京福電気鉄道嵐山線(嵐山本線・北野線)は通称「嵐電」と呼ばれ、2006年から公式の愛称となった。京都市の洛西地区の通勤・通学の足として、あるいは市街地と嵐山・北野を結ぶ観光路線として親しまれている。

  • 嵐電では路面電車スタイルの電車が使用される(写真:マイナビニュース)

    嵐電(京福電気鉄道嵐山線)では路面電車スタイルの電車が使用される。写真はレトロ電車

現在の嵐山本線(四条大宮~嵐山間)は1910(明治43)年3月25日に開業。2020年に110周年を迎える。現在の阪急電鉄のルーツである箕面有馬電気軌道、さらに京阪電気鉄道も同じ年に開業しているが、大都市間を結ぶこれらの通勤路線とは異なり、嵐山本線はあくまで地域内の生活の足として推移してきた。そのため、阪急や京阪のような大規模な改造もなく、一部に併用軌道(道路上に敷かれた線路を走る区間)が残るなど、創業当時の面影を残している。

■結節・連携が経営改善のキーポイントに

現在の北野線(帷子ノ辻~北野白梅町間)が1926年に全通して以来、ほとんど路線に変化のなかった嵐電だが、最近になって他の鉄道・バス等との接続改善をはじめ、ハード・ソフト両面からの「結節」に経営上の力点を置いている。公共交通ネットワークの一員として、京都市内の交通事情改善の一翼を担おうという姿勢が顕著になった。

関西の私鉄では、大阪駅(JR西日本)と大阪梅田駅(阪急電鉄・阪神電気鉄道)のように、隣接していながら建物も駅名も別であったり、鉄道同士が交差する地点に駅がなかったりすることも普通で、関東の私鉄と比べて各々の独立性が高い状態が長年続いてきた。ただ、やはり不便は不便で、これから鉄道の利用者数が減少に転じようかという社会状況の中、独立独歩を貫いていては始まらないという危機感も生まれている。

京福電気鉄道の場合は大幅な赤字を生んでおり、2000年、2001年と立て続けに大きな事故を起こし、全面運休となっていた福井鉄道部は2003年、第三セクター鉄道のえちぜん鉄道に譲渡された。京福の「福」の由来であった福井県での事業が大幅に縮小され、福井本社も廃止となった。比叡山地区などにおける関連事業も2000年代前半に整理を進め、嵐電を基軸とした新施策で業績の回復を図ってきた経緯がある。その効果が現れてきたのが2000年代中盤であり、それ以降の経営改善のキーポイントが結節・連携であったといえる。

■「ライバル」鉄道事業者と手を結ぶ

嵐電における結節・連携の経緯について、順を追って見てみよう。まず、2008(平成20)年3月28日に新駅、嵐電天神川駅を開業させたところまで遡ることができよう。

同じ年の1月16日、京都市営地下鉄東西線の二条~太秦天神川間が延伸開業した。この区間は嵐電の四条大宮~蚕ノ社間と300m~1km程度の距離で並行して走っており、とくに蚕ノ社駅と太秦天神川駅は約200mしか離れていない。建設中の段階から、利用者の地下鉄への逸走が懸念されていた。

  • 京都市営地下鉄東西線との乗換駅として新設された嵐電天神川駅。利用者は多い

しかし、京都市は太秦天神川駅周辺の再開発計画とも合わせ、むしろこの延伸を鉄軌道同士の結節の好機ととらえた。協議の上、設置費用の大半を負担し、京福側にも接続駅となる嵐電天神川駅を設けることにしたのである。「ライバル」同士に手を結んでもらう形ではあるが、京福側にしてみても、嵐山方面から京都市中心部ならびに東西線へ乗り入れてくる京阪京津線方面との往来が便利になるという利点があり、この計画を受け入れたのであった。

平成30年度の京都市統計書によると、嵐電天神川駅の年間乗車客数は約91万6,000人(1日平均約2,500人)に達しているという。四条大宮駅、西院駅に続き、嵐電の駅では第3位の数字だ。嵐電天神川駅が結節点として順調に機能していることを表している。

■江ノ電と「姉妹鉄道」ソフト面の連携も進む

2009年10月14日に神奈川県の江ノ島電鉄と「姉妹鉄道」の協定を結んだことも、当時としては珍しい連携であった。近接する鉄道事業者同士によるハード面での結節のみならず、遠方ながらも古都を走るなどの共通点を持つ鉄道事業者同士が、ソフト面で連携を図ったのだ。

  • 江ノ島電鉄の塗色をまとった「江ノ電号」

近年、相互PRなどをメリットとして、台湾の鉄道事業者との間で姉妹鉄道の協定を結ぶことが一種の流行にもなっているが、嵐電と江ノ電の連携は、国内の鉄道事業者同士による、かなり早い時期のものとして注目を集めている。中でも嵐電と江ノ電の電車に、それぞれ相手の事業者の塗色を施した施策は異色であった。

2011年5月18日からは、ヤマト運輸の宅急便の荷物を嵐電で運ぶという取組みも始めている。宅配業者と手を結び、列車やバスに荷物を混載する事業は、最近になって北越急行や長良川鉄道などで広く行われるようになっている。だが、宅配企業の物流ターミナルと、集配を担当する地域の営業所との間の輸送に鉄道を利用する事業は、この京福電気鉄道とヤマト運輸の事例が初めてだった。自動車の使用を抑え、CO2排出量削減の面からも画期的な発想として注目された。

■JR嵯峨野線・阪急京都本線との「結節」も

2011年には株主配当が復活。経営が軌道に乗り始めたことを示した。なお、2019年3月末現在、京福電気鉄道の最大株主は京阪ホールディングス(43.15%)である。2013年には、全国相互利用が可能な交通系ICカードを嵐電でも使用可能とするなど、時代に合わせた改善にも取り組んできた。

次のハード面での改善は、2016年4月1日に開業した北野線の撮影所前駅。新駅の開業は嵐電天神川駅以来、8年ぶりだった。隣の帷子ノ辻駅からわずか0.3km、常盤駅から0.6kmの地点に駅を設置したのは、JR太秦駅との乗換えの便を図ってのことだ。

  • JR太秦駅に程近い場所に設けられた撮影所前駅。東映京都撮影所のすぐそばにある

それまで、嵐電とJR嵯峨野線(山陰本線)の接続としては、嵐電嵯峨駅とJR嵯峨嵐山駅との間で可能(徒歩約3分)であったが、JR京都駅から嵐電沿線へアクセスするには位置が偏っている。とくに仁和寺や龍安寺といった人気スポットを抱える北野線方面は便利といえず、太秦駅から帷子ノ辻駅へ行くにも徒歩で6~7分かかったため、より近い場所にホーム2面の新駅を設けたのである。

2017年3月25日には、西院(さい)駅の改良工事が完成した。それまで阪急京都本線西院(さいいん)駅と隣接していながら改札口同士が離れていたのだが、阪急電鉄が嵐電のホームに近接する場所に改札口を新設し、嵐電も嵐山方面のホームを道路を挟んだ反対側に移設。これにより、阪急京都本線の京都河原町方面のりばと嵐電の嵐山方面のりば、嵐電の四条大宮方面のりばと阪急京都本線の大阪梅田方面のりばが直結され、雨天時でも傘の要らない、バリアフリーな乗換えが可能となった。

  • 移設された西院駅に入る嵐山行の電車

  • 西院駅では、改良工事によって嵐電のホームと阪急京都本線の改札口が直結となった

2001年から阪急京都本線の特急が日中時間帯に大宮駅通過となり、嵐電との接続が不便になっていたことも、西院駅を改良する背景のひとつだった。もともと大宮駅における嵐電と阪急京都本線の乗換えは、出入口の関係から必ず幹線道路を横断する必要があり、直結とは言いづらかった。

2017年に完成した改良工事により、現状において停車する列車種別が大宮駅と同等であり、より大阪方面に近い西院駅でスムーズな接続が可能となったことで、遠方から嵐電沿線への往来が大きく改善された。

平成30年度の京都市統計書によれば、嵐電の西院駅の年間乗車客数は2016年度の約75万2,000人(定期券約15万5,000人、定期券外約59万7,000人)から、2017年度は約100万5,000人(定期券約37万7,000人、定期券外約62万8,000人)と大幅な増加を見せたという。中でも日常的に利用する定期券利用者の増加が顕著である。

■京都市バスとのシームレスな乗継ぎも実現へ

北野線の終点、北野白梅町駅では現在、今年3月の完成をめざし、改良工事が進捗している。駅のホームを改築し、電車のりばの対面に京都市バスのバス停を設置する事業で、完成すれば電車とバスが段差なしで乗り換えられるようになり、北野白梅町駅と金閣寺道、烏丸今出川(地下鉄今出川駅)、出町柳駅前、銀閣寺道などを結ぶ102系統が乗り入れる予定。嵐電の運賃は車内で支払う方式であり、駅に改札口を設けていないことを活用した形だ。

  • 北野白梅町駅では、嵐電と市バスを直結する改良工事が進む(2019年11月撮影)

昨今の公共交通機関は、「MaaS」に代表されるように競合関係から協調関係への転換が基本路線となっている。そのネットワークは交通機関に限らず、観光や飲食、物流など他の産業へも広がりつつある。

もちろん、ここで紹介した事業は京福電気鉄道が単独で行ったわけではなく、とくに行政との連携が重要であったことは言うまでもない。ただ、それほど大規模な鉄道ではないものの、嵐電が時代の流れを先駆的に体現してきた存在であるとは言えよう。

筆者プロフィール: 土屋武之

1965年、大阪府豊中市生まれ。鉄道員だった祖父、伯父の影響や、阪急電鉄の線路近くに住んだ経験などから、幼少時より鉄道に興味を抱く。大阪大学では演劇学を専攻し劇作家・評論家の山崎正和氏に師事。芸術や評論を学ぶ。出版社勤務を経て1997年にフリーライターとして独立。2004年頃から鉄道を専門とするようになり、社会派鉄道雑誌「鉄道ジャーナル」のメイン記事を毎号担当するなど、社会の公器としての鉄道を幅広く見つめ続けている。著書は『鉄道員になるには』(ぺりかん社)、『まるまる大阪環状線めぐり』(交通新聞社)、『新きっぷのルール ハンドブック』(実業之日本社)、『JR私鉄全線 地図でよくわかる 鉄道大百科』(JTBパブリッシング)、『ここがすごい! 東京メトロ - 実感できる驚きポイント』(交通新聞社)など。