取材場所のカフェの階段を夏らしいワンピース姿の菜乃花が上ってくると、自然に店内の目線が集中する。

さすが人気グラドル。そう話すと、笑顔を浮かべる。

「いやいや、全然ですよ。写真集を出し続けられていること、ファンをずっと大事にしている。それだけ。あとノースキャンダル。おじさんを転がしそうに見えるかもしれないですけど、くそまじめなんですよ」

真面目との言葉に偽りはなかった。2015年に日テレジェニックにも輝いたトップグラドルは真剣に、今のグラビア業界の問題点、そして後輩たちへの思いについて赤裸々に語り始めた。

DVDで精神的につらくなることも

  • グラビアアイドルの菜乃花

    菜乃花

菜乃花は今春、9年間在籍した事務所を退社した。現在は友人の事務所に籍はあるが、実質はフリーランス。仕事上の雑務を自らこなし、以前の倍は忙しい日々を送る。

これまで16枚のイメージDVDを出しているが、あるメーカーのDVDが精神的につらくなった。擬似セックスを想像させるシーンがあまりに露骨だったからだ。

「でもDVDを出したくないというと怒られるだろうし、嫌って言えなくて。監督も苦手な人だけど、最初から決まっていて変えられない。私のわがままでDVDをやめたいとはいえなかった」

菜乃花の気持ちとは裏腹に過激な露出を見せたDVDの売り上げは伸び、当時のマネージャーも喜んだ。けれど菜乃花を長く見てきたファンの反応は違った。

秋葉原で開催されたDVD発売記念イベント。ファンから渡された手紙には「もう、これ以上がんばらなくていいよ」「これからもファンだからイベントには来るけれど、DVDはつらい」と心配する言葉が書かれていた。つらくなった。

ある時親しい後輩グラドルの言葉にがく然とした。

「そのDVDをマネージャーに見せられて『菜乃花もここまでやっているのだから頑張れ』と言われたらしいんです。そんなことの引き合いに出される負の前例を作ってしまったと思うと、すごくつらかった」