「今度、うちの部署に新人が2人アサインされるから、いろいろと教えてやって」と課長に言われた。アサインされるって、どういうこと?

  • アサインの意味は?

    アサイン、アサインメントの意味を正しく理解していますか?

そこで本稿では、カタカナビジネス用語「アサイン」の意味や使い方についてお話しします。

アサインの意味とは

アサインとは、「あてがう」「割り当てる」といった意味の英語【assign】からきたカタカナ用語です。日本語では、人を仕事や役割にあてるということから、主にビジネスシーンで「任命する」「配属する」といった意味で用いられています。

アサインは動詞ですが、日本語で使用する場合には「~する」という動詞をさらに加えて、「アサインする」「アサインした」などと表現するのが一般的です。しかし、それでは文法的に不適切であるため、「アサインする」のアサインは動詞ではなく名詞だと言われています。

アサインの名詞形は、「割り当て」「任命」などの意味を持つアサインメント【assignment】です。文法的にいえば、本来「アサインメントする」が正しい表現といえるでしょう。

しかしながら、少々長く、言いづらくもあることから、スマートなやり取りを基本とするビジネス用語に相応しくないため、「アサインメントする」を略して、「アサインする」という使い方に至ったと考えてよいでしょう。

一般的なビジネスシーンにおける使い方と例文

「アサインする」「アサインした」

最も一般的な使い方が、動詞としての「アサインする」「アサインした」という表現です。主にビジネスシーンで「任命する」「配属する」という意味で用いられます。

  • 彼を新しいリーダーにアサインします。
  • 新規プロジェクトに開発室から3名アサインしましょう。
  • 私の後任には、きみをアサインするよう部長に打診しておいたから。
  • このたび、営業部にアサインされた○○です。

「割り当て」「任命」

一般的に動詞として用いられるアサインですが、そのまま、「割り当て」や「任命」といった名詞としての使い方もあります。また、名詞として使用する場合には、略さず「アサインメント」と表現することもありますので、覚えておきましょう。

  • アサインを見直した方が良いのでは?
  • このアサインメントは適切ですか?

「承諾」「了承」

アサインは、「承諾」「了承」といった意味で用いられるケースもあります。特に業務委託の場面で使用されます。

  • A:弊社の取り引き条件はこちらです。いかがでしょうか。
  • B:アサインします。よろしくお願い致します。

業界別アサインの使い方と例文

一般的なビジネスシーンでは、主に「割り当てる」「任命する」という意味でしたが、業界によっては、特定の意味で使われているケースがあります。

IT業界

IT業界では、コンピューターのキーの組み合わせに、ある特定の機能を持たせることを指してアサインといいます。「キーアサイン」と表現される場合もありますので、覚えておきましょう。

代表的な例を挙げると、「Ctrl キー」+「C」にはコピー機能が、「Ctrl キー」+「X」には切り取り機能が、「Ctrl キー」+「V」には貼り付け機能がそれぞれ配置されています。

いちいちマウスに持ちかえる手間が省けるキーアサインは、デスクワークに従事する人にとって大変便利な機能と言えます。自分好みにカスタマイズして、効率アップに役立ててみてはいかがでしょうか。

  • キーボードに好みの機能をアサインすれば、効率が上がりますよ。
  • F3に印刷機能をアサインしておきました。

観光業界

観光業界では、お客様に部屋や座席(シート)を割り当てることをアサインといいます。

  • 赤ちゃん連れのお客様を、一番前のシートにアサインしましょう。
  • 海側の部屋をアサインしてほしいとのことです。
  • あちらのお客様に、最上階の部屋をアサインしてください。

このほか、教育関連では「課題」のことを意味し、特に、アメリカの大学でアサインメントと言えば「宿題」のことを指すそうです。また、法律関連では「譲渡」という意味で用いられます。

アサインの対義語や類語

アサインの意味は「割り当てる」「任命する」などです。ほかに日本語で言い換えるとすれば、「あてがう」「配属する」などがあげられます。

一方、対義語については、「解雇」や「異動」、任命・配属の「取り下げ」といった日本語に置き換えることができるほか、カタカナビジネス用語の「リリース【release】」もアサインの対義語にあたります。

リリースには、「離す」「解放する」という意味があり、プロジェクトやチームを抜けて離れる場合や、クビになったと言いづらい場合に、ぼかして「リリースされてしまった」などと表現します。

アサインを用いた英語表現

英語では、【assign + 人+ 仕事】あるいは【assign + 仕事 + to + 人】という文法で、「仕事を人に割り当てる」という表現が可能です。

I assign him to a new leader.
彼を新しいリーダーに任命します。

I assign the reception work to you.
受付業務をあなたに割り当てます。

I was assigned to the sales division.
私は営業部に配属された。

He was assigned to the New York branch.
彼はニューヨーク支店へ配属されました。

Please assign a room on the top floor to those customers.
あちらのお客様に、最上階の部屋を割り当ててください。

I want to assign a room on the sea side.
海側の部屋にしてほしいです。


カタカナビジネス用語は、使いすぎると意識高い系に思われてしまって、正しい意味で伝わらずに混乱を与えてしまうことも。カタカナビジネス用語を使う場合には、適度に・正しく・スマートな使用を心がけましょう。