿勢が視聴者の共感を呼ぶ。「飄々とした凄腕男が悪を成敗する」時代劇テイストは熟練スタッフによるものであり、安定の品質保証。主要からゲストまでキャスティングに演技派をそろえる「ドラマBiz」らしさもうれしい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

『僕らは奇跡でできている』 火曜21時~ フジ系

高橋一生

高橋一生

出演者:高橋一生、榮倉奈々、小林薫ほか
寸評:脚本・橋部敦子×カンテレのヒューマン作は鉄板。『僕シリーズ3部作』より哲学性を高めた脚本は、難解に見せて実はシンプルで心に染みる。主人公のカリスマ性や説明ゼリフに頼らず、視聴者の解釈に委ねる作風は、今や絶滅危惧種。視聴率に関係なく支持を集めてほしい。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

『中学聖日記』 火曜22時~ TBS系

有村架純

有村架純

出演者:有村架純、岡田健史、町田啓太ほか
寸評:大人と中学生の恋、成人向け動画のようなタイトル、恋が芽生えにくそうなキャスト、田舎町の風景……プロデュースの迷走が「見る前から酷評」という悲劇を招いた。90年代にTBS自らが流行らせた作風でマッチポンプ的だが、演出の質は低くないだけに、もったいない。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『獣になれない私たち』 水曜22時~ 日テレ系

新垣結衣

新垣結衣

出演者:新垣結衣、松田龍平、田中圭ほか
寸評:ハラスメントや暗い過去を詰め込んで、「現代のリアル」という筋書きに賛否。現代人は我慢せず避ける人も多く、「獣になれない」という設定がフィットするかは未知数か。シリアスを貫くなら『最高の離婚』『Woman』で坂元裕二が見せたようなシビアな会話劇が見たい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』 木曜21時~ テレ朝系

米倉涼子

米倉涼子

出演者:米倉涼子、向井理、林遣都ほか
寸評:法廷モノだからか、『ドクターX』のけれんみを抑え、リアリティを優先。人を操る才女キャラこそ新鮮だが、社会的弱者vs巨大権力の図式は変わらず、良く言えば安心、悪く言えばマンネリに。肝心のエピソードにひねりがなく、序盤で結末が読めてしまうのが気がかり。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした』 木曜22時~ フジ系

佐々木蔵之介

佐々木蔵之介

出演者:佐々木蔵之介、中山美穂、黒木瞳ほか
寸評:「夫婦の葛藤と不倫」は、これまで10作超を手掛けてきた『木曜劇場』のお家芸。原点回帰と言えるが、原作通りの物語では時代のズレが出て当然か。恋愛モノに重要な“共感”という観点でのキャスティングに疑問があり、演出の粗さも含めて、見どころを探すのが難しい。
採点:【脚本☆ 演出☆ キャスト☆ 期待度☆】

『ブラックスキャンダル』 木曜23時59分~ 日テレ系

山口紗弥加

山口紗弥加

出演者:山口紗弥加、安藤政信、松井玲奈ほか
寸評:注目は枕営業、二世タレント、薬物、アイドル妊娠など、芸能界のスキャンダルを網羅した意欲的なオリジナル脚本。昨年の『ブラックリベンジ』から一歩進んだ感がある。山口と松本まりかの迫力に比べて、周囲のパワー不足が気になるが、最後まで予想を裏切る展開に期待。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『駐在刑事』 金曜20時~ テレ東系

寺島進

寺島進

出演者:寺島進、北村有起哉、黒木瞳ほか
寸評:芸能界屈指のコワモテである寺島が人情刑事を演じるだけで微笑ましく、奥多摩の風光明媚なロケーションもほっこりムードを加速。トリックや事件解決より気になるのは、黒木、市毛良枝、伊東四朗らベテラン俳優の存在。寺島と対峙しただけでドラマを感じてしまう。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『昭和元禄落語心中』 金曜22時~ NHK

岡田将生

岡田将生

出演者:岡田将生、竜星涼、山崎育三郎ほか
寸評:ここまで落語を真っ向から扱い、リスペクトを込めた作品は希少。それだけに見る人を選ぶが、手をかけ、技術を凝らし、洗練された映像は一見の価値アリ。「心中」というキーワードの切なさが色気につながっている。岡田のセリフ回しと老けメイクは気にせず見たいところ。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆☆】

『大恋愛~僕を忘れる君と~』 金曜22時~ TBS系

戸田恵梨香

戸田恵梨香

出演者:戸田恵梨香、ムロツヨシ、松岡昌宏ほか
寸評:「格差恋愛」「難病」という超定番のダブルテーマは、恋愛ドラマに対する行き詰まりを感じる。「美女が野獣に猛アタックする」という展開こそ意表を突いたが、肝心の「なぜ好きなのか」が欠落。俳優の熱演が目立つだけに視聴者の想像を超えつつ感動させる脚本が求められる。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『僕とシッポと神楽坂』 金曜23時15分~ テレ朝系

広末涼子

広末涼子

出演者:相葉雅紀、広末涼子、趣里ほか
寸評:「心優しき動物のお医者さんに相葉雅紀」というイメージ通りのキャスティングが、スタート前の段階で視聴者を限定。自由でマイペースな町の人々、設備の整った大病院などの設定もおあつらえ向きで、広末と趣里がスパイスにならなければ、動物を愛でる作品の域を出ない。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 期待度☆】

『忘却のサチコ』 金曜24時12分~ テレ東系

高畑充希

高畑充希

出演者:高畑充希、早乙女太一、吹越満ほか
寸評:「『孤独のグルメ』の女性版」という前評判よりも、「『サラリーマン甘太朗』のOL版」という印象。終盤の食べるシーンまでたっぷりためた物語が笑いであふれ、単なる「飯テロ」を超えている。技術と遊びを凝らした自由過ぎる演出も、視聴者を飽きさせない傑作ムード。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』 土曜22時~ 日テレ系

遠藤憲一

遠藤憲一

出演者:中島健人、遠藤憲一、稲森いずみほか
寸評:捜査一課で食傷気味の視聴者が多い中、捜査三課を舞台にし、アイドルの中島を起用したプロデュースに賛否。ただ遠藤演じる煙鴉を筆頭に、週替わり窃盗犯の個性がドラマ全体を盛り上げている。江口のりこ、野間口徹、丸山智己、中村倫也らクセ者ぞろいの助演が楽しい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『結婚相手は抽選で』 土曜23時40分~ フジ系

高梨臨

高梨臨

出演者:野村周平、高梨臨、大谷亮平ほか
寸評:荒唐無稽な設定ながら抽選見合いに挑む人物の描写が繊細かつリアル。コミュ障、潔癖症、オタク、デブ、飲酒者への嫌悪など個人が抱える悩みに向き合わざるを得ない展開は社会派ムードであふれている。断られながらも女性たちの哀しみを知り行動する主人公に共感。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆☆】

『下町ロケット』 日曜21時~ TBS系

阿部寛

阿部寛

出演者:阿部寛、土屋太鳳、竹内涼真ほか
寸評:ファンの期待に応えるべく3年前のテイストはしっかり踏襲。勧善懲悪よりチームの団結と勝利を重んじた展開は、翌日の仕事が気になる日曜夜に安心して見られる作風だろう。劇画のようなキャラ演出は、各界から集めたゲストのフォローにはなるが、やはり一本調子。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 期待度☆☆】

『今日から俺は!!』 日曜22時30分~ 日テレ系

賀来賢人

賀来賢人

出演者:賀来賢人、伊藤健太郎、清野菜名ほか
寸評:「今、ツッパリを扱う」だけでシュールな上に福田雄一らしいベタやバカな笑いを盛り込んだ唯一無二のコメディに。ケンカシーンからアドリブまで、キャストは称賛されるべき奮闘を見せている。清野と橋本環奈から、豪華なゲスト俳優まで、ネットとの相性は申し分なし。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 期待度☆☆】

■著者プロフィール
木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。