就職や転職で、希望する企業に就職するためには、自己PRや長所などを盛り込んで書類審査や面接を乗り越える必要があります。

書類審査ではたくさんの応募者のなかで目立つ必要がありますし、面接の際も、面接官へ良い印象を与える必要があります。

本記事では、長所と自己PRとの違いや長所を自己PRに活かす方法について紹介します。また、自己分析のコツや例文などもあわせて紹介しますので、ぜひ自分なりの自己PRの伝え方を考えてみてください。

  •  自己PRと長所の違い

    面接に役立つ自己PRと長所の伝え方を紹介

自己PRと長所の違い

面接の際に、自己PRや長所、短所などを聞かれる場合があります。それぞれ関連はありますが、完全に同じではありません。

自己PRとは仕事に活かせる自分の強み

PRは、公の理解と承認を得ることを目的としたコミュニケーション。つまり自己PRで重要なポイントは、「自分を採用すると企業側にどういったメリットがあるのか」という観点です。自分自身のセールスマンになったような感覚で自分の魅力を伝えましょう。

例えば、以下のような表現は、自己PRとしては不十分です。

・「有名企業に在籍していた」
・「○○という大きなプロジェクトに携わった」

自己PRの場合、自分自身の性格や経験、資格、能力はもちろん、具体的なエピソードを通して考えたこと、成長した点などを組み合わせると伝えやすくなります。

・「○○という大きなプロジェクトに携わった結果、複数メンバーとうまくコミュニケーションをとりながら業務にあたるコツが身についた」
・「○○という大きなプロジェクトに携わった結果、△△という専門スキルが身についた」

長所とは自分自身の人柄

長所は性質や性能などで、人よりも優れているところ、短所は劣っていたり不足しているところです。

長所や短所は自分がどんな性格の人なのか端的に表す部分のため、自分を知ってもらうのに欠かせない要素。よく自己分析を行って自分の性格や気質、考え方などから他者よりも優位な長所を見つけましょう。

面接は時間が限られているため、たくさんの長所をすべて伝えることはできません。応募先の企業にあわせてアピールする長所を選ぶのが重要です。

「なぜ○○が長所なのか」「長所をどんなことに活かせるか」「長所が人にどのような影響を与えるか」など、実体験を添えると話に説得力が加わります。

もし自分なりの長所が浮かびづらい場合には、以下のように、他人の評価を用いることもできます。

「よく友人から○○と言われます。自分は△△をすることがあるので、このことが長所だと思われているようです」

自己PRと長所を同じ内容にしない

自己PRと長所は関連する部分が多いため、緊張していると混同しやすいです。しかし前述のとおり自己PRは採用メリットに近い要素であり、長所は自分の人間性のPRです。

自己PRと長所の両方を質問されるのであれば、自己PRで紹介していない長所を述べるようにすると、自分について多くの観点からアピールできます。どうしても似た内容になってしまう場合は、取りあげる具体例やエピソードを変えるなど、内容で工夫をするのがおすすめです。

なぜ面接官は自己PRや長所を尋ねるのか?

採用では、自己PRや長所などの質問を総合的にみて一緒に働く相手を選びます。採用時によくある質問の目的を知っておきましょう。

  • 面接官が自己PRや長所を訪ねる理由

    なぜ面接官は自己PRや長所を尋ねるのか?

正しく自己分析ができているか

自己PRや長所から魅力的な人材だと思ってもらうためには、適切な自己分析が重要です。能力は素晴らしいけれど、協調性や責任感が低かったり、ちょっとしたことで落ち込んで悲観的になりやすかったりする人は、採用候補者が複数いる場合に見劣りします。

ただし、自分を良く見せようと思うあまり短所を隠してしまうのは逆効果。残念ながら、人間には必ず短所があります。短所について質問をされた際に「短所がない」と答えるのは、自己分析ができていないという印象を与えます。

自己分析の結果、短所だと感じる部分はそのまま伝えて構いません。むしろ「短所とどう付き合っているのか」「短所を克服するためにどのような努力をしているか」を添えると好印象になります。

求める人材像と一致しているか

採用担当者は、自己PRや長所の質問を通して、候補者が自社の採用方針とあっているのかを見ています。そのため、自己PRを伝える際は、企業側がどんな人材を募集しているのか知っておく必要があります。

例えば採用側が「大規模なシステム案件を受注するため、開発規模の大きいシステムの経験が豊富な人材が欲しい」と考えている場合には、「根性だけが取り柄です」といった漠然とした自己PRでは不十分。自分の今までの業務経験の豊富さや複数メンバーと協業する際のコミュニケーションスキルが高いという長所を伝えれば、求める人材により近づきます。

どんな切り口で自己PRをするかは志望する企業により異なります。自己PRを考える際は、志望している企業の社訓や方針、今後力を入れていく分野、経営状況などの企業分析が非常に重要。自分を採用することで企業側にどんな利益をもたらすかを考えて採用担当者に伝えましょう。

わかりやすい話し方ができるか

限られた時間で自己PRや長所を伝えるには、話し方やプレゼンテーションのスキルが役立ちます。わかりやすい話は多くの候補者を面接する面接官の負荷を軽減しますが、実際に採用をしたあとに報連相がスムーズに行えるかどうかを知るために評価されます。

面接時に気をつける点は「質問の意図を正確に理解すること」「具体的な内容を分かりやすく伝えること」。また、相手が知らない可能性のある専門用語は平易な言い方にするのが無難。そのうえで言葉足らずや話しすぎとならないよう端的に答えます。

わかりやすい話し方にはいくつかテクニックがありますが、例えばPREP法などを活用すると話が簡単かつわかりやすくなります。

質問と回答の例 : 自己PRをお願いします。

  • P(Point : 結論)私は協調性を何よりも大事にしており、人よりも協調性が高いという自負があります。
  • R(Reason : 理由)協調性を大事にしている理由は、業務のメンバー同士の連携が大規模な開発には不可欠だと考えているためです。
  • E(Example : 具体例)開発時は自分の業務のほかに調子の悪そうなメンバーに声をかけて開発スケジュールや雰囲気の維持に努めました。
  • P(Point : 結論のまとめ)プロジェクトリーダーとしての資質が身につき、プロジェクトを成功に導くことができました。
  • 自己PRに役立つ長所の捉え方

    わかりやすい話し方のテクニックを知っておきましょう

自己PRに役立つ長所の捉え方

長所を書き出す際は、自分の得意なことや他人から評価されること、いつも心がけていることを思い起こす、書き出すところから始めましょう。長所は行動でも考え方でも構いません。

長所の例)
- 人見知りしない - 困難な場面でも前向き - 一つひとつを誠実に対応できる - きめ細やかな気配り - 好奇心旺盛 - 慎重 - 粘り強い - 負けず嫌い - 協調性 - 明朗快活 - 主体的に行動できる

いくつか長所となる例を書き出したら、長所のなかから志望している企業にあった自分の特徴を選びます。

また、面接時に紹介できるように具体的なエピソードも思い出しておきましょう。再現性の長所であれば、それを志望企業の仕事に活かせる可能性があります。

長所がない? 短所を長所に変える言い換え例一覧

実績や能力は書き出せても自分の長所はよくわからないと感じたり、自己PRや長所を書き出しているうちに、短所ばかりが思い起こされたりすることがあります。

長所と短所は人のある一つの性質の見方を変えただけという場合も多いです。性格の言い換えは心理学などで使われるリフレーミングと呼ばれる手法を応用したもの。短所を長所にできれば自己PRに使えます。

短所 長所への言い換え例
自分の意見が言えない 協調性がある、共感力が高い、相手を尊重する
自己主張が強い 主体性がある、積極性がある、意志が強い
諦めが悪い 努力家、粘り強い、忍耐力がある
心配性 計画を重視する、リスクマネジメントができる、ケアレスミスをしにくい
先を考えない ものおじしない、チャレンジ精神がある、前向きな性格

ただし、いつも遅刻ばかりしている、仕事を途中で投げ出すなど明らかに社会人としての短所になる要素は言い換えが難しいです。このような点は敢えて面接時に伝える必要はありません。次の仕事を決める前に改善に努めましょう。

  • 長所がない? 短所を長所に変える言い換え例一覧

    長所がない? 短所を長所に変える言い換え例一覧

長所の例文|面接時に役立つ自己PRの方法

長所を伝える際は、長所と長所に関する過去のエピソード、将来どのように活かせるかという流れで話すと説得力が増します。具体的な長所のPRに使える例文をご紹介します。

人見知りしない

人見知りしない人は、人から好かれやすく自分からも打ち解けやすい開放的な雰囲気が長所です。

例文 : 初めて話す相手はもちろん、対立している相手や話しづらい相手ともスムーズに意思疎通が図れる点が自分の長所だと考えています。

私はチーム全体で士気を高めながら目標を達成することにやりがいを感じます。また、話しやすい雰囲気で周囲の社員や取引先と協力することで業務効率化に貢献可能です。

前職でも、ある業務に対して意見が分かれる場合がありましたが、双方の意見をうまく引き出し調整した結果、よい結果が得られたことがあります。

そのため、現状を把握して適切な落としどころを検討するかたちで貴社に貢献したいと考えています。

困難な場面でも前向き

前向きな人は、物事を肯定的に捉えて建設的な意見を出したり、楽観的に受け止めたりできることが長所です。

例文 : 日ごろトラブルが起きないように注意を払っているものの、万一問題が起きた場合には顧客の信用を失わないよう、根気強く最善を図っています。

以前量産中の設備に不具合があり、2日以内に改善しないと納品が間に合わなくなるという問題が起きました。当時私はプロジェクトのリーダーだったので、真摯に調整を行った結果、ラインを止めることなく無事に生産が継続できました。

貴社でも困難に直面した際には投げ出さず忍耐力をもって努めたいと考えています。

一つひとつを誠実に対応

誠実な人は、真面目で率直なことや不正を認めないことが長所です。

例文 : 常に責任感をもって業務を行える点が長所です。介護職は基本的にケアプランありきの職場ですが、そのなかでも利用者様の日常をより良くなるように誠実に対応するよう努めています。

前職の施設では調達の都合で備品が決まっていましたが、共通で使用している介護用パンツが合わない利用者様がいました。使い方を工夫して改善が図れないかしばらく苦戦をしましたがうまくいきません。しかし代替商品を使うことを了承いただき、最終的に安心して使えるものが見つかりました。

貴社の業務でも、利用者様に喜んでいただけるように、一つひとつの業務に責任をもってあたりたいと考えています。

きめ細やかな気配り

気配りができる人は、相手に関心を向けて気遣ったり思いやりを持って接したりと相手を労わる気持ちが長所です。

例文 : 可能な範囲で、それぞれのお客様にあった接客で柔軟に対応するよう努めている点が長所です。

前職はメニューの変更が多く、たびたびお客様からメニューの問い合わせがありました。その際にただ「○○はない」とお伝えするのではなく、聞かれたメニューに似たものやおすすめの味などを提案する機会が多くありました。提案した料理をご注文いただき、会計の際に「おいしかった」と言われて非常に嬉しく思いました。

貴社の業務でも、商品を提供するのはもちろん、サービスの面からご満足いただけるよう、きめ細やかに気配りをしていきたいです。

好奇心旺盛

好奇心旺盛な人は、探求心や知的欲求が高いことが長所です。

例文 : 私の長所は気になった情報を深堀り調査する際の行動力です。ある目標を達成するためには、どうすればよいかの判断力と着手までの素早さが結果の良し悪しに関わると考えています。

以前講演用の資料を用意する際に、自ら機器の製造元へ取材に出かけたり、システムを利用している社員に声をかけたりして情報収集を行いました。その結果、より具体性に富んだプレゼンができ、講演後に○○% の顧客から受注を得るに至りました。

貴社では自主性を重んじている社風と承知しておりますので、今後も自分ができることを探求し、自ら行動していきたいです。

協調性が高い

協調性が高い人は、異なる立場や考え方の人とも協力して行動できることが長所です。

例文 : 前職では、習慣的にチームワークの維持に努めて行動していました。朝は同僚にあいさつをしながら出勤していたのですが「元気に頑張ろうという気合いが入る」と言われたことがあります。

あまり業績が良くない時期も、相手の考え方や仕事の進め方を尊重して、全員が持てる能力を発揮しやすいように努めていました。部門全体の風通しを良くすることで、営業目標値が下回らないよう連携しながら業務ができました。

どんな業種もコミュニケーションは不可欠だと思います。貴社でも積極的に社員の方、取引先の方と関わっていきたいです。
  • 長所の例文|面接時に役立つ自己PRの方法

    長所の例文|面接時に役立つ自己PRの方法

業態別長所の例文|面接における自己PR

長所を自己PRに取り入れる場合には、志望する業態や募集内容を踏まえて望まれる人材であることが伝えられる長所を取りあげましょう。

営業関連の業務

営業関連で役立つ長所は、親しみやすさ、情報収集力、目標達成への意欲、提案力、顧客との調整力などです。

例文 : 私はお客様に親近感を持たれる雰囲気づくりが得意です。プライベートに踏み込みすぎないよう線引きはしていますが、何でも話してもらい本当のニーズを探り出すことがより満足を得られる提案につながると考えています。

○年間の営業担当業務のなかで、業界知識を多方面から学びました。その結果、売り上げ目標の○% 達成を○カ月維持できました。

事務・経理業務

事務・経理業務関連で役立つ長所は、協調性やチームワーク、正確性、責任感、勤勉さ、IT系に強いなどです。

例文 : 私は集中力の高さには自信があります。勤務時間の範囲は、月約○○件の伝票の対応が可能です。頭で検算して誤入力を減らすよう努めています。

また、予算管理は場合によって他部門と調整が必要です。ときには全社的なメリットを予算の観点から説明して交渉を行い、昨年は予算を○% 圧縮して売り上げに貢献できました。

貴社でも正確なアウトプットを第一に、全社のバランスを踏まえた経理業務に貢献したいと考えています。

接客業務

飲食店やホテル、アパレル、スーパー、医療福祉業界など、人と関わる業務で役立つ長所は、真面目さや責任感、コミュニケーション力、人当たりの良さ、共感力の高さ、柔軟性などです。

例文 : もともとは人づきあいが苦手でしたが、服が好きでアパレル業界を志しました。販売業務を通して、自分が苦手なのは相手のニーズがわからず共通の話題がないからだと気づきました。

よく相手の話を聞いてお客様の求めることが何かを知るように努めたところ、どの年代の方とも話せるようになりました。家でのお手入れ方法や服のたたみ方など、お客様の関心ごとを聞き出して商品の魅力を伝えた結果、単にコーディネイトを伝えていたときよりも売り上げが○% 増えました。

貴社でも誠心誠意お客様に寄り添うことで、売り上げに貢献していきたいと考えています。

創造性が重視される業務

デザイナーなどクリエイティブな業務に役立つ長所は、責任感や協調性、行動力、発想力、向上心、応用力、調整力、課題発見・解決能力、コミュニケーション力などです。

例文 : 私の長所は、厳しい場面でも投げ出さないところです。

前職は飲食関係で、いろいろなお客様にご来店いただきました。注文以外のご要望もさまざまで、ときにはクレーム対応となる場合もあります。その際、険悪な雰囲気でも真摯にご説明すれば最終的にご納得いただけることを学びました。デザイン業界は未経験ですが、応募にあたり○○のスクールに通い基本的なスキルは習得済みです。

最終的にはグラフィックデザイナーを目指したいです。貴社で粘り強く制作にあたることで業績に貢献したいと考えています。

急成長中の業務

ベンチャー企業やスタートアップ関連に役立つ長所は、創造力、自主性、積極性、行動力、向上心、柔軟性、などです。

例文 : 私の長所は、好奇心が強いところです。前職では部門内の小集団で改善提案のグループを作り対応にあたりました。業務外の時間で集まることもありましたが、部門の業務効率が○○の観点で△△% 向上できました。

貴社は取引先企業の方から知り、業務内容やビジョンに共感して志望しました。新しいことをする際は、思ってもみない仕事が発生する場合もありますが、その苦労が楽しいと感じるため、貴社でもさまざまなかたちで貢献したいです。

  • 業態別長所の例文|面接における自己PR

    業態別長所の例文|面接における自己PR

長所や短所を自己PRに上手に盛り込もう

「資格や経験のアピールが多く優秀だけれど、どんな人柄だろうか」
「入社後に会社になじんで、長く働いてもらえるだろうか」
「入社後に業務についていけるだろうか」

採用担当者はいろいろなことを考えながら面接をしています。そのため、長所を伝える際は「企業にとっての採用メリットがあるか」「具体的で伝わりやすい表現か」「情報が多すぎない」かについて注意して話しましょう。

また、長所を自己PRする際は、その場しのぎに話を合わせるお調子者ととられないように、話が矛盾しないように注意して理論的に話すよう心がけることも大切です。