「若い時は、巨乳だから、男性からの目とか、すごく気になっていたんですよ。だけど今はそれが仕事だから、全然気にならないし、寧ろ今は自分の体が、グラビアをやるためみたいな体型だなって、めっちゃポジティブになっちゃったかも」。

そう語るのは、こんがりと日焼けした美ボディに、キュートな童顔が魅力的なグラビアアイドルの葉月あやだ。現在はギャル感あふれるグラビアで人気を博している彼女だが、デビュー当時は黒髪ロリの清純派だった。本当の自分と「清純派」キャラとの間にギャップを感じていたと振り返る彼女は、いかにして現在の立ち位置に至ったのか。最新VR作品の見どころと併せて語ってもらった。

「こんなの見たかった」を詰め込んだ最新作

  • グラビアアイドルの葉月あや

    グラビアアイドルの葉月あや

――まずは、PICMO VRにて見放題配信中の『下着姿の葉月あやとべッドで二人という幸せ、そういう世界』『葉月あやと一緒ならクダラない遊びも至高の時間、そんな世界。』(制作:FANTASTICA)について。それぞれお気に入りのシーンは?

「べッドで二人という幸せ」は、私はDVDでも朝ベッドが得意なので、自分でシーンを決めたんですよ。「どんな設定にしたい?」って言われたから、「朝ベッドがいい」って言って、朝ベッドにしたんですけど、イチャイチャ感がすごくお気に入りです。その後「何して遊ぶ?」という展開になるんですけど、ゲームをするんですね。王様ゲーム的な。負けた方が言われた指令に従うんですけど、ダンスをするシーンがあるんです。そのダンスシーンが超・超・超見どころです!!お尻がもうすごいです(笑)。

「クダラない遊びも至高の時間」は「学生時代、こんなだったらいいよなあ」っていう男性の夢を詰め込んだ感じですね(笑)。ちょっとエッチなんですよ。ツンとした彼女なんですけど、最後はデレるみたいな。彼もちょっとツンデレ感があるんです。制服のときは、(カメラに向かってスカートを)パタパタしてるんですよ。(スカートをカメラに)被せてみたり。「こんなの見たかったなあ!!」みたいな(笑)。「私が男性だったらっ!!」ていうのが詰め込まれています(笑)。

――その演出、大正解だと思います(笑)。「クダラない遊びも至高の時間」の作品設定は「巨乳黒ギャル」で、こんがりとした肌に制服とルーズソックスという組み合わせがなんともたまらないですね!!葉月さんは高校生時代、ギャルだったんですか?

本当に、鬼ギャルでした(笑)。今よりも全然(肌が)黒くて、日サロも多い時では週4で行ったり。髪もすごく明るかったですし、エクステも付けてました。

――今回の作品には、ギャルとしての自分が反映されている?

自分とかけ離れ過ぎているとできないので、自分により近い感じでやっています。朝ベッドもそうなんですけど、演技じゃないですね。演技をしている感覚ではないです。

――自然な葉月さんを楽しめるVR作品だと。

そうです!!

きっかけは、漫画喫茶で見たグラビアDVD

――改めて、グラビアの世界に足を踏み入れた経緯もお聞きしたいです。

オーストラリアに留学しようと思っていたんです。オーストラリアでサーフィンをしたかったんですよね。愛知だと賃金も安いので、東京に出てきたんです。18歳か19歳くらいのときに。オーストラリアで働かなくてもいいように、お金を3~4年貯めていざ留学しようって。

当時は中野に住んでいたんですよ。「上京組はやっぱり中野」みたいなところがあったんですよね。(家賃が)「安いよ」って聞いていたし。それで、いろいろな手続きを調べに、新宿の漫画喫茶に行ったんです。漫画喫茶って、パソコンでグラビアのDVDを見れるんですよね。それが目に入って「これ、何だろう?」ってなって。興味本位で見て、めっちゃ衝撃を受けたんですよ!!

――それまでに、漫画雑誌のグラビアを目にしたりは?

見てました。「この子に似てるね」と言われたこともありました。巨乳だったので、「(グラビアの)誰々っぽいよね」みたいな。でも、グラビアのDVDを見たことはなかったんです。それで漫画喫茶で見て、衝撃を受けて。完全にオーストラリアに行こうと思っていたのに、急に気が変わったんです。巨乳なことがずっとコンプレックスだったんですけど、「こうやって活かせる人っているんだ!!」と。自分がやるなんて考えてなかったし、やろうとも思っていなかったんですけど、急にオーストラリアに行くのをやめて「グラビアアイドルになる!!」って決めたんです。

何でも割と、急に決めるタイプなんです。全部そうなんですよ。その時々で生きている感じなんです。オーストラリアに行くのは「10年後、20年後でも、行けるな」みたいな。でも、この仕事って「今しかできないだろうな」って思ったんです。あと、オーストラリアに行くっていうことで失恋をして、恋人と別れたりした時期だったので「新しい自分になる!!」という思いもあったかもしれないです。

――そんな葉月さんは、現在は日焼けギャルというイメージがパッと浮かびますが、デビュー当時は…

めっちゃ清純派でデビューしました(笑)。最初に顔合わせみたいなことをした時に、スタッフさんや社長から「これじゃ仕事をもらえないよ」って言われたんです。「グラビアアイドルにこういうものは求められていない」って。面接に行ったときは、年齢も22歳だったので「22歳なら若いから」って。背も小さかったんです。グラビアアイドルって、童顔×ロリ×巨乳×低身長みたいなものが定番だったので「清純派になれ!!」って言われて、髪を黒く染めました。それまで持ってなかった服、ワンピースとかも買ってデビューしましたね。

――自分から飛び込んだということは、グラビアのお仕事に対する抵抗はなかったんですよね?

全然なかったです。

――でも、その清純派という設定には…

正直、抵抗はありましたね。22歳だとまだ若いし、「仕事だから」で割り切れない部分って、結構あったと思うんですよ。お仕事をさせてもらって、テレビなりで、これを言っちゃいけないみたいな。今のキャラだったら言えることでも、言えなかったこととか、すごく沢山あったり。けっこう無理していましたね。「無理してたなあ」って今は思います。当時はすぐ「仕事を辞めたいな」って思ったりもしちゃっていたので。

――清純派からギャルへの変化は、どういう流れだったんですか?

一番は、年齢ですかね。清純派ぶる年齢じゃなくなったというか。音楽とかもブラックミュージックとかを聞いてきたんです。自分を飾らなくていいような年齢になってきたというか。清純派の子がそういう音楽を聴いていたら、ちょっと嫌じゃないですか。そういう嗜好をSNSとかで出しているうちに…。割と、ファンの方がキャラクターって設定してくれると思うんですよ。そうなっていったら、事務所も「もう、(そのキャラを)普通にしていこう」と。それで徐々に移行していった感じですね。

「20歳の子には出せない部分って、絶対にあると思う」

――最近では、黒ギャルをテーマにした写真集?「GIRA★GIRA」(仮)の予約も開始しましたね。今後も、黒ギャル×グラビアを貫いていくんでしょうか?

とりあえずは…でも今、29歳なので(笑)。完全に白くなることは無理なんです…。グラビア自体も、求めてもらえる限りはやりたいと思っていますし、今って年齢層も上がっているじゃないですか。29歳って、20歳の子には出せない部分って、絶対にあると思うんですよ。年齢を重ねての色気だったり、そういうところを大事にしてやっていきたいなって思います。「まだまだ負けないぞ」っていう気持ちです。

――グラビアアイドルとして、たどり着きたい目標は?

いくつまでやるかはわからないですけど…できる限りは続けるつもりです。自分より10個~20個年下の子が「好きなグラビアアイドル、いる?」って言われて、「葉月あやって人、すごくいい。もう今は引退しちゃったけど」とか言われたいですよね。あと、いま会いに来てくれている人とかが、私と似たような子が出てきたときに「葉月あやはやっぱりよかったよね」とか言われたいです。

――そんな葉月さんにとって、グラビアとは?

私は、自分を一番好きになれるきっかけというか、仕事だったんです。でも今って、グラビアアイドルとしての自分が全てで生活が回っているので、今の私だと、全てですよね。求められる限りは、ずっと仕事したいと思っています。求められたいから、トレーニングとかします。体型を維持できるようにして。同じ事務所の犬童美乃梨ちゃんのYouTubeチャンネルを見て、家で運動したり(笑)。

グラビアは、自分を最大限に活かせる場所ですね。私がもし演技をやっていたら、人より頭一つ抜けることってできないと思うし、グラビアアイドルだから、今こう言う風にお仕事が出来ているのかなって思います。「戦える場所」って感じですね!!

葉月あや

1991年6月9日生まれ。愛知県の佐久島出身。3サイズは上から、バスト90(Gカップ)、ウエスト56、ヒップ86。イメージDVD「僕の天使」が好評発売中のほか、3rd写真集となる?黒ギャル艶肌写真集「GIRA★GIRA」(仮) の予約も開始しているなど、褐色の美ボディを活かして活躍中。