ダブルバインドはビジネスや日常などのいろいろな場面で活用できる心理効果です。効果が強力である反面、ダブルバインドを受けた人は大きなストレスを受けてしまうことがあります。そのため、ダブルバインドを行う場合とされた場合に備えて事前に理解を深めましょう。

ダブルバインド効果とは

ダブルバインドの定義や由来、効果について解説していきます。

  • ダブルバインドとは

    ダブルバインドとは

「ダブルバインド」とは日本語で「二重拘束」を意味し、「2つの矛盾した命令を他人にすることで相手の精神にストレスがかかる状態」を指します。このダブルバインドという概念は、アメリカの精神科医グレゴリー・ベイトソンが1956年に提唱した「ダブルバインド理論(二重拘束理論)」に由来しています。

例えば親が遊んでいる子どもに対し、「ちゃんと勉強をしなさい!」と命令した後、「ちょっとこっちに来て夕食作りを手伝って」と依頼をしたとしましょう。すると、子どもは「勉強」と「家事手伝い」の2つのタスクを同時にこなせず、どのように行動・選択をしたらいいのかわからなくなってしまいます。このような心理的拘束をダブルバインドと呼びます。

ダブルバインド理論の定義

ダブルバインド状態は、次の要素が揃ったことで、初めて起こると言われています。

1.2人以上の関係者の存在

2.最初のメッセージと、最初のメッセージを否定するメッセージを伝える

3.メッセージを伝えられた人がどちらのメッセージに従っても罰があると感じる

4.メッセージを伝えられた人がメッセージの矛盾から逃げられなくなる

5.メッセージを伝えられた人がダブルバインド状態であることを認識する

6.メッセージを伝えられた人がダブルバインドによりストレスを感じる

これだけ見ると、難しい条件のように感じますが、日常的な言動からダブルバインド効果が発生していることは、多々あります。

次は、仕事上でダブルバインド効果が発生しやすい場面を紹介します。

仕事でダブルバインドが起こりやすい場面

ダブルバインドは、日常でも起こりうるものです。 ここでは、日常生活の中でも仕事に絞って、その場面を解説していきます。

  • 仕事でダブルバインドが起こりやすい場面

    仕事でダブルバインドが起こりやすい場面

上司に質問をするとき

「わからないことがあれば何でも聞きなさい」「わからない場合はすぐに聞きなさい」など、普段から親切に接してくれる上司もいます。

しかし、わからないことがあって、いざ質問をすると「自分で考えてみなさい」「何でもすぐに聞くな」などと、普段の言動とは矛盾した答えを返されることがあります。

これも、質問をしていいかどうかがわからなく、メッセージの受け手が混乱してしまうダブルバインドの一つとも言えます。

仕事でミスをしたとき

ミスをした際に上司から指摘をされて、ただ話を聞く中で「何とか言いなさい」と言われることもあります。そこでミスの原因を説明しようとしても「言い訳をするな」などと返されてしまうこともあります。

これも、返答をしていいかどうかがわからなく、メッセージの受け手が混乱してしまうダブルバインドの一つになります。

ダブルバインドのメリットとデメリット

ダブルバインドには、メリットだけではなく、効果によるデメリットも存在します。ここでは、ダブルバインド効果を使う側の観点から、メリット・デメリットを解説します。

  • ダブルバインドのメリットとデメリット

    ダブルバインドのメリットとデメリット

ダブルバインドのメリット

ダブルバインドはうまく活用すれば相手の選択肢を意図的に絞ることで、ある程度判断をコントロールすることができます。

例えば、相手から自分が意図した選択肢を引き出すエリクソニアン・ダブルバインドというテクニックがあります。

エリクソニアン・ダブルバインドは、本来は数多くの選択肢がある判断に際して、予め限定して質問することで意図に沿った選択をさせやすくなる心理テクニックです。

例えば、「カレーとラーメンどちらが好きですか?」と聞くとします。

質問した側は他にも食べ物の種類はほかにもたくさんあるにも関わらず、カレーとラーメンという2択に限定することで、質問というメッセージを伝えられた人は、それ以外の回答をすることができなくなります。

これは、誤前提暗示と呼ばれることもある手法で、ある程度絞った選択肢から意図した選択を相手に選ばせることが可能になります。

ダブルバインドのデメリット

前述のように、相手の選択肢を意図的に限定するなどして、判断をコントロールすることができる効果がありますが、多様をするとメンタルヘルスへの影響や、パフォーマンスの低下などのデメリットも発生します。

前者に関しては、受け取り手は矛盾したメッセージによって混乱してしまい、結果として自由な行動ができないことに対するストレスを感じてしまう可能性があります。場合によっては、その拘束された状態自体の原因を自責にするようになってしまい、精神的不調をきたしてしまう恐れもあります。

後者に関しては、特に仕事上で発生するケースが多いです。仕事上、ダブルバインド状態が続くことで、メッセージの受け手側は行動に自信を持つことが難しくなり、常に相手の顔色をうかいながら仕事を進めるようになってしまうかもしれません。

結果として、「より良い仕事をしよう」という気持ちよりも、「問題を起こさないようにしよう」という意志が強くなり、良い成果を出すための本質的な動きが取りにくくなり、パフォーマンスが下がってしまいます。

ダブルバインドを仕事で活用する方法

ダブルバインドは前述のとおり、デメリットもありますが、相手の判断を意図的にコントロールすることもできるため、仕事でも活用できます。具体的な活用法をみていきましょう。

  • ダブルバインドを仕事で活用する方法

    ダブルバインドを仕事で活用する方法

活用方法1:広告に活用する

広告のキャッチコピーを「AとBどっちにする?」などのように商品を購入したり、サービスを利用することを前提にしたりすれば、この問いかけに対して広告を見た人のダブルバインドの効果による購買意欲の向上が期待できます。

活用方法2:営業に活用する

営業において、商品の販売をする際に単に「Aという商品はいかがですか」と聞いてしまうと、その問いかけに対してはYESとNOの選択肢ができてしまいます。

そこでダブルバインド効果を活用し、「AとBどちらかお試ししてみませんか」と問いかければNOという選択肢が必然的になくなり、営業がしやすくなります。

ダブルバインドのを使う際の注意点

強力な心理テクニックであるダブルバインドですが、その効果を存分に発揮させるためのは、ちょっとしたコツが必要になります。

  • ダブルバインドのを使う際の注意点

    ダブルバインドのを使う際の注意点

納得感をもってもらう

ダブルバインドは、相手に「選ばされた」という認識をされてしまうと効果がなくなります。あくまで、「自分で決めた」という納得感を持って進めることが大切です。そのため、最初に相手に伝えるメッセージは、相手にとって選択がしやすい内容にしましょう。

最後の選択肢を選んでほしい選択肢にする

選択肢を提示する際は、最後の選択肢が選ばれやすい傾向にあります。これは、最後に提示された情報のほうが印象に残りやすい「新近効果」という効果によるものです。相手に特定の選択をしてほしいという意図があるケースでは、その選択肢を最後にもってくるようにしましょう。

ダブルバインドの対処方法

これまでの通り、ダブルバインドは相手の判断をある程度コントロールできるという観点で、強力な心理テクニックになります。

しかし、ダブルバインドは自分が使うだけでなく、相手からかけられてしまうことも少なくありません。そのため、ダブルバインドを使われてしまった際の対処法も知っておくと良いでしょう。

  • ダブルバインドの対処方法

    ダブルバインドの対処方法

対処方法1:周囲を観察する

ダブルバインドを受けた際には、気持ちを落ち着けて、相手の言葉や表情、周囲の環境などを冷静に観察しましょう。

冷静に状況を観察することで、ダブルバインドを抜け出すきっかけを発見できたり、気持ちにゆとりを持って相手と接することができたりします。

対処方法2:相談する

ダブルバインドをしてきた相手が上司や先輩などであった場合は、その関係性によって不利になる選択を避けられない場合もあります。

このような場合は自分だけで状況を抜け出すことが困難であるため、別の上司や先輩、同僚などに相談しましょう。

誰かに相談をして、客観的な視点からの意見をもらったり、直接相手を注意してもらったりなどの協力をしてもらうことでダブルバインドの心理的拘束から抜け出すこともできます。

対処方法3:言動を意識する

ダブルバインドを受けると、提示されている選択肢以外に別の選択肢があることや、言葉に矛盾があることなどに気がつけない状態になってしまいます。

ダブルバインドの効果は、メッセージの受け手がそれを認識すれば効果がなくなるため、言動に注意を払い、そもそもダブルバインド効果をはねのけるようにしましょう。

ダブルバインドの理解を深めよう

ダブルバインドはビジネスや日常などのさまざまな場面で活用できる居力な心理テクニックです。しかし、ダブルバインドは相手から受けることもあり、日常的に起こりやすいものでもあるため、ダブルバインドに対する認識や理解を深め、不必要なストレスやトラブルから回避できるようにしましょう。