「回復」と「快復」はともに「かいふく」と読み、それぞれ「怪我が回復する」や「病気が快復する」といった使い方をします。

これらは日常生活で使う場面が多い言葉ではありますが、それぞれの意味の違いについて理解している方は少ないかもしれません。

本記事では、「回復」と「快復」の違い、およびそれぞれの言葉の意味を紹介します。日常生活で適した使い分けができるようにしましょう。

  • カプセルの薬

    回復と快復について学んでいきましょう

回復と快復の言葉の違い

回復とは、「悪い状態になったものが、元の状態に戻る」「一度失ったものを取り戻す」という意味の言葉です。一方、快復とは、「病気が治る」「改善する」という意味の言葉であり、両者には「完治していく過程」と「完治したこと」という違いがあります。

例えば、回復は、「回復の兆しが見えてきた」「回復してきたが全快には至らない」といったように使用しますが、快復は、全快したときに使用します。

回復の意味

「回復(カイフク)」とは、「一度無くしたものを戻すこと」や「状態が悪くなったものが、以前と同じ状態に戻る」ことを意味しています。また、病気以外にも天気や名誉などさまざまなことに対しても用いられる言葉です。

「回」は音読みで「カイ」と読み、訓読みでは「まわる・まわす・めぐる」と読みます。「以前の状態に戻る・取り戻す」といった意味を有する言葉です。「復」は音読みで「フク」と読み、訓読みでは「かえる・かえす・また」と読みます。「前の状態に戻る」ことを指す言葉です。

快復の意味

「快復(カイフク)」とは、「病気がよい方向に向かうこと」を指し、病が治ることを表します。したがって、回復と快復の違いは病以外の「景気」や「信用」などには「快復」を用いることはない点にあります。

「快」は音読みで「カイ」と読み、訓読みでは「こころよい」と読みます。「病が改善すること」を意味する言葉です。「復」は先述の通り、「前の状態に戻る」ことを意味します。

  • 白衣を着た女性

    回復と快復の正しい意味を理解しましょう

回復と快復の使い方や例文

前述で、回復と快復の詳しい意味について解説しました。

では、2つの言葉はどのような場面でどのように使われるかご存じでしょうか。以下より、例文を交えながら解説していきます。

回復の例文

まずは回復の例文をご紹介します。正しい使い方を知り、ビジネスシーンや日常会話で活用してみましょう。

業績を回復させる

「回復」は経済、景気に関しても用います。一度下回った経済や景気が以前のように戻った場面で使えます。悪い状態から元の状態に戻る意味を有しています。

その他にも、「近年、地価が回復傾向にある」のようにも使えます。

信頼を回復する

社会情勢や人間関係においても用いることが可能です。物事の状態や状況が上向きになった場合に用いる言葉であり、あくまでも元に戻ることを指します。

つまりは、関係性が一度崩れ、再度元通りに戻るような場面で用いることが適切といえます。

天気の回復を待つ

悪化した物事や状況などが元に戻ることを指して用いられます。つまりは、天候に限らず、幅広い分野においても用いることが可能です。

快復の例文

「快復」は「回復」と比較すると狭義的な用い方になります。

ここからは快復についての例文を挙げていきます。回復との使い方を比較しながら確認してみましょう。

体調不良から快復する

健康状態が完全に戻ることを表す言葉です。

怪我や病気などでない場合に用いられることはないため、状態が悪化したものが完全に元通りに戻った場面でも「快復」を用いると誤用となります。

ご快復を祈念しております

入院した人などへのお見舞いや励ましの言葉として用いられます。早く完治しますように祈っていますといった意味です。

先にも述べたように「快復」は病気が完治した場合に限定して用いられますので注意しましょう。

快復祝いをしてもらった

相手の「かいふく」を祈願したり祝ったりする場合には、「快復」が適しているといえます。

また、快復祝いと同じ意味で「快気祝い」という言葉があります。一般的には快気祝いの方が使われることの多い言葉ですので、合わせて知っておきましょう。

  • さまざまな薬

    回復と快復の例文を知り、正しく使い分けましょう

回復と快復の英語表現

回復も快復も「recovery(リカバリー)」が英語表現となります。

例えば「体力が回復した」を英語表現にすると「Physical strength recovered」となります。英語表現においても、日本語同様に病気の回復や失ったものの取り戻し、スポーツにおけるリカバリーとして用いられます。

recovery

「recovery」は、以下のような意味を有しています。

  • (失敗や後退からの)復帰、回復、立ち直り
  • (病気からの)回復、回復
  • (失ったものの)取り戻し
  • (廃棄物などからの資源の)回収
  • (裁判所の命令による権利などの)回復
  • (ゴルフの)リカバリー

<例文>

  • Japan's economy was on a gradual recovery trend.
    日本経済は穏やかな回復基調にあった。
  • 紙とボールペン

    回復や快復を英語表現する場合は「recovery」を使いましょう

回復と快復の意味の違いや使い分け方を理解しよう

今回は、回復と快復の意味の違いや使い分けについて解説してきました。

「回復」とは、一度崩れた事象が、再度元の状態に戻ることを意味しています。また、一度失ったものを取り戻すことも包括しています。悪い状態から元の状態に戻るといった意味からは「経済、景気」や「健康」などが該当し、失ったものを取り戻すといった意味では、「信頼」や「名誉」などにも用いられます。

これに対して、「快復」は病気や風邪・怪我などが治って、以前より良い状態になることを意味します。なお、病気が治る意味としては、快復と回復の両方が使用可能です。

言葉の意味を正しく理解し、日常生活で正しく使い分けられるようにしましょう。