ビジネスで頻出する「製作」と「制作」。違いがよくわからないうえに使われるシーンも似ているため、あいまいなまま両方の漢字を使っている人も多いのではないでしょうか。「製作」と「制作」はどちらもモノづくりに関係する単語ですが、それぞれ「何を作るか」によってどちらを使うのかが決まります。

この記事では「製作」「制作」や類似する表現について、それぞれの意味や使い方をご紹介します。

  • 「製作」「制作」の違いとは?

    どちらの漢字が適切かは、作るものによって違います。この記事を読んで、違いをしっかり理解しましょう

「製作」「制作」の違いとは?

混同しがちな「製作」と「制作」には、それぞれどのような意味があるのでしょうか。それぞれについてみていきましょう。

製作とは

「製作」は「ものを作る」「作ったもの」という意味です。「何か道具や機械などを使って製品などの実用性のあるものなどを作ること」が製作です。製品などを作る場所のことを、「製作所」と呼びます。「製品」「製造」など、「製」を使ったものを作る工程を「製作」と覚えておくといいでしょう。

英語で表現すると機械などを使って大規模に製造するという意味を持つ「manufacture」となり、作るものによっては「production」や「making」などが用いられることもあります。

また「製」という漢字は、「つくる・仕立てる・こしらえる」という意味があり、製作のために使う道具や機械は大きなものではなく、大量生産しないものを作る場合にも「製作」を使います。図工で使うようなハサミやのり・テープなどを使って何かを作ることも、「製作」にあたります。

制作とは

「制作」は「美術品などのアート作品や、映画・音楽などを作ること」という意味があります。制作の「制」にも、「製」と同様に「つくる・したてる・作り上げる」という意味がありますが、「製作」との違いは、「制作」は美術品・テレビ番組・映画・音楽など、版権がからむような「創作活動としての要素があるもの」を作るときに使うことです。

制作を意味する英語の表現は、制作するものによって「production」「creation」などを使い、映画などはproduce、アート作品などはcreateになります。