自宅でお気に入りの映画が簡単に視聴できる「Netflix(ネットフリックス)」。劇場で上映された新旧の名作映画のほかにも、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』『ドント・ルック・アップ』などのオリジナル映画など、世界各国で制作された多くの映画が揃っています。また、多くの外国映画を英語字幕や日本語字幕でも見ることができ、簡単に巻き戻しもできるため、近頃では英語学習に役立つということでも人気を集めています。

今回は、マイナビニュース会員の男女にアンケートを実施。Netflixで見ることのできるおすすめの洋画について聞き、上位20作品をランキング形式でまとめました。具体的な作品名とその作品を選んだ理由とあわせて一覧で紹介していますので、ぜひ作品選びの参考にしてみてください。

Q.あなたが視聴して他人におすすめしたいと思ったNetflixで見ることができる洋画はありますか?

『はい』(41.0%)
『いいえ』(59.0%)

調査の結果、マイナビニュース会員の内、Netflixで見ることのできるおすすめの洋画がある人は41.0%と、4割以上の方がいることがわかりました。さらに、Netflixで視聴できるおすすめの洋画のタイトルを教えてもらったところ、おすすめの洋画のランキングは以下のとおりになりました。

【あわせて読みたい】
思わず涙がこぼれ落ちた、泣ける映画ランキング20! 洋画・外国映画の1位は?

Netflixで見ることのできるおすすめの洋画ランキング

1位『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年公開/13.8%)
2位『ターミネーター2』(1991年公開/10.3%)
3位『スタンド・バイ・ミー』(1987年公開/8.2%)
4位『マトリックス』(1999年公開/5.2%)
5位『プライベート・ライアン』(1998年公開/4.6%)
5位『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年公開/4.6%)
7位『シンドラーのリスト』(1994年公開/4.1%)
7位『ゴッドファーザー PARTII』(1975年公開/4.1%)
9位『フォレスト・ガンプ 一期一会』(1995年公開/3.1%)
9位『ラ・ラ・ランド』(2017年公開/3.1%)
11位『ダークナイト』(2008年公開/2.6%)
11位『ゼロ・グラビティ』(2013年公開/2.6%)
13位『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013年公開/1.5%)
13位『テッド』(2013年公開/1.5%)
13位『チャーリーとチョコレート工場』(2005年公開/1.5%)
13位『ハンガー・ゲーム2』(2013年公開/1.5%)
13位『アメリ』(2001年公開/1.5%)
13位『インセプション』(2010年公開/1.5%)
13位『ダンケルク』(2017年公開/1.5%)
13位『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』(2020年公開/1.5%)

1位『バック・トゥ・ザ・フューチャー』【SF】【コメディ】

タイムマシンで両親の学生時代にタイムスリップするロバート・ゼメキス監督、マイケル・J・フォックス主演による名作SFムービー。1985年に生きる高校生・マーティが、友人の科学者・ドクの開発したタイムマシン・デロリアンに乗って、両親の青春時代である1955年にタイムスリップ。両親の恋を陰ながら応援しようとするが……。

出演/マイケル・J・フォックス、クリストファー・ロイド、リー・トンプソン、クリスピン・グローバー
監督/ロバート・ゼメキス
公開年/1985年

・「何年経っても廃れない、何度見ても面白い」(49歳男性/通信関連/IT関連技術職)
・「誰が見ても面白いと思うから」(40歳男性/その他電気・電子関連/技能工・運輸・設備関連)
・「筋がシンプルでスリルがあって最高の作品」(73歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「映画らしい楽しさが一杯詰まっている」(61歳男性/広告・出版・印刷/その他・専業主婦等)
・「すべての世代で楽しめる映画だと思う」(57歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「今まで見たなかでトップクラスに面白かったから」(40歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「タイムリープもので一番好きな映画」(47歳男性/物流・倉庫/販売・サービス関連)

2位『ターミネーター2』【SF】【アクション】

「ターミネーター」シリーズのなかでもっとも不動の人気を誇る、不朽のアクション映画。アーノルド・シュワルツェネッガーが未来から来た殺人マシン・T-800を演じる、ジェームズ・キャメロン監督作。溶鉱炉でのT-800のラストシーンは、ネット上でもネタになるほど誰もが知るシーンとなっている。

出演/アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトン、エドワード・ファーロング、ロバート・パトリック
監督/ジェームズ・キャメロン
公開年/1991年

・「シリーズ最高傑作。絶対面白い」(51歳男性/その他電気・電子関連/IT関連技術職)
・「すべてが最高作」(38歳男性/医療・福祉・介護サービス/公共サービス関連
・「最後のシーンで泣いた」(54歳男性/総合電機/事務・企画・経営関連)
・「人間と機械の愛を感じる」(49歳男性/公益・特殊・独立行政法人/公共サービス関連)
・「迫力だけでなくメッセージ性がある」(43歳男性/輸送用機器(自動車含む)/メカトロ関連技術職)
・「普段の世界にはない感覚になるから大好きです」(48歳女性/食品/営業関連)

3位『スタンド・バイ・ミー』【青春】【人間ドラマ】

1959年の小さなアメリカの田舎町を舞台とした、ノスタルジックな青春映画の決定版。スティーブン・キングの原作をもとに、4人の少年が死体を探しに徒歩で冒険旅行に出かける姿を描く。忘れがたい思い出として心に残る、少年たちの冒険物語。

出演/ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル
監督/ロブ・ライナー
公開年/1987年

・「懐かしい思い出に浸ることができる」(59歳男性/輸送用機器(自動車含む)/営業関連)
・「誰もが通る少年時代の共感を見事に表現した傑作」(37歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連)
・「何度繰り返し見ても面白い作品」(41歳男性/輸送用機器(自動車含む)/その他・専業主婦等)
・「成長期に通過する大事な場面」(64歳男性/その他/事務・企画・経営関連)
・「不朽の名作だと思う」(49歳女性/サービス(その他)/事務・企画・経営関連)

4位『マトリックス』【SF】【アクション】

現実と仮想現実空間を中心に、コンピューターと人間の戦いを描いた作品。CGによる映像美とワイヤーアクションによる迫力あるアクションが、当時の観客に衝撃を与えた。バレットタイムなど、その斬新な映像と世界観で、これ以降の映画に決定的な影響を与えたSFアクション映画の大傑作。

出演/キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モスヒューゴ・ウィービング
監督/アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
公開年/1999年

・「革命を起こした傑作だった」(59歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「弾丸を避ける有名なシーンなどとてもかっこいい演出が多い」(43歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「アクションがたまらない」(66歳男性/その他金融/営業関連)
・「未来の世のなかを想像させる魅力が詰まっている」(45歳男性/その他/専門職関連)

5位『プライベート・ライアン』【戦争】【人間ドラマ】

第二次世界大戦中のノルマンディー上陸作戦を映画化。数多くある戦争映画のなかでも圧巻の迫力の戦闘シーンが展開される。兵士たちの苦悩が伝わるスティーブン・スピルバーグ監督作。

出演/トム・ハンクス、エドワード・バーンズ、マット・デイモン、トム・サイズモア
監督/スティーブン・スピルバーグ
公開年/1998年

・「戦争の悲惨さが伝わります」(33歳男性/クレジット・信販/IT関連技術職)
・「戦場の臨場感がすごくリアル」(51歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「戦争映画の傑作のひとつ」(54歳男性/その他/その他・専業主婦等)

5位『ゴースト/ニューヨークの幻』【恋愛】【ファンタジー】

暴漢に襲われて命を落とした後に幽霊になった男性が、自分を殺した暴漢から恋人を守るラブ・ストーリー。最愛の彼女と触れ合えなくても守ろうとする姿に多くの人が心を打たれ、人気を博した。霊媒師を演じたウーピー・ゴールドバーグの好演も光る一作。

出演/パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ、トニー・ゴールドウィン
監督/ジェリー・ザッカー
公開年/1990年

・「ラブ・ストーリー映画のなかでもっとも感動する」(53歳女性/その他電気・電子関連/事務・企画・経営関連)
・「ただひたすら泣けるから」(54歳男性/・物流・倉庫/技能工・運輸・設備関連)

7位『シンドラーのリスト』【戦争】【人間ドラマ】

第二次世界大戦で起きた史上最悪のユダヤ人大虐殺「ホロコースト」の裏で、彼らを助けようと活動したイツ人実業家・シンドラーの実話を映画化した作品。1993年の第66回アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか12部門で受賞したスティーブン・スピルバーグ監督作。

出演/リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ、キャロライン・グッドオール
監督/スティーブン・スピルバーグ
公開年/1994年

・「長く深い歴史を感じた」(36歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「何があったのかを忘れないために」(70歳男性/その他/その他・専業主婦等)

7位『ゴッドファーザー PARTII』【犯罪】【人間ドラマ】

マフィア映画の決定版『ゴッドファーザー』の第2作。先代ヴィトー・コルレオーネの過去と、現在のドンであるマイケル・コルレオーネ、時系列を交互に展開される物語が秀逸。1974年の第47回アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか6部門で受賞したフランシス・フォード・コッポラ監督作。

出演/アル・パチーノ、ロバート・デュバル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ
監督/フランシス・フォード・コッポラ
公開年/1975年

・「男としての生きざまが学べる」(46歳男性/生命保険・損害保険/専門サービス関連)

9位『フォレスト・ガンプ 一期一会』【人間ドラマ】【感動】

知能指数が他の人よりも低いが、澄んだ綺麗な心と俊足を持つ青年・フォレスト・ガンプが送った人生の物語。どんな時でも一生懸命に頑張り続ける姿勢に心打たれる。ロバート・ゼメキス監督がトム・ハンクスを主演に迎え製作した感動の一作。

出演/トム・ハンクス、サリー・フィールド、ロビン・ライト、ゲイリー・シニーズ
監督/ロバート・ゼメキス
公開年/1995年

・「ぜひとも若い人たちにみてほしい」(50歳女性/専門商社/事務・企画・経営関連)
・「自分の置かれている状況を考えなおす機会になった」(51歳女性/医療・福祉・介護サービス/事務・企画・経営関連)

9位『ラ・ラ・ランド』【恋愛】【ミュージカル】

夢を追ったことのあるすべての人に送りたい感動のミュージカル作品。俳優志望の女性とピアニストを目指す男性が織りなす恋物語の行方を描く。作品中で随所に堪能できる圧巻のダンスは必見。

出演/ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、ジェシカ・ローゼンバーグ
監督/デイミアン・チャゼル
公開年/2017年

・「とても素敵で内容に感動する作品である」(61歳女性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)
・「魅力的なストーリーがいい」(57歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連)

11位『ダークナイト』【ヒーロー】【アクション】【DC】

DCの人気キャラクター・バットマンをクリストファー・ノーラン監督が新機軸で描いた三部作の第二弾。史上最悪の犯罪者・ジョーカーにバットマンが挑む。ジョーカーを演じアカデミー賞助演男優賞を演じたヒース・レジャーの鬼気迫る演技は必見。

出演/クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート、マイケル・ケイン
監督/クリストファー・ノーラン
公開年/2008年

・「内容と迫力がすごい」(32歳男性/リース・レンタル/営業関連)

11位『ゼロ・グラビティ』【SF】【サスペンス】

スペースシャトルの宇宙飛行士が、宇宙での船外活動中にトラブルに巻き込まれる姿を描いたSF作品。思うように行動ができない無重力下で度重なるトラブルは、手に汗握る緊迫感と恐怖に満ちている。アルフォンソ・キュアロン監督が重力ゼロの世界を圧倒的なリアリティで描き出した。

出演/サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー、エド・ハリス
監督/アルフォンソ・キュアロン
公開年/2013年

・「無重力とは何かがわかる」(61歳男性/教育/専門サービス関連)

13位『スター・トレック イントゥ・ダークネス』【SF】【アクション】

2009年に公開された映画版『スター・トレック』の続編。不朽の名作シリーズを、前作に続きJ・J・エイブラムス監督が映画化している。宇宙を舞台に活躍するカークたちの戦いと圧巻の映像美を実現した映像技術は、圧巻の一言。

出演/クリス・パイン、ベネディクト・カンバーバッチ、ザッカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ
監督/J・J・エイブラムス
公開年/2013年

・「シリーズのなかでも秀逸な作品」(58歳男性/その他/その他・専業主婦等)

13位『テッド』【コメディ】

一見かわいいクマのぬいぐるみ、しかし中身は下品で女好きな中年男……。魂が宿ったしゃべるぬいぐるみの「テッド」を主人公に、冴えない中年の恋と成長を描くコメディ。セス・マクファーレンが監督・脚本・製作・声の出演を務めている。

出演/マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス、セス・マクファーレン、ジョエル・マクヘイル
監督/セス・マクファーレン
公開年/2013年

・「とにかく面白い映画すぎるので、すごくおすすめできる」(41歳男性/その他/その他・専業主婦等)

13位『チャーリーとチョコレート工場』【ファンタジー】

不思議であやしいチョコレート工場に招待された子どもたちが体験したおかしな出来事を描いた作品。ジョニー・デップが演じるあやしげな工場長ウィリー・ウォンカは必見。ロアルド・ダールの人気児童文学をティム・バートン監督がオリジナリティあふれる世界観で映画化している。

出演/ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デビッド・ケリー、ヘレナ・ボナム・カーター
監督/ティム・バートン
公開年/2005年

・「現代社会への風刺が強烈で笑いながらも考えさせられる」(49歳男性/ソフトウェア・情報処理/営業関連)

13位『ハンガー・ゲーム2』【アクション】【サバイバル】

スーザン・コリンズのヤングアダルト小説を映画化したサバイバルアクション『ハンガー・ゲーム』のシリーズ第二弾。前作で命をかけたハンガー・ゲームに生き残ったカットニスを暗殺するため、独裁者がゲームに新たなルールを追加。ゲームの歴代の優勝者たちを集めたグランド・チャンピオン・バトルが開催され、カットニスも再びゲームに参加することになる……。

出演/ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウッディ・ハレルソン
監督/フランシス・ローレンス
公開年/2013年

・「あんまり残虐的じゃなく良かった」(31歳女性/その他/その他・専業主婦等)

13位『アメリ』【恋愛】【ファンタジー】

モンマルトルのカフェの店員として働いているかわいらしく空想好きなアメリを中心としたラブ・ロマンス。ジャン=ピエール・ジュネ監督独特の少しダークな世界観と、この作品独自のファンタジックな雰囲気が不思議とマッチした一作。

出演/オドレイ・トトゥ、マチュー・カソビッツ、ヨランド・モロー、ジャメル・ドゥブーズ
監督/ジャン=ピエール・ジュネ
公開年/2001年

・「かわいい映画でした」(47歳女性/フードビジネス(総合)/専門サービス関連)

13位『インセプション』【SF】【アクション】

眠っている人の潜在意識に入り込みアイデアを盗む天才的犯罪者・コブの物語。夢というその人だけの無意識の世界に侵入する犯罪者を描くクリストファー・ノーラン監督のオリジナル脚本で、夢のなかで展開する怒涛の世界を圧倒的な映像で描いている。

出演/レオナルド・ディカプリオ、渡辺 謙、ジョセフ・ゴードン=レビット、マリオン・コティヤール
監督/クリストファー・ノーラン
公開年/2010年

・「夢のなかの夢という今までに経験したことのない世界観を堪能することができる映画」(59歳男性/その他/事務・企画・経営関連)

13位『ダンケルク』【戦争】【アクション】【人間ドラマ】

クリストファー・ノーラン監督が初めて実話を描いた戦争映画。史上最大の救出作戦と呼ばれる「ダイナモ作戦」を中心に、第二次世界大戦下で起きた「ダンケルクの戦い」を、陸・海・空という3つの視点から臨場感あふれる映像で描く。

出演/フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ
監督/クリストファー・ノーラン
公開年/2017年

・「人の生きざまが感動できる」(50歳男性/フードビジネス(洋食)/販売・サービス関連)

13位『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』【ミステリー】

ダニエル・クレイグを主演に迎え、まるでアガサ・クリスティーの推理小説のような物語が展開する、ライアン・ジョンソン監督のオリジナル作品。大富豪ハーラン氏の死をきっかけに、彼の家族と家政婦のさまざまな思いや人間性が露見していく……。

出演/ダニエル・クレイグ、クリス・エバンス、アナ・デ・アルマス、ジェイミー・リー・カーティス
監督/ライアン・ジョンソン
公開年/2020年

・「意外な結末がよかった」(21歳男性/旅行・観光/クリエイティブ関連)

まとめ

マイナビニュース会員に、Netflixで観ることができる映画のなかで他人におすすめしたいと思う洋画を聞いたところ、1位は『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(13.8%)でした。

3.5ポイント差の2位には『ターミネーター2』(10.3%)、3位には『スタンド・バイ・ミー』(8.2%)、4位には『マトリックス』5.2%)がランクイン。そして、同率5位に並んだのは、『プライベート・ライアン』(4.6%)と『ゴースト ニューヨークの幻』(4.6%)でした。

1位である『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、SF映画のなかでも高い人気を誇る名作です。改造したデロリアンでタイムスリップする物語は、興奮と感動の連続で世代を超えて今でも多くの人に愛されています。

2位の『ターミネーター2』は、続編でありながらも異例の人気を誇っている作品です。衝撃的な展開に迫力あるアクションは、最後まで見る者を釘付けにする魅力にあふれています。3位の『スタンド・バイ・ミー』は、少年時代の青春と冒険が懐かしいと人気を集めました。当時感じた友情や感動は一生色褪せることはないでしょう。4位の『マトリックス』は、映画の世界に革命をもたらした壮大な世界観と迫力満点で特徴的なアクションシーンが人気の作品です。

同率5位である『プライベート・ライアン』は、そのリアルな戦争描写が話題を呼びました。戦争の悲惨さが伝わってきます。『ゴースト ニューヨークの幻』は、死んで幽霊になってもなお愛する人を守ろうとするラブ・ストーリーが不動の人気を誇る作品です。

そのほかにも、他人におすすめしたい人気の洋画が名を連ねています。Netflixにはアクション、恋愛、コメディ、人間ドラマなど、見逃せない名作映画がたっぷり揃っています。英語学習にも便利なNetflixで、多くの名作映画を楽しんでください。

調査時期:2021年8月21日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男女合計509人(男性372人、女性137人)
調査方法:インターネットログイン式アンケート