フラリーマンの聖地・新宿。会社帰りのみならず、仕事中にも時間があれば新宿駅周辺でちょっと寄り道、なんていう人におすすめの新スポット「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」がオープンしたので行ってみた。

  • カラフルな見た目も楽しい「グミッツェル」。その意外な食感に驚くはず!

プレゼントにもぴったりな「ヒトツブカンロ」とは?

「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」は、カンロ飴やピュレグミなどでおなじみのカンロ(以下・カンロ)が、新宿ミロードのモザイク通りに2020年2月20日~2020年5月31日の期間限定でオープンしている直営店。「ヒトツブカンロ」は、2012年にカンロが創業100周年を迎えた際にオープンした「東京GRANSTA店」と、「大阪LUCUA1100店」の2店舗が常設店として営業中。「「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」は3店舗目として、3カ月限定で営業する初の路面店となる。

  • 常に多くの人が行き交う新宿ミロードのモザイク通りにある

スーパーなどで販売しているカンロの飴やグミは、日常的に食べたり人にもらったりすることは多いが、そのままではプレゼント、ギフトにはなりにくい。そこで、包装やカタチをよりかわいらしくするなどの工夫で、飴やグミの用途・価値を広げるべく生まれたのが「ヒトツブカンロ」。今回の店舗は、"美味しいときめき"をコンセプトに、飴やグミならではのキラキラ感、ワクワク感を呼び起こすようなデザイン、商品展開のショップになっているという。

  • 味はグレープ味、アップル味、ラフランス味、ソーダ味、グレープフルーツ味、オレンジ味の6種類。一番人気はソーダ味

販売されている商品でイチオシなのが、「グミッツェル」。見た目とネーミングの通り、焼き菓子のプレッツェルをイメージしたものだ。実際に食べてみたら、「パリッパリッ」と音がするぐらいの歯応えがあり、中はしっとりした柔らかいグミの食感。これはいったいなんだ?なんだか不思議、でも美味しい。一度食べたらまたその食感と味を求めて口に入れたくなる、なんともクセになるグミだ。

  • 『グミッツェル』30個入り等、用途に応じたBOXはホワイトデーの贈り物にも最適

  • 新宿ミロード店のみ、1個税込140円でグミッツェルのばら売りもあり

そんな「グミッツェル」のクセになる食感が、昨年以来、咀嚼音ASMR動画の投稿でも注目を集めており、アップされている「グミッツェル」咀嚼音動画を見て店舗に買いに来る人が増えているのだとか。そこで、「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」では、「グミッツェル」の咀嚼音ASMRを体験できるブースを設置。ヘッドフォンを付けて「グミッツェル」を試食することでヘッドフォンから自分の咀嚼音を聞きつつ、スマホを接続して録音することも可能となっている。

  • ブースでは咀嚼音を録音することも可能。後日YouTubeに笑いながら咀嚼しているおじさんのASMR動画がアップされていたらそれは私かもしれません

ということで、早速体験してみた。ヘッドフォンをして、見た目も可愛らしいグレープ味の「グミッツェル」を食べつっつ、ブースの耳の部分に口を近づけ、自分の咀嚼音を聴く。「パリッパリッ」と、本来グミを食べるときには出るはずのない咀嚼音に、なんだかウケる。

というか普段はほとんどグミを食べない自分。食べてみたらグレープ味の「グミッツェル」はパリパリな食感とジューシーなフルーツ感が口の中に溢れてたまらなく美味い。グミってこんなに美味いのか。思わずうっとり。窓の向こう、モザイク通りを上ってくる若いサラリーマンと目が合った。「グミッツェル」、美味いっすよお兄さん。ヘッドフォンからは己の咀嚼音。「グミッツェル」美味い。新宿のど真ん中、自分はいったい何をしているのだろうか。

  • ASMR体験ブースで自分の咀嚼音を聴いているときの感情はズバリ「無」

しかし、なんとなくストレス解消になった気もする。そんな美味しくてシュールな体験ができるのは、「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」だけ。フラリーマン諸君には是非体験していただきたい。

尚、「グミッツェル」は既存店で販売中のボックス6個セット、12個セット、30個セット、グミッツェルプチの他、新宿ミロード店では1個ずつのばら売り(1個税込140円)もおこなっている。「グミッツェル」以外にも、ホワイトデーの贈り物に最適な商品が揃っているので、是非足を運んでみてほしい。

●information
「ヒトツブカンロ ポップアップストア 新宿ミロード店」
期間:2020年2月20日~2020年5月31日
東京都新宿区西新宿1-1-3 新宿ミロード モザイク通り
営業時間:10~21時
休:無

著者:岡本貴之

1971年新潟県生まれのフリーライター。音楽取材の他、グルメ 取材、様々なカルチャーの体験レポート等、多岐にわたり取材・ 執筆している。好きなRCサクセションのアルバムは『BLUE』。趣味はプロレス・格闘技観戦。著書は『I LIKE YOU 忌野清志郎』(岡本貴之編・河出書房新社)」