貯金額は、年代が上がるにつれて増加していくのが一般的です。それでは社会人になったばかり、あるいは社会人歴数年の20代の人は、どのくらい貯金があるものなのでしょうか? 20代のリアルな貯金額や、お金を貯めるためのコツをまとめました。

自分の貯金額が多いか少ないかを知りたい人や、これから貯金を始めたいと思っている人は、ぜひ参考にしてください。

20代貯金額の平均値や中央値はどのくらい?

  • 20代の貯金額はどのくらいある?,A@20代 貯金

    20代の貯金額はどのくらいある?

一人暮らしをしている20代の人の貯金額を調べた調査があります。金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]2019年」によると、20代の人の金融資産保有額(預貯金、株や積立保険など)の平均は、198万円となっています。

ただし、平均というのは、すべての数字を合計して人数で割った金額です。貯金額が10万円の人が9人と、貯金額が1億円の人が1人いた場合、この10人の貯金額の平均は1,009万円になってしまいます。これでは、実態に即した数字とはいえないでしょう。

そこで、平均値と併せて参考にしたいのが中央値です。中央値というのは、全員を数字順に並べた場合の真ん中の人の数字です。金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]2019年」によると20代の金融資産額の中央値は80万円です。つまり、貯金が少ない人と多い人がいる中で、ちょうど真ん中に位置している人は、貯金が80万円ということになります。

貯蓄額ごとの分布

20代の金融資産保有額の分布は下記のとおりです

100万円未満 51.1%
100万~200万円未満 18.9%
200万~300万円未満 7.6%
300万~400万円未満 4.8%
400万~500万円未満 3.4%
500万~700万円未満 3.7%
700万~1,000万円未満 1.7%
1,000万~1,500万円未満 2.0%
1,500万~2,000万円未満 1.4%
2,000万~3,000万円未満 0%
3,000万円以上 0.6%
無回答 4.8%

※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」2019年

金融資産保有額が100万円未満と答えた人は半数以上であるのに対し、3,000万円以上という人もいます。単純に金額が上がるほど割合が少なくなるというわけではありません。全体の7割が200万円未満の貯金額であるものの、一部、多額の資産を持っている人もいるという結果となっています。

なお、これはあくまでも金融資産を持っている人に限った調査です。金融資産を保有していない人を含めた同調査では、20代では全体の45.2%が金融資産なし、平均値は106万円、中央値は5万円という結果になっています。

20代で80万円を貯金するための方法とは?

社会人になりたての20代でも、毎月コツコツと貯金をしていけば、まとまった金額を貯めることもできます。20代の貯蓄がある人の中央値である「80万円」を貯めるためにはどうすればいいのか、貯金プランをご紹介します。

  • 20代で80万円貯める貯金方法は?,A@20代 80万 貯金

    20代で80万円貯める貯金方法は?

貯金プラン1:毎月2万円

毎月2万円ずつ貯めることができれば、3年4カ月で80万円になります。22歳で就職した場合、25~26歳頃には80万円が貯められます。このペースで貯金を続けると、7年後の29歳のときには、168万円が貯まっている計算になります。

貯金プラン2:毎月1万円+ボーナス各10万円

毎月1万円ずつ貯金し、夏と冬にボーナスがある想定で10万円ずつ貯めれば、3年以内に80万円が貯められます。4月に就職した場合は、2年6カ月目で80万円を貯められます。これを22~29歳まで継続した場合、224万円が貯められます。

貯金プラン3:毎月5万円

毎月5万円ずつ貯めた場合は、1年4カ月で80万円が貯められます。このペースで22~29歳まで貯め続けた場合、7年間で420万円もの貯金ができます。

収入によってはなかなか貯金ができないということもあるかもしれませんが、たとえ毎月1万円でもコツコツ貯めていけば、20代のうちに80万円の貯金を達成できます。継続して貯金する習慣を身につけましょう。

今後のライフイベントにいくら必要?

20代の人は今後、さまざまなライフイベントが発生する可能性があります。どのようなライフイベントがあり、どのくらいお金が必要になるのか考えてみましょう。

  • 将来的にかかる金額はどれくらい?,A@20代 将来 貯金

    将来的にかかる金額はどれくらい?

結婚・新居

結婚にかかる費用は、式を挙げるかどうかといった条件によって大きく変わります。しかし、たとえ式を挙げなかったとしても、新居の敷金や礼金、家具・家電代等は必要になります。費用を抑えて結婚したとしても、数十万円~百万円程度のお金がかかる可能性があります。

出産・子育て

出産、子育てにかかる費用も、習い事や塾などにどの程度お金をかけるかによって変わるでしょう。学校に通わせるために必要な教育費だけに限っても、幼稚園から高校まですべて公立だった場合はおよそ543万円、すべて私立だった場合はおよそ1,830万円と、3倍以上の開きがあります(文部科学省「平成30年度子供の学習費調査の結果について」2019年)。いずれにせよ子供を育てるためには、1人あたり数百万円以上のお金がかかります。

マイホーム購入

マイホームを新築で購入する場合は、数千万円というまとまったお金が必要です。中古で安くても、リフォームやリノベーションされていない古い物件だと、リフォームやリノベーション費用がかさむことになります。

マイホームは高額な買い物になるため、住宅ローンを組んで購入することが一般的です。しかし、契約時に頭金として支払う初期費用だけでも数百万円になるケースが珍しくありません。住宅購入資金は、計画的に貯めていく必要があるでしょう。

親の介護

親の介護が必要な場合、基本的に費用は親の年金や貯蓄からまかなうのがおすすめです。しかし、施設に入居する場合など、どうしても足りない場合、子供が一部を負担するケースも考えられます。必要な金額は、親の保有資産等によって大きく変わってくるでしょう。

毎月確実にお金を貯めていく具体的な方法は?

「お金が余ったら貯めよう」というスタンスでは、毎月コンスタントに貯金をすることはできません。確実にお金を貯めるためには、お金が貯まる仕組みを作る必要があります。具体的に何をすればいいのかご紹介します。

  • 毎月貯金をするコツは何?,A@20代 貯金 コツ

    毎月貯金をするコツは何?

積立で貯める

意志が弱くて貯金ができない人や、ついつい使ってしまう人におすすめなのが積立式の貯金です。給料天引きや給料口座からの自動振替で、半ば強制的に貯めることができます。

給与天引きができる社内預金や財形のほか、一般の銀行の積立預金を利用することもできます。ただし、一般の銀行を使う場合、お金が足りないときにうっかり下ろしてしまわないよう、気をつけましょう。

先取り貯金

給料を受け取った後、最初に決まった金額や決まった割合を貯金することを「先取り貯金」といいます。給与天引きの貯金なども先取り貯金の一種ですが、絶対に下ろさない貯金としての積立貯金と、旅行や冠婚葬祭など、いざというときに使うための先取り貯金というように、目的別に両方貯めておくと、ついつい貯金を取り崩してしまうリスクを軽減できます。

複数口座の使い分け

給与振込口座でそのまま貯金をしていると、貯めておくべきお金と使っていいお金がわかりにくくなります。貯金専用の口座を作って、キャッシュカードを普段持ち歩かないようにしていれば、簡単に下ろすことができなくなりますし、通帳残高が着実に増えていくことで貯めるモチベーションを維持しやすくなるでしょう。

生活費の収支を管理する

家計簿をつけて収支管理をすることで、毎月自分が何にいくら使っているのかをあらためて意識できるようになります。お金を使うときも、「無駄遣いではないか?」と立ち止まって考えやすくなりますから、なるべく収支を管理しましょう。 家計簿をつけるのが面倒な人は、キャッシュレス決済をメインにして、自動で履歴を管理できるアプリなどを利用してみてください。また、クレジットカードの明細を定期的にチェックするのもおすすめです。

ライフステージごとに貯金計画を見直しが大事

将来必要な貯金額や現在貯金に回すことのできる金額は、それぞれのライフステージによって変わります。独身で実家暮らしだったときと、独身で一人暮らしをしているとき、結婚した後、子供が生まれた後、子供が小学校に入った後、転職した後など、ライフステージが変化したタイミングで貯金計画を見直しましょう。

併せて、定期的に保有資産の棚卸しを行い、現在いくら保有しているのかを可視化することも大切です。 現状と将来の支出予定、将来の貯金予定を一覧にして、ライフイベントに必要な資金が問題なく貯められるかどうか検討してみてください。

  • 生活にあった貯金計画が重要?,A@20代 貯金 計画

    生活にあった貯金計画が重要!

20代はこれからどんどん貯金ができる年代

社会人になったばかりの20代は、たとえ今貯金がなかったとしても、これからいくらでも貯めていくことができます。最初は額が少なくても、継続して貯めていく習慣を作れれば、5年後、10年後には、まとまったお金を持つことができます。

今後のライフイベントや収支の変化なども考えながら、自分なりの貯金計画を立ててみましょう。