混同されがちな「的を射る」と「的を得る」という2つの言葉。この2つの言葉の違いがわからないという人も多いです。本記事では、「的を射る」と「的を得る」の意味や使い方、言い換え表現などをくわしく解説します。

  • 「的を得る」と「的を射る」

    「的を射る」と「的を得る」について正しい理解を深めましょう

「的を得る」と「的を射る」の違い

「的を得る」も「的を射る」もどちらも耳にしたことがあるのではないでしょうか。会話においてはどちらの意味も通じますが、ビジネスシーンや正式な場においては「的を射る」を使うのが正しいとされています。

ここでは、「的を得る」「的を射る」の意味などを説明します。

「的を得る」の意味

広辞苑に「的を得る」の意味は掲載されていません。一般的に話し言葉で使用され、「ぴったりと要点を捉える」という意味で使われています。

「的を射る」の意味

広辞苑では、「物事の肝心な点を確実にとらえること」と説明されています。言い回しとしては、「的を射た発言」「的を射た意見」のような、「的を射た○○」がよく使われます。

「的を得る」は「的を射る」の間違い?

結論から述べると、正しいとされているのは「的を射る」のほうです。「的を得る」というのは「的を射る」から派生して出来上がった言葉だといわれています。

平成24年に文化庁が行った『国語に関する世論調査』では、10代から60代以上のすべての年代で「的を射る」を使う人のほうが「的を得る」を使う人より多かったという結果が出ています。しかし、「的を得る」を使う人もかなり多く、特に30代では「的を射る」が48.8%、「的を得る」が46.0%という、ほぼ同率の結果が出ました。

この結果から、辞書的に正しいとされているのは「的を射る」のほうですが、日常的にはどちらも違和感なく使われているということがわかります。日常会話ではどちらを使っても問題はありませんが、ビジネスシーンや正式な場では「的を射る」を使ったほうが無難でしょう。