お店やショッピングサイトで買い物をするのもいいですが、メルカリのようなフリマサイトからお得なアイテムを見つけられるのは魅力的ですよね。しかし、お店と違い、メルカリは個人が出品しています。せっかく掘り出しものを見つけて喜んでいても、実際届いた商品が違うものだったり、偽物だったりという危険性もあります。

万が一このような事態に巻き込まれた場合、返品してお金を返してもらえるのかは気になるところ。今回はメルカリで返品ができるケースやトラブルについて紹介します。

  • メルカリでの返品方法

    メルカリで届いた商品は返品できる?

メルカリでの返品方法

実店舗のショップでは、買った商品に不具合があった場合はその場で交換や返金などの対応をしてもらえます。しかし、メルカリのようなオンライン取引のフリマサービスでは商品を買う側と売る側は非対面で取引をすることになります。

普段このような取引に慣れていない方からすれば、届いた商品が欠損していたり、思った物と違っていたりした場合にどのように対応したらいいか迷ってしまいますよね。そこで、一般的にメルカリで返品できるケースや返品方法を知っておきましょう。

返品ができるケース

メルカリで基本的に返品ができるケースは、出品者側に原因がある場合です。「商品説明で記載されていた情報と異なる商品だった」「傷があるのにないかのような写真撮影だった」など、購入者の思惑と異なる商品を販売した際、出品者が故意的であれ過失であれ、出品者は返品に応じなければなりません。

また、商品発送の際に破損などが起こった場合にも返品の対応をしてもらえます。ただこの場合は、メルカリ便を使っているとスムーズに保障されますが、それ以外の方法で発送をしていた場合は運送会社次第となってしまいます。

返品対応できないケース

一方、購入者に原因がある場合は返品の対応は難しいようです。「買った物がやっぱり欲しくなくなった」や「間違えて購入してしまった」など、完全に購入者の都合でキャンセルしたと思われる物は返品の対象にはなりません。

取引相手とのメッセージ次第では、認めてもらえるケースもありますが、マナー上控えることが望ましいでしょう。

購入者が返品する際の流れ

メルカリの取引で重要なのは、相手とのメッセージのやりとりです。返品をするにしても、まずは合意を得ていることが前提となります。

<返品の流れ>

1)メッセージのやりとりで返品の旨を伝え、双方が合意します。

2)購入者は取引画面に行き、下部にある「この取引をキャンセルする」というボタンをタップします。

  • メルカリでの返品方法

    購入者の取引をキャンセルするボタンのイメージ図

3)次の画面でキャンセル理由が問われるので、理由を選択し、最後のチェックの項目をよく読みチェックを入れて「キャンセルを申請する」をタップします。

「理由の詳細」は出品者にそのまま表示されるため、トラブルが発生しないよう、表現には注意して記入しましょう。

  • メルカリでの返品方法

    購入者のキャンセル申請ボタンのイメージ図

4)出品者に最終的な同意の確認が送られるため、回答するまで待ちます。出品者がキャンセル申請に同意すれば成立となります。

出品者の返品対応の流れ

出品者は購入者から返品の申し立てがあった場合は、それに応じるか否かをメッセージにてやりとりします。

メッセージ上で取引が成立すると購入者から、キャンセルに同意するか否かのフォームが送られてき、こちらに同意するとキャンセルは成立。不成立となれば購入者側には事務局の問い合わせフォームが現れます。

  • メルカリでの返品方法

    出品者に届いたキャンセル申請のイメージ図

一方、出品者の都合でキャンセルが必要となった場合は、取引画面下部に表示されている「この取引をキャンセルする」をタップし、キャンセルの理由を選択、理由の詳細を入力します。

  • 出品者のキャンセル申請ボタンのイメージ図

購入者のキャンセル時同様、取引相手にキャンセル申請の案内が届き、同意されれば成立となります。

メルカリで返品不可と書かれた商品は返品できる?

メルカリで買い物をしていると「返品不可」と書かれている商品や、「3N」と呼ばれる「ノークレーム、ノーリターン、ノーキャンセル」の商品を見かけます。このような商品を買ってしまったとき、返品はしたくてもできないのでしょうか。

返品不可の商品とは?

3Nのように、出品者によっては商品を買った場合には、いかなる理由でも返品には応じないと記載されている商品もあります。

しかし、この返品不可に準ずる表記はメルカリの規約上認められてはいません。自分が出品する際も、ルール違反とみなされ利用ができなくなる可能性があるので注意しましょう。

返品不可の商品を買ってしまった時の対応

仮に「返品不可」と記載のあった商品を買ってしまい、偽物や明らかに情報の違う商品が届いたときはどうすればいいのでしょうか。そもそもが、ルール違反の行為であるので、「出品不可」も無効であるといえるでしょう。

しかし、出品者によってはやりとりに応じないなど不誠実な対応の場合もあります。そのような場合は、取引を評価して完了する前に、事務局に事の顛末を報告して指示を仰ぎましょう。

メルカリでは取引を完了して評価をすると返品ができなくなってしまいます。そのため、返品の意思がある場合は取引を完了させないようにしましょう。

  • メルカリで返品不可と書かれた商品は返品できる?

    返品拒否はメルカリの規約にはありません

メルカリで返品を拒否されたときはどうする?

商品の情報はどうしてもネット上の写真や記載情報に頼るしかありません。そのため、届いてから「思った商品の状態と違った」などと感じてしまうことも少なくありません。しかし、返品を申請すると拒否されることもあります。そのような場合はどのようにすればいいのでしょうか。

出品者は返品を拒否できる?

基本的に出品者は返品を拒否することができません。しかし、商品に問題はなく購入者都合である場合には限って拒否できます。返品に関しては相手と直接メッセージをやりとりすることになるので、その旨を伝えた上で考えましょう。

返品を拒否することも可能ですが、取引後に評価が下げられてしまうことも考えられます。また、事務局から連絡が来ているにもかかわらず、返答しなければ「取引ができない」と見なされて自動キャンセルになる可能性もあります。

自分の評価が下がることのないよう、取引相手には真摯に対応し、事務局からメッセージが来ているようであれば、すぐに返信するよう心がけましょう。

購入者が返品を拒否された場合

購入者が出品者から返品を拒否された場合は、事務局に相談することができます。商品IDを控えた上で返品の理由と共に状況を伝えましょう。

また、発送から8日が経過すると出品者の方から強制的に取引を終了することができます。返品を検討する際は、できるだけ早いうちに対応しましょう。

  • メルカリで返品を拒否されたときはどうする?

    メッセージのやりとりで返品の相談をします

メルカリで返品するときの送料は誰が払う?

返品を行う際気になるのは、商品代金の他にも、商品の送料がどちらの負担になるのかでしょう。これはどちらに返品の原因があるかによって異なります。

購入者が払う時

購入者が送料を負担するのは、基本的に購入者側に返品の原因がある場合です。ただ、返品の際はメルカリ便が使えず住所なども相手にばれてしまいます。住所を知られたくないために定形外郵便での発送を希望した場合は、こちら都合でもあるため送料負担は購入者側ということになる可能性があります。

出品者が払う時

出品者が送料を負担する場合は、出品者に原因がある場合です。このパターンは一番多く、返品分の送料も考えると、売り上げが赤字になってしまうこともあります。誤解を招く購入を避けるため、できるだけ丁寧な出品を心掛けましょう。

メルカリが払う時

メルカリ便を使って発送していたときに、発送途中で破損があった場合はメルカリから補償を受けられます。破損があったことがわかるように「商品状態の情報」「商品の破損状態が確認できる画像」「梱包がわかる画像」「梱包の外装がわかる画像」の4点を事務局に伝えましょう。

メルカリ便以外の発送で破損があった場合は、補償の対象ではありません。しかし運送会社によっては補償してくれるケースもあるので、必要に応じて使用した運送会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

  • メルカリで返品するときの送料は誰が払う?

    送料を支払うのは基本的に原因がある側となります

メルカリでの取引では誠実な対応が大切

メルカリの返品について、返品ができるかどうかや返品手順、また返品する際の送料など、さまざまな角度から説明しました。メルカリを使って気持ちのよい取引をするためにも、出品者・購入者ともに丁寧で誠実な対応を心がけましょう。