とある会社の総務部(通称:窓ぎわ部)を舞台に繰り広げられる"ちょいゆる"系オフィスストーリー。(毎週月曜更新予定)

【今週のひとこと】

またしても悲しい別れがやってきました。

以前このコーナーにて、ボクが愛してやまないオーザックが周りの店に売っていないということを書きました。そんな中でも、ボクは次の心の支えを見つけていました。その名もアイスボックス。

そう、あの絶妙なグレープフルーツ味のする氷菓子です。夏場は暑いし、カロリーも低いので今年はほぼ毎日のように食しておりました。ときには1日に2回も買いにいってしまうほど溺愛しておりました。近くにあるコンビニのアイスケースの下段、右から2列目。格納場所もはっきりと記憶しておりました。

そんなある日、その指定席に何とストロベリーをまとったソフトクリームが入っていたのです。一瞬目を疑いましたが、その日は品薄のための応急処置だろうときびすを返しました。しかし明くる日も指定席にはソフトクリーム。その次の日も……。前日まではこの関係がこのままずっと続くものだと思っていたのに、頭の中ではDEENの「このまま君だけを奪い去りたい」が流れていたのに、置き手紙すら残さず彼女は去ってしまったのです(勝手に女性にしている)。

調べてみるとどうやら夏場限定販売の模様。それならばネットはどうだと見てみたところ、楽天では売っていました。しかし20個のセット販売!そんな容量入る冷凍庫なんてウチにはないわ! と軽くツッコミを入れたのち、ボクの片思いは幕を閉じました。

そんなボクの今の心の支えは、ガリガリ君 大人のグレープフルーツ味。氷菓子、グレープフルーツ味という2点からお分かりの通り、完全に元カノに未練タラタラなのです。

今週はこのへんで、また来週の月曜日にお会いしましょう~ヾ(´▽`)ノ

<著者プロフィール>
オオノマサフミ
1981年7月30日生まれ。東京都豊島区出身、板橋区在住のイラストレーター。2児の父。「コミカル」で「ほどよくゆるい」イラストを武器に雑誌・書籍・WEB・広告などで活動中。Twitter、WEB「Good Mornin' Studio」、ブログ「じゃぽん。