ビジネス文書やビジネスメールの中に登場することが多い一文に「ご容赦ください」ですが、正しい意味をわかっていますか?

実は、意味をあいまいにしたまま使ってしまい恥をかきやすい言葉でもあるのです。

ここでは「ご容赦ください」の意味を例文を交えながら解説していきます。

  • 「ご容赦ください」の意味

「ご容赦ください」の意味

「ご容赦ください」(読み: ごようしゃください)には、過失に対して「大目に見てほしい」という意味が込められています。

自分のミスに対して相手に「どうか許しくてください」と、願いを込めて用いられることが多い言葉です。

日常でも「容赦しない」や「容赦のない」と、いう表現で使用されます。

容赦(ようしゃ)はそもそも「許してほしい」の意味

「容赦」と、いう言葉を分解してみると、受け入れるという意味のある「容」という意味の漢字と、相手を許したり大目に見るという意味のある「赦」という言葉が合体していることがわかります。

「ご容赦」は、より丁寧な印象を与えるためや、自分の過失を悔やんでいる態度を認めてもらうために丁寧語である「ご」を頭につけているのです。

「ご容赦ください」は「私の失敗をどうか許してほしいのです」という意味がある言葉なのです。

ビジネス文脈では「ご理解ください」の意味が大きい

ただし、ビジネスシーンで利用する場合は「私のことを許してください」という意味よりは、「こちらの都合であなたにご迷惑をおかけすることになるのですが、こちらもどうしようもないことですので、ご理解・ご協力ください」という意味で用いられることが多いです。

例えば、お客様のおっしゃることはもっともなことではあるのだけど、会社の規則でいかんともしがたいときなどに使います。

「ご容赦ください」の言い換え表現

  • 「ご容赦ください」の言い換え表現

許してほしい気持ちよりは「諸事情で仕方がないのでわかってください・理解してください」という意味で使われることが多いため、言い換え表現もそのような意味合いの言葉になります。

代表的な言い換え表現を許してほしいというニュアンスが強い順に並べると

  • お許しください
  • ご了承ください
  • ご理解ください(謝罪の意味は含まれないので注意)

になります。

「ご了承ください」は非礼や過失を詫びるような意味合いはあまりないため、使用シーンを間違えて使用してしまうと配慮が足りないと感じられてしまうため、注意しましょう。

自分の過失を謝りたいときには「申し訳ございません」と、いう言葉が相応しいです。

シーンによって使い分けましょう。

「ご容赦ください」の正しい使い方と例文

  • 「ご容赦ください」の正しい使い方と例文

「ご容赦ください」の正しい使い方を例文で見ていきましょう。

メールの返信が遅れる場合など、口頭だけでなく文章でも利用できます。

「ご容赦ください」の例文

「当日は混雑が予想されますので、お車でのご来場は何卒ご容赦ください」

イベント会場への案内メールを想定した例文です。来場者数に対し駐車場の数に限りがある場合などに使用され、公共の交通機関を使用してほしいという願いが込められた例文となっています。

文末に「ご容赦ください」を配置することで、「十分な数の駐車場が確保できなかったことをお許しください」という丁寧な意味に受け取ることができます。

「何卒ご容赦くださいませ」の例文

「無料配布は終了いたしました。何卒ご容赦くださいませ」

無料カタログやノベルティグッズなどの配布が終了してしまった際に、お詫びとして述べる言葉を想定した例文です。

文末が「ご了承ください」だと、少し不躾な感じがするところへやわらかい雰囲気を与えることができます。

「ご容赦いただけますと幸いです」の例文

年末年始は休業をいただきます。何卒ご容赦いただけますと幸いです。

年末年始などに長期休業する場合のお知らせです。年末年始も変わらず営業する取引先が多い場合に「皆様はお仕事でしょうに、私共はお休みをいただいてしまい申し訳ございません」のような意味で使用します。

「ご容赦ください」は「申し訳ない+理解してください」のときに使う

  • 「ご容赦ください」は「申し訳ない+理解してください」のときに使う

「ご容赦ください」の意味や使い方は理解できたでしょうか?

「ご容赦ください」は、相手に謝罪の気持ちと理解をお願いするときに使う言葉です。

「ご了承ください」と、上手に使い分けることができれば完璧です。文書作成の際などにぜひ参考にしてくださいね。