深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回は「こんにゃく大根ステーキ」です。

これまでのお話はこちら

歩くのも十分な運動になりますよ

ダイエットにおける有効な手段のひとつとして「日常に運動を取り入れる」ということがあります。ランニングや筋トレに時間を取れないという人でも、普段の生活で体を動かすことを心がければ、太りにくい体作りにつながります。

その中でも一番のおすすめは「エスカレーター(エレベーター)を使わずに階段を登る」ということです。階段昇降はエネルギーの消費量が多いので、特にオフィスがビルにある場合はなるべく歩いてみてはどうでしょうか。

ただ、予想以上に疲れてしまうので、最初は少しずつやることをおすすめいたします。私自身、職場のフロアが10階以上にあるので、上に着く頃には息も絶え絶えで、暑い時期ですと汗がじんわりと出てきてしまうほどです。そんなときは甘い炭酸ジュースを飲みたくなるのをぐっとこらえるのに必死だったりします(笑)

とはいえ、駅構内の階段やお取り引き先様への訪問など、ビジネスマンは何かと歩く機会が多いです。せっかくなので、日常の歩行強度を上げることによってダイエットにつなげましょう!

本日ご紹介するのは、そんなダイエットを後押しする低カロリーメニューです。大根とこんにゃくはダイエットメニューの定番ですが、それをこんがりニンニクじょうゆ味に仕立てると、おかずにもおつまみにもなる一品です。

ちょっとした晩酌のお供にもぴったりですよ!

こんにゃく大根ステーキ

お酒のあてにもぴったりですが、飲みすぎは厳禁で!

材料(2人分)

こんにゃく(あく抜き済み) 1枚 / 大根 1/4本

A(しょうゆ 大さじ1 / 酒 大さじ1/2 /おろしにんにく(チューブ) 2cm / おろししょうが(チューブ) 2cm)

つくり方

1.こんにゃくと大根をさいの目切りにする。大根はあらかじめレンジで2分温めておく。

2.中火で熱したフライパンにこんにゃくと大根、Aの調味液を入れて、汁気がなくなるまでこんがり炒める。

  • こんにゃくとレンジで2分温めた大根をさいの目切りにしたら、中火で熱したフライパンに調味料を入れて汁気がなくなるまで炒める

ポイント

■大根は皮のまま使うことによって、栄養をまるごといただけます

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。