年賀状や福袋などに、七福神(しちふくじん)が描かれているのを目にしたことがあるでしょう。縁起がいいイメージのある七福神ですが、それぞれの名前やご利益について知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで本記事では、七福神それぞれの名前の由来や特徴、ご利益を紹介。見分け方についてもまとめたので、ぜひ覚えておきましょう。

七福神とは?

七福神(しちふくじん)とは古来より日本で知られている「福」に関する7つの神様のことです。

七福神には、(恵比寿天(えびすてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、大黒天(だいこくてん)、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋樽(ほていそん)が存在します。

七福神を信仰すれば、七福神との名の通り、7つの幸福を授けられ、7つの厄災が取り除かれると言い伝えられています。

日本では昔から「八百万(やおよろず)の神」という言葉にもあるように、身の回りのありとあらゆるものに神様が宿っているという考え方がありました。

そのなかでも七福神は、私たちにとって馴染み深く、縁起の良い神様なので、それぞれの名前やご利益を知っておいて損はないでしょう。

恵比寿天(えびすてん)の特徴とご利益

  • 七福神の恵比寿天

恵比寿天は七福神の中で、唯一の日本の神様です。大黒天は元々ヒンドゥーの神様であり、他の神様もルーツがそれぞれ異なります。そのため日本にツールがある恵比寿天は、七福神の中でも日本人にとってゆかりのある神様として親しまれているようです。

恵比寿天の特徴

恵比寿天は膝の上に片方の足をのせている姿をしています。恵比寿天の姿をした銅像をみるとほぼこの姿です。

恵比寿天のご利益

恵比寿天は商業の神様です。そのため、商売繁盛のご利益があるといわれています。

七福神「恵比寿天」のご利益は? 大黒天との関係や祀られている場所も紹介!

寿老人(じゅろうじん)の特徴とご利益

  • 七福神の寿老人

寿老人は中国出身の神様といわれています。日本では禅宗伝来後に水墨画が発達した時代がありました。その水墨画に描かれていたのが、寿老人です。そのため、日本で寿老人が知られるきっかけとなったのは、水墨画にあると言われています。

寿老人の特徴

寿老人の見た目は長い髭をたくわえた老人です。手には巻物をつけた杖や桃などを持っており、頭が非常に長いのが特徴となっています。また、鹿や桃といった長寿の象徴と一緒に石像となり祀られていることも多いです。

寿老人のご利益

寿老人のモデルとなった人が1,000歳や1,500歳だったという言い伝えがあります。寿老人はあくまでも伝説の人物ですが、その人物が長寿だったことから長寿をもたらす神様とされています。

七福神・寿老人とは? 読み方やご利益などくわしく解説!【今さら聞けない】

大黒天(だいこくてん)の特徴とご利益

  • 七福神の大黒天

大黒天は七福神の一人であり、ヒンドゥー教の神様です。ヒンドゥー教の神様の中で最高位に位置するのがシヴァ神です。シヴァ神は破壊や創造などさまざまな一面を持っており、それにあわせて姿を変化させます。

大黒天の特徴

七福神と聞くと、なんとなく温和で人を助けてくれる神様というイメージでしょう。しかし、元を辿ると大黒天は戦いや冥府といった悪のイメージが強い神様です。

大黒天のご利益

財産の神様。お参りする方の多くは財運福徳のご利益を期待しています。 大黒天は打ち出の小槌を持っており、そこからも財運福徳のご利益を読み取ることができます。

七福神「大黒天」のご利益は? どんな神様?【今さら聞けない】

毘沙門天(びしゃもんてん)の名前の由来とご利益

  • 七福神の毘沙門天

毘沙門天は古代インドの神様です。古代インドで毘沙門天は広まり、その後中国や日本でも信仰される存在となりました。色んな国を渡り歩いてきた神様なのです。

毘沙門天の名前の由来

毘沙門天は古代インドの「クベーラ」という神様がもとになっており、そこから生まれました。このクベーラですが、別名を「ヴァイシュラヴァナ」といいます。これを漢字にすると「毘沙羅門」となりそれが変化して「毘沙門」と呼ばれるようになりました。

そこに天界に住む者であることを示す「天」の文字がついて、「毘沙門天」と呼ばれるようになったのです。

毘沙門天のご利益

毘沙門天として有名なご利益は金運や開運、商売繁盛です。毘沙門天は財福の神様として崇められた歴史があるので、お金に関するご利益は多くなっています。

七福神の毘沙門天(びしゃもんてん)のご利益とは? 参拝できる場所も紹介

弁財天(べんざいてん)の特徴とご利益

  • 七福神の弁財天

弁財天(べんざいてん)は、仏教における守護神の1人で、七福神の中の1人でもあります。もともとはヒンドゥー教の女神であり、「サラスヴァティ―」と呼ばれるインドの聖なる川をモチーフにしているそうです。このことから水に関連する神様だと考えられていますが、現在ではあらゆることにご利益がある縁起物としても考えられているようです。

弁財天の特徴

弁財天の見た目は特徴的で、頭の上に白蛇をのせて鳥居がついた冠をかぶっています。弁財天は「宇賀神(うがじん)」という蛇神と習合したといわれています。この宇賀神は蛇の体に人間の顔を持つ神様で、そこから弁財天の頭の上にも蛇が乗るようになったとされています。さらにこの宇賀神は財福の神様とも言われていたようです。

弁財天のご利益

弁財天の名前に「財」という漢字が使われていることもあり、一般的に知られているのが金運アップや商売繁盛でしょう。

七福神の紅一点「弁財天」ってどんな神様? 【今さら聞けない】

布袋尊(ほていそん)の特徴とご利益

  • 七福神の布袋尊

布袋尊とは「ほていそん」と読み、七福神の1人として祀られている神様です。ご利益には無病息災や商売繁盛などがあるとされています。この布袋尊は、実際にいた人がモデルとなっている珍しいケースとしても有名です。

布袋尊の特徴

布袋尊の見た目は、まんまると膨らんだお腹と大きな袋、ニコニコと笑顔を浮かべているのが特徴です。

度量の広さや心の大きさを表しているのが手に持っている袋だと考えられており、心や度量が広い神様として知られています。

布袋尊のご利益

布袋尊は財運や夫婦円満のご利益のある神様です。

財運UPは七福神「布袋尊」のご利益がおすすめ! どんな神様?

福禄寿(ふくろくじゅ)の名前の由来とご利益

  • 七福神の福禄寿

福禄寿は七福神の1人であり、長寿の神様です。七福神には同じ長寿の神様・寿老人がいます。

福禄寿の特徴

福禄寿は仙人がモチーフになっており、長い頭と長い顎髭(あごひげ)、大きな耳たぶが特徴です。左手には宝珠、右手には巻物をくくりつけた杖を持つ姿となっています。

福禄寿のご利益

名前に含まれていないご利益ですが、最も有名なのが「招徳人望」です。これは人に慕われる人徳を得ることができるというご利益です。

七福神「福禄寿」はどんな神様? 寿老人との違いやご利益は?【今さら聞けない】

七福神めぐりとは

「七福神めぐり」とは、福をもたらす七つの神様「七福神」を祀っている寺社を巡拝して開運を祈る行いのことです。

七福神めぐりをすると、「七つの災難を除き、七つの幸福を授かる」というご利益があるといわれています。

現在では、七福神めぐりを楽しみながら御朱印集めをするのが人気です。この記事を参考に、七福神のご利益を理解しながら、めぐってみてはいかがでしょうか。