メルカリで「返品不可」という記載を見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。実はこの表記はルール違反で、基本的には効力を持っていません。本記事では「返品不可」と記載がある品の返品方法について解説します。

  • 「返品不可」というのはメルカリの規約違反

    返品ができないといった記載があってもメルカリのルール上無効になります。焦らずに対処していきましょう

「返品不可」はメルカリの規約違反

メルカリでは、運営側が出しているルールにおいて「返品不可」のように「商品に問題があっても返品に応じないという記載をすること」を禁止しています。

以下はメルカリガイドからの引用です。

記載箇所、投稿箇所にかかわらず、商品に問題があっても返品に応じないという記載をすることを禁止します。
違反を確認した場合は取引キャンセル・商品削除・利用制限となる場合があります。

禁止されている文言の具体例は以下の通りです。

  • 返品不可
  • ノークレーム(NC)
  • ノーリターン(NR)
  • ノーキャンセル(NC)
  • 3N(略語)

返品が認められる/認められない事例

もし、プロフィールなどの目に見える形で「返品不可」と書いてあっても返品することは可能であり、こういった記載そのものがメルカリのルールで禁止されています。

このことからもわかるように、メルカリは購入者から出品者への返品を認めています。もちろん、すべてのケースで認めているわけではないのですが、基本的に商品自体に問題があるようならば返品対応が認められます。

例えば「購入時には新品だと聞いていたのに届いたときに汚れや傷があった」「正規品だと思って購入したつもりが偽物だと鑑定された」といったケースです。

一方で、購入者の個人的な理由による返品は難しいです。例えば、「気に入らなかった」「思ったのと違った」といった理由では返品には応じてくれません。ただ、販売者側が納得した場合に限り、自己都合的な理由での返品も認められる可能性があるでしょう。

  • 「返品不可」というのはメルカリの規約違反

    返品に対応しないのはメルカリから認められていない行為なので、文言があっても問題ありません

「返品不可」にする理由

メルカリ側から禁止されているにも関わらず、なぜ出品者は「返品不可・返品には対応しません」という記載をするのでしょうか。

出品者側の立場から考えると、商品を売りたい気持ちが強いということは容易に想像できるでしょうが、それ以外にも返品可能にしてしまうと出品者側が不利益を被るケースがあるのです。以下で詳しく説明していきます。

■すり替えを防ぐ

販売者が販売した商品ではない、異なった商品が返品されることを「すり替え行為」と呼びます。例えばブランド品の正規品を販売し送ったにもかかわらず、商品の購入者から返品の要請があり、コピー品が送られてくるという場合です。

こういったケースでは、販売者としてはブランド品をタダで渡したことになり、損することになってしまうので、これを防止しようというわけです。

メルカリの運営の方でもすり替え行為をしっかり取り締まるために、ブランド品の返品については特に厳しく判断しているようです。

■買い手によって手が加えられる可能性がある

傷や汚れのないものを送ったにもかかわらず、買い手のところに届いたときに商品に手を加えられたうえで返品を求められるケースがあります。

その際には、誰が手を加えたかの証明ができないので、原則として返品対応を強いられる形となり、事務局の方でキャンセル扱いになった場合には商品も売上金も失ってしまいます。

■購入意思がない者の購入を防ぐ

販売者としては商品を売りたいので、返品されないよう意思の固い人と取り引きしたいはずです。購入意思のない人が購入してしまったら、最悪の場合には上記のような対応を取られ商品も売上金も失ってしまうかもしれません。

販売者の不利益につながることを防ぐために「返品不可」と記載し、購入者の意思がどれだけのものなのか図っているとも考えられます。ただ、繰り返しになりますが、この文言を掲載すること自体はルール違反です。

  • どうして「返品不可」にするのか

    返品したくないという販売者の気持ちや損をするパターンを理解し購入時や返品請求の際に参考にしましょう

「返品不可」との記載があるものを買ってしまった際の対処法

意思 「返品不可」と書かれている商品を購入した後、もし何らかの事情で返品したくなったらどうしたらよいのでしょうか。有事に陥った際に困ることがないよう、押さえておきたいポイントを紹介していきます。

ブランド品は返品を希望する「証拠」を用意しよう

ブランド品だと信じきって購入したのに、手元に届いたら偽物やコピー品だった……このようなケースでは当然、購入者は返品を希望するでしょう。このような場合に返品を望むのであれば、その証拠が必要になります。

「偽物だと思う」「なんとなく偽物のような気がする」というような曖昧な理由では返品理由にならないので、そう思う証拠や根拠を明らかにする必要があります。

ブランド品は、すり替え防止のために返品が認められにくい傾向にあるのが現状です。ただ証拠と一緒に提出すれば返品が可能になるケースもあるため、きちんと鑑定してもらうことをおすすめします。鑑定結果が正規のものであれば、返品が可能になるはずです。

評価をする前に入念なチェックをしよう

返品を要求する手続きは、評価を入力する前の方がスムーズです。基本的に双方の評価が終わって取り引きが完了したと判断できる場合には、キャンセルが難しくなる仕組みとなっています。

商品が届き次第、評価をする前に商品の状態についてきちんと確認してください。適当に確認して評価してしまうと時間が余計にかかってしまったり、返品が困難になったりする可能性があるので慎重に行うことが重要です。

ただし、評価をしてしまった後も完全に返品できないというわけではありません。評価が終わった後の返品は、販売者が了承していれば返品が可能です。また、事務局への相談も可能なので販売者と連絡が取れない場合には事務局に問い合わせてみましょう。

販売者に返品の連絡を入れる

返品をしたいときには販売者にメッセージを使って返品の同意をもらえるかの連絡をしましょう。返品の同意を得られるように理由も一緒に述べるのが大切です。

返品理由として認められるのは「届いた商品に不備や問題があったケース」です。自分でつけた傷や、「気に入らなかった」「思ったのと違った」といった自己都合的な理由は認められません。その根拠となるような写真なども一緒に準備できると、返品に対応してくれる可能性が高くなるでしょう。

基本的にメルカリは本人同士の話し合いを推奨していることもあり、送料や返品したい商品の配送方法については取り引きした本人者同士で話し合って決めなくてはいけません。

商品に不備や問題がある場合なら販売者サイドが送料の負担、自己都合的な購入者サイドの原因での返品なら元払いが一般的な対処方法です。商品が送られてきた状態に近づけて返品することが、対応してくれた方への気遣いにつながるでしょう。

事務局に助けを求める

販売者にメッセージを送ったにもかかわらず対応してもらえない場合には、事務局に連絡するのが得策です。事務局にも返品したい理由とその証拠写真などを一緒に送るとスムーズに話が進みます。

事務局を通して販売者と連絡を取ることになりますが、ここでもやはり本人同士の話し合いが推奨されます。

そのため、送料や返品したい商品の配送方法について決めましょう。基本的なメルカリの事務局の方針として介入は行わないので、販売者との取り引き次第で返品が決まるというイメージだと思っておきましょう。

  •  「返品不可」と書かれているものを買ってしまった場合

    返品が認められるケースを正しく理解し当てはまった場合には、しかるべき手順を踏んで返品してもらいましょう

「返品不可」と記載されていても、不備があれば返品は可能!

購入する前に聞いていた情報と違ったり、ブランド品の偽物を誤って購入してしまったと気づいたりしたときは、返品したくなる人が多いでしょう。そんなときに販売者側の方で「返品不可」と独自のルールが設けられていても、悩む必要はありません。

メルカリのルール上「返品不可」という記載は認められておらず、正当な理由と証拠がある場合には返品対応してもらえます。返品をスムーズに終えるためにも、商品が到着してから確認もせずに評価を打ち込まないよう注意しておきましょう。

評価前であれば、事務局もスムーズに対応してくれるので、まずは商品の確認を心がけてください。