フジテレビのドキュメンタリー番組『ザ・ノンフィクション』(毎週日曜14:00~ ※関東ローカル)では、貧困から抜け出そうともがくフードデリバリーの配達員たちを追った『東京デリバリー物語 ~スマホと自転車とホームレス~』を9日に放送する。

  • 高山さん(仮名)=フジテレビ提供

大きなバッグを背負い、自転車やバイクで街中を駆けるフードデリバリーの配達員たち。会の新たな風景として定着したこの仕事は、コロナ禍で需要が一気に拡大。スマホと自転車があれば、すぐに収入が得られる仕事は、失業者やコロナ禍で収入が減った人を支える“雇用の受け皿”にもなっている。

「僕にできる仕事はフードデリバリーしかない」…そう話すのは、元銀行員の高山さん(仮名・30)。1日1万円を目標に、月に30万円ほどを稼ぐ高山さんは、社会人5年目の時に仕事のプレッシャーからメンタルに不調をきたし退職。その後、家に引きこもるようになった。家賃と生活費を稼ぐため始めた個人投資もうまく行かず借金を抱え、ホームレスになった。今はカプセルホテルを拠点に借金返済のため、毎日、自転車をこぎ続ける。

「友達が1日に3万円稼いでいて、うらやましくて始めた」と語るのは、コロナの影響で、イベント設営の派遣先を解雇された和田さん(42)。2021年1月、貯金が底をつき、ネットカフェで暮らすホームレスとなった。自転車でフードデリバリーを始めると、週4日で9万円以上を稼ぎ、月収は40万円を超えた。しかし、「地に足がついてない状態。いつまで需要があるか分からない」と、将来の不安を口にする。

コロナ禍で加速したフードデリバリーという仕事、貧困から抜け出そうともがく配達員たちの日々を、女優・芳根京子のナレーションで追っていく。

  • 和田さん(仮名)=同

(C)フジテレビ