欲しい商品を少しでも安く購入したいときや、不要になった私物を整理したい時に役立つフリマサイト「メルカリ」。豊富なアイテムが出品され利用者も増えている一方で、ほとんどが個人間でのやり取りとなるため、値下げ交渉や返品の可否など、トラブルが起きてしまうこともあるようです。

本記事では、メルカリの返品について、購入者側と出品者側の対応を紹介します。

  • メルカリで返品はできる?

    メルカリの返品方法は?

メルカリで返品はできる?

お店で商品を探すときは、サイズ感や色味など実物の詳細な情報を確かめることが可能です。それに対して、オンラインで得られる商品の情報は、写真や詳細文など、限られてしまいます。

メルカリは個人で商品の紹介や撮影を行うため、出品者と購入者の間で、情報不足による思い違いがどうしても起きてしまうのです。メルカリではどういった場合に返品できるのか、また難しいのかを知っておきましょう。

返品ができる場合

返品が可能なパターンとしては、出品者側に原因があるときです。例としては、「商品の説明とは異なる物が届いた」「商品の状態には記載の無かった不具合がある」「写真の情報では勘違いを起こさざるをえない」など、出品している商品の説明と実物が異なる虚偽的な内容である場合は、返品をすることができます。

またメルカリ便を使って商品発送をした場合に、中の商品が破損していたときも返品は可能です。もし、メルカリ便以外で商品が破損していた場合は、保証の対象外となるので気をつけましょう。

さらに、偽ブランドやレプリカ品が届いた場合も返品は可能です。返品の旨を出品者と相談することになりますが、そもそも偽ブランドやレプリカ品を出品した場合はメルカリの退会規定に引っかかり、法律違反でもあります。万が一返品中に出品者と連絡が取れなくなった場合は、すぐに事務局に相談するようにしましょう。

返品が難しい場合

返品したいと思っても、購入者による判断ミスなど、返品を認められるのが難しいケースもあります。「しっかりと情報を記載していたのに読み飛ばしていた」「完全な自己都合で商品の必要が無くなった」のように、出品者に非がないパターンでは、掛け合ってみても断られるケースが多いです。

ノークレームノーリターンの場合

数ある商品の中には詳細に「返品不可」や「ノークレームノーリターン」と書いているものもありますが、メルカリではこれらを正式には許可していません。あくまで購入者と出品者の間の取り決めになります。

このような独自ルールに関しては事務局の対応外となってしまう可能性が高いので、円滑な取引を行えるよう、ガイドラインにしたがって出品・購入をしましょう。

商品が届かない場合

メルカリで商品を購入したものの、一向に届かない場合は返品することができます。メルカリでは日数の期限を設けていて、「発送までの日数」を基準としています。

発送までの日数とは、例えば1日の10時に支払いを完了し「1~2日で発送」と記載されていた場合、3日の10時が期限です。この日付を超えても発送がされない場合は、キャンセルが可能となっています。

  • メルカリで返品はできる?

    ノークレームノーリターンは返品できるのか

購入者の返品方法の流れ

メルカリでの返品手順はどのようになっているのでしょうか。出品者側が原因で返品となる具体的な場面と返品方法について解説していきます。

違う商品が届いた場合

メルカリでの返品方法で、共通して注意しなければいけない点が、返品の対応に移る前に取引を完了させないことです。取引の完了とは、相手への評価を入力することを意味し、メルカリのシステム上評価をしてしまうと、その後返品することができなくなってしまいます。

<返品の流れ>

(1)キャンセルをする場合は、取引相手との合意が必要です。メッセージを利用してキャンセルの旨と、その理由を伝えましょう。

(2)取引画面の一番下にある「この取引をキャンセルする」をタップします。

  • 購入者の返品方法の流れ

    取引をキャンセルするイメージ図

(3)次の画面で、キャンセルをした理由を選択します。(1)で相手側との合意が取れているはずなので、相違がないように理由を選びましょう。

(4)チェック項目にチェックを入れ、「キャンセルを申請する」のボタンをタップします。そうすると出品者に最終確認の通知が行くので、相手側が同意するまで待ちましょう。

  • 購入者の返品方法の流れ

    キャンセルを申請するイメージ図

キャンセルが成立すると取引が終わってしまい、相手と連絡が出来なくなってしまいます。相手に周知すべき事がある場合は、申請する前にあらかじめ済ましておきましょう。商品が届かない場合も流れはほぼ同じです。

商品が破損していた場合

届いた商品が破損していた場合、その発送方法がメルカリ便を使っていたか、そうでないかによって処理方法が異なります。メルカリ便を使っていた場合は、まず出品者に連絡を取り破損の状況を伝え、事務局に知らせます。

この際に注意しなければならないのは、事務局に破損状況を伝える写真を送る必要があるということです。必要なのは、「商品状態の情報」「商品の破損状態が確認できる画像」「梱包がわかる画像」「梱包の外装がわかる画像」の4種類です。また、破損状況に関する詳細な内容の説明も求められます。

もしメルカリ便以外を利用して送っていた場合は、事務局は配送状況を確認することができません。配送会社の補償が受けられる場合もあるので、自身で配送会社に問い合わせてみましょう。

  • 購入者の返品方法の流れ

出品者の返品方法について

購入者に出品者側が返品を求められた際の対応を説明していきます。基本的に出品者が返品を求められた際は、拒否をすることはできません。ただ、購入者の理由によってはメッセージのやりとり次第で返品を拒否することができます。

受け入れるか、拒否をするかで共通して大切なことは、レスポンスを早くするということです。日にちが経ちすぎると、強制キャンセルにもなってしまうので気をつけましょう。

取引完了前

返品を求められた際は、購入者と返品の理由や状況についてしっかりと話し合います。その結果、返品が認められると判断した場合は、その旨を購入者に伝えましょう。

その後、購入者によって上記で説明したとおりの操作が行われます。購入者側でキャンセル申請が完了すると、出品者のアプリに「キャンセル申請が届いています」というメッセージが来るので、「同意する」もしくは「同意しない」を選択ください。

「同意しない」を選んだ場合はそこで取引が終了、「同意する」を選ぶと返品成立となります。

  • 出品者の返品方法

    出品者側の操作方法のイメージ図

取引終了後

メルカリのシステム上、取引を完了して評価をすると返品ができなくなってしまいます。そのため、相手方とメッセージで返品方法を相談したあとは事務局の対応を待つことになります。

スムーズな取引を行うためにも、返品の意思がある場合は取引を完了させないようにしましょう。

  • 出品者の返品方法

    相手とメッセージで合意を取りましょう

メルカリの返品方法を知って円滑な取引を

メルカリで購入した商品を返品する方法を紹介してきました。出品者が原因でも返品が可能なケースや難しいケースなどさまざまなパターンがありました。どの方法も基本的には、取引の相手側とのやりとりが必要になります。

メルカリは個人間での取引となるため、返品を求められたり拒否されたりして気分を害してしまうこともあるかもしれません。スムーズな取引を行うためにも、相手とのコミュニケーションを円滑に行うことが大切です。