12月は、年末が迫り忙しい一方、健康を気づかったり1年のお付き合いを感謝したりと手紙を出す機会が多くあります。ビジネスやプライベートで手紙を出す際は、季節の挨拶(時候の挨拶)を添えて相手を気遣う一言が欠かせません。

本記事では、12月らしい季節の挨拶を取り入れた手紙の書き方や、ビジネスシーンで流用できる文例についてご紹介します。

  • 12月の季節の挨拶

    12月に使える「季節の挨拶」について紹介します

12月の季節の挨拶(時候の挨拶)

手紙の冒頭には、自分や相手の住む地域やその年の気候、風土にあった表現を踏まえて季節の挨拶を盛り込みます。ここでは12月に使える季節の表現についてご紹介します。

定番の言い回し「師走」「年の瀬を迎え」

「師走」は12月の言い方として定番の表現のため、「師走の候」「師走のみぎり」「師走の折」のようなかたちで使えます。

例文 : 師走の折、皆様におかれましては、ますますご活躍(清栄)のことと、お喜び申し上げます。
例文 : 冬晴れが心地よい師走の候、皆様お変わりなくお過ごしのことと存じます。

季節の挨拶の後ろには安否を確信する表現が盛り込まれますが、「年の瀬を迎え」「めっきり寒い日が続きますが」といった表現も可能です。

12月上旬「初冬」「大雪」

1年を24の季節に分けた「二十四節気」では、12月7日ごろに「大雪(だいせつ)」を迎えます。そのため12月上旬の季節の挨拶に使える表現ではありますが、大雪とは文字通り“雪が多く降る時期”を表現しているため、雪がまったくない場合には使用は控えましょう。

例文 : 初冬の候、皆様ますますご活躍のこととお慶びを申し上げます。
例文 : 大雪のみぎり、皆様つつがなくお過ごしのことと存じます。

12月中旬「寒冷」「本年も残り少なく」

12月中旬となり、寒気がいよいよ厳しく感じられるころになると、「寒冷の候」という表現がふさわしくなります。こちらの言葉は12月全般に使うことも可能ですが、実際に寒さを強く感じる気候で使うのが適当であるため、主に12月中旬から下旬に使うものと捉えててよいでしょう。

また、行く年を惜しみながら新しい年への想いを馳せて、「本年も残り少なく」といった言葉を用いるのもよいでしょう。

例文 : 寒冷の候、皆様におかれましてはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。
例文 : 本年も残り少なくなってまいりました。クリスマスの準備など楽しんでいらっしゃる頃合いかと存じます。

12月下旬「冬至」「歳末」

冬至(とうじ)は毎年12月21日ごろのため、12月下旬に送る手紙にふさわしい季節の表現です。また、年の暮れを表す歳末は「歳末の候(さいまつのこう)」と使えるほか、意味をとって「年の暮れのご多忙の折」などとすることもできます。

例文 : 冬至の候、寒さが堪える日々ですがお元気でお過ごしのことと存じます。
例文 : 寒さ厳しい歳末の候、貴社におかれましてはなお一層ご隆盛の由、拝察いたしております。

  • 12月の手紙は結びの挨拶も重要

    手紙を出す際の気候なども踏まえて、適切な挨拶の言葉を選びましょう

12月の結びの挨拶例文 - フォーマル・カジュアルそれぞれ紹介

手紙は主文のあとに必ず結びの挨拶を添えます。12月に送る手紙の結びの挨拶は、年末だからこそ健康を気づかう言葉や一年間の感謝を添えるとよい印象が与えられるでしょう。ここでは、寒さや年末の忙しさが和らぐような結びの挨拶について紹介します。

相手の健康や幸せを祈る結び

目上の方やビジネスシーン向け

例文 : 年末に向け何かとご多用かと存じますが、お身体にお気をつけて良き新年をお迎えください。
例文 : 寒さ厳しい歳末の時節柄、何卒ご自愛のほどお願い申し上げます。

カジュアルなおたより向け

例文 : クリスマスツリーが美しく飾られるころと存じます。ご家族皆様で、和やかな新年を迎えられますようお祈り申し上げます。
例文 : あわただしい年の暮れ、どうぞお健やかにお過ごしください。

相手の繁栄や活躍を祈る結び

目上の方やビジネスシーン向け

例文 : 師走の候、ご多忙かと存じますが、より一層のご活躍を祈念いたしております。
例文 : 今年と同様、来年もますますのご発展をお祈り申し上げます。

カジュアルなおたより向け

例文 : 来年も、素晴らしい年になりますよう願っております。
例文 : 末筆ながら、今年以上にお元気でご活躍されることを楽しみにしております。

相手とのさらなる付きあいを期待する結び

目上の方やビジネスシーン向け

例文 : 来年も、ご愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
例文 : 来年も変わらぬご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

カジュアルなおたより向け

例文 : また来年、お会いできることを楽しみにしております。
例文 : 忘年会のシーズンですが、どうかお体を大切に今後とも宜しくお願いいたします。

特別な要件がある場合の結び

結びの文章は季節を踏まえた挨拶に限らず、何かを補足したり強調したりする場合にも使われます。

要件の強調

例文 : まずは書中にてご挨拶とさせていただきます。
例文 : 略儀ながら、書中をもちましてお礼を申し上げます。

伝言の依頼

例文 : お忙しいところ恐れ入りますが、本件ご伝言のほど宜しくお願い申し上げます。
例文 : 末筆ながら、皆さまにもお礼をお伝えいただけますでしょうか。

返答の依頼

例文 : お手数ながら、ご回答をいただければ幸いに存じます。
例文 : ご多忙のところ恐縮ですが、折り返しご返答くださいますようお待ちしております。

  • 12月のビジネスレターに使える文例

    結びの挨拶には、健康を気づかう言葉や一年間の感謝などを添えることで、相手によい印象を与えられるようにしましょう