JALは4月20日、"オープンイノベーション"の活動拠点として、本社から徒歩5分の寺田倉庫内(東京都品川区)に「JAL Innovation Lab」を開設した。このラボがJALが「ローリングプラン2018」で掲げた"イノベーションを生み出す基盤"の現場となり、100社を超える外部パートナーとの協働、そして、JALスタッフ約3万3,000人一人ひとりの気付きや知恵を生かし、テクノロジーと融合させた新たなサービスの実現を目指す。

  • カスタマージャーニーも踏まえた新しいラボのカタチが「JAL Innovation Lab」

    カスタマージャーニーも踏まえた新しいラボのカタチが「JAL Innovation Lab」

自らの力で地に足の着いたイノベーションを

ラボは、2017年6月に立ち上がったデジタルイノベーション推進部がコアメンバーとなる。デジタルイノベーション推進部は斎藤勝部長ひとりから始まり、現在メンバーは13人に増え、今も月単位でメンバーを拡充している。このデジタルイノベーション推進部と各部門の兼務者を含め、年内の早い段階で50人規模を目指す。

  • デジタルイノベーション推進部のメンバー

    デジタルイノベーション推進部のメンバー

さらに、メンバーにはJAL全グループを対象としたラボ会員が加わり、ラボは3層構造で展開している。社内の人間をどれだけ巻き込んでいけるかが部の大きなミッションであり、一人ひとりが自らの力で地に足の着いたイノベーションを起こしていく。

  • ラボを通じて人材とテクノロジーが融合し、新しい付加価値やビジネスを生み出していく

    ラボを通じて人材とテクノロジーが融合し、新しい付加価値やビジネスを生み出していく

約500平米のラボ内には、アイデアを発想するエリアやプロトタイプの制作エリア、そして、プロトタイプを並べて検証する空港や機内を模したエリアがあり、それぞれのシーンや目的にあわせた8つのエリアが設けられている。この8つのエリアにおいて、出発前・予約購入・空港・機内・到着後までの一貫したサービスにおけるイノベーションのみならず、貨物・整備・間接部門(生産性の最大化や空間・時間の価値創造)というオペレーションプロセスも含めた、あらゆる領域でのイノベーションを視野に入れている。

  • 4月の開設以降、ラボを訪れた外部パートナーのスタッフ。ラボは外部パートナーとの協業の場にもなる。「100社を超える外部パートナー」の"100社"は、より多くのパートナーと一緒に取り組むという構想を表したもの

    4月の開設以降、ラボを訪れた外部パートナーのスタッフ。ラボは外部パートナーとの協業の場にもなる。「100社を超える外部パートナー」の"100社"は、より多くのパートナーと一緒に取り組むという構想を表したもの

実際、このラボ自体もスピード感をもって施工された。どのようなラボにするか様々なラボを参考にして構想したものの、国内事業会社のラボはコワーキングスペースが多く、カスタマージャーニーを模して作って試せる環境を併せ持ったラボは例がないことが判明した。そのため、どのような環境がいいのかゼロからラボの構成を考える必要があったという。

  • 最初はただの倉庫だったが、施工会社の協力の元、急ピッチで開設された

    最初はただの倉庫だったが、施工会社の協力の元、急ピッチで開設された

さらに、場所が定まったのが2017年12月であり、2018年1月に工事を開始し、4月20日に開設となった。「どうしてもゴールデンウィーク前に開設したいと施工会社に伝えた際、『うそでしょ』と思われていましたが、僕らが本気でやっていることが分かってもらえ、スピード感もって進めてもらいました」と斎藤部長は話す。ラボ自体はオープンイノベーションの活動拠点として展開していくが、取り組みの機運を高めるためにも、地域住人に紹介するような取り組みも今後はできればと構想している。

ラボ内の空港・機内で立案・制作・検証まで一気に

では、ラボの中はどうなっているのか。まず、ラボの出入り口の側には、空港のなじみの風景である「チェックインカウンター」が広がっている。新たなチェックイン体験を実現するための現場となり、例えば、自動チェックイン機のデザイン思考や、JALではまだ展開されていない自動手荷物預け機の構想なども、このイメージ空間の中で行う。

  • 「チェックインカウンター」の側にはクラフトもできるスペースも

    「チェックインカウンター」の側にはクラフトもできるスペースも

  • 自動チェックイン機の新しいデザインを構想。最適な高さ等も検証項目のひとつ

    自動チェックイン機の新しいデザインを構想。最適な高さ等も検証項目のひとつ

続く「フリースペース」では白い壁をスクリーンにすることもでき、プレゼンテーションやミーティング等と様々なシーンで活用できる。その横には防音対策もされた「ハドルルーム」が、ロールスクリーンのホワイトボードが設けられた「ステージ」が連なる。ステージの後ろには「ダイニング&キッチン」があり、機内食をリヒート(再加熱)するためのオーブンも備えられており、シェフをラボに呼んでの機内食やラウンジミールの開発も可能だ。

  • ただいま「フリースペース」にて、新型VRヘッドマウントディスプレイのプレゼンテーション中

    ただいま「フリースペース」にて、新型VRヘッドマウントディスプレイのプレゼンテーション中

  • 「ハドルルーム」にはカスタマージャーニーを視覚化したデザインも

    「ハドルルーム」にはカスタマージャーニーを視覚化したデザインも

  • 「ステージ」にはロールスクリーンのホワイトボードも設置

    「ステージ」にはロールスクリーンのホワイトボードも設置

  • 「ダイニング&キッチン」のダイニングではミーティングも可能

    「ダイニング&キッチン」のダイニングではミーティングも可能

  • キッチンにはギャレー内のオーブンも備えている

    キッチンにはギャレー内のオーブンも備えている

このラボで一番の肝とも言えるのが、3Dプリンターを備えた「クラフトルーム」だろう。従来であれば、外部企業にプロトタイプの発注を経てから構想を膨らませていたが、自社内で気軽にプロトタイプを作れるクラフトルームがあれば、ちょっとした気付きもすぐに実践できるようになる。

  • 「クラフトルーム」にてイメージしたものを形にする

    「クラフトルーム」にてイメージしたものを形にする

  • ちょっとした気付きという段階からでも、3Dプリンターを用いて自分の手でプロトタイプが作れる

    ちょっとした気付きという段階からでも、3Dプリンターを用いて自分の手でプロトタイプが作れる

ラボ内にはさらに、「搭乗ゲート&キャビンモックアップ」というイメージ空間もある。この搭乗ゲートでは、デザインや音も含めた搭乗ゲートそのものの機能性向上を目指したイノベーションのほか、どのような順番で機内に案内するのが一番スムーズなのかの検証も行う。続くキャビンモックアップは、国際線ファーストクラスのシートにも対応できる空間を確保しており、シートのデザインやサービス、客室乗務員の機内サービスの検証等が可能となっている。

  • 例えば、実際の飛行時間と同じ時間だけシートに座ったらどうなるか等の検証も、「搭乗ゲート&キャビンモックアップ」内で実現できる

    例えば、実際の飛行時間と同じ時間だけシートに座ったらどうなるか等の検証も、「搭乗ゲート&キャビンモックアップ」内で実現できる

こうした検証は従来、整備中の機材の一部スペースや空港格納庫内のキャビンモックアップを用いて行っていたが、時間や場所に制約があるため、気軽に検証ができるとは言えない状況だった。しかしこのラボを使えば、例えば、JALがソニーモバイルコミュニケーションズと協業で実証実験を行っているヘッドセット型スマートデバイスト「Xperia Ear Duo」に関しても、一般客での実証実験の前に、社員同士で気軽に検証ができるということになる。ラボ内にはその他、多目的に使える「ラウンジ」と「プロジェクトルーム」が設けられている。

  • 「ラウンジ」内にはデスクとイスのほか、大型ビジョンも備えている

    「ラウンジ」内にはデスクとイスのほか、大型ビジョンも備えている

  • 「プロジェクトルーム」はガラスで隔てられた空間になっている

    「プロジェクトルーム」はガラスで隔てられた空間になっている

1年分を3カ月のスピードで

具体的には今、JALではどのようなイノベーションが起きているのか。すでに発表されているものでは、ヘッドセット型スマートデバイスト「Xperia Ear Duo」のほか、「JALホノルルマラソン」のJAL便利用者先着プレゼントされたスマートフォン対応のオリジナルバンド「JALアロハバンド」もある。またAI関連では、「Amazon Alexa」のサービス「JAL Skill」にて、予約や空港サービスを展開している。

  • 「Xperia Ear Duo」は4月から実証実験中

    「Xperia Ear Duo」は4月から実証実験中

  • 「JALアロハバンド」等のIoTデバイス開発も、ラボという環境を設けることでよりスピード感のある開発に

    「JALアロハバンド」等のIoTデバイス開発も、ラボという環境を設けることでよりスピード感のある開発に

VR技術に関しては、機内サービスの紹介やプロモーション等でBtoC向けに展開していたVRヘッドマウントディスプレイをよりコンパクトにし、海外でも気軽に使えるBtoB向けのディスプレイにするという開発も行っている。現在も開発中であり、7月から海外支店での営業ツールとして、20台程度の運用開始を予定している。

ラボ内ではさらに、手荷物の運搬や空港内の案内での活用を目指したロボットが搬入されている。インスピレーションをかきたてる空間で実機に触れ、時には思いついたアイデアをクラフトルームで作ったプロトタイプで検証する。今までは外部企業を挟まないと進まなかった開発も、社員自らが気軽に実践できることで、よりスピード感を伴ったイノベーションが生まれる。

  • 手荷物の運搬や空港内の案内でのロボット活用も、クラフトルームを備えた空間で開発を進めることで、様々な検証が可能となる

    手荷物の運搬や空港内の案内でのロボット活用も、クラフトルームを備えた空間で開発を進めることで、様々な検証が可能となる

このラボでの期待に関してJAL執行役員の西畑智博氏は、「JALグループの中でイノベーションを起こしていこうと思っているメンバーはたくさんいると思いますので、『それでいいんだ』『それでやっていこう』ということを全社でやっていきたい。このリアルの場があることで、文化が目覚めてくると思います。

もちろん、スピードということもあります。アジャイルと呼ばれるプロトタイプを作りながら素早くやっていくという流れがありますが、部の中では今まで1年かけてやってきたことを3カ月でやってみようというスピード感で、社内のやる気がある人を巻き込みながら、さらには社外から知見をもらいながらやっていきたい」とコメントしている。

  • ラボは「もっと手前の段階で、自分たちの手で生まれる現場」(JAL執行役員の西畑智博氏)

    ラボは「もっと手前の段階で、自分たちの手で生まれる現場」(JAL執行役員の西畑智博氏)

JALでは、「People(お客さま・社員の気付き)」「Place(JAL Innovation Lab)」「Process(デザイン・シンキング)」「Partnership(オープン・イノベーション)」という4つのPを、イノベーションを起こす要素としている。いろいろな可能性にワクワクさせられるようなラボから今後、どのようなイノベーションが生まれていくのかに注目したい。