深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回はささみとアスパラを使ったヘルシーな「カレースープ」です。

これまでのお話はこちら

体幹トレーニング時の注意点

ここ数年で一気に広まった「体幹」というワードは、ダイエッターの方なら聞いたことがあるはずです。その体幹を鍛えるために推奨されているのが、「プランク」というトレーニングです。

プランクが安定してできるようになると立ち姿が綺麗になり、運動時にも身体のブレが少なくなってパフォーマンスが上がるという、良いこと尽くしのトレーニングです。

が、しかし。このプランクは、体重が重すぎると非常に大変なトレーニングでもあります。かつて人生マックス体重(100kg超!)のときにやったら、10秒と持たずに突っ伏してしまったことがあります。自分で自分の体重を支えられないんですよね。

というわけで、自分で身体が重すぎると感じる人は、食事を見直して余分な脂肪を落としましょう!

本日ご紹介するのは、ささみとアスパラを使ったヘルシーなカレースープです。具材を切ってサッと火にかけるだけなので全くの手間いらずです。

ささみとアスパラのヘルシーカレースープ

子どもから大人まで大好きなカレーを使ったヘルシーなスープです

材料(2人分)

鶏ささみ 100g / アスパラ 4本 / サラダ油 小さじ1 / カレー粉 小さじ2 / 水 300cc / 固形コンソメ 1個 / 酒 小さじ1

つくり方

1.ささみとアスパラは食べやすい大きさに切る。

2.サラダ油を中火で熱した鍋に1を入れて、カレー粉を絡めながら火が通るまで炒める。

3.2に水とコンソメを加えて沸騰するまで火にかけて酒を加える。

  • ささみとアスパラは食べやすい大きさに切る。

    ささみとアスパラは食べやすい大きさに切る

  • サラダ油を中火で熱した鍋に1を入れて、カレー粉を絡めながら火が通るまで炒める。

    サラダ油を中火で熱した鍋にささみとアスパラを入れて、カレー粉を絡めながら火が通るまで炒める

  • 水とコンソメを加えて沸騰するまで火にかけて酒を加える。

    水とコンソメを加えて沸騰するまで火にかけて酒を加える

ポイント

■先にカレー粉と一緒に炒めることによって、具材にカレー味がしみ込みます。

筆者プロフィール: キムケン

東京都内の会社に勤めている30代男性。旦那より稼ぎの良い妻の健康を守るため、日々料理を作っている。料理にまつわる四コマ漫画と、そのレシピ掲載したブログ「木村食堂」をほぼ毎日更新中。2016年10月に「うちメシ - ゆかいな我が家の漫画とレシピ」を上梓。