過労自殺しかけた経験を描いた書籍「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」の著者である汐街コナさんが、会社から身を守るための処世術などを紹介する漫画連載「会社につぶされないために」。今回のテーマは「柔軟な働き方」です。

これまでのお話はこちら

在宅勤務をしたかったのですが……

私が退社したとき、すでに一部の業務はリモートで在宅業務が可能でしたが、かなり限られた業種だけでした。そこから数年経ち、リモート対応できる業務範囲がずいぶん広がったようでした。

私の業務内容は簡単に言えば書類作成なのですが、具体的にどういった形でリモートで進めるのか、勤怠管理はどうなるのかなど、(この連載のネタにするためにも)ぜひ体験してみたかったのですが、いろいろ考えた結果受けるのが難しく、残念ながら辞退させていただくことになりました。

しかし、確実に働き方は変わっていっているのだなあと実感する出来事でした。次に機会があれば、在宅勤務やってみたいものです。

筆者プロフィール: 汐街コナ

イラストエッセイを手掛けるイラストレーター。ゆるいオタク。 エッセイ「『死ぬくらいなら会社辞めれば』ができない理由」を2017年4月に上梓。ツイッターは@sodium。