コーチングとは

対象者の目標達成を支援する際、一般的には「教える」「アドバイスする」といった手法が用いられます。

コーチングはこういった一方的な指導ではなく、双方向の対話を通じてクライアントの内面にある考え方や行動変容を引き出すコミュニケーションスキルです。クライアント自らが考え、答えを作り出すことをサポートしながら自発的な能力発揮を促します。

一人ひとりが目標達成のためのプロセスを自身で導き出すことができれば、クライアント個人の成長のみならず「チームや組織全体の生産性向上」「コミュニケーションの円滑化」といった恩恵が期待できるため、コーチングは現在多くの企業で導入されています。

コーチングの由来

英語において指導者、監督、家庭教師といった意味合いを持つ「coach」ですが、元来「乗り合い馬車」を指します。乗る人が望む目的地に送り届ける、という意味が転じて目標達成をサポートする存在として認識されるようになりました。

今では「コーチング」はマネジメントにおけるコミュニケーションスキルとして世間一般に広く使われている言葉です。

ビジネスに活用するコーチング

年功序列、終身雇用といった言葉に代表される旧来の日本企業において、部下に対して「指示」ないし「命令」することがマネジメントの基本とされてきました。

しかしながら組織が急激な時代の変化に対応していくためには、コーチングによって部下が自ら考え、能力や自発性を引き出すよう働きかけることが重要になっています。

ただしコーチングはコーチ側のスキルも求められる上、対話の中で考え方や行動の変容をサポートするプロセスを繰り返す必要があります。したがって実際に効果が表れるまでに一定の時間を要することは認識しておきましょう。

コーチングとティーチングの違い

まずコーチングを理解するにあたり、ティーチングとの違いを明確にしておきましょう。

端的に言えばティーチングは相手に対して答えを「与える」こと、コーチングは相手から答えを「引き出す」ことです。

ティーチングが教える側から教えられる側への「一方的」なコミュニケーションであるのに対し、コーチングは「双方向」のコミュニケーションの中で培われる点が大きく異なります。

したがって緊急性が重要な場面ではティーチング、成長を重視する場面ではコーチング、といった使い分けをすると良いでしょう。

コーチング方法

それではコーチングを実践し、目標達成に繋げていくための流れをご説明します。ここでは大まかに6段階の重要なポイントを紹介していきます。コーチングを行う機会がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

方法1:目標の明確化

ドラッカーも提唱している通り、目標を設定、管理することによって人は主体性を発揮し、大きな成果を目指せるようになります。

その際「優秀なエンジニアになりたい」といった漠然とした目標ではなく、いつまでに、どのような状態になりたいのかを明確化するよう心掛けてください。数値など客観的なものさしで成果を計れることが理想的です。

方法2:現状の確認を行う

「今どういった状況にあるか」に耳を傾けることで、クライアントの思考や感情を整理します。圧迫感を与えることなく、一緒に冷静に考えてみようというスタンスが大切です。正直で正確な現状把握なくしてコーチングが成功することはありません。

その過程の中で「大切にされている」と感じてもらうことができれば、より良好な信頼関係を築けるでしょう。

方法3:現状とギャップの明確化

「現状と目標の間にはどの程度のギャップがあるのか」「なぜそのギャップが生じているのか」などをクライアントからヒヤリングします。

その中から出てきた課題の解決を目的として共有します。弊害になっている人物や環境についても聞き出しておくのもよいでしょう。このギャップこそが目標達成のために必要な課題です。

目標達成までのプロセスにおいてクライアントがどのような状況にあるのかを正確に把握することで、今後のコーチングが進めやすくなります。

方法4:リソースを明確にする

今持っているリソースと、不足しているリソースについて具体的に聞き出します。ここで言うリソースとはスキル、時間、環境、お金、知識など、目標達成に必要な全ての要素を指します。

これらを明確にすることは目標達成において非常に大きな原動力となる上、コーチ側が何をサポートすべきなのか認識することにも役立ちます。

もちろんこれらすべて与えることは現実的ではありません。限られたリソースの中でどう目標達成にアプローチできるかを一緒に考えましょう。

方法5:行動計画

何から着手して、どのような手順で、いつまでに何の目標を達成するのか、段階を踏んだ現実的な行動計画に落とし込みましょう。半年から一年程度に収めるのが一般的です。

その際、クライアントの懸念事項や協力して欲しい人、進捗確認スケジュール等について触れておくことで行動計画の精度を高められます。

方法6:振り返りとフォロー

前項までの内容を明確にできたら、念を押して内容を確認します。クライアントが目標達成に向けて自発的に行動することを促すのです。

同時にコーチングを通じて気付いた点やサポートすべきことがあれば忘れずに整理しておきましょう。クライアントだけではなく、コーチと共有する目標であるという意識を持ってください。

コーチングのメリット

コーチングによって得られるメリットとして、どのようなものがあるのでしょうか。コーチングは、受ける側にもコーチ側にも、双方に得られるメリットがあります。

特に大きいメリットとして挙げられるものを3つご紹介します。

メリット1:学ぶことを養う

自発性を引き出すことによって、足りていない知識やスキルについて主体的に学ぶ習慣がついてきます。また成功体験を積み上げることができれば、コーチ側が細かい指示を出さずとも次なる目標達成に取り組める応用力や再現性が養われていくでしょう。

コーチにとっては教育コストの削減になり、クライアントにとってはスキルアップを加速させることに繋がります。

メリット2:問題を解決する

クライアントが潜在的に持っている能力や特性を発揮し、それぞれに合ったやり方で問題を多角的に分析しながら解決にあたるようになります。

試行錯誤の中で悩んだり間違えたりすることもあるでしょうが、正解を与えるのではなく気付かせることでより大きな成長を促せるでしょう。

メリット3:行動力がつく

主体性を尊重することでクライアントは「やらされている」と感じることなく、目標達成までのモチベーションを維持できます。また、目標達成に必要な手段を選択し、行動する力が身に付きます。

いわゆる「指示待ち」のクライアントに対しても、自ら行動することの必要性に気付かせることができれば積極的な行動を引き出すことができるのです。

コーチングのデメリット3つ

コーチングすることによりメリットもあればデメリットも存在します。そのデメリットとなるのが「効果が出るまで時間がかかる」「コーチのスキルが未熟」「育成は1:1が基本」などが挙げられます。 これらのデメリットについて、しっかりと把握する必要があるでしょう。

デメリット1:効果が出るまで時間がかかる

冒頭にも触れた通りコーチ自身がスキルを習得し、クライアントに対して実践するというステップが必要なため、目に見える効果が出るまでにどうしても時間がかかってしまいます。

当然のことながら、クライアントが行動することでしか最終的な効果は得られません。確実に効果を得るため、コーチとクライアントの間で良好な信頼関係を築き、クライアントがポジティブな気持ちになれるよう定期的な対話、フォローを行いましょう。

デメリット2:コーチのスキルが未熟

コーチがクライアント側の重要なサインを見落としていたり、そもそも良好な信頼関係が成立していない場合はかえって混乱を招きかねません。

コーチングの構造や他のコミュニケーションとの違いを明確に把握し、求められる役割と責任を十分に理解した上で実践するようにしましょう。

デメリット3:育成は1:1が基本

1:1の対話形式が前提条件となっているため、一度に複数のクライアントにコーチングを行うことは難しく、煩雑になってしまいます。

多人数を同時に育成する必要がある場合は、ティーチングとの併用が現実的です。クライアントに考えさせる部分と答えを与える部分を状況に応じて使い分けましょう。

コーチングの効果的な基本スキル3つ

コーチングを効果的に行うためには、「傾聴スキル」「質問スキル」「承認スキル」の3つの基本スキルを身につけておく必要があります。

なぜこの3つのスキルが必要になるのかを詳しくご説明していきます。

スキル1:傾聴スキル

傾聴とは表情やしぐさなどから相手の感情に心を配りながら、真摯な姿勢で話を聞くスキルです。クライアントにとって話をしやすい環境を作る必要があります。

クライアントが自主的かつ建設的な発言するためには、コーチが共感的な態度で理解に努める聞き方をしなければなりません。傾聴を通じた深い理解があってはじめて、コーチングに不可欠な信頼関係を構築できたと言えます。

スキル2:質問スキル

多くの人は他人からの批判を素直に受け止めることが苦手です。コーチングにおける質問は、問題を自分の言葉で分析できるように導き、気付きの機会を多く与えることが重要なポイントになります。

「なぜ」という問いかけは批判として捉えられやすいため、「何が」その要因となったのかを聞き出すようにしましょう。クライアントが言い訳を考えたり萎縮したりすることの無いよう、圧迫感を与えずじっくりと答えを待つ姿勢を保つことが大切です。

スキル3:承認スキル

コーチングにおける承認とはクライアントの変化や結果、存在を認め、伝えることです。ただ褒めればよいものではありません。きちんと顔を見て挨拶することや仕事を任せること、第三者に紹介することも重要な承認と言えます。

褒める時には結果だけでなく、プロセスとクライアントの努力に目を向けましょう。「自分のことをきちんと見てくれている」という安心感を与えることで、クライアントは自信とモチベーションを高く持って業務にあたってくれるでしょう。

コーチングによって自発性を身につけよう

要員不足が顕在化する現代において、自ら考え行動する人材を育成することは企業の必須命題と言えます。コーチングの手法を活用するには時間と学びが必要ですが、成功すれば自発性が身に付き、飛躍的な生産性向上を実現できます。

ティーチングに依存していると、自発性をもった人材を計画的に育成することができません。

正しいコーチングスキルを身に付け、仲間や部下達とのコミュニケーションに活かしていきましょう。