ICCパートナーズが開催した「ICCサミット KYOTO 2018」より、フィンテック業界のフロントランナー4社が議論するセッションを紹介する。

前回は「AI」、「サンドボックス」、「銀行業」をテーマに議論が展開した。今回はそこから発展した別テーマの議論となる。

メンバーはFOLIO 代表取締役CEO 甲斐氏、クラウドリアルティ 代表取締役 鬼頭氏、ウェルスナビ 代表取締役CEO 柴山氏、マネーフォワード 代表取締役社長CEO 辻氏で、進行をUBS証券 武田氏が務めた。

  • 左から甲斐氏、鬼頭氏、辻氏、柴山氏、武田氏

仮想通貨・トークン

武田氏:今日は議論したいことがたくさんあるので、次のテーマに移りたいと思います。辻さんが挙げてくださった「仮想通貨・トークン」が個人的に非常に気になります。オーディエンスの方々もきっとこれからどうなるの? と関心が高いのではないかと思います。ということで、まずはじめに辻さんがなぜ、このトピックを選んだのか? ということについてお聞かせください。

辻氏:様々なものがデジタル化・分散化していくと仮定すると、ユーザーに直接届けることが担保できれば、トークンが普通に発行できる世界になるかなと考えています。日本は仮想通貨が流行しましたが、顧客保護やマネーロンダリングなどの問題が残っています。そのため、規制を強化せざるを得ないし、それは正しい方向性だと思います。ただ仮想通貨の取引所を作るハードルは非常に高くなりましたが、取引所がなくても、たとえば現金とトークンを交換できる仕組みを作れば、世界の経済圏にくい込んでいけるかなと考えています。

また辻氏がもう一つ挙げたのが、仮想通貨がETFに選ばれるか否かだ。これは重要なポイントで、ETFとして認められると機関投資家の資金が流れることになり、規模が大きく変わるそうだ。

辻氏:いまの仮想通貨のプライシングは底値かもしれません。今後どうなるかわかりませんが、面白いことになるのでは? と個人的に思っています。

ここで、柴山氏より議論を深める意見が出された。

柴山氏:先ほどレギュラトリーサンドボックスの話がありましたが、日本の仮想通貨は、本来であればまさにサンドボックスで起こるべき出来事でした。仮想通貨が自由に発展し、その結果、当初予測してなかった事件が起きました。そしてファーストペンギンが数多く行政処分されています。今回の仮想通貨をめぐる一連の動きは、規制が発達していない領域で新しいビジネスを始めようとする人にはネガティブに受け止められると思います。皆さんはどう考えますか?

鬼頭氏:日本で起きたことがネガティブな結果になった一因として、適合性の問題もあると思っています。サンドボックスのようなインフォームド・コンセントを前提としたマーケティングが行われなかったので、保有者が適合していない人も含めて広範囲に広がってしまったのではないでしょうか。

鬼頭氏:仮想通貨をめぐる騒動があっても、それを社会実装の過程として支持するのはマウントゴックス時代からの知見を持っている方や、プロダクトの理解度が高い方に多い印象です。まずはブロックチェーン・テクノロジーの可能性やクリプトに興味がある人などのイノベーションに対する理解者に参加してもらい、閉じたなかで行えば、もっと違った形になっていたと思います。

辻氏:金融のプロである鬼頭さんからみて、クリプトはアセットクラスになると思いますか?

鬼頭氏:金や株のような機能やネットワークそれ自体に価値があるものになるでしょう。

仮想通貨の可能性や経済圏に及ぼす影響を肯定的にとらえる議論のなか、甲斐氏は「スタンダードになるために何が必要か?」という視点の不足を指摘した。

甲斐氏:ICOはプライマリーマーケットです。コインの発行はできても、セカンダリーマーケットがないと資産になりません。この二つのマーケットがうまく成立・機能しないと、資産と捉えられないし、マーケットメイクは流動性がないと難しい。ここをきちんと考えておかないといけないと思います。

ここで甲斐氏は、メタップスの「タイムバンク」をたとえに説明した。同サービスは様々な時間を売買できるマーケットプレイス。ユーザーは、専門家が販売する時間を購入、使用、売却、保有することができ、専門家は隙間時間を収益に変えることができるとしている。

甲斐氏:すごくおもしろいアイデアですよね。今後伸びていくサービスだと思っていますし、その前提でお話しますと、まだまだ需要側が供給側と比較して少ないのでマーケット機能を持つのがまだ難しいフェーズかなと思っています。

ICO以降に資産価値を持たせるには、流動性とボラティリティをいかに作るかが課題だと甲斐氏は指摘し、同氏はそれをFOLIO上で実現したいと語る。

武田氏:その通りですね、マーケットメイクできるパワーがあるかどうかは大事な部分ですね。

鬼頭氏:流動性の部分はテクノロジーで解決できないでしょうか?

甲斐さん:難しいと僕は思います。マーケットメイクって、まずは自社でマーケットリスクをとって在庫を抱えながらやって行くんですが、流動性がない状態でボラティリティだけが高いものをマーケットメイクして行くのは非常にチャレンジングだと思うのです。例えば「さるぼぼコイン(飛騨信用組合が発行する地域限定の電子通貨)」ってありますよね? あれだけの流動性があれば、マーケットメイクできると思います。でも必ずしも全てのICOトークンがそうではないかなと感じます。

辻氏:上場時の審査を受ける際、管理体制を強化や労務や就業規則などの見直しなどを行いました。売買による流動性を高めるためには、こうした仕組みが必要なのだと思います。その意味では、仮想通貨も仕組みがしっかりした取引所が複数できれば変わってくる気がします。

  • 終盤になっても議論は白熱した

そしてセッションも終盤となり、会場の参加者からの質問に登壇者が答える方式となった。

会場参加者:フィンテックでは各社とも大規模な資金調達額を行っていますが、ダイリューション(株式持分の希薄化)をどこまで許すのでしょうか?

柴山氏:フィンテックではバリュエーション(時価総額)が高いので、あまりダイリューションしていない印象です。問題はそのバリュエーションは本当に正しいのか? だと思います。

PL脳は影響するか

ここで甲斐氏は、『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』(ダイヤモンド社)という書籍で紹介されている「PL脳」の影響は(上場すると)あるのかと質問し、辻氏が回答した。

辻氏:そうした議論はありますが、最初から中・長期の成長だと伝えています。四半期決算の良い面は、細かいサイクルで投資家に報告できる点です。

武田氏:実際、マーケット関係者からも、四半期ではなく半期での決算発表でよいのでは? という声が聞こえてきたりします。しかし、コミュニケーションのサイクルをどうするかよりも、コミュニケーションの中身の方がより大事なのではないかと自分は考えます。その企業とマーケットがなにでエンゲージするのかという努力が大事なのだと考えます。もちろん、利益でエンゲージする関係があってもよいとも思います。バリュエーションはアートだと言われるのは、PERがあればPSRもあるし、DCFもPBRもあるからです。産業や企業が置かれているステージによって、市場環境の変化によって、どの手法をマーケットが好むのかは常に移ろい続けます。また、同じタイミングであっても全てのマーケット関係者が同じ手法を用いる訳でもありません。なので、利益を元にしたバリュエーションが固定観念化しているという固定観念をこそ打破したいですね。

ここで辻氏より、GMOペイメントの例が紹介された。同社の株価は安定して上昇しているが、上場より一貫して売り上げ以外の指標を発表し、投資家とコミュニケーションを取れているという。

これに対して武田氏は、マーケットと企業が時間軸をしっかりと共有できているかどうか、その一方で決算発表においてお互いにチェックすべき指標が何なのかについても認識を揃えることができている、そういう好事例であるだろうと話した。

この意見に対して、辻氏は時間軸の捉え方は経営者として非常に難解だが、アマゾンのジェフ・ベゾス氏はどんなに株価が下落しても、経営方針が変わらないので凄いと感想を述べた。

ここで、投資における長期視点の大切さを伝える柴山氏は、ロボアドバイザーやAIと比較した時、人間の重要さを痛感する場面が多いと発言した。

投資における長期視点

柴山氏:例えば「フィンテックの会社で、ロボアドバイザーの事業です」と話して、銀行から融資を受ける時、もしもAI融資なら信用スコアが低くて断られます(笑)。そもそもビジネスモデルの前例もないので、判断すら出来ないかもしれません。

しかし現実では、人間のバンカーが事業計画を理解し、彼らとコミュニケーションを深め、一定のリスクを踏まえて融資を受けることが出来るそうだ。そして、本セッションで何度も登場したセカンダリーは、「機関投資家の判断や信頼関係など、人間臭いところが重要になり、そこがビジネスとしての面白みにつながる」と柴山氏は言う。

武田氏:セッション時間も終わりとなりますので、最後に一言ずつお願いします。

柴山氏:資産運用は「長期・積立・分散」が王道。あと、自己判断でお願いします。

辻氏:フィンテックは今からだと思っていて、実業とフィンテックがさらに絡みだすと思うので、これからも期待していただけるとうれしいです。

鬼頭氏:私もフィンテックはこれからだと思います。日本だけでなくグローバルでもまだまだ解決すべき課題は山積みですので、今後も是非注目して下さい。

甲斐氏:これからLINEとのサービスが登場しますが、大きな社会実験だと考えています。今後の1年は、実験を成功させるために注力したいです。


こうしてフィンテックを様々な切り口で話すセッションは終了。終了後も、登壇者の前には個別の質問をする参加者が列をなしていた。