セルビア共和国をご存じだろうか。旧ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成共和国のひとつで、首都のベオグラードはかつてユーゴスラビアの首都であった。テニスプレーヤーのノバク・ジョコビッチ選手、Jリーグで選手・監督として活躍したドラガン・ストイコビッチ氏の出身国といえば、うなずく人も多いだろう。

  • ベオグラード中央駅に停車中の列車

セルビアは大の親日国でもあるという。筆者は今年8月下旬から9月上旬にかけて、取材のため10日間ほどセルビアを旅してきた。今回はセルビアの鉄道・バスをはじめとする交通事情について、4つのトピックにまとめて紹介したいと思う。

セルビアではトロリーバスがいまだに現役

ベオグラードのあるホテルに泊まった際、驚いたことがある。エレベーターの入口のドアがなく、エレベーターが動くにつれて壁がするすると動いていくのである。筆者もまじまじと見つめてしまった。現地でもかなり旧式のホテルの話ではあるものの、こんなエピソードを話すことで、先進諸国とは異なり、まだまだのんびりとしたセルビアの雰囲気が伝わるかもしれない。

ベオグラードの交通事情も然り。一般的なバス(黄色く塗装された連節バスが多い)に加え、トロリーバスや「トラム」と呼ばれる路面電車がいまだ現役で活躍している。トロリーバスは架線から専用のトロリーポールで集電して走る、バスと電車の中間的な乗り物だ。トラムは旧型から新型までさまざまな車両が走っており、まるで動く車両博物館のようだ。行き交う車両を見ているだけでも楽しい。

  • ベオグラードのトロリーバス

日本でも、かつて都市交通としてトロリーバスや路面電車が活躍していた時代がある。トロリーバスは1972年に横浜市で廃止になったのを最後に大都市圏から姿を消し、現在は黒部ダム周辺で「立山トンネルトロリーバス」「関電トンネルトロリーバス」の2路線が運行されるのみ。しかも関電トンネルトロリーバスは今年11月末をもって廃止され、代わって電気バスを導入することが決まっている。

路面電車は現在も広島市・長崎市・熊本市をはじめ全国17都市で20事業者により運行されている(2013年12月末現在、国交省)。東京都内では都電荒川線と東急世田谷線(全線専用軌道)を残すのみとなっている。一方で、環境面への配慮などから、こうした一見レトロと思われる交通手段が世界的に復権しつつあるのは周知の通りだ。

トロリーバスに関しては、チェコ共和国の首都プラハで、1972年の廃止後、46年ぶりに復活したというニュースがある。かつてのトロリーバスは集電用の架線の下を走らなければならず、運用の柔軟性に難があったが、技術革新によってバッテリー走行とのハイブリッド方式が可能になり、通常区間は電気バスとして、バッテリー消耗の激しい急勾配区間のみトロリーバスとして運行するという。

  • ベオグラードのトラム

路面電車は海外で復活事例が相次ぐほか、国内でも超高齢化社会を見据えた公共交通を核とする「コンパクトなまちづくり」をめざす都市計画と連動した富山ライトレールの成功例がある。こうした事情を考慮すると、一見レトロなベオグラードの交通機関も、今後の投資と整備の進め方次第では先進の交通網に生まれ変わる可能性を秘めているように思われる。他方、東京をはじめ日本の大都市は、高度成長期に多くの大切なものを失ってしまったのかもしれないとも思う。

なぜ、日本の国旗を掲げたバスが走るのか?

続いてベオグラードのバスに注目してみよう。バス停でバスを待っていると、ときどきセルビアの国旗とともに日の丸がペイントされた黄色いバスがやって来る。なぜ、遠い異国の地で、日本の国旗を掲げたバスが走っているのか。

  • ベオグラードを走る日本が贈った黄色いバスは、日本人を意味する「ヤパナッツ」と親しみを込めて呼ばれている(写真 : SerbianWalker.com、2016年3月撮影)

話は遡って1990年代。当時は旧ユーゴスラビアの構成共和国が次々と独立し、社会主義ユーゴスラビアが崩壊した「旧ユーゴ紛争」の時代だった。この内戦中、ベオグラードがとくに大きな被害を受けたのが、いわゆる「コソボ紛争」時の1999年3月から3カ月間にわたって実行されたNATO(北大西洋条約機構)軍による空爆だった。

一連の紛争と国際社会による経済制裁で疲弊したセルビアに対し、2003年、日本政府が無償資金協力によってベオグラード市に寄贈したのが、93台の黄色い新車のバスだった。セルビアの人々はこれらのバスを親しみを込め、セルビア語で日本人を意味する「ヤパナッツ」と呼んでいる。

  • 黄色い連節バスの車体に国旗がペイントされている(写真 : SerbianWalker.com、2016年3月撮影)

  • セルビアと日本の国旗が並ぶ(写真 : JICA / 久野 真一、2015年5月撮影)

2011年、日本で東日本大震災が発生した際、セルビア政府はいち早く約5,000万円の対日支援を行っている。また、セルビア国民からも赤十字などを通じ、多額の義援金が寄せられるなどした。こうした相互支援関係に加え、武道への関心が高く、さらに日本の映画、マンガ、アニメが人気であることなどから、セルビアは大変な親日国だと聞いた。

しかし、実際にセルビアを訪れてみると、沖縄空手に興味があって「いつか日本に行きたいのでお金を貯めている」と話す男性に会うなどしたものの、10日間の旅を通じて強い「親日感」を感じることは希だった。

今回の旅をご一緒したメンバーの1人で、セルビア訪問は3回目という郷土料理研究家の青木ゆり子さんによれば、「今回は親日感をあまり感じる場面がなかったが、今年5月に来たときはひしひし感じる場面もあった」とのこと。セルビアが親日国であることは間違いないのだろう。

ただし、ご多分に漏れず、セルビアにおいても中国の経済的影響力が大きくなりつつある。2014年に完成したドナウ川に架かる「ミハイロ・プピン橋」などの公共インフラの整備に加え、2023年中に完成をめざすベオグラードとブダペスト(ハンガリーの首都)を結ぶ高速鉄道計画も、「有効な仕様書を提出したのは、ハンガリーと中国の合弁企業2社のみ」(JETROビジネス短信)とのことで、中国資本の下で進められる可能性が高い。

もちろん、旧共産主義国ということで中国とは長い友好関係があるということもあろうが、「ヤパナッツ」の提供から15年が経ち、日本の国際競争力の低下とともに「親日感」も岐路に立っているのかもしれないと感じた。

復活した山岳鉄道「シャルガン8」

今回の旅で筆者が最も楽しみにしていたのが、セルビア南西部の街ウジツェからさらに西へ約30km、自然保護公園の町モクラ・ゴラから発着する山岳観光鉄道「シャルガンスカ・オスミツァ(シャルガン8)」の列車に乗ることだった。セルビア語で数字の8を「オッサム」といい、シャルガン山の急斜面を登るために敷設された線路のループが、上から見ると8の字に見えるためにその名が付いたそうだ。

  • 山岳観光鉄道「シャルガンスカ・オスミツァ(シャルガン8)」の列車

緑色のディーゼル機関車に牽引されたさまざまな規格の混成客車の1両に乗り込むと、22のトンネルと5つの橋を通過し、およそ40分かけて終点のシャルガン・ヴィタシ駅に到着する。路線の総延長は15.44km。モクラ・ゴラ駅の標高は567m、シャルガン・ヴィタシ駅の標高は808mだから、ループを描きながら241mの高低差を駆け上ったことになる。帰りは景色の良い途中駅に停車し、休憩しながら同じ線路をモクラ・ゴラ駅まで引き返す。

この鉄道はもともと観光用に建設されたものではない。かつてベオグラードからサラエヴォを経由し、アドリア海沿岸の都市ドゥブロヴニクまで24時間で結ぶ旧ユーゴスラビアの狭軌鉄道の一部だった。この鉄道は1974年に廃止されたが、1999年に鉄道会社「ZTPベオグラード」が観光鉄道として再建することを決め、復活を遂げたのが現在の「シャルガン8」なのである。

  • モクラ・ゴラ駅

  • 「シャルガン8」のパンフレット。複雑なループを描く路線図が掲載されている

さて、車内で配布されるパンフレットに「ユニークな建築上の傑作である世界有数の狭軌鉄道」(原文は英語)と紹介されている「シャルガン8」は、もちろん満足度の高い観光列車なのだが、いかんせんウジツェからモクラ・ゴラまでのアクセスが良くない。バスもあるが本数が少ないため、今回は行きも帰りもタクシーを利用した。帰りはモクラ・ゴラのホテルでウジツェからタクシーを呼んでもらったが、思いのほか時間がかかった。

「シャルガンスカ・オスミツァ(シャルガン8)」インフォメーション(2018年9月訪問時)
乗車時間 約2時間
出発時刻 10:30発、13:30発の2本
料金など 800ディナール(1ディナール=約1円)。時期によっては600ディナール。事前の乗車予約可能

新駅なのにまるで廃墟!? ベオグラード中央駅

最後は都市の顔ともいえる鉄道のメインステーションに関する話題。今年7月1日、ベオグラード駅(ベオグラード本駅)が134年の歴史に幕を閉じ、今後はすべての国内・国際列車の発着が1.4kmほど南のベオグラード中央駅(2016年開業)に移されたというニュースが報じられた。そこで、ベオグラード中央駅の様子を見るため訪れてみた。

  • ベオグラード中央駅の外観

  • ベオグラード中央駅のホーム間の連絡通路は屋外。駅舎はこれから造られる模様

歴史的な趣きのあるベオグラード本駅と比べ、新駅はまだ整備中といった雰囲気で、駅前にはなにもない。また、駅構内の別のホームに移る場合、屋外の金網に挟まれた連絡通路を歩くことになる。いずれきちんとした駅舎が出来上がるのだろうが、いまのところ、新駅にもかかわらず、まるで廃墟のように見えた。

筆者は新駅からローカル線のディーゼルカーに乗り、ルーマニア国境に近いヴォイヴォディナ自治州のブルシャツという街まで出かけてみた。とくに目的があったわけではなく、日帰りにちょうどいい距離だったのだ。

  • ブルシャツ駅に到着したローカル線のディーゼルカー

ドナウ川を渡ると、車窓に見えるのは地平線の彼方まで広がるトウモロコシ畑。とくに面白い景色というわけでもないのだが、久しぶりにゆったりと列車旅を楽しめた。もっとも、セルビア国内の都市間の移動は、長距離バスのほうが圧倒的に便利だった。

セルビア旅行で注意すべきことは?

さて、ベオグラードへの直行便が就航していないこともあり、セルビアは日本人にとってまだまだなじみの薄い国かもしれない。セルビア統計局の2016年のデータによれば、同年に日本を訪れたセルビア人の数は2,486人、セルビアを訪れた日本人は5,245人とのことで、非常に少ないと言わざるをえない。

  • ドナウ川のクルーズ船より

  • ドナウ川河畔に建つベオグラード要塞

しかし、ドナウ川クルーズ、ベオグラード要塞、セルビア正教会の教会建築、セルビアワインをはじめとする食文化、さらに青木さんに誘われ訪れた南部の街レスコバツの毎年恒例のBBQ祭りも見学でき、現地のさまざまな観光資源を楽しむことができた。「1ディナール=約1円」と、世界で最も円換算が容易な通貨というのも、日本人にはありがたい。

言葉の問題に関して、ベオグラードでは人によってレベルはまちまちだが、若い世代を中心に英語を話せる人が多い。ホテルではほぼ100%通じるが、キオスクやタクシードライバーは英語を話せない人も多い。地方に行っても、各店に大体1人は英語を話せる人がいる印象だった。

なお、これはセルビアに限った話ではないが、悪質な「ぼったくりタクシー」には要注意。じつは筆者も、ドナウ川クルーズの帰りに「ぼったくりタクシー」にひっかかってしまった。ベオグラードに長年住む通訳の大塚真彦さんによれば、悪質タクシーに引っかからないようにするには「タクシースタンド(タクシー溜まり)のタクシーを避け、流しをつかまえるようにすること。最近はホテルと悪質タクシーが結託している悪質なホテルはなくなったと思うので、ホテルでタクシーを呼んでもらってもいい」とのこと。海外では何が起きるかわからないだけに、気をつけたいところだ。

筆者プロフィール: 森川 孝郎(もりかわ たかお)

慶應義塾大学卒。IT企業に勤務し、政府系システムの開発等に携わった後、コラムニストに転身し、メディアへ旅行・観光、地域経済の動向などに関する記事を寄稿している。現在、大磯町観光協会理事、鎌倉ペンクラブ会員、温泉ソムリエ、オールアバウト公式国内旅行ガイド。テレビ、ラジオにも多数出演。鎌倉の観光情報は、自身で運営する「鎌倉紀行」で更新。