病気やけがをした人への声掛けとして使用する「お大事に」という言葉。日常会話のみならず、ビジネスシーンでも見聞きする機会が多いフレーズですが、実は使い方には注意が必要です。意味や言い換え表現など、しっかりと把握しておきましょう。

  • 「お大事に」の意味について解説します

    「お大事に」の意味について解説します

「お大事に」の意味

「お大事に」は「おだいじに」と読み、「相手の体をいたわる、気遣う気持ち」を表すあいさつの言葉です。「体を大事にする」ことや、「病気やけがが大事に至らないように」という思いが込められた表現となります。

相手の体調をいたわったり、お見舞いをしたりする際に「お大事に」や「どうぞお大事にね」などの言葉を掛ける機会は多いことでしょう。ですが、家族や親しい友人など、身近な人に対して使う際は問題ありませんが、目上の人に対して「お大事に」は適切ではありません。

「お大事になさってください」の略が「お大事に」

「お大事に」は、「お大事になさってください」を略した表現といわれています。「お大事に」は尊敬の接頭語「お」がついていて敬語表現ではあるものの、あくまでも略語ですので、目上の人や年長者、上司に対して使用するにはふさわしくありません。病気やけがなどをした目上の人の体調を気遣う際には、省略前の表現である「お大事になさってください」が、より適切です。

「お大事になさってください」は、「する」の尊敬語である「なさる」に、さらに丁寧語の「ください」を加えた、とても丁寧な表現です。

「お大事にしてください」はビジネスでの使用は避ける

類似した表現として「お大事にしてください」があります。尊敬語「お」と丁寧語「ください」が使われてはいるものの、ビジネスで目上の人に使うならば、より尊敬の意味が深い「お大事になさってください」が無難でしょう。

ここまで見てきたように、特にビジネスシーンで商談相手や上司など、目上の人の体調などを気遣うときの表現としては「お大事になさってください」がより適切です。間違った使い方をしないよう、注意しましょう。

「お大事に」の使い方と例文

「お大事に」は、「相手の体をいたわる、気遣う気持ち」を表すあいさつの言葉です。ただし、ややカジュアルな印象のため、目上の人には「お大事になさってください」を使用するのがいいでしょう。下記で「お大事に」「お大事になさってください」の例文をご紹介します。

・ぎっくり腰になったんだって? 無理せず、お大事にね
・こちらが2週間分のお薬になります。どうぞ、お大事に
・今日は早退するんだってね。ゆっくり休んで、お大事にね
・体調が優れないと伺いました。くれぐれもお大事になさってください
・お風邪の具合はいかがですか? 後のことは私に任せて、お大事になさってください
・お母さまが体調を崩されたと聞きました。どうぞ、お大事になさるようにお伝えください

「お大事に」の言い換え表現

言葉の意味をより深く理解するためには、類語や言い換えを確認することも大切です。「お大事に」にも似た意味を持つ言葉がありますので、いくつかご紹介しましょう。

お気を付けて

「注意を払う」という意味の「気を付ける」を、相手に呼び掛ける形にしたものが「気を付けて」。これに敬意を表す接頭語「お」をつけたものが「お気を付けて」となります。

「お大事に」同様、「お気を付けて」もカジュアルな印象となるため、目上の人に対して使用するのは避けるといいでしょう。

お体を大切になさってください

自分の体の健康に気を使い、大事にするよう、相手に丁寧に呼び掛ける表現です。

また、やや古風な表現で、「御身(おんみ)お大切になさってください」という言い方もあります。口語よりも、主に文章語として使われます。

ご自愛ください

「自分自身を大切にして体に気を付ける」という意味の「自愛(じあい)」を、呼び掛ける形にして、尊敬語にしたのが「ご自愛ください」。

なお「ご自愛ください」には相手の体を指す意味が含まれているため、「お体」を組み合わせて「お体をご自愛ください」とするのは間違いです。誤用に気を付けましょう。

また、「体に気を付けて健康でいてください」という意味のため、既に病気やけがをしている人に使うのはふさわしくありません。

養生なさってください

「養生」は「ようじょう」と読み、「生活に気を配って健康の増進を図ること」、また「病気の回復に努めること」という意味です。「養生なさってください」は、病気やけがをした相手に対して心配する気持ちを伝えたり、相手の回復を願ったりするときに使う表現となります。

お体をおいといください

「体をいたわってください、大事にしてください」という意味です。特に手紙やメールなどで、相手の健康を祈る結びのあいさつとして用います。

「おいといください」は、漢字では「お厭いください」と書きます。ただし「厭う」は、大事にするという意味と、嫌って避けるという2つの意味を持つ言葉です。そのため、使用するときはひらがな表記すると柔らかなイメージを与えられるでしょう。

「お大事に」の英語表現と例文

「お大事に」の英語表現は、シンプルに「take care」となります。これはカジュアルなシーンで使われる表現ですが、より丁寧に伝えたい場合には、「take (good) care of yourself」などの表現もあります。

また、「get well soon」は「早く元気になりますように」という意味です。

・Please take good care of yourself.
(どうぞ、お大事になさってください)
・I hope you will get well soon.
(早く元気になりますように)

なお「take care」は、「お元気で」や「(気を付けて)いってらっしゃい」という意味で、別れ際に使うことも多い表現です。

  • 「お大事に」の英語表現は「take care」などがあります

    「お大事に」の英語表現は「take care」などがあります

「お大事に」は上司など目上の人に使う敬語としては不十分

「お大事に」は、「相手の体をいたわる、気遣う気持ち」を表すあいさつの言葉です。病気やけがをした相手の体調などを気遣う時に、日常的によく使用する表現です。

ただし、「お大事に」は「お大事になさってください」を略した言葉であり、カジュアルな表現となります。目上の人に対してはきちんと、本来の「お大事になさってください」を使うように心掛けましょう。特にビジネスシーンでは、上司や取引先の人にうっかり使ってしまうことのないよう、気を付けたいものです。

なお、「お大事に」や「お大事になさってください」は、お見舞いの際などの別れ際の言葉として使用することが多い表現です。手紙やメールでも、締めくくりの言葉として使われます。面会の際の早いタイミングでの使用は、違和感があるので注意しましょう。

皆さんもこの記事を参考に、「お大事に」という表現を正しく使いこなしてみてください。