「祈念する」という言葉を見聞きしたことがあるものの、実際にどう使ったらいいかわからない新社会人の方もいるのではないでしょうか。

「祈念する」は相手のことを思いやり、願う意味のあるすてきな言葉ですが、利用シーンは限られており、いざ使おうとすると正しい使い方がわからないという方も一定数、いるでしょう。

そこで記事では、新社会人のあなたに向けて「祈念する」の意味や使い方について例文付きでご紹介します。

「祈念する」の意味や使い方を把握して、上司宛ての年賀状や挨拶(あいさつ)などでぜひ応用してみましょう!

  • 「祈念する」の意味や使い方を解説します

    「祈念する」の意味や使い方を解説します

「祈念する」とは?

「祈念(きねん)する」とは主にビジネスシーンで相手の健康や繁栄を願う際に使う言葉を表します。

『広辞苑 第六版』によると以下の通りです。

「祈り念ずること。いのり。祈願。」
(『広辞苑 第六版』P.695より引用)

英語で言うところの「pray」に近いことがわかるのではないでしょうか。

「祈念する」のほうが「ご健勝」よりも堅め

手紙の結びの文言として「みなさまのご健勝(けんしょう)をお祈りします」といった表現を用いることがありますよね。

「祈念」は「ご健勝」のより堅い言い回しだと言えるため、覚えておくと便利です。

ビジネスシーンにおける「祈念する」とは?

ビジネスシーンにおける「祈念する」は、主に2つの用途が考えられます。

挨拶状で使われる

主に挨拶状で使われることが多い表現です。

身近なところで言うと、就職希望者への断りの文言のひとつとして使われていることがわかります。

しかし、普段からやりとりのある担当者同士のメールでは簡潔に用件を伝える方がスマートとされていることから、「祈念いたします」などの堅い挨拶表現は省略される傾向にあります。

締めの挨拶

挨拶状以外では、部署全体の新年会・忘年会、仕事上の大きい成功の後の祝勝会など、よりフォーマルな締めの挨拶として使われます。

ただし、表現としては堅い部類になりますので、仲よしグループの普段の飲み会などで使われることは少ないでしょう。

ビジネスシーンにおける「祈念」と「祈願」の細かな違い

ここで、前述の『広辞苑 第六版』をもう一度見てみましょう。

「祈り念ずること。いのり。祈願。」
(『広辞苑 第六版』P.695より引用)

上記の通り、似たような言葉に「祈願(きがん)」があることがわかります。違いが分かりにくいですよね。

「祈念」も「祈願」も、本来は神様や仏様に対して願って念ずることを意味する言葉ですので、基本的な意味は同じだと言えます。

現在ではビジネス上において「祈念」を使うと、「相手の成功や活躍・健康など」を祈って念じるという意味に捉えられます。

ビジネスシーンにおける「祈願」については、現在でも寺社仏閣にいる神様や仏様に対して祈って願うことを意味するため、本来の意味と大きく変わらないと言えます。

  • 「祈念する」はビジネスシーンでもよく使われる表現です

    「祈念する」はビジネスシーンでもよく使われる表現です

「祈念する」の使い方と例文

「祈念する」という言葉は日常会話ではあまり使われることはありませんが、ビジネスシーンでは定型のフレーズとして書面での挨拶フレーズを中心によく使われます。

「祈念する」はかしこまった表現ですが、使い方は簡単です。

文面において「〇〇をお祈りして」と言うところを「〇〇を祈念して」と言い換えるだけなんです!

以上を踏まえ、ここからは、私たちにとって身近な年賀状と締めの挨拶を例文としてご紹介します。

年賀状を用いた例文

謹んで新春のご祝詞を申し上げます。
昨年中は格別のご厚情にあずかり、誠にありがとうございました。

貴社のますますのご発展を祈念しますとともに、本年もなおいっそうのお引き立てを賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

年始のご挨拶状である年賀状では、「祈念する」という定形フレーズが使われる傾向にあります。

締めの挨拶例文

宴もたけなわではございますが、そろそろ終了のお時間となりました。
ご指名にあずかりました○○と申します。
僭越ながら締めのご挨拶をさせていただきます。

本日はお忙しい中、祝勝会にご参加いただき、誠にありがとうございました。

それでは、お集まりいただきました皆さまのご健康と今後ますますのご活躍を祈念して、一本締めで締めさせていただきます。

(一本締め)

ありがとうございました!

会社で行われるような祝賀会の締めの挨拶などでも「祈念する」という言葉が使われる場合があります。

しかし、口頭で「祈念する」と述べる際は、後述するようにアクセントについて細心の注意が必要です。

口頭で「祈念する」を使う際の注意

「祈念する」という言葉を口頭で述べるうえで気を付けたいのが発音の位置です。

「祈念」は、「きねん」の「き」にアクセントを置くのが正しい読み方です。

「きねん」の「ね」にアクセントを置くと、思い出に残すという意味の「記念」と受け取り間違いしてしまします。

「記念」と「祈念」では意味も違うだけでなく、場合によっては相手にあらぬ誤解を与えてしまいかねません。

挨拶の言葉を述べる際は、正しいアクセントの位置に注意しましょう。

  • 例文を参考に、「祈念する」を正しく使いこなしましょう

    例文を参考に、「祈念する」を正しく使いこなしましょう

まとめ

「祈念する」という言葉の意味について解説しました。

ビジネスメールや挨拶文、フォーマルな書状の作成は社会人の最低限の常識・マナーです。

今回ご紹介した「祈念」は覚えておいて損のない言葉です。

日常生活で使用する機会がほぼないことから、慣れるためにも、まずは上司や取引先に送る年賀状や挨拶状の文面に「祈念する」という言葉を取り入れてみると良いかもしれません。

かしこまった表現になり、文章が今よりグッと締まる効果がありますよ!

特に取引先で書面や挨拶文・年賀状の作成を頼まれた場合は、覚えておくことで表現のバリエーションも増えることから、大変役立つ表現です。

ぜひこの記事を参考に、「祈念する」という言葉もスマートに使えるようになりましょう!