アイドルグループ・乃木坂46の秋元真夏が、17日に放送された文化放送『卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ』(毎週火曜~金曜19:00~21:00)で、『第71回NHK紅白歌合戦』(NHK 12月31日19:15~)への出場について語った。

秋元真夏

秋元は「紅白出場決まりましたー! やったー!うれしい! 今回6回目ということで、めちゃめちゃありがたいですね」と声を弾ませた。

いつもはグループの全体LINEでマネージャーから紅白出場を伝えられるというが、今年は「おばあちゃんからメールで『紅白おめでとう』だけ来たんですよ」と振り返った。

続けて、「『まだ決まってないでしょ。出られるかどうかわからないのに、おばあちゃん舞い上がっちゃってるな』と思ったら決まってたみたいで。ネットで調べたら(乃木坂の紅白出場について)書いてあって、『やった!』と思ったら、その後に乃木坂の全体LINEで送られてきました。みんなですごい喜びました」と説明した。

そして、紅白への意気込みとして、秋元は「白石麻衣ちゃんが卒業したばかりの初の紅白。後輩も頼もしく育ってきていて、新しい乃木坂を見せるのには良い素敵な舞台だと思う。そこで団結してキャプテンとしてしっかりと引っ張っていきたい」と話していた。 

なお同番組は、放送後1週間以内であればradikoで聴取可能(エリア外の場合はプレミア会員のみ)。