面接で自己PRをするのに適切な時間は1分といわれています。1分間で伝えられることが限られているため、効率のいい伝え方を検討しなければなりません。

本記事では、面接で1分の自己PRを成功させるためにできることを紹介します。自己PR文の組み立て方や取り上げたいエピソード、1分面接に適した長さの例文をまとめていますので、面接での自己PR対策の検討にご活用ください。

【ポイント6選】自己PRを1分にまとめるポイント

自己PRを1分にまとめるポイントは以下の6点です。

  1. 1分の自己PRに適した文字数は300字程度
  2. 自己PR文におすすめの構成で文章をまとめる
  3. アピールポイントは1つに絞る
  4. アピールポイントの具体例となるエピソードが重要
  5. できた文章を見て要点が伝わるよう推敲
  6. 実際に練習して最終的な文字数を調整

いずれも難しいことではなく、ひとつひとつ着実に実行することで、だれでも効果的な自己PR文が作成できます。それでは、具体的にどうするのかを解説します。

  • 自己PRを1分にまとめるポイント

    自己PRを1分にまとめるポイント

1.1分の自己PRに適した文字数は300字程度

1分間の自己PRに適した文字数は、200字から400字と諸説あります。履歴書の自己PR文と比較するとちょうど2倍程度の文章量です。

まず、300字ぐらいをベースに自己PR文を作成しましょう。できた自己PR文を使って何度か面接の練習をし、ちょうどいいスピードと文字数になるよう調整するという流れで文章量を決めていきましょう。

2.自己PR文におすすめの構成で文章をまとめる

自己PR文の構成方法にはさまざまな手法があります。中でも自己PRしやすい構成を2パターン紹介しますので、利用しやすい方を選んでください。

I.結論と経験を説明した後、最後のPRを説明

1つめは、最初に自分の長所を説明し、その長所を活かした過去の経験で課題をどうやって解決したかを伝え、最後に長所を活かしてどう活躍するかを説明する構成です。以下の枠組みで検討してください。

1 結論 自分の長所を1つの文で端的に伝える
2 経験(課題) 過去の経験から解決すべき課題を抽出
3 経験(解決) 解決すべき課題を、自分の長所を生かしてどうやって解決したか、その方法を説明
4 経験(成果) 解決した結果得た成果(数字で示すよう工夫)
5 最後のPR ここまで述べた長所を仕事でどう活かすかを具体的に説明

冒頭で、自分の長所を端的に表現して覚えてもらい、その長所を活かす過去の体験を具体例として説明します。ここで選択する過去の体験は、何か課題があり、その課題を長所によって解決し、どういう成果を出したかが説明できるものを選んでください。

最後のPRでは、ここまで説明した長所を仕事でどう活かして会社に貢献できるかを説明して自分を売り込みます。いわば、この部分こそ、自己PRの肝となる部分です。最後のPRを活かすためにそれまでの説明をするという意識で文章を作るよう意識しましょう。

II.PREP法による自己PR文の構成

自己PR文のまとめ方に適した手法としてPREP法があります。PREP法の場合は、以下のように結論を説明した後、理由、具体例、結論という順番で構成するのが特徴です。

1 結論(Point) 自分の長所を1つの文で端的に伝える
2 理由(Reason) なぜその長所なのかという理由を説明する
3 具体例(Example) その長所がよくわかる過去の体験を提示
4 結論(Point) ここまで述べた長所を仕事でどう活かすかを具体的に説明

ひとつめの構成と大きく違う点は、自分の長所を端的に伝えた後、「なぜその長所なのか」という理由を述べる点です。この「理由」に当たる部分は、経験から得た成果を説明することになります。

どちらの構成でも全体として伝える内容は同じなので、文章を作りやすいほうを活用してください。

3.アピールする長所は1つに絞る

300字程度の情報量では、あまり多くの長所は詰め込めません。アピールする長所は1つに絞り、その長所が再現性のあることを示すエピソードを1つか2つ選択するとちょうどいい長さになります。

どうしても長所を2つ入れたい場合は、相互に補完し合う関連性の高い長所を組み合わせましょう。エピソードで、両方の長所を説明できるとまとまりがよくなります。

4.アピールする長所の具体例となるエピソードが重要

自己PRに取り上げる長所が決まったら、次にその長所の具体例となる過去の経験から、使えそうなものをいくつかピックアップします。自己PRするためには経験の中に課題があり、その課題を解決したという流れが必要です。できれば課題を解決した成果を数字で説明できるエピソードを探しましょう。

もうひとつ重要なポイントは、そのエピソードで自分の「人となり」を伝えられるかという点です。面接官は、あなたがどういう人間で、物事に対してどのように取り組む人なのかを知りたいと考えています。また、自分のことを客観的に説明できるかも見ています。

自分らしいエピソードを選ぶと同時に、長所が会社でも活かせることを客観的な数字も入れて説明できれば、より「伝わる」自己PR文を作れます。

5.できた文章を見て要点が伝わるよう推敲

自己PR文を作成したら、要点がまとまっているかを確認しましょう。自分の長所を端的に表現できているか、経験で困っていたこと(課題)と解決方法は説明できているか、と順番にチェックします。

6.実際に練習して最終的な文字数を調整

文章が完成したら、実際に読み上げてみて、1分以内に収まる長さかどうかを確認します。面接を意識した練習をするときは、必ず録音して聞き返し、早口になっていなか、遅すぎないかも確認します。

話すスピードも確認しつつ文字数の調整を何度か繰り返すと、自分にとってベストの文字数が決まるでしょう。

【ツール活用】自己PRを1分にまとめやすくする補助ツール

自己PRを1分にまとめるのが苦手で時間ばかりがかかってしまうという人には、補助ツールの利用がおすすめです。インターネット上で公開されている補助ツールには以下の種類があり、自己PR文をまとめるのに役立ちます。

  • 自己分析ツール
  • 自己PR文作成ツール
  • テンプレート

これらのツールの特徴について簡単に説明します。

  • 自己PRを1分にまとめやすくする補助ツール

    自己PRを1分にまとめやすくする補助ツール

自己PR選定に悩む場合は自己分析ツールを活用

自己PRする長所を何にするか迷う場合は、自己分析ツールを活用しましょう。自分はどのような強みがあり、どのような業種や職種に向いているのかを分析してくれるツールはインターネット上でも多く見かけます。

就活サイトや転職サイトには、自己分析系のツールが多く掲載されているため、いくつかのツールを使って、自分の強みはどこか探ってみましょう。複数のツールで同じ長所が出てくるなら、その長所を使って自己PR文を考えます。

自己PR文作成ツールを利用

自己PRする長所はある程度絞りこめているけれどなかなか300字程度の文章にまとめられないという場合は、自己PR文作成ツールを使ってみましょう。文章をまとめるのが苦手な方におすすめの補助ツールです。

自己PR文作成ツールは、アピールしたい長所を選んだ後、その長所を説明する経験などについて質問をして、回答内容から自己PR文を組み立てます。生成した文章を調整することで、1分の自己PRに適した自己PR文が完成します。

自己PRをまとめるのに役立つテンプレート

自己PR文をまとめやすくしたテンプレートも便利です。自己PR文作成ツールでいちいち入力するのが面倒な場合は、空欄を埋めていくだけで流れに沿った自己PR文が作成できるテンプレートの方が使いやすいかもしれません。自分に向いたテンプレートを見つけて、自己PR文作成に役立てましょう。

【エピソード選定】1分の自己PRに使えるエピソードを見つける

自己PRのエピソードに悩む場合、大きな成果を出した素晴らしい経験でないと、と考えすぎている可能性があります。身近な出来事の中にも、アピールできる長所は隠れています。特に、問題が発生して解決した経験があれば、解決する手段に自分の個性が出るため、自己PRに使えるかもしれません。

この章では、日常生活の中で見過ごしがちな経験の中から、自己PRできそうなエピソードを探すポイントをシーン別に解説します。

  • 1分の自己PRに使えるエピソードを見つける方法

    1分の自己PRに使えるエピソードを見つける方法

研究・勉強内容

学生生活で研究や勉強を続けてきた中で、何か苦労したことはないでしょうか。些細なことでもいいので考えてみてください。例えば、期末試験はいつもどのように対処していたでしょうか。

一夜漬けをしていたなら「集中力」や「記憶力」が長所かもしれません。ひたすら自分でコツコツ勉強しているなら「継続性」「計画性」「忍耐力」などが挙げられるでしょう。困難に対してどのように対処してきたかを考えることで、自分の個性が見えてきます。

部活・サークル活動

部活で何かの係を担当している場合は、自己PRしやすいでしょう。部長・副部長・会計など、それぞれの役割で苦労した経験があれば、その苦労をどうやって解決してきたかを思い出してください。

一般部員の場合は、活動内容を振り返り、部員全員で何かを達成した経験や、苦労した経験がなかったか考えましょう。その経験の中で自分がどう動いて目の前の課題をクリアしたか思い出すことで、自己PRできそうな長所を探しましょう。

アルバイト

アルバイト経験は、具体的な成果を説明しやすい経験です。時給のアップ、信頼を得てシフトに多く入れたため〇円多く稼いだなどの経験があれば、自分の何が認められたのかを思い出しましょう。アルバイトで学費の一部を支払っていた場合は、計画性もアピールできます。

資格・特技・スキル

資格や特技、特殊なスキルから自己PRする長所を検討するには、「過程」に注目して自分の長所を探します。計画的に勉強をしたなら計画性や継続性を長所としてアピールできそうです。逆に短期間で集中して勉強した場合は、集中力や目標達成力などがアピールできます。

ボランティア活動

ボランティア活動でも、自分が周囲のスタッフとどのように関わり、何をしたかでどのような個性を持っているかを検討しましょう。

裏方で周囲をサポートする動きが得意だったのか、コミュニケーションが得意な人もいれば、段取りが得意な人もいます。リーダーシップを発揮したという華々しいエピソードでなくても、仕事に対する関わり方や貢献の仕方を検討すると、自分の長所や性格傾向が見えてくるでしょう。

趣味

趣味は、その人がどのようなことに情熱を抱くかが出やすいため、自分の人となりを伝えやすい分野です。

コレクションが趣味なら、欲しいものを手に入れるためにどう行動したかを思い出してください。計画的に貯金をしたか、短期的にバイトを多く入れて一気に稼いだかで、アピールする長所は変わってきます。

趣味を通じた交友関係がある場合は、趣味仲間とのかかわり方を通じて、組織の中で自分はどのような立ち位置で動くのが得意なのか説明しやすいでしょう。

他人から評価された言動

自己評価はなかなか難しいものです。特に自己評価が低い場合は、つい「自分なんて」と思ってしまい、多くの長所を見逃しているかもしれません。ここで思い出してほしいことは、他人から評価された言動です。

アルバイトをしていて「いつも笑顔で話しかけやすい」「仕事が丁寧」「根性あるな」などと評価されたことはなかったでしょうか。大学の演習で「発想力がすごい」「細かな違いも見逃さない」と同級生から言われた経験も、長所を見つける手がかりです。

転職の場合は前職での経験

転職の場合は、基本的に前職での経験を元に自己PRを検討します。仕事上で問題や課題が発生するたび、何らかの方法でその問題に対処した経験なら誰にでもあるはずです。

問題への対処方法にもいろいろな手段があります。詳しそうな同僚を探して聞くならコミュニケーション力を駆使していることになります。インターネットを使って問題解決しているなら情報収集力が優れているといえるでしょう。

自分はいつもどうやって問題を解決してきたかという経験をいくつか挙げていけば、自分の長所にたどり着きます。

【例文】1分間の自己PRに適した長さは?

1分間の自己PRに適した300字程度の例文を紹介します。このぐらいの長さで作成した後、実際に練習して適切な長さに調整してください。

  • 1分間の自己PRに適した長さの例文

    1分間の自己PRに適した長さの例文

積極性を軸にした1分自己PR文

「積極性」をアピールするときは、いったいどういう面で積極的なのかを最初の文に盛り込みましょう。例えば、「周囲をまとめあげる積極性」か「相手の気持ちを先読みして素早く動く積極性」と説明するだけで、どのような積極成果かイメージしやすくなります。

以下は、積極性を軸にして300字にまとめた1分用の自己PR文です。

(結論)
私の長所は、人が嫌がることを率先してやる積極性です。

(課題)
バイト先の飲食店では、他の人が嫌がる仕事がいくつかありました。最後まで残って店の片付けを行う「ラスト」の仕事は特に人気のない仕事です。

(アピールポイントによる解決)
なかなかシフトが埋まらないと悩んでいた副店長を見て、私は、これらの仕事を率先して行い、副店長の信頼を得ました。

(成果)
新型コロナウイルスの影響で店舗もアルバイトを何人かリストラしたのですが、私はずっとシフトに入れてもらい、収入減少を防げました。結果、毎月10万円の収入を減らさずに済みました。

(最後のPR)
この積極性を御社の営業職でも活かし、お客様の気持ちを先読みしながら行動して御社に貢献したいと考えています。

継続性を軸にした1分自己PR文

継続性を自己PRする場合は、継続した期間と継続したやり方、出た結果をセットで伝えましょう。どの程度継続性があるかは期間で判断できます。また、途中でそのままのやり方ではだめだと気づいて進め方を修正した経験があれば、そのエピソードも盛り込むことで柔軟性もアピールできます。

(結論)
私の長所は一度立てた目標を完遂する継続性です。

(課題)
日商簿記1級の資格を取ろうと心に決めたのは大学1年の夏休みのことでした。初心者から日商簿記1級の試験に合格するには600時間以上の試験勉強が必要です。

(アピールポイントによる解決)
私は毎日2時間、300日勉強をする計画を立て、日商簿記3級・2級の試験に合格しました。しかし1級の試験は落ちてしまいます。気持ちがめげかけましたが気を取り直し、苦手分野を集中的に勉強するようにしました。

(成果)
結果として、大学2年の秋に無事合格。毎日継続して勉強した結果が出てとてもうれしかったです。

(最後のPR)
御社では経理の仕事を希望しています。この継続性と活かして、安定感のある仕事で御社に貢献したいと考えています。

計画性を軸にした1分自己PR文

計画性を自己PRする場合、目標を達成するためどう工夫したか、その計画を実行する行動力も伝わるエピソードを選びましょう。計画性はあっても計画倒れにはならないか、計画が崩れた場合どうリカバリーするかを説明することで、自分の個性が伝わりやすくなります。

(結論)
私の長所は、交渉力を駆使して目的を達成する計画性です。

(課題)
大学では演劇サークルに所属し、毎年生徒数が100人以内の小学校へ無料の公演旅行に行きます。貧乏サークルなので1日の宿泊費は1人1日1000円以内というかなり無謀な目標を部長から命じられました。

(アピールポイントによる解決)
私は複数の宿泊施設と何度も交渉を重ね、ようやく1人1日1500円の宿を確保しました。これ以上宿泊代を圧縮できないので、残り500円はサークルメンバーで食材を持ち寄ることで食費を浮かすよう、部長に提案しました。

(成果)
結果として、食費の浮いた分を計算するとちょうど収支はゼロとなり、当初の予算を達成できました。

(最後のPR)
交渉力を駆使した計画性を営業活動に活かし、受注目標を達成して御社に貢献したいと考えています。

探究心を軸にした1分自己PR文

専門を深く掘り下げる探究心は、高度な専門性を求められる分野を中心に歓迎される長所です。途中で投げ出さず、さまざまなアプローチを試みて真実を追い求める姿勢が伝わるエピソードがあれば、ぜひ長所としてアピールしましょう。

(結論)
私の強みは、気になったことをとことん調べる探究心です。

(課題)
趣味でスマホアプリを作っています。開発中は、ライブラリの仕様で疑問に思うことが多々出てきて、思うように動かないことも少なくありません。

(アピールポイントによる解決)
私はプログラムの節目節目で挙動を確認し、どこが問題かを突き止めるまで、寝食を忘れて集中します。そして問題の場所を突き止めると、必要に応じて開発者コミュニティで質問し、問題解決するまで試行錯誤します。

(成果)
はじめてスマホアプリをリリースしたときは不具合報告も数件ありましたが、現在リリースしている10タイトルのアプリはどれも問題なく動いています。

(最後のPR)
この探究心を活かし、御社のスマホアプリ開発でも安定したプログラミングで売り上げに貢献したいと考えています。

専門性を軸にした1分自己PR文

学生時代に学んだ専門性を活かした仕事を希望している場合は、その専門性をどのように獲得し、どのように役立てるかを説明するよう自己PR文を構成します。技術を身につける過程での課題と克服した方法を説明して自分の人となりを伝えるよう工夫しましょう。

(結論)
私の強みは、大学で学んだグラフィックデザインに関する専門性です。

(課題)
大学2年からは、講義の一環で年4回のデザインコンペに参加し、デザインの考え方について学びました。しかし、なかなか結果は出ず、すべてのコンペに落選して悔しい思いをしました。

(アピールポイントによる解決)
私は何度も教授に相談して自分の欠点を少しずつクリアしました。私はエンジンがかかるのが遅いタイプでしたが、コンペ出品を決めたらすぐにスケジュールを立て、制作時間に余裕が出るよう工夫しつつ技術を磨きました。

(成果)
結果として、大学3年の春に参加した2つのデザインコンペどちらにも入選。確実に実力がついてきたと、教授にも認めていただきました。

(最後のPR)
この専門性を活かし、御社のWebグラフィック担当として、見る人の印象に残る作品を制作して御社の業績に貢献したいと考えています。

【コツ】作成した自己PRを1分間でプレゼンするには?

面接用の自己PR文が完成したら、面接の練習を始めましょう。1分間でプレゼンするコツについて説明します。

  • 作成した自己PRを1分間でプレゼンするコツ

    作成した自己PRを1分間でプレゼンするコツ

1分間で終わるよう時間を計測して練習

練習では、必ず面接を想定した姿勢で自己PRしましょう。自己PRをするとき立っているか座っているかが分からない場合は両方の姿勢で練習します。1分間を身体感覚で覚えられるよう、毎回必ず時間を計測して1分でアラームが鳴るように設定しましょう。

練習を録音して気になる口グセを直す

練習時は、自分の声を録音して、気になる口癖がないかチェックしましょう。「えー」「あー」などの口グセは無意識に出てしまいがちです。しかし、聞いている側からするとどうしても気になってしまうものです。面接練習の音声は知人にも聞いてもらい、第三者の視点から気になる部分を指摘してもらいましょう。

声の大きさや抑揚を意識

口グセを修正したら、次に声の大きさや抑揚を意識します。しっかりと聞き取りやすい声で、明るいイメージで話すように意識して練習を進めましょう。

練習している方向性がこれでいいかどうかを確認するには、1分面接の実践動画を視聴するのもおすすめです。声量や抑揚など、参考になる部分は積極的に取り入れます。

また、本番では、緊張からどうしても早口になります。そのため、意識的に落ち着いてゆっくり話すように練習してください。

第三者に聴いてもらって最終調整

最後は、第三者に練習を見てもらい、意見を仰いで最終調整をします。その場にいる人は面接官だという想定で、にこやかに明るい調子で話しましょう。緊張するとどうしても表情は硬くなりがちですが、それでも笑顔を意識して、自信を持って自分の長所をアピールしてください。

【まとめ】1分自己PRは簡潔に分かりやすく伝えましょう

1分間の自己PRは、分かりやすく自分のことを伝えることが重要です。面接で話す自己PR文は事前にしっかりと練りこみます。300字を基準に、自分の強み・エピソード・企業でその強みをどのように活かして活躍したいかを余すことなく伝えてください。

面接では、メリハリをつけ、明るい表情でアピールしたい内容を簡潔に伝えます。面接の練習を何度も繰り返して話し、1分間で説明を終えるようにしましょう。