2019年のスイーツ界を騒がせた「バスクチーズケーキ」の新顔に出会うため、箱根に出掛けるというのはどうだろう。芦ノ湖散策にもぴったりなカップ入りバスクチーズケーキが登場したとの噂を聞きつけたので、早速、現地へと実食に赴いてみた。

  • バスクチーズケーキ

    箱根観光の新たな名物グルメ誕生との噂を聞きつけ、現地へ。芦ノ湖を見ながらの実食は非常にすがすがしかった

都心から約90分。豊かな自然に恵まれた箱根の芦ノ湖は、日本有数の景勝地として知られ、湖畔から望む富士山や秋の紅葉など、年間を通じて絶景が楽しめる観光スポットだ。そんな同地に、日本初のカップ入りバスクチーズケーキを提供するお店がオープンしたと聞いたので、取材してきた。

箱根の新たな定番スイーツが誕生?

カップ入りバスクチーズケーキを販売しているのは、2019年7月にオープンした「箱根チーズテラス」。芦ノ湖遊覧船乗り場からもほど近い神社通り沿いに立地し、多くの観光客が訪れている。

  • 箱根チーズテラス

    白を基調とする水色のロゴが目を引く爽やかな印象の外観

「バスクチーズケーキ」とはその名の通り、スペイン・バスク地方で食べられているチーズケーキのこと。外は焦げ目が付くほどこんがりと焼き上げながらも、中はしっとりとした食感で仕上げるのが特徴だ。

箱根チーズテラスではバスクチーズケーキを理想の色、味、食感で仕上げる独自の製造方法を確立。ケーキ生地は南箱根産の新鮮な牛乳と数種のチーズを配合したクリームチーズを組み合わせ、焼きムラの出ない独自製法で焼き上げる。これにより、チーズの香り豊かで、濃厚な味わいとなめらか食感が楽しめる、同店ならではのバスクチーズケーキが完成したという。

  • バスクチーズケーキ

    箱根チーズテラスの「バスクチーズケーキ」。左から時計回りに「抹茶」(400円/価格は全て税別)、「いちご」(400円)、「プレーン」(370円)の全3種

箱根チーズテラスのバスクチーズケーキはカップ入りであるため、テイクアウトできるのも嬉しいポイント。天気のいい日は芦ノ湖の絶景を眺めながら食べ歩きが楽しめるし、箱根観光のお土産にもぴったりだ。

  • 箱根チーズテラス

    カウンターにずらりと並ぶ「バスクチーズケーキ」は全て店舗で製造している

今回は1番人気の「プレーン」のほか、2019年にブームを巻き起こした2大スイーツのコラボ商品「チーズタピオカミルクティー」(600円)をオーダー。湖畔へと移動して実食することにした。

  • バスクチーズケーキ

    濃厚&なめらかな食感が楽しめる新感覚スイーツ「バスクチーズケーキ」のお味は?

カップを開けると、きつね色の焼き目がついた表面とチーズの香りに食欲がそそられる。さっそくスプーンですくって、一口いただいてみる。すると、なめらかというよりも口の中で溶けるような不思議な食感ながら、濃厚なチーズの味わいがしっかりと感じられた。実は、バスクチーズケーキを食べたのはこれが初めてだったのだが、今までに味わったことのない食感だった。

箱根チーズテラスではトッピングとして、「岩塩」「ブラックペッパー」「醤油パウダー」(各50円)を用意している。チーズの魅力を引き上げる味の変化が楽しめるとのことなので、こちらもぜひチャレンジしてみてほしい。また、12月21日からは冬季限定でクーベルチュールチョコレートを使った「チョコレートチーズケーキ」を販売しているので、こちらも要チェックだ。

箱根チーズテラスの周辺には、芦ノ湖を遊覧する箱根海賊船、パワースポットとして人気の箱根神社、絶景を一望できる箱根ロープウェイなど、観光スポットが目白押し。2020年の幕開けはバスクチーズケーキとともに、芦ノ湖散策を楽しんでみてはいかがだろうか。

  • 箱根神社

    1250年以上の歴史を持つ箱根神社。古くより勝負の神として名を馳せており、かつては源頼朝や徳川家康も参拝したという

  • 平和の鳥居

    湖面に立つ朱色の大きな「平和の鳥居」。フォトスポットとして観光客に人気だ

■ショップデータ
箱根チーズテラス
住所/神奈川県足柄下郡箱根町元箱根54
営業時間/10:00~16:00
定休日/不定休
電話/0460-83-9007

著者情報:安藤康之(アンドウ・ヤスユキ)

フリーライター/フォトグラファー。編集プロダクション、出版社勤務を経て2018年よりフリーでの活動を開始。クルマやバイク、競馬やグルメなどジャンルを問わず活動中。twitter:@andYSYK。