スターバックス(以下スタバ)のラテは、トール(Tall)サイズが一番損だといわれているのは知っていましたか? スタバにはさまざまなサイズがあり、それぞれに特徴があるので、自分に合ったサイズを注文することが大切です。

今回は、スタバのドリンクのサイズや、トールサイズのおすすめのカスタマイズについて紹介します。

  • スタバのサイズの読み方と量

    スタバのトールサイズについて深堀します

スタバのサイズの読み方と量

日本のスタバで販売されている4サイズとアメリカ限定のサイズの容量と読み方を紹介します。

Short (ショート) 240ml

ショートは、英語で「低い」という意味を表します。その名の通り、スタバでは一番小さなサイズで、容量は240mlです。これは、自動販売機の缶コーヒー170mlと比較すると70mlほど多くなっています。ショートサイズのドリンクは、短い時間で飲み切りたいときや少しだけ飲みたいときにおすすめです。

Tall (トール) 350ml

トールは英語で「高い」という意味を表します。容量は350mlで、コンビニやスーパーで売られている一般的な缶ジュースやお酒と同じサイズです。期間限定のフラペチーノはトールサイズから注文できることがほとんどなので「新作が出たらスタバに行く! 」という人は想像しやすいかもしれません。

トールは、フラペチーノだとちょうどよく満足できるサイズで、その他のラテやドリップコーヒーなどでも余すことなく飲み切れるサイズです。

Grande (グランデ) 470ml

グランデはイタリア語で「大きい」という意味です。容量は470mlで、一般的な500mlのペットボトルよりほんの少しだけ小さいサイズです。グランデはトールよりエスプレッソが1ショット多いので、ラテなどのミルクを使うドリンクの場合は、トールよりグランデの方がコーヒー風味をはっきりと味わうことができます。

Venti (ベンティ) 590ml

ベンティはイタリア語で「20」という意味で、20オンスという量を示しています。容量は590mlで、日本のスタバではベンティサイズが最大です。500mlのペットボトルよりも100ml近く多いので、重量感がしっかりあります。ベンティならドリンクだけでもお腹を満たすことができるでしょう。

海外にはTrenta (トレンタ) 916mlもある!

アメリカやカナダには、トレンタというサイズがあります。トレンタはイタリア語で「30」という意味で、ベンティ同様30オンスという量を示しており、容量はなんと約916ml。片手で持つとずっしりとした重さを感じるほどたっぷり入っていて、グランデのほぼ2倍のサイズです。アメリカやカナダでスタバに行く機会があれば、記念に注文してみるのもいいかもしれませんね。

  • スタバのサイズの読み方と量

    日本のスタバにはサイズが4種類あります

トールサイズドリンクのカロリー

スタバでトールは、ショートに続き2番目に小さいサイズです。ここでは、代表的なドリンクのトールサイズのカロリーを紹介します。

抹茶クリームフラペチーノのカロリーは?

抹茶クリームフラペチーノは通年で楽しめるフラペチーノです。トールでカスタマイズなし、通常のミルクの抹茶クリームフラペチーノのカロリーは、322kcalとなっています。カロリーを低くしたければ、無脂肪乳に変更すると288kcalになるので試してみてはいかがでしょうか。

キャラメルマキアート

キャラメルマキアートはスタバの定番メニューのひとつです。トールでカスタマイズなし、通常のミルクを使ったホットで209kcal、アイスで202kcalとなっています。こちらも無脂肪乳に変更すると、ホットが147kcal、アイスが141kcalとなり、カロリーを抑えることができます。

アメリカーノ

アメリカーノはエスプレッソを水で割ったコーヒーです。それぞれ冷たい水で割ったものがアイス、お湯で割ったものがホットとなります。トールでカスタマイズなしのアメリカーノのカロリーは、アイス・ホットともに11kcalです。

ちなみに、アメリカーノのトールサイズのエスプレッソはショートサイズと同じ1ショットです。エスプレッソの風味をはっきりと感じたいのであれば、1サイズ下げたショートか、エスプレッソが2ショットになるグランデを選んでみてはいかがでしょうか。

スターバックスラテ

スターバックスラテは、香り高いエスプレッソにほんのり甘いミルクを注いだ、飲みやすいコーヒーです。トールでカスタマイズなし、通常のミルクを使ったスターバックスラテのカロリーは、ホットが220kcal、アイスが123kcalとなります。無脂肪乳に変更するとホットが126kcal、アイスが60kcalと、半分近くカロリーを抑えることが可能です。

  • トールサイズドリンクのカロリー

    トールサイズのドリンクのカロリーは?

トールサイズのおすすめカスタマイズ

スタバといえばカスタマイズも楽しみのひとつですよね。ここでは、カスタマイズの幅が広くスタバで人気の商品「スターバックスラテ」のトールサイズのおすすめカスタマイズについて紹介します。

エスプレッソをダブルショットに

スターバックスラテのトールサイズはアメリカ―ノと同様、エスプレッソが1ワンショットです。ショートも1ショットなので、トールのスターバックスラテは他のサイズに比べてエスプレッソの味がぼんやりしてしまいます。そのため、エスプレッソの風味をより楽しみたいという人には、持ち帰りが54円で、店内飲食は55円でできるショット追加のカスタマイズがおすすめです。

ミルクを豆乳に変更

健康に気を遣いたいという人におすすめなのがミルクを豆乳に変更したスターバックスラテ。豆乳には、痩せやすい体作りに欠かせないたんぱく質や、血液中に含まれる余分な脂質を流し、肥満防止効果が期待できるサポニンなど体にいい成分が豊富に含まれているといるそうです。

また、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしてしまいやすい「乳糖不耐」の人にも、豆乳へ変更するカスタマイズはおすすめ。追加料金は持ち帰りが54円で、店内飲食が55円となっています。

  • トールサイズのおすすめカスタマイズ

    トールサイズのおすすめカスタマイズを紹介します

ラテはトールサイズだと損?

上述した通り、スターバックスラテのトールはショートと同じエスプレッソが1ショットです。エスプレッソの風味をより楽しみたい人は損だと感じるかもしれません。ここでは、その対処法をいくつか紹介します。

エスプレッソショットを追加する

トールのスターバックスラテを注文するときに、「ダブルショットで」または「ショット追加で」と伝えましょう。サイズはトールのままでエスプレッソの風味をはっきり楽しみたい人におすすめです。追加の価格は持ち帰り54円、店内飲食55円です。

サイズを変更する

スターバックスラテは、サイズによってショット数が変わります。具体的にはショートとトールが1ショット、グランデが2ショット、ベンティは3ショットです。

特に、トールとグランデは42円しか変わらないので、トールサイズを55円ほど(持ち帰りの場合54円/店内の場合55円) でダブルショットにするなら、サイズごと大きくした方がお得だと感じる人もいるでしょう。

  • ラテはトールサイズだと損?

    サイズが変わると値段だけでなくショット数も変わります

量が多いことのデメリット3つ

スタバのドリンクは、大きいサイズの方が原価的にはお得ですが、量が多いことがマイナスに働くこともあります。最後に、量が多いことのデメリットを3つ紹介します。

1. 飲み切る前に氷が溶ける、冷める

量が多いと飲み切るのに時間がかかり、氷が溶けて味が薄れてしまったり、温かかったドリンクが冷めてしまったりと、最後まで美味しく飲めない可能性があります。大きいサイズのドリンクを頼むときは、夏にごくごく勢いよく飲める冷たいドリンクなどがおすすめです。

2. カロリーが高くなる

量が多いと、それに伴ってカロリーも高くなります。特にフラペチーノなどの甘いドリンクは、砂糖や生クリームなどが多く使われているので注意が必要です。頻繁に飲むと体に負担がかかってしまうので、たまに飲むご褒美として大きいサイズのフラペチーノなどを頼むのがおすすめです。

3. カフェインを摂りすぎてしまう

カナダ保健省(HC)は、健康な成人の1日のカフェイン摂取量の限度は400mgとしています。スタバのドリップコーヒーのカフェイン含有量はトールだと約260mg、グランデだと約330mg、ベンティだと約415mgです。

特にベンティのドリップコーヒーだとそれを飲むだけで1日の摂取限度を超えてしまうので、大きいサイズを注文するときは自分の体調と相談しながら飲むようにしましょう。

フラペチーノはショートからでも注文できる

店頭のフラペチーノのメニューには、トール・グランデ・ベンティの3サイズしか掲載されていませんが、スターバックス公式HPには、要望があればショートサイズでも注文できるという旨の注意書きがあります。

ショートでの注文が可能なのは、キャラメルフラペチーノやダークモカチップフラペチーノ、抹茶クリームフラペチーノなどの、季節に関わらず購入できる通常商品です。期間限定のフラペチーノをショートサイズで注文できるかどうかは、商品によって変わります。確認方法は、お店で直接尋ねるか、スターバックスコーヒージャパンの栄養成分表にてショートの記載があるか確認しましょう。

  • 量が多いことのデメリット

    スタバで量が多いことのデメリットは

トールサイズの特徴を知って自分に合ったドリンクサイズを選ぼう

スタバのドリンクのサイズについてトールサイズを中心に解説しました。それぞれのサイズの特徴を把握して、気分や状況に合わせて自分にあったサイズを選びましょう。また、同じドリンクでもカスタマイズ次第で味や雰囲気を変えることができます。ぜひ色々試して自分好みのドリンクを見つけてくださいね。