「春眠暁を覚えず」とは、教科書にも載るような有名な言葉ですが、詳しい意味について説明できる方はあまり多くないかもしれません。

本記事では、「春眠暁を覚えず」の意味と使い方を解説していきます。似た言葉の「春はあけぼの」との違いについても紹介します。

「春眠暁を覚えず」の意味

「春眠暁を覚えず」とは、春の朝の心地よさを表現する言葉で、「春の夜は心地よいため朝になったことに気づかず、思わず眠り込んでしまう」という意味を持ちます。読み方は「しゅんみんあかつきをおぼえず」。「暁」は夜明けを、「覚えず」は知らず知らずのうちに、という意味を示します。

  • 湖水と山里の風景

    春眠暁を覚えずの意味を知りましょう

「春眠暁を覚えず」の由来

「春眠暁を覚えず」の由来は、中国の孟浩然(もうこうねん)という詩人の『春暁(しゅんぎょう)』という題名の漢詩の冒頭部分から来ています。

孟浩然は、689年~740年の唐の時代に活躍した詩人で、自然を題材にした詩が評価されています。各地を放浪し、世間の事柄にはあまりとらわれない人だったと言われています。

  • 桜の枝

    春眠暁を覚えずの由来を知りましょう

「春眠暁を覚えず」と「春はあけぼの」との違い

「春はあけぼの」は、清少納言が書いた『枕草子』の冒頭に出てくる一説です。「春は夜明けが趣があっていい」という意味があります。

どちらも春の夜明けの良さを表現するという意味では同じですが、「春眠暁を覚えず」には“寝てしまう(寝過ごしてしまう)”といった意味が含まれています。

  • パジャマ姿で伸びをしている女性

    春はあけぼのとの違いを知りましょう

「春眠暁を覚えず」の使い方と例文

「春眠暁を覚えず」の例文は以下の通り。

  • 「春眠暁を覚えず」とはよく言ったもので、つい休日は寝過ごしてしまう
  • うちの子は春眠暁を覚えずで、起きてくれません

日常会話やビジネスシーンでのコミュニケーションでも使用できる、情緒のある表現ですね。

  • 黄色のチューリップ

    春眠暁を覚えずの使い方を学びましょう

「春眠暁を覚えず」の類語

俳句の季語に、「朝寝」と言う言葉があります。これは、「春眠暁を覚えず」の「春眠」から派生したもので、心地よい、春の朝のうつらうつらする気分を表現しています。「今朝は、天気も晴れでついつい朝寝をしてしまいました」などのように使われます。

  • ビジネス新聞を読んでいる人

    春眠暁を覚えずの類語