英語の略語はビジネスシーンにしばしば登場しますが、間違って覚えていたり、うろ覚えで使ったりしていませんか?

  • OEMとPBの違いが分かりますか?

今回は、「OEM」と「PB」について、その意味をおさらいしましょう。

OEMの正しい意味

OEMとは【Original Equipment Manufacturer】の略で、直訳すると「自社製品の製造」です。自分たちの開発した製品を他社に製造してもらうことや、製造工程の外注を指します。

あるいは、製造する側の視点に立って「他社ブランドの製品を製造すること」という意味でも使われます。

ふつう商品は、企画・設計・生産・流通・販売といった順番で、消費者の手に届きます。「考えて」「作って」「売る」わけです。このうちの「作る」工程を、他社に外注することがOEMです。

OEMの事例とメリット・デメリット

AppleのiPhoneや任天堂のNintendo Switchは、台湾の大手エレクトロニクスメーカーであるFoxconnで製造されていますし、マツダの軽自動車フレアは、スズキが製造しています。

この他、化粧品業界やアパレル業界などでも、OEMは盛んにおこなわれています。

OEMを採用することによって、ブランド側には設備投資にかけるコストを抑え、新製品開発に注力できるといったメリットがあり、製造側には、生産量を増やすことによる売上げアップというメリットがあります。

ただし、生産ノウハウや設計技術などを渡す場合には、将来的な競合先を生み出すかもしれない、というデメリットもあります。

PBとは何か

PBとは【Private Brand】の略で、スーパーやコンビニなどの流通・小売業が企画した商品のことです。

PBとしては、セブン&アイ・ホールディングスの「セブンプレミアム」や、イオングループの「TOPVALU」などが有名です。

ドラッグストアや家電量販店もPBを展開し、お総菜やお菓子などの食料品から衣料品、電化製品まで、幅広いPB商品が販売されています。

「製造業」が他社工場に対して生産を依頼することがOEMだったのに対して、PBでは「小売業」が製造を外注しているのです。

小売側にとっては、製造元から直接商品を仕入れたり、広告宣伝を自社で行ったりすることによって、コストをコントロールしやすいというメリットがあります。

商品価格も独自に決めることができますから、自社でマーケティングを展開することによって、商品がヒットした時の利益も増大します。

かつては「低価格・低品質」なイメージを持たれていたPB商品ですが、近年では、大手メーカーとの共同開発が進むようになり、高品質なものも増えてきました。

甘さを抑えた「カフェラテ」や、ヘルシーな「サラダチキン」などは、近年で大ヒットしたPB商品です。

ちなみに、営業収益が3,700億円を越える小売ブランド「無印良品」は、約40年前、西友が「ブランド名を与えずに価格を抑える」ことをコンセプトに立ち上げたプライベートブランドが出発点でした。

多くの小売業が力を注ぐPBですが、売れ残りが出てしまっても返品することはできないなどのリスクもあります。製品に関して、メーカーではなく、販売側が責任を持つ必要があるのです。


ビジネススピードが求められるようになった昨今は、自社内だけで完結させるより、複数企業が互いの強みを活かしながらコラボレートすることが増えてきました。

OEMやPBは、企業同士の協業が進む中で生まれたかたちなのです。