七福神のご利益や特徴、由来についてご存じですか。今回は「布袋尊」という神様を解説します。 布袋尊とは大きな袋を背負ったふくよかな見た目が特徴的な神様で、中国に実在していた仏僧なのです。

  • 布袋尊とはどんな神様?

    七福神:布袋尊は財運や夫婦円満のご利益のある神様

布袋尊とはどんな神様?

布袋尊とは「ほていそん」と読み、七福神の1人として祀られている神様です。ご利益には無病息災や商売繁盛などがあるとされています。この布袋尊は、実際にいた人がモデルとなっている珍しいケースとしても有名です。

モデルになったのは、中国の800年代ごろにいた「契此(かいし・けいし)」という僧侶です。この僧侶は普段から大きな袋を持ち歩いており、その袋に施しを受けていたことから、布袋尊の見た目と語源に繋がったといわれています。

亡くなってからも多く目撃されたり、僧侶がいた場所だけ雪が積もらなかったりと、さまざまな逸話を残していることを受けて、崇拝されるようになりました。

中国における信仰とは

中国にいた僧侶がモデルとなった布袋尊ですが、中世以降は弥勒仏の姿として描かれるようになりました。弥勒仏の姿で描かれた布袋尊を、寺院の主要な場所に安置するのが一般的なしきたりとなり、あらゆる場所で安置されるようになったといわれています。この像は「マイトレーヤ」と呼ばれ、多くの人から崇拝されてきたのです。

日本における信仰とは

日本では鎌倉時代に布袋尊が伝わり、禅画の題材として描かれていました。庶民からは福の神としてあがめられていたようで、持っている大きな袋は「堪忍袋」とみなされるようになりました。

布袋尊は、始めは中国の信仰にならって弥勒菩薩の姿で描かれていましたが、次第に人間味を感じる姿で描かれるようになります。また、日本では七福神の1人として知られていき、縁起物として扱う一面もあるようです。

動物や植物の名前にもなった?

布袋尊の見た目に似ているとして「ホテイ」というワードが、動物や植物の名前にも使われています。丸くてぼってりとした見た目が特徴的な「ホテイ魚」は、布袋尊の見た目をもじってつけられた名前です。

縁起がいいともされており、水族館などで特別展示を行われることもあります。このホテイ魚は深海性の高い生き物で、冷たい海に生息していますが、食用で食べている地域もあるそうです。

植物では「ホテイアオイ」という水草が例として挙げられるでしょう。葉が浮き輪のような形になり、ぷっくり膨れてくる様子を、布袋尊のおなかに例えたことでこの名前になったといわれています。

布袋尊の見た目について

布袋尊の見た目は、まんまると膨らんだお腹と大きな袋、ニコニコと笑顔を浮かべているのが特徴です。

度量の広さや心の大きさを表しているのが手に持っている袋だと考えられており、心や度量が広い神様として知られています。

別の説によると、この袋は堪忍袋だといわれており、「堪忍袋の緒が切れる」という表現の元になったそうです。これほどまでに大きな袋がはちきれるくらいよっぽどのことが起こったという状態を表現しています。

  • 布袋尊とはどんな神様?

    布袋尊とはどんな神様?

七福神巡りについて

七福神への信仰が始まったのは鎌倉時代からだと考えられており、室町時代になって7人の神様が揃ったとされています。七福神巡りをすると、生命財産を守りそれぞれの神が与える7つの幸福を手に入れられると言われています。

浅草では七福神めぐりができる巡拝路があり、毎年多くの人が訪れ、ご利益や幸福を願っているのです。布袋尊もこの七福神の中の1人だと考えられており、縁起のいい神様として人気があります。

他の七福神について

七福神は布袋尊の他にも、福禄寿大黒天恵比寿天寿老人弁財天毘沙門店が存在します。

七福神を信仰すれば、七福神の七つの幸福を授けられ、七つの厄災が取り除かれると言い伝えられています。それぞれ異なった特徴を持っているので他記事も参考にしてみてください。

  • 七福神巡りについて

    七福神巡りは縁起のいいもの。現在も続く文化です

布袋尊はどこに行けば会える?

ここからは、布袋尊を拝むことができる場所について紹介していきます。

浄智寺「布袋尊」

浄智寺は鎌倉五山の寺で、1281年に創建された歴史のあるお寺です。この浄智寺の裏山のやぐらの中に布袋尊が置かれており、江の島七福神のひとつとして多くの人が訪れています。お腹を撫でると元気をもらうことができ、この布袋尊が指している方角に福があるといわれています。

深川稲荷神社「布袋尊」

1630年に作られた深川稲荷神社は、無住社であり町会によって管理されています。この周辺を徒歩2時間かけてめぐる深川七福神の中に、布袋尊が祀られており、清澄白河駅周辺に位置しています。1月1日~7日の間は、順路に旗が立てられているようで、初めて七福神巡りをする方でもスムーズにお参りできるでしょう。

不動院「布袋尊」

不動院は760年に作られ、布袋尊像は江戸時代後期のものであるといわれています。中国の信仰の影響を大きく受けている像ですが、現在の布袋尊の特徴を押さえているため、見分けがつかないかもしれません。「浅草名所七福神詣で」が開催されており、はとバスでまわるツアーなどもあるので、老若男女問わず楽しめます。

大福寺「布袋尊」

大福寺は京都七福神の布袋尊を祀っており、推古天皇の時代に作られましたが江戸時代の「天明の大火」によって本堂以外の部分を失ってしまいました。しかし、古くから信仰されてきたこともあり、現在でも縁起のいいお寺として多くの人が訪れています。

江戸時代からお正月に大福寺の宝印をもらう習わしがあり、「大福帳」と呼ばれる由来となっているそうです。

  • どこに行けば布袋尊に会える?

    布袋尊は七福神巡りを実施している地域にいることが多い

財運を招くなら家に布袋尊を置くのがおすすめ

布袋尊は家に置く風水グッズとしても人気です。布袋尊を祀っている神社やお寺にお参りに行くのもいいですが、中国では財運を高めるために自宅に設置するそうです。常にご利益を感じたいという方は、布袋尊を自宅に招いてみてはいかがでしょうか。

布袋尊の祀り方

布袋尊を自宅に祀る場合には、家の顔となる玄関か、家の中心部分である床の間やリビングに置くのが一般的です。

玄関に置くと、災いが入ってくるのを防いでくれるという効果もあります。金運や財運をより強く招きたい方は、金庫やなどお金にまつわる場所に置くのがいいでしょう。

また、金色で出来ている布袋尊を祀るときには西の方位に置くとより効果的だといわれています。上記の場所で西の方角を向くように置いてあげると、よりご利益を得ることができるそうです。

布袋尊を祀るときの注意

布袋尊を祀るときには、先述した祀り方を守るだけでなく、他にも注意すべき点があります。

布袋尊を置くのは高い場所にし、清潔を保ちましょう。ほこりが溜まっていたり、汚れがあったりする場所では、ご利益を感じることができないかもしれません。定期的な掃除を心掛けて、常にきれいな状態を保つようにしてください。

また、布袋尊を置いたらそのままにせず、常に感謝を忘れないようにしましょう。玄関に置いてあるのであれば、出入りする時に感謝を伝えたり、挨拶をしたりするなどそのまま放置……といったことないように気を付けてください。

  • 財運を招くなら家に布袋尊を置くのがおすすめ

    布袋尊に感謝を忘れないようにしましょう

ご利益の多い布袋尊について知ろう

金運を引き寄せてくれるだけでなく、夫婦円満や災いを防いでくれるご利益のある布袋尊は、見た目の可愛らしさからも人気のある神様です。七福神の1人として知られており、お正月には七福神巡りでお参りをする方も多いことでしょう。

幸運を呼び込みたいのであれば、風水的にも効果があるとされている布袋尊の置物を自宅に置いてみてはいかがでしょうか。