高校生や中学生の頃の純粋な気持ちを思い出したい時に観たいのが、青春映画。スポーツものや友情もの、恋愛ものなど、さまざまな青春映画が存在します。

今回、マイナビニュース会員におすすめの青春映画について聞いてみました。洋画、邦画、アニメなど、さまざまな青春映画がありますが、どの作品が人気なのでしょうか?

Q.あなたが人におすすめしたいと思った青春映画はありますか?

『はい』(52.0%)
『いいえ』(48.0%)

マイナビニュース会員の男女512名にアンケートを実施した結果、おすすめの青春映画がある人は52.0%と、半数以上の人におすすめ作品があることがわかりました。他の人におすすめしたい青春映画のランキングは以下のとおり。

【あわせて読みたい】
思わず涙がこぼれ落ちた、泣ける映画ランキング20! 邦画の1位は?

おすすめの青春映画ランキング

1位『スタンド・バイ・ミー』(1986年公開/15.0%)
2位『君の膵臓をたべたい』(2017年公開/10.5%)
3位『時をかける少女(アニメ版)』(2006年公開/8.9%)
4位『耳をすませば』(1995年公開/8.1%)
4位『ウォーターボーイズ』(2001年公開/8.1%)
6位『ごくせん THE MOVIE』(2009年公開/6.9%)
7位『パッチギ!』(2004年公開/5.3%)
8位『ビリギャル』(2015年公開/4.5%)
9位『ピンポン』(2002年公開/4.0%)
10位『ちはやふる -結び-』(2018年公開/3.6%)
11位『ROOKIES-卒業-』(2009年公開/3.2%)
11位『下妻物語』(2004年公開/3.2%)
13位『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』(2008年公開/2.4%)
13位『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』(1997年公開/2.4%)
15位『映画 けいおん!』(2011年公開/2.0%)
16位『トレインスポッティング』(1996年公開/1.6%)
17位『青空エール』(2016年公開/1.2%)
17位『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』(2017年公開/1.2%)
19位『リンダ リンダ リンダ』(2005年公開/0.8%)
19位『ヒミズ』(2011年 公開/0.8%)

1位『スタンド・バイ・ミー』【洋画】【冒険】【少年】

スティーブン・キングの短編を映画化したノスタルジック青春な映画の金字塔。小さな街に住む4人の少年たちが死体探しの旅に出る冒険が描かれている。幼い頃の記憶がよみがえる、見る人の心に残る不朽の名作。

出演/ウィル・ウィートン、リバー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル
監督/ロブ・ライナー
公開年/1986年

・「少年時代のことを思い出した」(48歳男性/専門商社/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他)
・「名作で、何度でも観たくなる」(45歳男性/紙・パルプ/技能工・運輸・設備関連(生産・製造・運輸・警備・農林他))
・「アメリカならではのストーリー設定」(52歳男性/銀行/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他))
・「記憶に残っているから」(55歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「BGMも含め、少年時代を思い出す名作」(58歳男性/その他電気・電子関連/メカトロ関連技術職(電気・電子・半導体・機械他))
・「友情を通じて成長していく少年たちに感動」(68歳男性/その他/その他・専業主婦等)

2位『君の膵臓をたべたい』【邦画】【難病】【恋愛】

住野よるのベストセラー小説を映画化。膵臓の病気で余命わずかな少女と、そのことを唯一知っている“僕”の物語。過去と現在、2つの時間軸が交錯しながら物語が展開していく。予想外の結末に涙する人続出の感動作。

出演/浜辺美波、北村匠海、大友花恋、矢本悠馬
監督/月川翔
公開年/2017年

・「ネタばれせずに見たら泣ける日本映画だと思う」(48歳男性/精密機器/メカトロ関連技術職(電気・電子・半導体・機械他)
・「純愛に感動しました」(45歳男性/通信関連/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他))
・「斬新さ、おもしろさ、作品の美しさ等のできがいいから」(27歳男性/その他/IT関連技術職(ソフトウェア・ネットワーク他)
・「とにかく感動できる作品、ぜひ見てもらいたい」(54歳男性/ビル管理・メンテナンス/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他)
・「出演者がよかったのでとても楽しめた」(56歳男性/その他/その他・専業主婦等)

3位『時をかける少女』【邦画】【アニメ】【友情】

映画やテレビドラマで映像化されてきた名作小説を細田守監督がアニメ化。ひょんなことから過去へ飛べる“タイムリープ”という不思議な力を手に入れた女子高生の真琴が何度も過去をやり直しながら、人生の大切な時間に気づいていく。爽やかでキュンと切ない恋と友情の物語。

出演/仲里依紗、石田卓也、板倉光隆、垣内彩未
監督/細田守
公開年/2006年

・「夢があって、ロマンチック」(73歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「甘酸っぱい青春ムービーだと思うから」(31歳女性/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他)
・「まさにこれが青春! 感動巨編!」(59歳男性/設計/建築・土木関連技術職(設計・施工・設備・研究開発他))
・「昔見たテレビドラマ版とはまた違った楽しみ方ができた」(61歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「ノスタルジックな気分」(50歳男性/その他/その他・専業主婦等)

4位『耳をすませば』【邦画】【アニメ】【ジブリ】

宮崎駿が脚本とプロデュースを担当した青春アニメ。読書好きな受験生の女の子・雫が、図書館で自分が借りたほとんど本の読書カードにある男子生徒の名前が書かれていることに気づき、その名前に恋をする……。思春期の少年少女の淡い恋愛が、瑞々しく描かれたスタジオジブリならではの心温まる一作。

出演/本名陽子、高橋一生、立花隆、室井滋
監督/近藤喜文
公開年/1995年

・「ジブリが作った青春映画ですから最強です」(52歳男性/ビル管理・メンテナンス/技能工・運輸・設備関連(生産・製造・運輸・警備・農林他))
・「夢を追う大切さを教えてくれる」(40歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「安心感があった。家族みんなで楽しめる」(34歳女性/リース・レンタル/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他)
・「ホッコリする温かい話」(29歳女性/その他/その他・専業主婦等)

4位『ウォーターボーイズ』【邦画】【スポーツ】【高校生】

「シンクロは女性のもの」という常識を覆し、田舎に住む男子高校生が挑んだのは、なんと「男のシンクロ」。廃部寸前の水泳部で、顧問の美人教師につられ入部した5人の男子高校生が、文化祭でシンクロナイズド・スイミングを披露することになる。クライマックスのシンクロシーンが感動を呼ぶ日本映画。

出演/妻夫木聡、玉木宏、三浦哲郁、近藤公園
監督/矢口史靖
公開年/2001年

・「主題歌もいいし、だんだんと団結してきて最後に見事な演技に結実するのが好感が持てる」(48歳男性/サービス(その他)/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他))
・「学生の頃で思春期真っ只中の少年たちが自分と向き合いながら、仲間たちを思いやり、一つのことを成し遂げてゆく様は観るもの惹きつけるから」(38歳男性/フードビジネス(洋食)/その他・専業主婦等)
・「プールを舞台にした若い男の努力と成長した姿が感動的でした」(66歳男性/銀行/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他)
・「シナリオが素晴らしい」(61歳男性/システムインテグレータ/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他)

6位『ごくせん THE MOVIE』【邦画】【ヤンキー】【高校生】

極道の跡取り娘に生まれた型破りな熱血教師「ヤンクミ」が、生徒たちのために体を張って奔走する大ヒットドラマの劇場版で完結編。ヤンクミ役の仲間由紀恵のほか、亀梨和也、小栗旬、速水もこみちなど歴代の教え子たちが大集結してファンを歓喜させた。

出演/仲間由紀恵、亀梨和也、三浦春馬、生瀬勝久
監督/佐藤東弥
公開年/2009年

・「女性版GTO的な要素がかなりおもしろくてよい」(50歳男性/その他/技能工・運輸・設備関連(生産・製造・運輸・警備・農林他))
・「やくざの孫が教師でめっちゃ強くてかっこいい。悪党が素直になっていく過程もおもしろかった」(71歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「シリーズ物でおもしろかった」(59歳男性/広告・出版・印刷/クリエイティブ関連(デザイン・編集・WEB・ファッション他)
・「生徒のために命懸けで奮闘してくれる先生が1人でもいてくれたら、子どものその後の人生に大きくプラスになると思います」(44歳女性/その他/その他・専業主婦等)

7位『パッチギ!』【邦画】【高校生】【感動】

60年代の京都を舞台に、在日朝鮮人と日本人の高校生たちの恋と熱い友情を描いた青春映画。タイトルの「パッチギ」とは、ハングル語で「突き破る」「乗り越える」という意味。朝鮮分断を歌う「イムジン河」のメロディーが心に残る一作。

出演/塩谷瞬、沢尻エリカ、高岡蒼佑、小出恵介
監督/井筒和幸
公開年/2004年

・「いろんなことをおもいだした」(56歳男性/化粧品・医薬品/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他)
・「京都に住んでいたことがあるので、映画のイメージがわきやすい」(73歳男性/その他/その他・専業主婦等)

8位『ビリギャル』【邦画】【受験】【高校生】

成績学年ビリの金髪ギャルが、ひとりの教師との出会いにより、1年で偏差値を40も上げ、慶應大学に現役合格を果たした実話を映画化。ベストセラーを映画化した実話なのでリアリティがあり、見る人に希望を感じさせてくれる一作。

出演/有村架純、伊藤淳史、大内田悠平、野村周平
監督/土井裕泰
公開年/2015年

・「不良だった少女が一流の大学に入学するまでの実話がもとになった話なので、リアリティがあり、ビリギャルなふりをしていて、誰しもが可能性を秘めた能力があるのだという自信になり元気になる映画である」(33歳男性/教育/専門職関連(コンサル・金融・不動産・税理士他)
・「まさか大学に合格できるとは、大変驚きました」(44歳男性/食品/その他・専業主婦等)

9位『ピンポン』【邦画】【スポーツ】【高校生】

松本大洋の同名人気コミックを実写映画化した人気作品。卓球に熱中する2人の高校生の青春を描く。卓球シーンにはCGが使用され、そのエキサイティングな演出と個性的なキャラクターたちの活躍が話題を呼んだ。

出演/窪塚洋介、大倉孝二、ARATA、中村獅童
監督/曽利文彦
公開年/2002年

・「白熱した試合で、手に汗握りました」(41歳男性/精密機器/営業業関連(営業・MR・人材・コールセンター他)
・「感動できる内容だと思います」(40歳男性/総合商社/営業関連(営業・MR・人材・コールセンター他)

10位『ちはやふる -結び-』【邦画】【百人一首】【高校生】

競技かるたに青春をかける高校生たちを描き、大ヒットしたコミックを映画化した「ちはやふる -上の句-」「ちはやふる -下の句-」の続編。高校3年生となった千早は、幼なじみの新と全国大会で再会するが……。

出演/広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音
監督/小泉徳宏
公開年/2018年

・「百人一首を題材にしているところが新しくておもしろかった」(50歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「多少の映画的改変はありつつも、原作漫画を非常に丁寧に脚本に落とし込んでいる。キャラクターの努力と成長がしっかり描かれているので熱くなれるし、視聴後はすがすがしい気分すら残る」(36歳女性/その他/その他・専業主婦等)

11位『ROOKIES-卒業-』【邦画】【ヤンキー】【スポーツ】

森田まさのりのコミックを原作とした人気ドラマの日常版。熱血教師と問題児たちが高校野球を通して絆を深め成長する姿を描く。個性豊かな野球部の面々が、熱血教師とともに憧れの地・甲子園に臨む熱い青春映画。

出演/佐藤隆太、市原隼人、小出恵介、城田優
監督/平川雄一朗
公開年/2009年

・「学園もので気軽に見られる」(48歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「よくわからないけれど、よいとおもう」(61歳男性/サービス(その他)/専門サービス関連(医療・福祉・教師・インストラクター他)

11位『下妻物語』【邦画】【コメディ】【友情】

のどかな田園風景の広がる茨城県下妻市を舞台に、ロリータファッションに身を包む桃子と、特攻服で原チャリを爆走させるヤンキーのイチゴ、正反対の個性を持つ2人の少女の友情を描く。中島哲也監督によるテンポのよい演出が光る一作。

出演/深田恭子、土屋アンナ、宮迫博之、篠原涼子
監督/中島哲也
公開年/2004年

・「田舎に住んでいた私でも、やる気になればやれる!と気持ちを起こしてくれた」(41歳女性/その他/その他・専業主婦等)
・「期待せずに見たからか、コメディとしてもおもしろいし、アーティスティックでもある」(64歳女性/生命保険・損害保険/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他))

13位『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』【邦画】【コメディ】【高校生】

とある平和な田舎町を舞台に、そこに住む7人の高校生と駐在さんが繰り広げるイタズラ合戦を描いたちょっぴり甘酸っぱい青春コメディ。悪ガキたちと駐在さんによる創意工夫たっぷりのイタズラが笑いを誘う。

出演/市原隼人、佐々木蔵之介、麻生久美子、石田卓也
監督/塚本連平
公開年/2008年

・「ノスタルジックな気分」(50歳男性/その他/その他・専業主婦等)

13位『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』【洋画】【感動】

天才的な頭脳に恵まれながらもトラウマを抱える若者と、愛妻と死別した精神分析医。深い孤独を抱える2人の心の交流を描いたハートウォーミングストーリー。マット・デイモンとベン・アフレックが脚本を書いた感動作。

出演/ベン・アフレック、ミニー・ドライバー、コール・ハウザー、マット・デイモン
監督/ガス・バン・サント
公開年/1997年

・「先生と生徒の交流がよい」(56歳女性/その他/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他)
・「淡々とした映画だけど、静かな感動が得られるから」(73歳男性/その他/その他・専業主婦等)

15位『映画 けいおん!』【邦画】【アニメ】【音楽】

4コマ漫画が原作の人気アニメ「けいおん!」の劇場版。ガールズバンド「放課後ティータイム」を組んだ女子高生たちが、高校卒業を前にロンドンに卒業旅行に行くことに。3年生のメンバーたちは唯一の2年生・梓に何を残せるか考えていた……。

出演/豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子
監督/山田尚子
公開年/2011年

・「アニメや音楽がよい点ですね」(49歳男性/鉱業・金属製品・鉄鋼/技能工・運輸・設備関連(生産・製造・運輸・警備・農林他)
・「とにかくおもしろかった」(52歳男性/輸送用機器(自動車含む)/その他技術職(医薬・食品・化学・素材他)

16位『トレインスポッティング』【洋画】【イギリス】【友情】

ドラッグにおぼれるスコットランドの若者たちの青春を疾走感あふれる映像で描いたダニー・ボイル監督作。ユアン・マクレガーはこの作品をきっかけに世界的にブレイク。アンダーワールドやイギー・ポップが参加したサントラも大ヒットした。

出演/ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ケビン・マクキッド
監督/ダニー・ボイル
公開年/1996年

・「ハードだが知らない世界」(56歳女性/その他/その他・専業主婦等)

17位『青空エール』【邦画】【音楽】【甲子園】

初心者でありながら吹奏楽の名門校に入学した高校生と、野球部に所属する同級生が、励まし合いながら共に甲子園を目指すひと夏の姿を描く。青春映画の名匠・三木孝浩監督が、土屋太鳳と竹内涼真を主演に迎えて描く青春ラブストーリー。

出演/土屋太鳳、竹内涼真、葉山奨之、堀井新太
監督/三木孝浩
公開年/2016年

・「なんとなく全体的にまあまあいい感じだった」(42歳男性/建設・土木/建築・土木関連技術職(設計・施工・設備・研究開発他)

17位『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』【邦画】【アニメ】【中学生】

1993年に岩井俊二監督が手がけた同名ドラマをアニメ映画化。とある浜辺の町の中学生たちは、「打ち上げ花火は横から見たら丸いのか? 平たいのか?」という話題で盛り上がっていた……。何度も繰り返す夏のある一日を描いた作品。

出演/広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子
監督/新房昭之
公開年/2017年

・「映像の綺麗さ、思春期の心情描写がよい」(30歳男性/その他/その他・専業主婦等)
・「実写版とアニメ版の違いが楽しめる映画だと思います」(51歳男性/専門店(電気機器関連)/販売・サービス関連(小売・フード・旅行・ホテル・エステ他)

19位『リンダ リンダ リンダ』【邦画】【音楽】【高校生】

とある地方都市の高校を舞台にした、文化祭のステージで演奏するためにガールズバンドを組んだ女子高生たちの青春ドラマ。山下敦弘監督が韓国の人気女優ペ・ドゥナを主演に迎え、ブルーハーツの曲を演奏する女子高生たちの心模様を繊細に描いている。

出演/ぺ・ドゥナ、前田亜季、香椎由宇、関根史織
監督/山下敦弘
公開年/2005年

・「ともかくペ・ドゥナちゃん(今は「さん」ですけど)がかわいい」(40歳女性/コンピューター機器/事務・企画・経営関連(マーケティング・経理・企画・経営他)

19位『ヒミズ』【邦画】【中学生】

両親に見捨てられ絶望のなかを生きる少年と、彼を一途に想い続ける少女。ごく普通に生きることを切望する2人の苦悩と葛藤がリアルに描かれた衝撃的な青春映画。染谷将太、二階堂ふみはこの作品でヴェネチア国際映画祭の新人俳優賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した。

出演/染谷将太、二階堂ふみ、渡辺哲、吹越満
監督/園子温
公開年/2011年

・「人の生の心理描写がすごく衝撃的だった」(47歳男性/医療・福祉・介護サービス/専門サービス関連(医療・福祉・教師・インストラクター他)

おすすめの青春映画ランキングのまとめ

マイナビニュース会員におすすめの青春映画を聞いたところ、1位に輝いたのは、『スタンド・バイ・ミー』(15.0%)でした。2位は『君の膵臓をたべたい』(10.5%)、3位に入ったのが『時をかける少女』(8.9%)、同率で4位に入ったのは『耳をすませば』(8.1%)と『ウォーターボーイズ』(8.1%)と、5作品のうち4作品を邦画が占めるランキングとなりました。

1位の『スタンド・バイ・ミー』は、小さな街に住む4人の少年たちによるひと夏の冒険が描かれたノスタルジックな青春映画。ホラーの帝王と呼ばれるスティーブン・キングの短編小説を映画化した作品です。1986年に公開された映画ですが、今もなお根強い人気を誇る、何度も見返したくなる人々の心に残り続ける不朽の名作です。

2位となった『君の膵臓をたべたい』は、人気小説を実写化した青春ラブストーリー。重い膵臓病を患う高校生のヒロインと、彼女の病気のことを唯一知るクラスメイトの「僕」の交流が、過去と現在の時間軸を交差させて描かれています。衝撃的なタイトルに隠された本当の意味を知るラストには、涙する人も多数。

3位の『時をかける少女』は、これまで何度もドラマ化や映画化されてきた名作SF小説を細田守監督がアニメ化。時間を飛び越え過去に戻るタイムリープを題材にしており、「これぞ青春」という声が多く集まりました。

4位である『耳をすませば』は、宮崎駿が脚本とプロデュースを担当。読書好きで図書館通いをする受験生の女の子の淡い恋愛模様を通して、青春時代の甘酸っぱい恋心を思い出すスタジオジブリの名作です。同じく4位となった『ウォーターボーイズ』は、埼玉県に実在する水泳部が文化祭限定で披露する「男のシンクロ」を題材にした青春映画。妻夫木聡や玉木宏といった人気俳優による、ラストのシンクロシーンは圧巻です。

6位以下にも、多くの人の心をつかんだ人気作品が名を連ねています。キュンとするあの頃を思い出したいと思ったとき、ぜひ参考にしてみてください。

調査時期: 2021年9月4日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男女合計512人(男性: 379人、女性: 133人)
調査方法: インターネットログイン式アンケート