スターバックス コーヒー ジャパンが運営するコーヒーショップ「スターバックス」(以下、スタバ)のドリンクのサイズは「ショート」「トール」「グランデ」「ベンティ」の4種類が基本です。サイズ表記でよく見かける「S」「M」「L」や「レギュラー」「ラージ」じゃないの? と思う方は多のではないでしょうか。

そこでこの記事では、スタバのドリンクの大きさについて、由来からサイズ感まで徹底的に解説します。

  • スタバのドリンクの大きさは4種類

    スタバのサイズについて徹底解説!

スタバのドリンクサイズは4種類

スタバのドリンク(ビバレッジ)の大きさは、ショート(Short)、トール(Tall)、グランデ(Grande)、ベンティ(Venti)の4種類です。どれほどの内容量なのか、それぞれ解説していきます。

ショート(Short)

ショート(Short)はスタバのサイズの中でも最も小さなサイズで、240mlです。しかし通常の喫茶店で出されるコーヒーは150ml程度、マクドナルドやコンビニで販売されているSサイズのコーヒーが180ml程度であることを考えると、スタバのサイズは一番小さいサイズでも量が多い部類だといえるでしょう。

トール(Tall)

ショートの次に大きいトール(Tall)は、350ml入るサイズです。スタバのフラペチーノには基本的にショートサイズはなく、トールサイズからが一般的です。350mlというと缶ジュースのノーマルサイズと同じ量になります。トールという名称や細長いカップをみると量が多く感じるかもしれませんが、飲みきるにはちょうどいいサイズといえるでしょう。

グランデ(Grande)

グランデ(Grande)はトールの次に大きく、470ml入っています。ほぼ500mlペットボトルに近い量と考えると、カップで飲むコーヒーとしては量が多く感じるかもしれません。

ベンティ(Venti)

ベンティ(Venti)は590ml入り、日本で売られているスタバのドリンクの中では最も大きいサイズです。一番小さいショートと比べると量は350mlも多く、ボリュームはもちろん、見た目の迫力もかなりあります。

  • スタバのドリンクの大きさは4種類

    スタバのドリンクサイズは4種類

スタバのサイズ名の由来は?

スタバのサイズを表す言葉は、英語とイタリア語が混ざっています。

ショートとトールは英語

ショート(Short)は短い、トール(Tall)は高いという意味の英語です。どちらも高さを表現する際に使われる単語で、すらりと細長いスタバのカップにぴったりでしょう。

グランデとベンティはイタリア語

グランデ(Grande)は大きいという意味のイタリア語、ベンティ(Venti)は20を表すイタリア語でベンティの容量である20オンスのことを指しています。ショートとトールが背の高さを表す言葉であるのに対し、グランデとベンティは容量・大きさを表しているという違いがあります。

なぜ英語とイタリア語が混ざっているのか?

スタバの大きさを表すのに英語とイタリア語が混ざっている理由は、スタバがイタリア流のエスプレッソをベースにしたドリンクを販売しているからです。それによってスタバはアメリカで人気を得たので、当時のCEOがイタリアのコーヒー文化に敬意を払ってイタリア語を使うようにしたのだそうです。

  • スタバの大きさの名前の由来は?

    スタバのサイズ名は英語とイタリア語からきている

グランデとベンティはどっちがお得?

さまざまなサイズを展開するスタバ。大きいサイズの方が値段はするけどお得なのでは? ということで、グランデとベンティではどちらがお得なのか調査しました。

グランデはワンモアコーヒーよりお得

グランデは容量470mlなので、ショートサイズ約2杯分の容量になります。それでいて価格はショートサイズにプラス80円!

「ドリップコーヒー」(持ち帰り価格162円/店内価格165円)の場合、ワンモアコーヒーでも108円(1杯目をスターバックスカードで払い、持ち帰りの場合)なのに、グランデはプラス88円(税込)でショートが1杯ついてくると考えると、お得といえるでしょう。

価格だけ見ればベンティがお得

一方1mlあたりの価格をみると、ドリップコーヒーの価格で計算するとグランデは0.87円/mlであるのに対し、ベンティは0.76円/ml。ベンティのほうがお得であることがわかります。

ショートよりもトール、トールよりもグランデ、とサイズが大きくなるにつれてお得度は増していくので、たくさん飲みたいという方はベンティを選んでみてはいかがでしょうか。

  • グランデとベンティどっちがお得?

    グランデとベンティならベンティのほうがお得

スタバのサイズは海外と違う

スタバの大きさは海外基準だと思われるかもしれませんが、実はこれでも日本向けに改良されているのです。海外のサイズと日本のサイズを比較してみましょう。

日本のスタバのドリンクサイズ

日本では前述したように、ショート・トール・グランデ・ベンティの4種類のサイズが展開されています。これはもちろん海外でも同様です。しかし日本人の多くはショートをSサイズ、トールをMサイズ、グランデをLサイズと認識しているのではないでしょうか。ベンティを表現するならばLLサイズとなるでしょう。

それでもSサイズが240mlというのは、日本で販売されているコーヒーの中でも少々大きめな印象を受けます。

アメリカのスタバのドリンクサイズ

一方アメリカのサイズ展開はショート・トール・グランデ・ベンティの4種に加えて、トレンタというサイズが存在します。

それぞれの容量は若干日本のものと異なっていますが、アメリカではショートはXSサイズ、トールでようやくSサイズ、グランデがMサイズ、ベンティがLサイズ、トレンタでLLサイズといった認識なのかもしれません。

アメリカでは多くの人がトールから先のサイズを選ぶ傾向にあるようです。

韓国のスタバのドリンクサイズ

1人当たりのスタバの店舗数が日本の2倍もある韓国では、基本的に日本と同じ4種類のサイズで展開しています。

ちなみに、日本ではショートサイズは240mlですが、アメリカは236ml、韓国では237mlとわずかに差があるようです。

  • スタバの大きさは海外と違う?!

    海外のサイズも比較してみよう

スタバのサイズはどれがおすすめ?

スタバのドリンクのサイズは4種類あり容量や価格が異なるため、飲みたいときのシーンにあわせて選択できるが特徴です。それぞれのおすすめシーンや2杯目がお得に楽しめるワンモアコーヒーの制度について紹介します。

ワンモアコーヒーがお得

グランデやベンティを頼めば確かに割安ですが、どちらも500mlペットボトルと同等かそれ以上の量になるため、一度にそんなに飲みきれないという方も多いでしょう。

だからといってショートやトールだけだと物足りなく感じたときは、1杯目が「ドリップコーヒー」(店内価格Short319円/Tall363円/Grande407円/Venti451円)か「カフェミスト」(店内価格Short374円/Tall418円/Grande462円/Venti506円)を注文した場合にのみ使えるワンモアコーヒーを活用しましょう。

これは、1杯目をスターバックスカードで支払いしていれば、2杯目が「ドリップコーヒー」108円(持ち帰り価格)、「カフェミスト」216円(持ち帰り価格)で飲める制度です。サイズは1杯目のものと同じものしか注文できませんが、ホットかアイスかは選択できます。

1杯目で満足できなかったときには、対象ドリンクであればワンモアコーヒーを利用するのもおすすめです。

サイズ別のおすすめシチュエーションは?

ショートサイズのドリンクは、短い時間で飲みたいときや何か飲みたいけれど少しでいいときにおすすめです。持ち運びもしやすいので、散歩のときにもいいかもしれません。

トールは、フラペチーノであれば飲み切るのにちょうどいいサイズです。グランデは470mlと大きめで、飲み切るのに比較的時間がかかるので、作業や勉強のお供におすすめのサイズといえるでしょう。

ベンティは、一般的な500mlのペットボトルよりも量が多いため、ドリンクだけでお腹いっぱいになれるサイズ感です。1mlあたりの価格では一番安いため、お得にたくさん楽しみたい方はこちらを選んでみてはいかがでしょうか。カップを持って写真を撮れば、小顔効果も狙えSNS映えしそうです。

飲み足りない人はトレンタに挑戦!

グランデ、ベンティでも飲み足りないという方は、是非アメリカでトレンタに挑戦してみてください。現在日本での取り扱いはありませんが、トレンタは916ml、つまりほぼ1リットルというかなりの大容量です。旅の思い出になることでしょう。

  • スタバの大きさはどれがおすすめ?

    お好みのサイズを選びましょう

スタバのサイズを知って楽しいひと時を過ごそう

スタバのドリンクの大きさについてまとめました。ドリンクは4種類のサイズで展開されており、英語とイタリア語が使われています。しかし海外と日本では内容量が少し異なるだけでなく、日本にはないより大きなサイズのものもあります。その時々のシーンにあったサイズを選んで、スタバを楽しみましょう。