昨年、米国で騒ぎになったチキンサンドイッチ。フライドチキンのチェーン店『Popeyes』が売り出したチキンサンドをめぐり、殺人事件まで起きるという一大騒動に発展したが、日本にもその「チキン戦争」の波がやって来るのか。国内の動きをまとめた。

「チキン戦争」なるものは、日本でも過去に何度か起きている。2010年、「アイコンチキン」の発売をめぐって勃発した『マクドナルド』を中心とするチキン戦争。2016~17年ごろに起きたコンビニ大手3社によるフライドチキン戦争。そして2020年、もし今年、新たなチキン戦争が起きるとすれば、それは新たな顔ぶれによる、ワンステージ上の戦いになると思われる。その注目勢力のひとつが『シェイクシャック』だ。

“らしさ”全開! シェイクシャックの限定チキンは斜め上の個性派

2015年に日本に初上陸し、現在国内に13店舗を展開するニューヨーク発のハンバーガーレストラン『Shake Shack』(シェイクシャック)が、チキンの新商品を2月1日に発売した。レギュラーメニューの「チキンシャック」をアレンジした期間限定メニューだ。

「チキンシャック」とは、フライドチキンをバンズに挟んだチキンサンドイッチのこと。本国のシェイクシャックでは、折からのチキンブームを受け、2015年の夏に「チキンシャック」をブルックリンの3店舗でテスト販売。翌2016年の冬には全米で発売した経緯がある。その後は販売を世界各国の店舗へと広げ、日本では2018年11月に発売した。

  • シェイクシャックのチキンシャック

    「Chick'n Shack」(チキンシャック)760円(税別)。注文が入るたびに衣を付けて揚げる“クリスピーチキン”に、シュレッドレタス、ピクルス、3種類のフレッシュハーブが入ったハーブマヨソースを組み合わせる

こちらがチキンシャック。マリネ液に浸け込んだホルモンフリーのチキン(推定110g)を黒コショウのきいた衣で包んでフライにし、生地にジャガイモを練り込んだ「ポテトバンズ」で挟んだサンドイッチだ。チキンの下にはレタスとピクルス。かぶりつけば衣がガリガリ。ピクルスはザクザクと心地よい歯ごたえ。ハーブマヨソースが「キュッ!」と酸味をきかせて、サンド全体の味を締めている。筆者がこれまで国内で食べてきたものとは質の異なるチキンサンドだ。

新商品の期間限定「ホットハニーチキン」は、レタスの代わりにコールスロー、クリスピーチキンにホットハニーソースが絡んだ一品である。これがなかなか手間がかかっている。まず、ソースに使う唐辛子は「店で」挽いている。日本で入手できるチリパウダーでは本国のような味にならず、そこで乾燥唐辛子2種を店内で挽いて粉末に。これにハチミツなどを合わせて作るホットハニーソースは、チキンの表面にムラなく均一に行き渡るよう、一枚一枚「刷毛」を使って塗るという手の込みようだ。コールスローはりんご入り。そのりんごの風味がプンプンとよくきいて、甘くて辛くて「りんご味」なチキンサンドに仕上がっている。

  • シェイクシャックのホットハニーチキン

    2月1日発売の期間限定「Hot Honey Chick'n」(ホットハニーチキン)790円(税別)。ガリッとクリスピーなフライドチキンに甘辛いホットハニーソースを絡めて、その下にりんごやチェリーペッパーが入ったコールスロー。りんごは酸味のきいたジョナゴールドを使用

本来素朴な食味の鶏肉に、これだけハッキリとした派手な表情を付けてきたあたりに、シェイクシャックらしい新しさを感じる。この先、さらに斬新なアレンジの「チキンシャック」が登場するのではないかと予感させる、チキンブームの熱気と興奮が伝わる一品だ。

  • シェイクシャック日本1号店

    外苑いちょう並木にあるシェイクシャック日本1号店

シェイクシャックによると、昨今のチキンブームの背景には、牛や豚と比べて鶏肉は「低カロリーでヘルシー」なこと、「宗教イメージが少ない」こと、そして"comfort food"、「昔懐かしい、心安らぐ味の食べ物」であること――といった理由が挙げられるという。そこで、続いては、昔懐かしい"comfort"な趣きのあるハンバーガーショップを見てみよう。

新商品2種を発売! ファットバーガーが再定義するチキン商品の立ち位置

『FATBURGER』(ファットバーガー)はLA生まれのハンバーガーチェーンである。「Since 1952」とあるが、実際には1947年ごろから営業しており、1940年創業の『McDonald's』と同時期から70年以上も続く、歴史ある店だ。ハンバーガーにオシャレやヘルシーを求めるようになった21世紀生まれの店とは違い、ファットバーガーにはまさしく"comfort food"な良さがある。一見すると何ら特別なところのない、ふつうのバーガーなのだが、町の食堂の「生姜焼き定食」が異常においしいような、そんな種類のおいしさがあるのだ。

筆者もそんなオールドスクールなバーガーに惹かれて、東京・渋谷の国内1号店に通い詰めていたのだが、ある日、チキンサンドのおいしさに気づいて以来、そればかり食べるようになった。

  • ファットバーガーのチキンサンドイッチスパイシー

    「チキンサンドイッチ スパイシー」680円(税別)。グリルしたチキンにオリジナルのケイジャンスパイスをまぶしてサンド。野菜はトマトとシュレッドレタス。その上にマヨネーズ

特製のマリネ液に半日浸け込んだ鶏モモ肉(推定120~130g)を使用。これにオリジナルの粉をまぶして揚げると「クリスピー」、そのまま鉄板で焼くと「グリル」、そこへケイジャンスパイスをかけたものが「スパイシー」と3種類の食べ方がある。いずれのチキンも「タンドリーチキン」のようなスナック感あふれる味がマリネによってよく滲みて、肉汁豊かでジューシー。レタス、トマト、マヨネーズとともにバンズに挟んだ「サンドイッチ」としてのクオリティも極めて高くて、絶妙な塩梅でまとまっている。

そんなファットバーガーが2020年の年明けに新たなチキン商品を投入した。「クラシック・チキンバーガー」と「柚子胡椒マヨ・チキンサンド」の2品で、価格は税別380円。既存の「チキンサンドイッチ」より300円安い。米国のチキン戦争の渦中の2店、『Popeyes Louisiana Kitchen』(ポパイズ・ルイジアナ・キッチン)と『Chick-Fil-A』(チックフィレイ)のチキンサンドがそれぞれ3.99ドルと4.39ドルなので、それらに近づけた価格の商品だ。

  • ファットバーガーのクラシック・チキンバーガー

    1月6日発売の「クラシック・チキンバーガー」380円(税別)。チキンサンドイッチと同サイズのバンズとフライドチキンに、シュレッドレタスとサウザンアイランドソース

「チキンサンドイッチ」からトマトを抜き、レタスの量を減らして、マヨネーズの代わりにサウザンアイランドソース、または柚子胡椒マヨが入るという、同サンドの簡易版といった内容ながら、使っているチキンとバンズは全く同じサイズのもので、価格も込みで、十分に満足のいく商品になっている。むしろ、この380円のサンドに満足してしまったら、その上の680円のサンドを食べなくなるのではないかと心配なくらいだ。

これまで「ハンバーガーより安く食べられる、それ以外の選択肢のひとつ」程度の認識だったチキンのメニューが、独立したカテゴリーとして十分注目に値するものであることを示してみせた。ファットバーガーのチキンサンドは、それほどの力を持つ、大きなインパクトを秘めた一品だ。

  • ファットバーガーの日本1号店

    ファットバーガーの日本1号店は2018年4月、渋谷駅前のスクランブル交差点を見下ろす「MAGNET by SHIBUYA109」7階にオープンした

こんな店が欲しかった! 韓国から来たチキンの使者「bb.q オリーブチキンカフェ」

韓国でもフライドチキンがもてはやされていることを、皆さんはご存知だろうか。筆者は知らなかった。韓国では、骨付きのフライドチキンを1羽分頼み、ビール(メクチュ)と一緒にワイワイ楽しむ「チメク」(チキン&メクチュの略)が人気なのだという。日本でも新宿辺りの韓国料理店へ行くと各店にチキンがあるが、しかし、これが気軽には楽しめない。ハーフ(半羽分)で頼んでも、かなりな量のフライドチキンが出て来て、3~4人で行かないと食べ切れないのだ。そんな「興味はあるけど挑戦しづらい」難点をみごとに解消したのが、この『bb.q OLIVE CHICKEN cafe』(ビービーキューオリーブチキンカフェ)である。

  • ビービーキューオリーブチキンカフェのオリーブチキン

    「オリーブチキン」1ピース290円(税込)。国内産の骨付きチキンを、スペイン産のエキストラバージンオリーブオイルとソイオイルをブレンドした特製フライオイルで揚げている

世界25カ国に2,500店、韓国内だけでも1,800店を展開する韓国No.1フライドチキンチェーン「bb.q CHICKEN」の日本版で、日本向けの独自ブランドとして、ワタミが韓国の本部とともに共同開発した。2016年12月に東京の大鳥居に1号店をオープンし、現在は都内に2店舗を展開している。冒頭挙げたような居酒屋的な楽しみ方でなく、カジュアルなカフェスタイルに変化させたのが大きな特徴だ。

  • ビービーキューオリーブチキンカフェのヤンニョムチキンライス

    「ヤンニョムチキンライス」690円(税込)。十六穀米のライスの上に、国産鶏のささみ肉のフライ3本と、韓国で定番のヤンニョムソース。サラダには和風しょうがドレッシング。付け合わせにラディッシュピクルス

メニューを見ると、1ピースから買える骨付きチキンやチキンフィンガー、コンボなどがまずあり、さらに、チキンサンド、ライス、サラダが4品ずつ並ぶ。これらは、韓国本国にはない日本独自のメニューだ。いずれもポテトやドリンクとのセットで税込680~880円というお手ごろ価格。量も多過ぎず、ちょっとずついろんなメニューを足したり試したりできる「小ポーション」なのが、また魅力である。

  • ビービーキューオリーブチキンカフェのオリーブチキンバーガー

    「オリーブチキンバーガー」390円(税込)。ドリンクポテトセットは780円(税込)。レモネードは店内で生搾りしたレモンを使用。ポテトも生のジャガイモを店でカットして揚げている

「オリーブチキンバーガー」は国内産ささみ肉のフライ約70gを挟んだチキンサンドイッチ。スペインはカタルーニャ地方産のエキストラバージンオリーブオイルとソイオイルをブレンドした特製オイルで揚げている。波状にカールした衣の「ガリガリ」が特徴的。挟むバンズは北海道産小麦100%、濃厚豆乳を使った天然酵母"豆乳"バンズで、底にはマヨネーズが塗ってある。ささみ肉の素直な味にハニーマスタードソースのライトな甘味がたっぷり絡み、野菜も3種がにぎやかに挟まって、390円にして充実したサンドに仕上がっている。

自慢のオリーブチキンをサンドイッチやごはんもの、サラダなどにアレンジして提供する。そんな今までなかったタイプの、ファストカジュアルなフライドチキン専門店の登場である。パーティーフードとしてのチキンではなく、時に食事として、時にサラダとして、日常的に使えるレンジの広さに新しさを感じる。

  • ビービーキューオリーブチキンカフェの国内1号店

    2016年12月にオープンした東京・大鳥居の国内1号店。店内は33席。持ち帰りだけでなく、イートインでもゆっくり楽しめる

実は、ワタミがモデルにしているのは米国No.1のチキンチェーン「Chick-Fil-A」だ。韓国の高い技術力をベースに、米国的なスタイルも取り入れ、新たなチキン業態の開発に力を注いでいる。春には国内3店目がオープン予定だ。

このように、米国のチキンブームは、徐々にではあるが確実に、日本国内にも変化をもたらしている。これまで、ハンバーガーの代わりのオプション的な位置付けだったチキンサンドに対する評価と期待は、今後大きく変わっていくことだろう。