みなさんは、「おざなり」と似た言葉に「なおざり」という表現があるのをご存知でしょうか。両者は似ているように見えて、実は明確な違いがあるのです。そこで今回は、「おざなり」と「なおざり」の違いや使い方についてご紹介します。

■「おざなり」と「なおざり」の意味

「おざなり」を漢字で書くと、「御座形」や「御座成り」となります。これは、宴会の席で芸者たちが客によって扱いを変えたり、表面的に形ばかりを取り繕ろうとする言動のことを指す言葉で、そこから派生して、「その場逃れにいい加減な言動をする・こと(さま)」という意味を持つようになったようです。

一方、「なおざり」を辞書で引くと、「真剣でないこと。いい加減にして放っておくこと」「深く心にとめないこと。あっさりしていること」とふたつの意味が記載されています。現在では、ほとんどの場合が前者の意味で使われており、後者の意味として用いられることはないようです。漢字では「等閑」と書きます。

■「おざなり」と「なおざり」の違い

両者の意味を比べてみると、その共通点は「いい加減である」ことです。しかし、「おざなり」は、いい加減でありながらも何らかの「言動をする」のに対し、「なおざり」は、いい加減かつ「何もせずに放置している」という違いがあるのです。

実は、「なおざり」の語源となる説のひとつに、「なほ(直・猶)」+「さり(去)」という考え方があります。「こういうのを"おざなり"って言うんだっけ? "なおざり"だったかな?」と両者の使い分けに迷った時は、まずは漢字を思い出してみて下さい。「等閑」という漢字よりも、「直(猶)去り」の方が「そのまま何もせず(直・猶)に遠ざける(去)」というイメージが浮かびやすいのではないでしょうか。

■「おざなり」と「なおざり」の使い方と例文

  • 「繁忙期で、おざなりな処理をした」
  • 「繁忙期で、処理をなおざりにした」

前者は「いい加減な処理をした」、後者は「処理をしなかった」という意味になります。

  • 「政府は、国民の意見をおざなりにしている」
  • 「政府は、国民の意見をなおざりにしている」

前者は「国民の意見を適当に聞いている」、後者は「国民の意見を無視している」ことになります。


今回は、「おざなり」と「なおざり」についてご紹介しましたが、両者の違いはお分かりいただけたでしょうか。したかしないかの違いはあれど、結局「いい加減」であることに変わりはありません。自身のビジネスライフには、登場することのないワードであってほしいものですね。