みなさんは、「おざなり」と似た言葉に「なおざり」という表現があるのをご存知でしょうか。両者は似ているように見えて、実は明確な違いがあるのです。そこで今回は、「おざなり」と「なおざり」の違いや使い方についてご紹介します。

  • おざなり、なおざり

「おざなり」の意味

「おざなり」とは「その場逃れにいい加減な言動をする・こと(さま)」という意味を持つ言葉です。

「おざなり」の漢字表記

「おざなり」を漢字で書くと、「御座形」や「御座成り」となります。これは、宴会の席で芸者たちが客によって扱いを変えたり、表面的に形ばかりを取り繕ろうとしたりする言動を指す言葉です。

そこから派生して、「その場逃れにいい加減な言動をする・こと(さま)」という意味を持つようになったようです。

「なおざり」の意味

「なおざり」は「真剣でないこと。いい加減にして放っておくこと」「深く心にとめないこと。あっさりしていること」といった意味を持つ言葉です。現在では、ほとんどの場合が前者の意味で使われており、後者の意味として用いられるケースは少ないようです。

「なおざり」の漢字表記

「なおざり」は漢字では「等閑」と書きます。「等閑」は「とうかん」と読むこともでき、その意味は「なおざり」とほぼ一緒です。

「なおざり」と「おざなり」の違い

両者の意味を比べてみると、「いい加減である」点は共通しています。しかし、「おざなり」はいい加減でありながらも何らかの「行動をする」のに対し、「なおざり」はいい加減かつ「何もせずに放置している」という違いがあるのです。

「なおざり」と「おざなり」の覚え方

「こういうのを『おざなり』って言うんだっけ? 『なおざり』だったかな?」と両者の使い分けに迷ったときは、漢字を思い出してみましょう。

「おざなり」は「御座形」と書きますが、これを「御座(敷の)形(なり)」という意味を短縮した漢字ととらえると意味を覚えやすいです。

お座敷の場で芸者たちがその場をうまくやり過ごすためにあれこれとしている……つまり、適当でいい加減かもしれませんが、その場をなんとか乗り切ろうと何かしらの行動をしている様が浮かびます。

一方の「なおざり」はいい加減で何もせずに放置している様を表す言葉ですから、「御座形」という漢字の成り立ちを理解しておけば、「(いい加減でも)何らかの行動をする/しない」の判別ができるようになり、結果的に「おざなり」と「なおざり」の意味がきちんと区別できるようになるでしょう。