■『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』 月曜21時~ フジテレビ系

沢村一樹

出演者:沢村一樹、横山裕、本田翼ほか
寸評:もはや「絶対零度」のテイストは薄く、「未犯」の扱いも消化不良だが、沢村の鬼気迫る姿で何とかキープ。畳みかけるような終盤は盛り上がった反面、黒幕の心理描写に矛盾も。アクションの位置づけも微妙。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆】

■『病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~』 月曜22時~ テレ東系

小泉孝太郎

出演者:小泉孝太郎、高嶋政伸、小西真奈美ほか
寸評:医療ではなくビジネスに振り切った潔さと、笑顔で暴走する主人公の病院改革で視聴者の心をつかんだ。ただ中盤以降は今ひとつ盛り上がりに欠けた感も。実話である以上きれいすぎる結末なのは仕方なしか。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■『10の秘密』 火曜21時~ カンテレ・フジ系

向井理

出演者:向井理、仲間由紀恵、渡部篤郎ほか
寸評:「オリジナル長編ミステリー」に挑んだだけでも評価すべきだが、肝心のメインテーマが終始見えず。秘密、お金、夫婦、親子…何のために主人公は戦っているのか。助演に実力派が多かっただけに惜しい。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■『恋はつづくよどこまでも』 火曜22時~ TBS系

佐藤健

出演者:上白石萌音、佐藤健、山本耕史ほか
寸評:どこまでも振り切った女性重視・男性軽視型のラブコメだが、医療ドラマ過多の中で明確な差別化に。コロナ感染拡大の閉塞感も味方して、ファンタジーの魅力が増した。割り切れた佐藤健と監督たちの勝利。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

■『知らなくていいコト』 水曜22時~ 日テレ系

吉高由里子

出演者:吉高由里子、柄本佑、小林薫ほか
寸評:週刊誌の仕事、新旧彼氏との恋、出生をめぐるミステリー。中盤までは焦点が定まらずに視聴者を当惑させたが、不倫がフィーチャーされてから作品意図が明確に。週刊誌報道へのアンチテーゼも痛快だった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

■『僕はどこから』 水曜24時12分~ テレ東系

間宮祥太朗

出演者:中島裕翔、間宮祥太朗、上白石萌歌ほか
寸評:ヤクザ、替え玉受験、認知症の母などの重いモチーフに特殊能力が加わり、見る人を選ぶ作品だったが、混沌とした物語と不穏な映像がマッチ。深夜帯のジャニーズ主演作としては1つの試金石になった感も。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』 木曜21時~ テレ朝系

桐谷健太

出演者:桐谷健太、東出昌大、比嘉愛未ほか
寸評:東出の不倫騒動で割を食ったのは間違いないが、そもそも刑事と検事のありそうでなかったバディが思いのほかハマらず。各話の事件も福田靖の脚本にしてはエンタメ性が低く、カタルシスも控えめだった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆ 視聴率☆☆ 総合☆】

■『アライブ がん専門医のカルテ』 木曜22時~ フジ系

松下奈緒

出演者:松下奈緒、木村佳乃、清原翔ほか
寸評:腫瘍内科医という地味な設定の主人公はハートフルな一方、明快な魅力に欠けた。もともと「がん」がテーマでは中高年層しか引きつけられない上に、女医二人の因縁で重苦しさに輪をかけたのが痛かった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■『ランチ合コン探偵~恋とグルメと謎解きと~』 木曜23時59分~ 読売テレビ・日テレ系

山本美月

出演者:山本美月、トリンドル玲奈ほか
寸評:山本&トリンドルと美食。男性と女性、ともに「おいしそう」なコンセプトだが、それ以外のものはなかった。演出のディテールが楽しく、気軽に見られる配慮を感じたものの、深夜ならもっと思い切れたはず。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

■『ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~』 金曜22時~ NHK

シシド・カフカ

出演者:シシド・カフカ、間宮祥太朗、中村梅雀ほか
寸評:ハードボイルドを突き詰めた世界観はNHKならでは。ムードたっぷりの映像は中高年層の好みそうな仕上がりだったが、視聴率や反響などのコスパとしては最悪。有料ドラマ的な嗜好性の高い作品だった。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■『病院で念仏を唱えないでください』 金曜22時~ TBS系

伊藤英明

出演者:伊藤英明、中谷美紀、ムロツヨシほか
寸評:救命医と僧侶の二面性を持つ主人公が売りのはずが、僧侶としてのキャラクターが弱く、既存の救命救急モノと変わらない仕上がりに。伊藤の熱演はあったが、主人公に原作漫画のような深みは感じなかった。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

■『女子高生の無駄づかい』 金曜23時15分~ テレ朝系

岡田結実

出演者:岡田結実、恒松祐里、中村ゆりかほか
寸評:原作漫画に負けないおバカさを前面に出そうとするも難易度が高く、若手女優たちには酷だったか。細切れのエピソード集はテンポがよく見やすいが、各キャラに愛着を持ってもらうには1クールでは短い。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

■『コタキ兄弟と四苦八苦』 金曜24時12分~ テレ東系

滝藤賢一

出演者:古舘寛治、滝藤賢一、芳根京子ほか
寸評:佇まいだけでドラマになってしまう三人も、けれんみの中に胸を突くメッセージを込めた脚本・演出もさすがの仕事。ただ静かな感動に目が潤むか、眠気に襲われるか。最後まで好みの分かれる作品だった。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

■『心の傷を癒すということ』 土曜21時~ NHK

柄本佑

出演者:柄本佑、尾野真千子、濱田岳ほか
寸評:阪神大震災から25年という節目にNHKが手がけるべき作品だけに、4話で終了は早すぎた。PTSDの描写はリアルな反面、「ほぼドキュメンタリー」という印象も。もう少しドラマティックでもいいのでは。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆☆】

■『トップナイフ―天才脳外科医の条件―』 土曜22時~ 日テレ系

天海祐希

出演者:天海祐希、椎名桔平、広瀬アリスほか
寸評:スーパー外科医たちの王道医療モノだが、一定の視聴率を獲れても、反響は乏しく、俳優たちの熱気も微妙。医師のキャラも患者の病気も記号的で、エンディングダンスも含め、プロデュースの歯車に狂いが。
採点:【脚本☆☆ 演出☆ キャスト☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆】

■『アリバイ崩し承ります』 土曜23時15分~ テレ朝系

浜辺美波

出演者:浜辺美波、安田顕、成田凌ほか
寸評:制作サイドも視聴者もアリバイ崩しのトリックよりも浜辺にフォーカス。「子どもの趣味」という軽いノリはいいとしても、ハラハラドキドキに欠ける分カタルシスは少ない。サービスカットも含め、深夜仕様。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆☆ 視聴率☆ 総合☆】

■『伝説のお母さん』 土曜23時30分~ NHK

前田敦子

出演者:前田敦子、玉置玲央、井之脇海ほか
寸評:RPGの演出も、待機児童やワンオペの描写も、「数年時代がズレていた」という印象。作り込まれた映像は楽しめる反面、ときめきや感動が望めない分、もっと笑いでたたみかけたほうがよかったのでは。
採点:【脚本☆ 演出☆☆ キャスト☆ 視聴率☆ 総合☆】

■『パパがも一度恋をした』 土曜23時40分~ 東海テレビ・フジ系

小澤征悦

出演者:小澤征悦、塚地武雅、本上まなみほか
寸評:「大人の土ドラ」初のファンタジーコメディは、笑わせれば何でもアリ。誰でも結末がわかる予定調和型の物語だが、家族愛の感動をしっかり与える、そつのなさを見せた。「塚地の演技がすべて」とも言える。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆ 総合☆☆】

■『テセウスの船』 日曜21時~ TBS系

竹内涼真

出演者:竹内涼真、榮倉奈々、鈴木亮平ほか
寸評:キャスティング、極寒ロケ、原作の改編、考察イベントなど、プロデューサーの妥協なき姿勢が勝利につながった。最終話に賛否はあれど、連ドラの醍醐味にあふれた長編ミステリーに挑戦した成果がはっきり。
採点:【脚本☆☆☆ 演出☆☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆☆ 総合☆☆☆】

■『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 日曜22時30分~ 読売テレビ・日テレ系

横浜流星

出演者:清野菜名、横浜流星、佐藤二朗ほか
寸評:「特撮かアメコミか」という超異色ヒーローだが、ダブル主人公の過去が明かされた中盤、一気にギアチェンジ。完全覚醒した横浜の熱演で、「ただの勧善懲悪アクション」という殻を破り、見応えある作品に。
採点:【脚本☆☆ 演出☆☆ キャスト☆☆☆ 視聴率☆☆ 総合☆☆】

著者:木村隆志(きむら たかし)

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組にも出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』など。