地域にもよるが、日本では冬に備えてクルマのタイヤを「スタッドレスタイヤ」に履き替えるのが一般的だ。ただ、履いていない4本のタイヤを保管しておくのは場所を取るし、そもそもタイヤ交換が面倒だと感じている方も多いのではないだろうか。そこで、選択肢に入れたいのが「オールシーズンタイヤ」だ。今回、お盆に合わせて東京から岡山に帰省することになったので、愛車のメルセデス・ベンツ「S124」にオールシーズンタイヤを装着し、乗り心地と燃費を試してみた。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」

    東京~岡山間でオールシーズンタイヤの乗り心地と燃費を試した

メルセデス・ベンツ「S124」で岡山へ

ちょっと古いベンツにオールシーズンタイヤを装着し、ロングドライブに挑戦。これが今年の夏休みの宿題だ。

筆者が所有するのは、「ヤングクラシック世代」といわれる「S124」型のメルセデス・ベンツ。型式としては「E220 ステーションワゴン」というクルマだ。1995年製の最終モデルではあるが、製造からはすでに24年の歳月が経過している。現在の走行距離は約14万5,000キロ。ちなみに、124型が世にデビューした1985年には、Eクラスではなく「ミディアムクラス」と呼ばれていた。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」

    愛車「S124」をロングドライブに連れ出した

124型はメルセデス・ベンツが「最善か無か」という崇高な哲学のもとに製造を開始し、約11年の製造期間で221万台以上を生産した人気車種だ。凹凸がなく滑らかなフラッシュサーフェスボディは、当時としては異例のCd値(空気抵抗)0.29を達成。ワンアームワイパーや中期型から装着されたサッコプレート(車体下部をカバーする樹脂製プレート)なども、このクルマの特徴だ。ステーションワゴン「S124」のリアは広大なラゲッジスペースとなっていて、格納されているシートを引き出せば最大7人の乗車定員が確保できる。

シルバーメタリックの我がS124が搭載するのは、2,199ccの直列4気筒DOHCエンジンだ。最高出力150ps、最大トルク21.4kgを発生し、4速ATを介して後輪を駆動する。ボディサイズは全長4,760mm、全幅1,740mm、全高1,490mmで、ホイールベースは2,800mm。車両重量は1,540キロだが、車検証には前軸770キロ、後軸770キロと記されている。つまり、前後荷重が50:50の理想的な配分なのである。

現在のモデルでいえば、長さは現行のメルセデス・ベンツ「Cクラス」並みだが、車幅が1,740mmというのは現行Cクラス比で70mmも狭い。それが、当時のクルマらしさを表している。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」

    最近のクルマに比べ幅の狭い「S124」

装着しているのは、グッドイヤー製の「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」というオールシーズンタイヤ。サイズは純正の195/65R15だ。トヨタ自動車のPHV「プリウス」の15インチモデルなどと全く同じサイズなので、手に入りやすいサイズだといっていいだろう。取り付けてすぐに冬の富士山周辺の雪道を走り込み、関東近辺の雪程度であれば十分に対応できる性能を持っていることを確信した。タイヤのサイドには、冬用タイヤの証となる「SNOW」マークが刻まれているので、降雪時の規制にも問題なく対応してくれる。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」
  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」
  • 雪道における「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」の性能は検証済みだ

その一方で、夏タイヤとしての性能も十分でなければ、オールシーズンタイヤと名乗ることはできない。その性能を試すのに、今年のお盆は絶好の機会となった。現在の住まいである東京と故郷の岡山を往復し、高速道路、市街地、オフロードでの乗り心地と実際の燃費を確かめることができたのだ。

オールシーズンタイヤで日本の夏を走る

まずはルートを押さえておくと、往路は国立府中インターチェンジ(IC)から中央自動車道に乗り、八王子ジャンクション(JCT)から圏央道、海老名JCTから東名高速、御殿場JCTから新東名、豊田JCTから伊勢湾岸道、四日市JCTから新名神、神戸JCTから山陽道を経由して岡山に向かう約630キロの行程だった。

8月10日午後、都内を出発。御殿場や新清水(ともに静岡県)、信楽町(滋賀県)~京都間で渋滞が発生していたため、岡山まではトータルで11時間を費やすことになってしまった。従来は長い渋滞が発生していた亀山(三重県)や吹田(大阪府)付近では、新しい路線が完成したため、渋滞が発生していなかったのでありがたかった。ただ、これまでとは違った場所で渋滞が発生していていることも認識した次第だ。

こうした渋滞発生ポイントに差し掛かると、BMWや日産自動車が最新モデルに搭載している「ハンズオフ」(手放し)の自動追従システムについて考えずにはいられなかった。こういった場面では同機能が大いに能力を発揮するはずだ。ドライバーは疲れ知らずで渋滞を抜けることができるだろう。

  • 帰省中の高速道路

    渋滞時には最新のクルマが搭載する自動追従システムについ思いを馳せてしまった

オールシーズンタイヤについて報告すると、高速走行中のベクターについては、従来のサマータイヤと比べても、乗り心地や直進性については全く変わらないといっていい。S124の速度記号はH規格(210km/h)なので、追越し車線にも躊躇なく侵入していけた。

偶然だが、岡山の実家は全英女子オープンゴルフで優勝を果たした渋野日向子選手の出身地の隣町にある。到着すると、地元はにわかに盛り上がっている真っ只中だった。

彼女が通った小学校(岡山市東区)の前にある駄菓子屋「坪井商店」では、店主の坪井広美おばあちゃん(85)に当時の思い出話を聞くことができた。「あんたで22社目(のマスコミ)じゃ」とのことで、取材に慣れた様子の坪井さんは弁舌も滑らか。楽しい時間を過ごさせていただいた。お土産の駄菓子(「タラタラしてんじゃねーよ」は残念ながら売り切れ)をしこたま買い込み、さらには目についた懐かしいブリキのおもちゃ「ポンポン船」(水とローソクの熱で作動する)まで購入(1,400円也)すると、「大人買いじゃなぁ」と突っ込まれてしまった。

このあたりの道路は道幅が狭い上、両サイドはガードレールのない用水路になっていて、なかなか難易度が高い。ただ、そこは車幅が狭く、かつステアリングの切れる旧車の利点で、お店の前まで簡単に到達することができた。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」

    渋野選手も訪れた駄菓子屋「坪井商店」

渋野選手がプロ入り前の練習コースとしていた長船カントリークラブでは、クラブハウスに「渋野日向子プロ 全英女子オープン優勝おめでとうございます」の大きな横断幕が掲げられており、30℃を超える気温にも関わらず、早朝から多くのプレーヤーで賑わっていた。コースの全景とS124の写真を撮影するため、吉井川河川敷にあるコース脇の砂利道をあちこち走ってみたが、深いV字型ブロックパターンを持つベクターが路面をガッチリとつかんでくれるので、安心してベストポイントを見つけることができた。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」
  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」
  • 長船カントリークラブにて

その後は備前焼の産地である県東部備前市の伊部地区を訪れたり、「カキオコ」(牡蠣がたっぷりと入ったお好み焼き)を食べるために日生町へと向かったりしたが、こうした一般道でも、ベクターの乗り心地には全く問題がなかった。荒れた路面を通過すると「ザーッ」というパターンノイズが侵入してくるが、これも通常のサマータイヤ並みといっていいレベルだ。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」

    備前焼の産地を訪問

  • 岡山県のご当地グルメ「カキオコ」

    牡蠣がたっぷり入ったお好み焼き「カキオコ」

8月13日の復路は、往路と全く同じルートを使用した。途上では、深夜の御殿場付近で約30キロの断続渋滞があったものの大きなタイムロスはなく、9時間半で国立市内に到着した。3日間のトータル走行距離は1,494キロで、使用したハイオクガソリンは137.98L。燃費は単純計算で1Lあたり10.83キロという結果になった。

同じクルマで東京~岡山間を往復した過去のデータを見ると、ブリヂストンのプレミアムタイヤ「レグノ」を装着していた2016年夏は1Lあたり11.74キロ(ほぼ高速道路のみを走行)、ミシュランのエコタイヤ「エナジーセーバー」を履いた2017年春は同10.57キロ(今回と同じような動き)と記録してあった。これらの数値と比べても、オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」の燃費性能に遜色はない。

  • オールシーズンタイヤを履いたメルセデス・ベンツ「S124」

    オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」の燃費性能も夏タイヤに比べ遜色ないものだった

会社の同僚であるカナダからの帰国子女に今回の原稿の話をすると、「日本では夏と冬でタイヤを変えるんですか?」と聞き返されたほど、北米では一般的なオールシーズンタイヤ。日本でも、その認知度は年々アップしてきている。

季節ごとの履き替えや保管場所の心配がないことで、オールシーズンタイヤを選ぶユーザーも増えてきた。現在、国内では、グッドイヤーだけでなく、ミシュランやピレリなどからも同じような性能を持つと思われるオールシーズンタイヤが発売されているので、好きなブランドを選ぶこともできる。

価格は、今回のサイズに限ってみれば1本1万1,000円~1万4,000円前後で手に入れることができる。オールシーズンだからといって、取り立てて高価というわけではない。本格的な雪道やアイスバーンを走ることの少ない西日本のユーザーはもちろん、東日本の太平洋側に住む方であれば、オールシーズンタイヤを選ぶメリットは大きいのではないだろうか。

著者情報:原アキラ(ハラ・アキラ)

1983年、某通信社写真部に入社。カメラマン、デスクを経験後、デジタル部門で自動車を担当。週1本、年間50本の試乗記を約5年間執筆。現在フリーで各メディアに記事を発表中。試乗会、発表会に関わらず、自ら写真を撮影することを信条とする。